基本情報

写真a

田北 俊昭

Toshiaki Takita


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  情報科学研究科  人間社会情報科学専攻

    博士課程,1997年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学),東北大学,1997年03月

  • 修士(工学),東北大学,1991年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 郵政省郵政研究所,客員研究官,1996年12月 ~ 1998年03月

  • Massachusetts Institute of Technology,招聘研究者,1999年10月

  • 総務省郵政研究所(現・情報通信政策研究所),客員研究官,2000年12月 ~ 2001年03月

  • 東北大学,共同研究員,2008年04月 ~ 2010年03月

  • 経済産業省中小企業庁,派遣専門家,2015年05月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Regional Science Association International

  • Information Telecommunication Society (ITS)

  • 応用地域学会

  • 日本農業経済学会

  • 日本農村計画学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)「情報」の計量に関する研究 (2)情報通信需要の分析に関する研究 (3)情報に関する都市経済・地域経済・国際モデルに関する研究 (3)地域ブランドに関する理論・実証研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 文化的財の空間経済モデル−文化的財の二国間貿易,山形大学人文社会科学部研究年報 ,18 119-140,2021年03月

    田北俊昭

    単著

  • Regional Revitalization: Patriot Effect and National Branding in A Small Country,The 60th Annual Meeting of Western Regional Science Association,2021年02月

    Toshiaki TAKITA, Lu WANG and Yichao ZHANG

    単著

  • The Patriot Effect and National Branding of Regional Agricultural Goods,The 57th ERSA Congress Proceedings,2017年08月

    Takita, T. and Zeng

    単著

  • Information Value and Interregional Input-Output Structure,Proceedings of 14th International Society (ITS) Asia-Pacific Regional Conference,2017年06月

    Takita, Toshiaki

    単著

  • 高級米の地域ブランド評価方法 : 日本の新品種「つや姫」の事例,山形大学紀要. 社会科学,43(1) 17-32,2012年07月

    田北 俊昭, 菊地 一恵

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 上山市の近代産業遺産〜長谷川製糸所上山分工場〜,財団法人「蟹仙洞」博物館,2012年09月

    田北 俊昭, 長谷川浩一

  • 山形学―山形の魅力再発見,山形大学都市・地域学研究所, 山形大学出版会,2011年02月

    田北 俊昭 他

  • 企業における社内社外情報活動とその使用メディアに関する調査研究,電気通信普及財団報告書,1995年02月

    須田煕, 田北俊昭, 鬼木甫, 栗山規矩, 稲村肇

  • 企業における情報伝達活動とその使用メディアに関する研究,電気通信普及財団報告書 No.8,1994年02月

    須田煕, 田北俊昭, 鬼木甫, 栗山規矩, 稲村肇

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 論文査読 土木学会論文集

    論文査読

  • 論文査読 Review of Urban & Regional Development Studies

    論文査読

  • 論文の査読 Papers in Regional Science

    論文査読

  • 論文査読 応用地域学研究

    論文査読

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第35回応用地域学会,国内会議,2021年11月,文化的財の貿易と文化的財産業の集積の特殊性,口頭発表(一般)

  • The 60th Annual Meeting of Western Regional Science Association (WRSA),国際会議,2021年02月,Regional Revitalization: The Patriot Effect and National Branding in a Small Country,口頭発表(一般)

  • Applied Regional Science Conference 2020,国内会議,2020年11月,Regional Revitalization: Patriot Effect and National Branding in A Smaller Country,口頭発表(一般)

  • 2019年度応用地域学会研究発表会,国内会議,2019年11月,文化的財の流通を考慮した空間経済モデル,口頭発表(一般)

  • 第31回応用地域学会研究発表会,国内会議,2018年12月,自然や歴史文化の伝承と空間経済の関連性,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 研究フォーラム 「月山」の世界ブランド戦略について考える, ,2019年02月

    「山形を考える」の地域連携型研究フォーラムの企画、司会・パネルディスカッションを行った。
    ・基調講演では、中島順也(経済産業省東北経済産業局知的財産室長)には「日本政府の地域ブランド政策と地方創生事業」、 金子幸司(農林水産省東北農政局地方参事官(特命))には「東北テロワールの実現-農業政策を通してみたブランド化」
    を講演していただいた。特別講演(画像・映像等による紹介)として、松本章(シニアソムリエ・ブラジル国認定コーヒー鑑定士) 「東北の食とワイン・日本酒等を世界に」を説明していただいた。昨年より、東北・食文化輸出推進事業協同組合主催の東北の食材を 用いた料理とワインを含めた飲物全体のコーディネーターとして監修。本年は関連事業においてドバイおよ びパリで日本の食とワイン等紹介した事例を紹介していただいた。
    ・最後に、パネルディスカッション では、「観光経済学と地域ブランドの視点から 「月山」の世界ブランド戦略について考える」を開催した。コーディネーターは、田北俊昭・桑畑直幸(山形大学生)が務め、志田龍太郎(西川町商工観光課長・一般社団法人月山朝日観光協会事務局長)から、「「月山」の観光および特産品とブランド戦略」を説明していただきた上で、田北俊昭(山形大)が、「「月山」の世界ブランド戦略を組み立てる 」
    ※今回の提供料理の紹介 日本の美と伝統と雪の「月山」を世界に向けて、阿部清美 料亭「玉貴」女将 玉貴「ひな料理」と月山産ワイン・日本酒・麦酒、月山湧水珈琲 のマリアージュを、 松本 章 シニアソムリエ・ブラジル国認定コーヒー鑑定士(マリアージュの監修)

  • 「東洋のアルカディアにおける「地域ブランド」の発掘および豪雪地の環境プロジェクト、「天地人」の愛」,第23回応用地域学会エクスカーションコーディネーター,2010年12月

  • .「赤湯温泉を核にした地域・デスティネーションブランドの戦略と将来の可能性 ~夕鶴の里・白龍湖伝説・熊野大社~」,赤湯温泉地域広域観光連携に関する研究会,南陽市えくぼプラザ,2010年03月

  • .「飯豊町における地域・デスティネーションブランドの戦略と将来の可能性~やまゆりの里づくり~」,山形県飯豊町・中津川まちづくり協議会,山形県飯豊町中津川公民館,2010年03月

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 産学官地域連携型研究フォーラム ⽻前エキストラプロジェク-⽇本産の農産物及び農産加⼯品の世界輸出戦略とESG投資と付加価値経営の重要性―⼭形県の⾼級⽶つや姫・果物・⽶沢⽜・ワイン・⽇本酒・⽶織の世界ブランド化,2022年02月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示