基本情報

写真a

藤井 順逸

FUJII Junichi


職名

教授

ホームページ

http://www.id.yamagata-u.ac.jp/BiochemII/b2.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 医化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学  理学部

    1982年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学  生物科学研究科

    修士課程,1984年03月,修了

  • 大阪大学  医学研究科

    博士課程,1988年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学修士,静岡大学,1994年03月

  • 博士(医学),大阪大学,1988年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本癌学会

  • 日本酸化ストレス学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  •  生活習慣病や老化に深くかかわる活性酸素による病気の発症と、それに対する防御機構に関して、分子レベルの基礎的研究を行っています。活性酸素は様々な環境要因で生じますが、酸素呼吸に伴い身体の中でも常に生じています。各種ストレス下ではその生成が増し、病気の原因もしくは増悪因子となっていると考えられています。こうした活性酸素から身を護り健康な生活を行えるように、とりわけシステイン-グルタチオン代謝系とフェロトーシス誘導の分子機構に着目して研究を行っています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 筋小胞体カルシウム輸送の分子機構,1987年01月 ~ 1991年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Nitric oxide produced by NOS2 copes with the cytotoxic effects of superoxide in macrophages.,Biochemistry and biophysics reports,26 100942,2021年07月

    Kobayashi S, Homma T, Fujii J

    単著

  • Superoxide produced by mitochondrial complex III plays a pivotal role in the execution of ferroptosis induced by cysteine starvation.,Archives of biochemistry and biophysics,700 108775,2021年03月

    Homma T, Kobayashi S, Sato H, Fujii J

    単著

  • Developmental retardation in neonates of aldehyde reductase (AKR1A)-deficient mice is associated with low ascorbic acid and high corticosterone levels.,The Journal of nutritional biochemistry,108604,2021年02月

    Ishii N, Homma T, Takeda Y, Naing YA, Yamada KI, Miyata S, Asao H, Yamakawa M, Fujii J

    単著

  • Characterization of a rat monoclonal antibody raised against ferroptotic cells,JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS,489 112912,2021年02月

    Kobayashi Sho, Harada Yumi, Homma Takujiro, Yokoyama Chikako, Fujii Junichi

    単著

  • Defective biosynthesis of ascorbic acid in Sod1-deficient mice results in lethal damage to lung tissue.,Free radical biology & medicine,162 255-265,2021年01月

    Homma T, Takeda Y, Nakano T, Akatsuka S, Kinoshita D, Kurahashi T, Saitoh S, Yamada KI, Miyata S, Asao H, Goto K, Watanabe T, Watanabe M, Toyokuni S, Fujii J

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Ferroptosis in Health and Disease,Springer Nature,2019年

    Junichi Fujii, Sho Kobayashi, Takujiro Homma

  • Glutathione and related compounds produced by the glutathione-synthesizing pathway,Nova Science Publisher Inc,2019年

    Junichi Fujii, Sho Kobayashi, Takujiro Homma.

  • Oxidative stress and dysfunction of the intracellular proteolytic machinery: a pathological hallmark of nonalcoholic fatty liver disease,Elsevier,2019年

    Takujiro Homma, Junichi Fujii

  • ベインズ・ドミニチャク生化学,エルゼビア・ジャパン,2018年

    Baynes John W., Dominiczak Marek H, 谷口 直之, 岩井 一宏, 藤井 順逸, 本家 孝一

  • Ascorbic Acid: Properties, Synthesis and Applications,Nova Science Publishers, Inc,2016年

    Junichi Fujii, Takujiro Homma, Sho Kobayashi

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Erythrocytes as a preferential target of oxidative stress in blood.,Free Radical Research,2021年01月

    Junichi Fujii, Takujiro Homma, Sho Kobayashi, Prashant Warang, Manisha Madkaikar, Malay B Mukherjee.

  • Ascorbate is a multifunctional micronutrient whose synthesis is lacking in primates.,Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition,2021年

    Junichi Fujii

  • Emerging connections between oxidative stress, defective proteolysis, and metabolic diseases.,Free Radical Research,2020年04月

    Takujiro Homma, Junichi Fujii

  • Ferroptosis caused by cysteine insufficiency and oxidative insult.,Free Radical Research,2019年09月

    Junichi Fujii, Takujiro Homma, Sho Kobayashi

  • Physiological and Pathological Views of Prdx4. ,Free Radic. Biol. Med,83 373-379,2015年

    Junichi Fujii, Yoshitaka Ikeda, Toshihiro Kurahashi, Takujiro Homma

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Scientific Report

    編集委員

  • World Journal of Biological Chemistry

    編集委員

  • Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition

    編集委員

  • Journal of Biochemistry

    編集委員

  • Asian Journal of Andrology

    編集委員

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年日本酸化ストレス学会学会賞,2020年10月06日,日本国,日本酸化ストレス学会,藤井順逸

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,一酸化窒素(NO)合成酵素由来と外因性NOによるスーパーオキシドの毒性軽減の証明

    病態医化学関連

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 二国間交流事業共同研究,2019年04月 ~ 2021年03月,PPAR活性化による酸化ストレス・小胞体ストレス軽減による脂肪性肝疾患の改善

    文部科学省

  • 二国間交流事業共同研究,2018年06月 ~ 2020年03月,鎌状赤血球症の発症機構解明による疾患克服を目指す日印共同研究

    文部科学省

  • 二国間交流事業共同研究,2017年04月 ~ 2019年03月,リモデリングを司る細胞間基質の酸化障害と制御機構に関する日韓共同研究

    文部科学省

  • 二国間交流事業共同研究/セミナー,2016年06月 ~ 2018年03月,赤血球関連疾患の予防と診断を目指す日印共同研究

    文部科学省

  • 頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム,2012年10月 ~ 2015年03月,蛋白質機能のレドックス制御機構を解明する若手研究者育成のための日欧共同研究

    文部科学省

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • [大阪大学蛋白質研究所共同研究員]ジペプチダーゼCNDP2による酸化ストレスを起因とする新規細胞死・フェロトーシスからの保護機構の解明,2021年04月 ~ 2022年03月,国内共同研究

  • [大阪大学蛋白質研究所共同研究員]ジペプチダーゼCNDP2による酸化ストレスを起因とする新規細胞死・フェロトーシスからの保護機構の解明,2020年04月 ~ 2021年03月,国内共同研究

  • [大阪大学蛋白質研究所共同研究員]ジペプチダーゼCNDP2による酸化ストレスを起因とする新規細胞死・フェロトーシスからの 保護機構の解明,2019年04月 ~ 2020年03月,国内共同研究

  • [大阪大学蛋白質研究所共同研究員]酸化ストレスによる赤血球蛋白質の酸化的修飾の解明,2018年04月 ~ 2019年03月,国内共同研究

  • [東北大学加齢医学研究所 共同利用・共同研究]Nrf2により発現制御される抗酸化・レドックス遺伝子のアスコルビン酸欠乏下における役割の解明,2018年04月 ~ 2019年03月,国内共同研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第73回日本酸化ストレス学会・第20回日本NO学会 合同学術集会,国内会議,2020年10月,グルタチオン合成阻害環境下における鉄硫黄クラスター形成反応のフェロトーシス感受性への関与,その他

  • 第73回日本酸化ストレス学会・第20回日本NO学会 合同学術集会,国際会議,2020年10月,マクロファージNOS2の生成するNOはスーパーオキシドの毒性消去に働く,その他

  • 第73回日本酸化ストレス学会・第20回日本NO学会 合同学術集会,国際会議,2020年10月,アスコルビン酸は遊離鉄の毒性を抑制することによりアセトアミノフェン肝障害を軽減する,その他

  • 第93回日本生化学会大会,国内会議,2020年09月,フェロトーシス細胞を認識するラットモノクローナル抗体の作製とその性質,ポスター発表

  • 8th International Translational Cancer Research Conference:Role of Inflammation and Immune System for Cancer Prevention and Treatment ,国際会議,2020年02月,Prevention of diethylnitrosamine-induced hepatic injury and carcinogenesis in mice by vitamin C,口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • グルタチオン代謝とフェロトーシスの機構解明,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会,評議員,2000年 ~ 継続中

  • 日本NO学会,評議員,2000年 ~ 継続中

  • 日本酸化ストレス学会,評議員,2001年 ~ 継続中

  • 日本酸化ストレス学会,理事,2008年 ~ 継続中

  • 日本酸化ストレス学会,第74回日本酸化ストレス学会学術集会 会長,2021年05月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 1)生化学・分子生物学

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示