2023/11/21 更新

写真a

コレカワ ハルヒコ
是川 晴彦
KOREKAWA Haruhiko
職名
教授

研究分野

  • 人文・社会 / 理論経済学

出身大学院

  • 東北大学  経済学研究科

    修士課程,1989年03月,修了

取得学位

  • 経済学修士,東北大学,1989年03月

所属学会・委員会

  • 日本経済学会

  • 東北経済学会

 

研究テーマ

  • (1)資源配分の効率性損失の尺度および所得分配の不平等の尺度についての研究 (2)租税政策を中心とした公共政策の評価についての理論的研究 (3)中心市街地活性化に関する研究

論文

  • 国道 347 号通年通行による地域活性化効果の調査研究,東北経済学会誌,73(1) ,2020年03月

    是川晴彦,砂田洋志,山田浩久,阿部晃士,吉原元子ほか

    共著(国内のみ)

  • 中心市街地における戦略的経済行動分析-持続可能な中心市街地活性化政策の考察ー,科学研究費成果報告(研究代表者),2018年06月

    是川晴彦 他

    共著(国内のみ)

  • 国道347号通年通行に関する地域活性化効果の調査研究(H29年度版),尾花沢市・大石田町広域連携推進協議会委託事業成果報告書,2018年03月

    是川晴彦 他

    共著(国内のみ)

  • 国道347号通年通行による地域活性化効果の調査研究,尾花沢市・大石田町広域連携協議会受託研究報告,2017年03月

    是川晴彦 ほか 5名(やまがた地域社会研究所メンバー)

    共著(国内のみ)

  • 総合計画・実施計画と連動する有効的かつ効果的な行政評価と進捗管理について,長井市受託研究成果報告書,2015年

    是川 晴彦

    単著

  • 総合計画で捉えるべき目標設定と評価手法及び効果的な実施計画について その1:基本構想段階で目標設定や指標設定をどのように行うべきか,長井市受託研究成果報告書,2014年03月

    是川 晴彦

    単著

  • 総合計画で捉えるべき目標設定と評価手法及び効果的な実施計画について その2:総合計画の実施に求められる形骸化しない実施計画について,長井市受託研究成果報告書,2014年03月

    是川 晴彦

    単著

  • 安曇野市のデマンド交通システムの実態と考察,山形大学紀要(社会科学),2013年02月

    是川 晴彦

    単著

  • 目標設定と指標作成の意義について,長井市第五次総合計画策定に関する研究報告書,2013年

    是川 晴彦

    単著

  • 大型店撤退後の中心市街地再開発における経済行動分析,科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書(研究代表者),2013年

    是川 晴彦(研究代表者) 他

    共著(国内のみ)

  • 山口市中心市街地の実態と活性化政策,山形大学紀要(社会科学),2009年07月

    是川 晴彦

    単著

  • 中心市街地活性化政策の理論的研究,科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書,2009年06月

    是川晴彦,ほか

    共著(国内のみ)

  • 非同質的なクールノー企業の経済行動と価格変化の関係について,山形大学紀要(社会科学),2008年07月

    是川 晴彦

    単著

  • 他財の価格変化が不完全競争市場に及ぼす経済効果について,山形大学人文学部 研究年報,2008年02月

    是川 晴彦

    単著

  • クールノー企業に対する物品税課税の経済学的特徴について,山形大学紀要(社会科学),2007年07月

    是川 晴彦

    単著

  • 非同質的な不完全競争企業に対する物品税課税について,山形大学人文学部 研究年報,2007年02月

    是川 晴彦

    単著

  • 物品税課税と不完全競争企業の利潤の変化,山形大学紀要(社会科学),2006年07月

    是川 晴彦

    単著

  • 不完全競争市場と物品税課税-推測的変動とovershiftingの視点から-,山形大学人文学部研究年報,2006年02月

    是川晴彦

    単著

  • 中心市街地の機能と活性化-保有資源の類型化と活用の視点から-,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,2005年03月

    是川晴彦

    単著

  • 中心市街地における活性化とは何か-定性的・定量的分析における定義-,山形大学まちづくり研究所,2005年03月

    伊藤宣生,他

    共著(国内のみ)

  • 収穫逓減技術と課税政策,『山形大学紀要(社会科学)』,2004年07月

    是川 晴彦

    単著

  • 中心市街地の経済学的考察-経済理論によるアプローチと活性化指標の作成-,山形大学紀要(社会科学),34(1) ,2003年07月

    是川 晴彦

    単著

  • 資源利用係数と租税政策の評価,山形大学紀要(社会科学),32(2) ,2002年02月

    是川 晴彦

    単著

  • 応用経済学における基本的諸対応の連続性について, 山形大学紀要(社会科学),27(1) ,1996年07月

    是川 晴彦

    単著

  • 資源配分の効率性損失の尺度について-Debreu係数と消費者余剰係数-, 研究年報 経済学(東北大学),58(1) ,1996年06月

    是川 晴彦

    単著

  • 税率改正についての考察-効率性の観点から-, 季刊理論経済学,43(3) ,1992年09月

    是川 晴彦

    単著

  • 租税の帰着と最適課税に関する考察,岩手県立盛岡短期大学 法政論叢,1991年12月

    是川 晴彦

    単著

全件表示 >>

著書

  • 地方都市の持続可能な発展を目指して,山形大学出版会,2013年02月

    北川忠明,山田浩久,是川晴彦,ほか

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2018年03月,中心市街地における戦略的経済行動分析-持続可能な中心市街地活性化政策の考察-

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2013年03月,大型店撤退後の中心市街地再開発における経済行動分析

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2009年03月,中心市街地活性化政策の理論的研究-保有資源の類型化と経済理論による考察-

その他競争的資金獲得実績

  • きらやかマネジメントスクール,2016年09月 ~ 継続中,きらやかマネジメントスクール

    民間財団等

受託研究受入実績

  • 総合計画・実施計画と連動する有効的かつ効果的な行政評価と進捗管理について,2014年05月 ~ 2015年02月,山形県長井市,一般受託研究

  • 長井市第五次総合計画策定に関する研究(目標設定と評価手法など),2013年05月 ~ 2014年02月,山形県長井市,一般受託研究

  • 長井市の第五次総合計画策定に関する研究,2012年05月 ~ 2013年03月,山形県長井市,一般受託研究

研究発表

  • 東北経済学会,国内会議,2019年08月,山形大学,国道347号通年通行による地域活性化効果の調査研究,口頭発表(一般)

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 東北経済学会,大会実行委員,2001年09月

  • 東北経済学会,評議員,2007年 ~ 継続中

  • 東北経済学会,大会実行委員,2009年09月

社会貢献活動

  • 米沢市議会における研究会講師(議員定数・報酬について・・議会案への講評),2016年09月

  • 米沢市議会における研究会講師(議員定数・報酬のあり方について),2016年03月

  • 東北税理士会集中講義の講師(中心市街地の課題と活性化),2014年09月

  • 西川町職員研究会における講師(「TPPについて考える」),2014年02月

  • 天童商工会議所の研修会での講師(中心市街地活性化),2014年

  • 講演会講師(中心市街地の課題と活性化を考える・山形駅前商店街),2013年

  • ながい市民未来塾の講師,2010年 ~ 2013年

  • 中心市街地活性化に関するパネルディスカッション(司会担当・東北経済学会主催),2009年10月

  • 最上地域の民生委員・児童委員にかかる研修会の講師(「国民生活から見た現在の経済状況」,新庄市),2009年10月

全件表示 >>

メディア報道

  • 山形県教育庁審議会:座長,2018年

  • 山形市連携中枢都市圏ビジョン懇談会:座長,2018年

  • 山形県未来の産業研究会座長,2017年

  • 天童市まち・ひと・しごと創生総合戦略会議委員,2015年

  • さがえ未来創生戦略に係る外部有識者会議:座長,2015年

  • 山形市行財政改革推進懇話会:座長,2014年

  • 山形県入札監視委員会:委員長,2014年

  • 山形県民シンポジウムin天童における講師・コメンテーター,2013年

  • 山形県産業構造審議会委員,2010年

全件表示 >>

相談に応じられる分野