基本情報

写真a

伊藤 和明

ITO Kazuaki


職名

教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 名古屋工業大学  工学部

    1988年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋工業大学  工学研究科  物質工学専攻

    博士課程,1993年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),名古屋工業大学,1993年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • LCST挙動を有する低分子化合物の合成とその応用
    新規な低分子有機ゲル化剤の合成とその応用
    アニオン認識ホスト分子の合成と機能評価
    機能性大環状化合物の合成と不斉識別
    新規複素環化合物の合成と性質

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • LCST挙動を示す低分子化合物の合成と応用,2013年04月 ~ 継続中

  • 低分子有機ゲル化剤の合成とその応用,2009年04月 ~ 継続中

    低分子有機ゲル, 自己組織化

論文 【 表示 / 非表示

  • Amphiphilic Bispyrenyl Derivative with Branched Oligo(ethylene glycol) Chains: Detection and Extraction of Nitrophenols,Chemistry Letters,50(5) 903-907,2021年05月

    Kazuki Ito, Kazuaki Ito

    共著(国内のみ)

  • LCST Behaviors of Amphiphilic Cholesterols with an AB2-type Aryl-Ether Dendrons bearing Oligo(ethylene glycol) Chains at the Outer Periphery,Chemistry Letters,49(11) 1270-1273,2020年11月

    Yuusuke Kominato, Kazuki Ito, Yuuki Sasaoka, Kazuaki Ito

    共著(国内のみ)

  • LCST Behaviors of Amphiphilic Pyridine Derivatives with Oligo(ethylene glycol) Chains,Chemistry Letters,49(2) 214-217,2020年02月

    Yugo Koseki, Ryota Murayama, Wataru Fujiwara, Mitsumasa Kimata, Kazuaki Ito

    共著(国内のみ)

著書 【 表示 / 非表示

  • 「刺激応答性高分子ハンドブック」 第2編 応用編 第1章 温度応答性 第18節 熱応答性発光性ゲル,株式会社エヌ・ティー・エス,2018年12月

    安藤倫朗,田島瑛,伊藤和明

  • 「ゲル化剤・増粘剤の使い方、選び方 事例集」 第6章 刺激応答性ゲルを作成するには 第5節 熱応答発光性低分子ゲルの開発,技術情報協会,2018年02月

    田島瑛,秋山結香,安藤倫朗,伊藤和明

  • 「低分子ゲルの開発と応用」 第11章 刺激応答性ゲル,シーエムシー出版,2016年05月

    伊藤和明,安藤倫朗

  • 「ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発」 第1章 ゲル化法・ゲル作製手法 第1節 カルボヒドラジド誘導体の合成とゲル化特性,技術情報協会,2013年12月

    伊藤和明, 永山景子

  • 量子化学,オーム社,2012年05月

    伊藤和明, 斉藤勝裕

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 低分子ゲルのゲル化挙動と溶媒効果,日本油化学会,オレオサイエン,17(12) 615-622,2017年12月

    安藤倫朗,岡田拓矢,井上隆典,伊藤和明

  • 3,4,5-アルコキシ置換フェニル基をもつ糖誘導体のゲル化特性:ハロゲン化溶媒の選択的ゲル化,シーエムシー出版,ファインケミカル,46(10) 13-24,2017年10月

    伊藤和明, 伊藤圭一

  • グアニジノカルボニルピロール骨格を用いた水中でのアミノ酸およびペプチド認識,日本化学会,化学と工業,58(6) 710,2005年06月

    伊藤和明

  • 自己組織化したペプチドミメティクス単分子膜による無機結晶の結晶方向の制御,日本化学会,化学と工業,53(9) 1061,2000年10月

    伊藤和明

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,低分子ゲル化剤を用いたハロゲン化有機溶剤の濃縮と回収剤への応用

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Joint Meeting of Tohoku Area Chemistry Societies,国内会議,2021年10月,オンライン開催,1P056 Synthesis and LCST Behavior of Pyridine Derivatives Linked with Aryl-Ether Dendron Having OEG Chains,ポスター発表

  • Joint Meeting of Tohoku Area Chemistry Societies,国内会議,2021年10月,オンライン開催,1P055 Amphiphilic Cholesterol-Based Heat-set Gel for Controllable Dye Release,ポスター発表

  • Joint Meeting of Tohoku Area Chemistry Societies,国内会議,2021年10月,オンライン開催,1P054 Synthesis and LCST Behavior of beta-Cyclodextrin Derivatives with Aryl Ether Dendron Bearing OEG Chains,ポスター発表

  • Joint Meeting of Tohoku Area Chemistry Societies,国内会議,2021年10月,オンライン開催,1P045 Synthesis and Heat-Set Gelation of Pyrene Derivatives Linked with Naphthalenediimide Bearing OEG Chains: Temperature Trigged Dye Release,ポスター発表

  • 日本化学会第101春季年会,国内会議,2021年03月,オンライン開催,A01-3am-02 分枝OEG鎖を有するビスピレニル誘導体の合成とニトロフェノール類の検出および除去への応用,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 研究室見学(茨城県立日立北高校),2019年10月

  • 出前講義(愛知県立西尾東高校),2017年06月

  • 研究室見学(宮城県富谷高校),2016年11月

  • 出前講義(山形県立新庄神室産業高校),2015年09月

  • 研究室見学(山形県立高畠高校),2015年07月

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 米沢市水道事業等運営審議会・委員,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 独立行政法人科学技術振興機構・研究成果最適展開事業専門委員,2010年06月 ~ 2012年03月

  • 独立行政法人大学入試センター・教科第一委員会委員,2006年04月 ~ 2008年03月