基本情報

写真a

杉本 俊之

SUGIMOTO Toshiyuki


職名

准教授

生年

1968年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3280

研究室FAX

0238-26-3280

ホームページ

https://toshi677.wixsite.com/mysite

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電力工学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),山形大学,1996年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 静電気学会

  • 電気学会

  • 静電気学会

  • 米国電気電子技術者協会(IEEE)

  • 米国電気電子技術者協会(IEEE)

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)非接触型表面抵抗率測定装置の開発
    (2)非接触型塗膜硬化度センサーの開発
    (3)高速静電気除去装置の開発
    (4)除電機能付き静電気センサーの開発
    (5)粉粒体用静電チャックの開発
    (6)静電スプレー装置の開発

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 非接触型表面抵抗率測定法の開発,2008年04月 ~ 継続中

    静電気拡散性、表面抵抗率

  • 粉粒体用静電ハンドリング法の開発,2015年04月 ~ 継続中

    微粒子、ハンドリング

  • 非接触型塗膜硬化度・劣化度センサーの開発,2012年04月 ~ 継続中

    塗装、硬化度、非接触

  • 強力超音波振動を用いた静電スプレー法の開発,2020年04月 ~ 継続中

    静電塗装、微粒子形成

  • 電力用がいしの絶縁性評価に関する研究,2018年04月 ~ 継続中

    ポリマーがいし、絶縁、汚損

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Visualizing Quasi-Static Electric Fields with Flexible and Printed Organic Transistors,ADVANCED MATERIALS TECHNOLOGIES,2021年08月

    Shoji Itsuki, Wada Hideki, Uto Kodai, Takeda Yasunori, Sugimoto Toshiyuki, Matsui Hiroyuki

    単著

  • Non-contact surface resistivity tester for materials from 10(7) to 10(11) Omega,JOURNAL OF ELECTROSTATICS,98 17-24,2019年03月

    Numayama Kazuki, Sugimoto Toshiyuki, Taguchi Koichi

    単著

  • エアアシスト式パッシブ型イオン発生装置を用いた帯電ロールに対する帯電除去法(Charge elimination method for a charged roll using a passive type ionizer with an air assist),Industrial Health,56(6) 485-491,2018年11月

    Wakatsuki Yuki, Sugimoto Toshiyuki

    単著

  • Charge elimination method for a charged roll using a passive type ionizer with an air assist,Industrial health,56(6) 485-491,2019年

    WAKATSUKI Yuki, SUGIMOTO Toshiyuki

    単著

  • Non-contact surface resistivity tester for materials from 107 to 1011 Ω,Journal of Electrostatics,98 17-24,2019年

    Kazuki Numayama, Toshiyuki Sugimoto, Koichi Taguchi

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 電気特性の測定、評価とデータ解釈,㈱技術情報協会,2017年04月

    杉本俊之

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 非接触型表面抵抗率測定による濡れ性の評価,静電気学会,静電気学会誌,44(3) 123-127,2020年03月

    杉本俊之

  • 自己放電型イオナイザーの除電モデルと性能向上,静電気学会,静電気学会誌,38(3) 139-144,2014年03月

    杉本俊之

  • 帯電粉体により形成された粒子電荷雲の挙動,静電気学会,静電気学会誌,27(5) 211-215,2003年06月

    東山禎夫、杉本俊之

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,異方導電フィルムの製造方法、及び異方導電フィルムの製造システム,山崎 将平, 伊澤 弘行, 杉本 俊之

    出願番号( 202011252262.9 ) ,日立化成㈱,中華人民共和国

  • 特許,導電粒子の分散方法、及び静電吸着装置,山崎 将平, 伊澤 弘行, 杉本 俊之

    出願番号( PCT/JP2020/041909 ) ,日立化成㈱,日本国

  • 特許,異方導電フィルムの製造方法、及び異方導電フィルムの製造システム,山崎 将平, 伊澤 弘行, 杉本 俊之

    出願番号( 2020-0149824 ) ,大韓民国

  • 特許,導電粒子の分散方法、及び静電吸着装置,山崎 将平, 伊澤 弘行, 杉本 俊之

    出願番号( TW/109139210 ) ,日立化成㈱,台湾

  • 特許,導電粒子の分散方法、及び静電吸着装置,山崎 将平, 伊澤 弘行, 杉本 俊之

    出願番号( 2020-134877 ) ,国立大学法人山形大学、日立化成㈱,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • IEEE Creativity and Innovation Prize Paper Award,2011年06月08日,アメリカ合衆国,IEEE Industrial Applications Society,Toshiyuki Sugimoto, Asami Kitamura, Yoshio Higashiyama

  • James Melcher Prize Paper Awards,2003年09月,日本国,IEEE,T. Yamada, T. Sugimoto, Y. Higashiyama

  • 電気学会東北支部優秀論文賞,1997年04月,日本国,電気学会,杉本俊之

  • 静電気学会増田賞,1996年10月,日本国,静電気学会,杉本俊之

  • 電気学会電力・エネルギー部門大会優秀論文発表賞,1995年08月,日本国,電気学会,杉本俊之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(A),2019年04月 ~ 2021年03月,先駆水和電子チャネル形成仮説による水中プラズマ超高速電荷移動機構の学理構築

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,アーク加熱とコロナ帯電を併用したコンパクト型過熱水蒸気生成法の開発

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2019年03月,アーク加熱とコロナ帯電を併用したコンパクト型過熱水蒸気生成法の開発

    アーク加熱した円筒電極内に水蒸気を供給しながら、コロナ放電で蒸気を円筒に当てることで、効果的に過熱水蒸気を生成する方法を確立する。

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2013年04月,対向Φ型コロナ放電電極対を用いる高密度正負イオン群の生成と応用

    帯電物体を高速かつ高密度で除電するため、対向Φ型電極対を用いることで、高密度の正負イオン群を形成し、対象物に高密度な正負イオン群を照射する方法について理論的かつ実験的に検討するとともに、この新たな除電方式に対して効果的な除電モデル、および、除電評価法を確立する。

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,Φ型構造電極を用いる非接触型表面抵抗率測定法の開発

    特殊な構造の電極を利用することによって非接触で試料の表面抵抗率を測定する方法に関する研究

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • JST、SCORE 大学推進型(拠点都市環境整備型),2021年09月 ~ 2022年03月,塗料と塗装のIoT化を促進する塗膜センサー

    塗膜の硬化過程と劣化過程を数値化するセンサーの開発と塗装業界への適用に関する研究

    JST

  • 研究成果展開事業地域産学バリュープログラム,2017年09月 ~ 2018年03月,粉粒体を「粒」の単位でハンドリングする超微量充填装置の開発

    科学技術振興機構

  • 粉粒体を「粒」の単位でハンドリングする超微量充填装置の開発,2017年09月 ~ 2018年03月,粉粒体を「粒」の単位でハンドリングする超微量充填装置の開発

    科学技術振興機構

  • 研究成果展開事業地域産学バリュープログラム,2015年10月 ~ 2016年09月,静電気力を用いたシートデバイス用ディンプルフィルム成型法の開発

    科学技術振興機構

  • 研究成果展開事業産学協同促進ステージハイリスク挑戦タイプ,2014年10月 ~ 2016年10月,塗装品質マネジメントのための非接触型塗膜センシングシステムの開発

    総務省

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ポリマーがいしの塩害・雪害に関する研究,2017年04月 ~ 継続中,東北電力㈱,国内共同研究

  • グリッド式帯電装置の開発と応用,2014年02月 ~ 2015年03月,春日電機,学内共同研究

  • 静電レベリング装置の開発,2012年04月 ~ 2015年03月,北光㈱,学内共同研究

  • 無帯電スプレー塗装装置の開発,2006年09月 ~ 継続中,㈱アルファ・テクノツール,国内共同研究

  • 静電植毛の高度化に関する研究,2006年04月 ~ 2008年03月,新和製作所,国内共同研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 静電気学会,地区委員,2005年04月 ~ 継続中

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 産学交流夏季セミナー,2007年04月 ~ 継続中

    YURNSの活動の一環で、米沢電機工業会との共催により、地域企業と大学との連携を深めるためのセミナーを年1回開催している。代表者として関与している。

  • 米沢市産学官交流コーディネータ,2006年04月 ~ 2009年03月

    定期的に米沢市内の企業を訪問調査し、技術力の向上に向けて本学教員との共同研究の可能性を探る。

  • 最上夜学,2004年04月 ~ 2010年03月

    地域共同研究センターと最上総合支庁との共催で、年に6回、大学の研究シーズのプレゼンテーションを行い、地元企業等との意見交換を行う。

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示