基本情報

写真a

渡邉 哲

WATANABE Tetsu


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-5302

研究室FAX

023-628-5305

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部

    1994年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学研究科

    博士課程,2000年04月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,山形大学,2000年04月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 公立置賜総合病院,職員(医療系),2000年11月 ~ 2002年09月

  • 米国 ロチェスター大学 心血管研究所,ポスドク,2003年04月 ~ 2005年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本循環器学会

  • 日本心臓病学会

  • 日本超音波学会

  • 欧州心臓病学会(ESC)

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 1.動脈硬化進展のメカニズム解明
    2.大動脈瘤と糖尿病の関係
    3.大動脈弁狭窄症の発症メカニズム
    4.心不全の病態解明

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 心不全における致死性不整脈発生,2000年04月 ~ 2002年03月

    心不全,心臓リモデリング

  • 心房内皮抗凝固機能とToll like receptorの役割,2005年04月 ~ 2008年03月

    心房細動、心房内皮

  • 動脈硬化治療の新しい標的:マクロファージ転写因子MafB,2006年04月 ~ 2011年03月

    動脈硬化、マクロファージ

  • 動脈硬化性アテロームの進展および破綻におけるMafBの役割の解明,2009年04月 ~ 2011年03月

    動脈硬化

  • HMGB1の心筋梗塞縮小効果の検討:新しい血管新生治療の開発,2009年04月 ~ 2011年03月

    心筋梗塞、血管新生

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 術前冠動脈疾患が大動脈瘤患者の臨床転帰に及ぼす影響(Impact of pre-operative coronary artery disease on the clinical outcomes of patients with aortic aneurysms),Heart and Vessels,36(3) 308-314,2021年03月

    Watanabe Ken, Watanabe Tetsu, Otaki Yoichiro, Kato Shigehiko, Tamura Harutoshi, Nishiyama Satoshi, Takahashi Hiroki, Arimoto Takanori, Shishido Tetsuro, Watanabe Masafumi

    単著

  • Impact of pre-operative coronary artery disease on the clinical outcomes of patients with aortic aneurysms.,Heart and vessels,36(3) 308-314,2021年03月

    Watanabe K, Watanabe T, Otaki Y, Kato S, Tamura H, Nishiyama S, Takahashi H, Arimoto T, Shishido T, Watanabe M

    共著(海外含む)

  • JCS 2018 Guideline on Diagnosis of Chronic Coronary Heart Diseases.,Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society,2021年02月

    Yamagishi M, Tamaki N, Akasaka T, Ikeda T, Ueshima K, Uemura S, Otsuji Y, Kihara Y, Kimura K, Kimura T, Kusama Y, Kumita S, Sakuma H, Jinzaki M, Daida H, Takeishi Y, Tada H, Chikamori T, Tsujita K, Te...

    共著(海外含む)

  • Prognostic significance of the controlling nutritional (CONUT) score in patients with acute coronary syndrome.,Heart and vessels,2021年02月

    Takahashi T, Watanabe T, Otaki Y, Kato S, Tamura H, Nishiyama S, Arimoto T, Takahashi H, Shishido T, Watanabe M

    共著(海外含む)

  • HECT (Homologous to the E6-AP Carboxyl Terminus)-Type Ubiquitin E3 Ligase ITCH Attenuates Cardiac Hypertrophy by Suppressing the Wnt/β-Catenin Signaling Pathway.,Hypertension (Dallas, Tex. : 1979),76(6) 1868-1878,2020年12月

    Goto J, Otaki Y, Watanabe T, Kobayashi Y, Aono T, Watanabe K, Wanezaki M, Kutsuzawa D, Kato S, Tamura H, Nishiyama S, Arimoto T, Takahashi H, Shishido T, Watanabe M

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 駆出率が保持された心不全患者のリズムコントロールはレートコントロールより優れているか(Is rhythm control superior to rate control in patients with heart failure and preserved ejection fraction?),(一社)日本心臓病学会,Journal of Cardiology,74(3-4) 233-234,2019年10月

    Watanabe Tetsu

  • 心血管疾患の残余リスクとEPA製剤の有用性,(有)科学評論社,循環器内科,85(3) 434-439,2019年03月

    渡邉 哲, 渡辺 昌文

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,石灰化大動脈弁狭窄症の発症抑制における長寿遺伝子Sirt-1の役割解明

    循環器内科学関連

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,糖尿病合併が腹部大動脈瘤破裂とvasa vasorum機能不全に与える影響の検討

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,大動脈弁狭窄症の発症抑制を目指したmicroRNA解析

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本循環器病予防学会誌,国際会議,2020年11月,住民基本台帳ネットワークを用いた高齢急性心筋梗塞患者の長期予後の検討 山形AMIレジストリー,その他

  • 日本循環器学会学術集会抄録集,国際会議,2020年07月,The Role of microRNA-21 in Hypertrophic Cardiac Remodeling(和訳中),その他

  • 日本循環器学会学術集会抄録集,国際会議,2020年07月,Single Nucleotide Polymorphisms of PAR2 Gene are Associated with Subclinical Myocardial Damage in the General Population(和訳中),その他

  • 日本循環器学会学術集会抄録集,国際会議,2020年07月,Risk Stratification of Long-term Mortality after Transcatheter Aortic Valve Implantation: A Multicenter Analysis(和訳中),その他

  • 日本循環器学会学術集会抄録集,国際会議,2020年07月,Preoperative LAVI is a Useful Prognostic Marker in Patients with AS after Undergoing TAVR: A Multi-center Analysis(和訳中),その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本動脈硬化学会,評議員,2019年07月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 1)虚血性心疾患の診断と治療 2)不整脈の診断と治療 3)慢性心不全の診断と治療