基本情報

写真a

西上 勝

NISHIGAMI Masaru


職名

教授(転出・退職)

生年

1956年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4813

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 文学一般

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(文学),東北大学,1980年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本中国学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 次に述べる (1)を中心的関心としつつ,(2)(3)を関連する副次的領域と位置づけ,研究を進めています。
    (1)中国における叙事文学の形成と展開。事柄の終始または人物伝記を内容とする文学が,中国では今日に至るまで,どのような展開を遂げてきたのかを考察しています。唐宋古文を発端に,それと密接に関係する史伝,小説,詩歌,及び唐宋以降現代に至るテキスト群との関連を追及しています。
    (2)20世紀中国小説の検討。中国では,「小説」と呼ばれる表現様式が,どのような過程を経て,文学と認知されるようになったか,(1)の考察を補助する分野とみなし考察を進めています。
    (3)中国語史上の諸問題。とりわけ中世から現代に至る,文法及び談話・テキスト論に関わる諸問題の考究。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 中国の歴史敍述の文学批評的研究,1900年04月 ~ 継続中

    歴史批評論

論文 【 表示 / 非表示

  • 中国絵画通史の構築と「変」の概念 黄賓虹著『古画微』をめぐって,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,(15) 1-18,2018年09月

    西上 勝

    単著

  • 黄賓虹と徐悲鴻の中国画論をめぐって,山形大学紀要(人文科学編),18(3) 31-53,2016年10月

    西上 勝

    単著

  • 周亮工の『読画録』と『印人伝』について,書法漢学研究,(15) 20-27,2014年10月

    西上 勝

    単著

  • 古典詩をどう読むか 和田英信著『中国古典文学の思考様式』を読む,集刊東洋学,(110) 96-110,2014年06月

    西上 勝

    単著

  • 二十世紀中国画家の「師心」と「師古」 斉白石と黄賓虹の比較を通じて,山形大学人文学部研究年報,(11) 1-26,2014年02月

    西上 勝

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 杜甫全詩訳注,講談社,2016年05月

    下定 雅弘,松原 朗,西上 勝 他

  • 中国の文学史観,創文社,2002年02月

    西上 勝

  • 中国人の思考と表現,,2000年07月

    西上 勝,村上哲見先生古稀記念論文集刊行委員会

  • 日・中・英言語文化事典,,2000年05月

    西上 勝,赤祖父 哲二ほか編

  • 肉親への情愛と古文-林(]J5150[)の場合,『中国文人の思考と表現』,2000年04月

    西上 勝

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,二十世紀中国画家の継承と創造に関する言説の文学的考察

    中国文学関連

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 歴史批評と言語表現,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示