2023/11/21 更新

写真a

フセ ジユンコ
布施 淳子
FUSE Junko
職名
教授

研究分野

  • ライフサイエンス / 基礎看護学

取得学位

  • 博士(医学),山形大学,2002年09月

学外略歴

  • 山形大学医学部附属病院,職員(医療系),1987年04月 ~ 1994年05月

所属学会・委員会

  • 日本医療安全学会

  • 日本看護研究学会

  • 日本看護科学学会

  • 日本応用心理学会

  • 日本看護診断学会

  • 日本看護学教育学会

  • 日本心理学会

  • 北日本看護学会

  • 日本看護医療学会

  • 日本予防医学リスクマネージメント学会

  • 国際予防医学リスクマネージメント連邦

  • 日本看護倫理学会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • (1)医療安全推進に関する研究 (2)看護継続教育に関する研究(3)人材育成に関する研究 (4)看護実践能力に関する研究

研究経歴

  • 医療安全推進に関する研究,2000年04月 ~ 継続中

    医療安全、医療事故防止、危険予測、看護

論文

  • 計画的行動理論に基づく看護師の転職意思決定モデルの構築,日本看護研究学会雑誌,42(4) 4_787-4_802,2019年

    田中 聡美, 布施 淳子

    単著

  • 臨床経験10年以上の看護職者の針刺し反復に影響する要因 パーソンアプローチの観点から,日本看護研究学会雑誌,41(2) 147-158,2018年06月

    久保 典子, 森鍵 祐子, 叶谷 由佳, 布施 淳子, 小林 淳子

    単著

  • 訪問看護師を対象としたデルファイ法による日本版バリューズヒストリーの開発,日本看護研究学会雑誌,40(5) 771-782,2017年12月

    高橋 方子, 菅谷 しづ子, 鈴木 康宏, 石津 みゑ子, 布施 淳子, 高橋 和子

    共著(国内のみ)

  • 訪問看護師が在宅療養高齢者の代弁意思に添う終末期医療の提供に必要と認識した情報,千葉科学大学紀要,(10) 75-89,2017年02月

    高橋 方子, 布施 淳子

    共著(国内のみ)

  • 在宅療養高齢者の終末期医療に対する事前の意思表示の現状と課題,千葉科学大学紀要,(9) 125-137,2016年02月

    高橋 方子, 菅谷 しづ子, 鈴木 康宏, 石津 みゑ子, 布施 淳子

    単著

  • 病院に勤務する看護師の転職観の因子構造モデル,日本看護研究学会雑誌,38(2) 13-22,2015年06月

    田中 聡美, 布施 淳子

    共著(国内のみ)

  • 在宅療養高齢者の終末期医療における意思把握に関する研究 訪問看護師が意思把握に必要なコア情報の特定,日本看護研究学会雑誌,37(1) 49-60,2014年04月

    高橋 方子, 布施 淳子

    共著(国内のみ)

  • 在宅療養高齢者の終末期医療に対する意思把握に訪問看護師が必要とする情報,日本看護研究学会雑誌,36(5) 35-47,2013年12月

    高橋 方子, 布施 淳子

    共著(国内のみ)

  • がん患者が治療方法を自己決定する場面における看護師が実践しているアドボカシーの因子構造モデル,日本看護研究学会雑誌,36(4) 87-97,2013年09月

    佐藤 千夏, 布施 淳子

    共著(国内のみ)

  • 夜間巡視用ライトに求められるニーズと今後の課題,基礎科学をもとにしたCo-Medical研究会雑誌,2013年

    松本裕、西原亜矢子、布施淳子、齋藤君枝

    共著(国内のみ)

  • 在宅療養高齢者の終末期医療に対する意思把握に訪問看護師が必要とする情報,日本看護研究学会誌,36(5) 35-47,2013年

    高橋方子,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 訪問看護師による在宅療養高齢者の終末期医療に対する意思把握の方法,日本看護研究学会雑誌,35(1) 99-105,2012年04月

    高橋 方子, 布施 淳子

    共著(国内のみ)

  • がん患者が治療方法を自己決定する場面における看護師が実践しているアドボカシーの因子構造モデル,日本看護研究学会誌,36(4) 87-97,2012年

    佐藤千夏,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 訪問看護師による在宅高齢者の終末期医療に対する意思把握の方法,日本看護研究学会誌,13(2) 25-32,2012年

    高橋方子,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 3年課程看護師養成所における看護教員の研修の取り組みの実態,北日本看護学会誌,14(1) 1-9,2011年09月

    高橋 公子, 布施 淳子

    単著

  • 文献からみた看護職の裁量の特徴,北日本看護学会誌,13(2) 25-32,2011年02月

    高橋 方子, 布施 淳子

    単著

  • 3年課程看護師養成所における看護教員の研修の取り組みの実態,北日本看護学会誌,14(1) 1-9,2011年

    高橋公子,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 看護管理者が認識する研究成果活用を推進する組織的支援の現状と阻害要因の検討,日本看護研究学会誌,33(2) 61-68,2010年

    遠藤良仁,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • Prediction of Risk Involved in Drip Infusion during Nursing in Japan,4th International Nursing Management Conference ,2008年

    Junko Fuse, Manami Hiraga

    共著(国内のみ)

  • 新卒看護師のリアリティショックとプリセプターからみた新卒看護師のリアリティショックに関する認識の相違,日本看護研究学会誌,30(1) 109-118,2007年

    平賀愛美,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 就職後3か月時の新卒看護師のリアリティショックの構成因子とその関連要因の検討,日本看護研究学会誌,30(1) 97-107,2007年

    平賀愛美,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 新人看護師の看護基礎教育における基礎看護技術未体験項目の実態とその自己学習に関する研究 ,北日本看護学会誌,9(2) 34-45,2007年

    荒川裕美,平賀愛美,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 日勤務帯及び準夜勤務帯において看護師が意識する危険要因に関する研究,日本看護管理学会誌,10(1) 21-29,2006年

    那須景子,布施淳子,小松万喜子

    共著(国内のみ)

  • 看護師の転倒に対するヒヤリハット体験と危険予測に関する検討,北日本看護学会誌,8(2) 27-36,2006年

    布施淳子,平賀愛美

    共著(国内のみ)

  • 待ち時間における時間不安と声かけとの関連,北日本看護学会誌,9(1) 9-16,2006年

    布施淳子,大佐賀敦

    共著(国内のみ)

  • 新卒看護師のリアリティショックに関する文献を用いた構成要因の分類,北日本看護学会誌,8(2) 13-25,2006年

    平賀愛美,布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 臨地実習における転倒のヒヤリハットの実態と危険予測,看護展望,30(12) 1394-1399,2005年10月

    布施淳子

    単著

  • 看護師の転倒・転落に対する危険性を察知するアセスメント能力に関する研究,「21世紀の安心・安全の医療を目指す研究・活動へに助成」報告書,19-22,2005年10月

    布施淳子

    単著

  • 東北地方における保健医療施設が求める看護系大学卒業者像,看護教育,46(6) 448-457,2005年05月

    布施淳子、松澤洋子、斉藤明子、渡辺皓

    共著(国内のみ)

  • 新卒看護師とプリセプターとリアリティショックに関する認識の相違,日本看護協会出版会報告書,1-13,2005年05月

    布施淳子

    単著

  • 臨地実習における看護学生のヒヤリハット体験,日本看護管理学会,8(2) 37-47,2005年03月

    布施淳子

    単著

  • 看護学生の転倒のヒヤリハットの実態と危険予測能力,第35回日本看護学会論文集ー看護総合ー,12-14,2004年11月

    奥田妙子、布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 深夜勤務における看護師の蓄積的疲労とその対処行動に関する研究,第35回日本看護学会論文集,52-54,2004年11月

    久保木寿恵、布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 総合病院におけるリスクマージメントの取組とその成果,安全医学,1(2) 37-42,2004年10月

    布施淳子

    単著

  • Examination of Cognitive Function of Female College Students with High CFQ Scores using a stroop test,山形医学,22(2) 107-116,2004年08月

    布施淳子、大佐賀敦

    単著

  • 足浴が患者の気分状態・覚醒水準に与える効果ー足浴がもたらす効果と患者-看護婦間のコミュニケーションの影響ー,北日本看護学会誌,6(2) 1-8,2004年03月

    布施淳子、大佐賀敦

    共著(国内のみ)

  • 待ち時間における音楽傾聴時の心理時間と多面的感情との関連,第34回に本看護学会論文集ー看護管理ー,2004年03月

    中西睦子、布施淳子

    共著(国内のみ)

  • 臨床実習に伴う看護学生の疲労感とSATI特性不安との関連 , 日本看護学教育学会誌 , 11-20 , 2000,日本看護学教育学会,2000年01月

    布施 淳子

    共著(海外含む)

  • 与薬事故における看護婦の認識に関する研究-新人看護婦のヒヤリハット体験における、新人看護婦・新人担当指導者・スタッフ間の差異の検討-, 北日本看護学会誌 2(1), 21-28 , 1999,北日本看護学会,1999年12月

    布施 淳子

    共著(海外含む)

  • 足浴は患者の心身状態にどのような影響を与える?,Expert Nurse,15(15) 55-59,1999年12月

    布施淳子、大佐賀敦

    共著(国内のみ)

  • 高齢者における足浴・マッサージの生理・免疫機能・心理面からの実験的検討, 笹川医学医療研究財団看護職員等研究報告書 7 3-10 1999,笹川医学医療研究財団,1999年08月

    布施 淳子

    共著(海外含む)

  • CFQ(Cognitive Failures Questionnaire)と視覚探索課題における行動特性との関連の検討, 山形医学 17(1)77-85 1999,山形大学,1999年01月

    布施 淳子

    共著(海外含む)

  • 総合病院1施設の看護婦における刺傷事故の実態と発生要因 , 環境感染 13(3), 167-172, 1998,日本環境感染学会,1998年08月

    布施 淳子

    共著(海外含む)

  • CFQ(Cognitive Failures Quesionnaire)の遂行行動との関連い関する研究 , 人間情報学研究科年誌 3 83-91, 1998,東北学院大学大学院人間情報学研究科,1998年03月

    布施 淳子

    共著(海外含む)

  • 学校教育におけるロールプレイの活用と今後の課題 , 看護教育 36(11), 977-983 , 995 ,医学書院,1995年11月

    布施 淳子

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • 在宅医療市場に向けたマーケティングと製品開発,技術情報協会,2017年

    布施淳子

  • 介護保険施設職員に対する介護・医療安全教育に関する実態調査,山形大学,2016年

    布施淳子

  • 看護職員に対する医療安全教育に関する実態調査,山形大学,2012年

    布施淳子

  • 学生のリスク感性を育てる医療安全教育の進め方,日総研出版,2009年

    布施淳子

  • 山形大学1学部・1部門プロジェクト報告書 : 医療安全の確保に向けた看護実践能力強化のための看護技術自主トレーニングシステムの構築 ,山形大学,2009年

    布施淳子,平賀愛美

  • 看護基礎教育における看護技術教育の実態調査報告書.山形大学1学部・1部門プロジェクト企画,山形大学,2008年

    布施淳子,平賀愛美

  • 演習・実習に役立つ基礎看護技術 根拠に基づいた実践をめざして,ヌーべルヒロカワ出版,2005年03月

    三上れつ、布施淳子、ほか

  • 演習・実習に役立つ基礎看護技術 根拠に基づいた実践をめざして ,ヌーヴェルヒロカワ,2003年

    三上れつ,小松万喜子,布施淳子

  • PONR監査と記録指導のポイント PONRオーディット事例集,日総研出版,1996年11月

    三上れつ、布施淳子

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 【看護基礎教育におけるKYT 看護学生の危険予知能力を磨く教育方法】 看護基礎教育における危険予知トレーニングへの取り組みの特徴,(株)メヂカルフレンド社,看護展望,36(10) 0868-0877,2011年08月

    布施 淳子

  • 【観察力・判断力を育てる!フィジカルアセスメントの指導スキル】 学生と教員の評価基準の共通理解を図る!学内演習における技術チェック項目の活用,日総研出版,看護人材教育,8(1) 64-72,2011年04月

    平賀 愛美, 松田 友美, 佐藤 千夏, 布施 淳子

  • 看護基礎教育における医療安全の行方,北日本看護学会誌編集委員会,北日本看護学会誌,13(2) 1-4,2011年02月

    布施 淳子

  • 学生と教員の評価基準と共通理解を図る!学内演習における技術チェック項目の活用,看護人材教育,8(1) 64-72,2011年

    平賀愛美,松田友美,佐藤千夏,布施淳子

  • 看護基礎教育における危険予知トレーニングへの取り組みの特徴,看護展望,36(10) 4-13,2011年

    布施淳子

  • 看護基礎教育における医療安全の行方,北日本看護学会誌,13(2) 1-4,2011年

    布施淳子

  • 学生の思考力を高める!医療安全教育と看護倫理学生のリスク感性を育てる医療安全教育の進め方,看護人材教育,2009年

    布施淳子

  • 実習前に行うコミュニケーション演習の進め方とその評価,看護人材教育,4(5) ,2008年

    平賀愛美,布施淳子

  • 神経障害 足浴の効果は?,肥満と糖尿病11・12 ,5(6) 941-943,2006年

    布施淳子、高橋香名、大沼寛

  • 呼吸Q&A解剖整理からみた看護行為の意味と解説,看護の科学社,看護実践の科学,26(7) 17-27,2001年07月

    布施淳子

  • 嗄声のアセスメント,学研,月刊ナーシング,19(2) 28-32,1999年02月

    布施淳子

  • 嗄声のある喉頭がん患者への看護援助,学研,月刊ナーシング,19(2) 46-50,1999年02月

    森谷こずえ、斎藤史枝、梶沼眞紀、細川房子、布施淳子

  • PONR監査と記録指導のポイント,日総研出版,ヘッドナース,1996年11月

    三上れつ、布施淳子

  • 精神疾患患者の看護,メジカルフレンド社,クリニカルスタディ,16(3) 218-223,1995年03月

    三上れつ、曽根原純子、布施淳子

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 奨励賞,2020年,日本国,日本看護研究学会,高橋方子,菅谷しづ子,鈴木康宏,石津みゑ子,布施淳子,高橋和子

  • 奨励賞,2019年08月,日本国,日本看護研究学会,久保 典子, 森鍵 祐子, 叶谷 由佳, 布施 淳子, 小林 淳子

  •  奨励賞,2018年08月,日本国,日本看護研究学会,田中聡美,布施淳子

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,緩和ケアリンクナースの教育モデルの開発

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2019年03月,レジリエンスエンジニアリングに基づく先取り型思考から導く医療安全行動に関する研究

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 継続中,看護師の医療事故回避行動におけるリスク知覚のアセスメント能力開発の基礎的研究

    現在分析中

  • 若手研究(B),2002年04月 ~ 2004年03月,医療事故防止における患者・受益者側からみた医療紛争の認識の関する研究

    本研究は、これまで経験した医療に対する不満・不信感等を中心に前年度に抽出した要因を土台に大学生の家族247件を対象に、不信感・不愉快につながる体験、看護婦・医師の対応、名前・薬の間違い、不明瞭な説明を受けた体験、医療サービスへの改善を希望する点について郵送調査を行った。
    有効回答173件(70.0%)のうち、本人または家族の外来・入院経験は145件(83.8%)であった。医療サービスにおける問題点について4件法で回答してもらった。結果、医師の説明1.45±0.81、医師の相談対応1.32±0.87、医師の基本的接遇1.06±0.81、看護支援1.18±0.68、看護師への相談1.10±0.72、看護師の基本的接遇1.04±0.72、薬剤師の説明1.19±0.69、薬剤師への相談1.02±0.76、薬剤師等の基本的接遇0.94±0.66、受付時の説明1.40±0.80、事務職員の基本的接遇1.14±0.86、病院の情報提供1.23±0.76、病棟・病室の療養生活1.43±0.92、食事1.46±1.01、診察室の環境1.31±0.94、診療録・紹介状の入手1.51±2.87、院内の移動の利便性1.26±0.68、退院後の支援1.20±0.82、診察日の設定1.37±0.97、診察日の予約1.07±0.93、待ち時間1.84±1.35、トイレ売店などの病院環境1.24±0.85、送迎・駐車場などの利便性1.76±0.99、病院の全体的な印象1.63±0.81であった。平均得点によると全項目は1点台を示し特に突起した問題点はないように見える。しかし、SDが1.0を超えた項目に着目すると、食事、診療録・紹介状の入手、待ち時間に関する項目が当てはまり、これらの項目は医療サービスの患者満足に問題が生じていることが示唆された。

  • 奨励研究(A),2000年04月 ~ 2001年03月,看護領域における医療事故防止対策野ためのインシデント情報の有効利用に関する研究

    北海道・東北地区を除いた地域の病床数300床以上の総合病院1083施設を対象に本調査を実施した。
    有効回答は327件(30.2%)であった。病院全体としての医療事故対策委員会は、99.1%の病院で設置された。委員会設置の時期は、1999~2000年で66.1%と最も多く、予備調査の結果と一致し、文部科学省・厚生労働省などからの通達時期と一致していた。看護部門独自の医療事故対策委員会の設置率は83.2%でインシデント報告書の収集率は78.6%であった。病院の各部門において医療事故対策委員会の下部組織が構築されていることが伺えた。また、委員会が設立されたことにより、病院全体のシステム改善や事故防止対策が積極的に展開されたこと(78.6%)が報告されていた。
    看護管理者が他病院の医療事故対策を知る機会があると回答したのは80.6%であり、一方、他病院のインシデント情報を見る機会があると回答したのは26.6%であった。他病院のインシデント情報を事故対策として活用したいとしたのは89.4%で、その情報は利益になるとしたのは91.8%であった。この結果も昨年の予備調査と同様の傾向を示した。医療事故に対する対策に関する情報収集は、現在の情報化社会を反映しているためかインターネット等からの情報収集が多く、さらに、全国各地での医療事故に関する研修会・研究会が盛んに行われたことも影響していると推測された。
    他病院とのインシデント情報の共有化に関しては、実際に参加したいと回答したのは78.8%で昨年と同様あるが、やはり、実際のインシデント報告書を外部に提出することに関して抵抗があることが垣間見られた。

その他競争的資金獲得実績

  • 横浜市立大学医学部60周年記念事業21世紀の安心・安全の医療を目指す研究・活動への助成,2004年04月 ~ 2005年03月,看護師の転倒・転落に対する危険性を察知するアセスメント能力に関する研究

    民間財団等

  • 日本看護協会出版会助成,2004年03月 ~ 2005年04月,新卒看護師とプリセプターのリアリティショックに関する認識の相違

    民間財団等

  • 日本看護学教育学会研究助成,2000年04月 ~ 2001年03月,基礎看護学演習における学生コーディネータ導入と評価

    民間財団等

  • 財団法人笹川医学医療研究助成,1999年04月 ~ 2000年03月,高齢者における足浴・マッサージの生理免疫機能・心理面からの実験的検討

    民間財団等

研究発表

  • 第46回山形県公衆衛生学会,国内会議,2020年03月,山形,MRSAに対するスタンダードプリコーションの有用性,口頭発表(一般)

  • 第46回山形県公衆衛生学会,国内会議,2020年03月,山形,救急医療の場における看護師のインシデントの原因とその対策,口頭発表(一般)

  • 第46回山形県公衆衛生学会,国内会議,2020年03月,山形,新人看護師の社会人基礎力に関する文献検討,口頭発表(一般)

  • 第46回山形県公衆衛生学会,国内会議,2020年03月,山形,日本の看護師によるアドバンス・ケア・プランニング(ACP)実践に関する文献検討,口頭発表(一般)

  • 第46回山形県公衆衛生学会,国内会議,2020年03月,山形,看護学生の実習中の食生活の現状と課題,口頭発表(一般)

  • 日本看護学教育学会誌,国内会議,2019年08月,新人看護師の看護技術不足に対するプリセプターの指導プロセス,その他

  • 日本看護研究学会雑誌,国内会議,2019年07月,文献からみた日本における緩和ケアリンクナース教育の実態,その他

  • ICN,国際会議,2019年06月, Singapore,The Current Situation and Palliative Care Education and Training for Link Nurse in Japan,ポスター発表

  • International Forum on Quality & Safety In Healthcare,国際会議,2018年09月,Melbourne,Standardizing patient safety education at general hospitals in Japan.,ポスター発表

  • 日本看護学教育学会誌,国内会議,2018年08月,基礎看護学実習における看護過程の理解が促進された実習体験,その他

  • 日本看護研究学会雑誌,国内会議,2018年07月,日本における緩和ケアリンクナースに関する研究の動向,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護系大学生の学年進行による職業アイデンティティの変化に関する研究,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,低・中所得国における非感染性疾患予防の現状と課題,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,2016年における医療事故の動向,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護学生の内服与薬確認におけるエラー発生と実施中の認識の様相,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護系大学生の学年進行による職業アイデンティティの変化に関する研究,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護学生の滅菌手袋の装着における基礎看護技術教科書の記述と理解との差異,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護学生の失敗観の違いと目標志向性との関連,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護学生の内服与薬確認におけるエラー発生と実施中の認識の様相,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護系大学生の学年進行による職業アイデンティティの変化に関する研究,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護学生の滅菌手袋の装着における基礎看護技術教科書の記述と理解との差異,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2018年03月,看護学生の失敗観の違いと目標志向性との関連,その他

  • The21th EAFONS,国際会議,2018年01月,Seoul Korea,:Development of the Japanese version of Values History-Integration of survey for families and survey for home visiting nurses,ポスター発表

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2017年12月,3年課程看護師養成所看護教員が臨地実習指導で行う教育実践因子構造モデル,その他

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2017年12月,バリューズヒストリーの構成項目に対する訪問看護師と看取りを経験した家族の評価,その他

  • INRC WANS2017,国際会議,2017年10月,Thailand, Relationship between turnover intention and nurses’ turnover values in Japan.,口頭発表(一般)

  • International Forum on Quality & Safety in Healthcare,国際会議,2017年09月, Kuala Lumpur,Suggestion for improvement of the patient safety education at facilities covered by long-term care insurance in japan.,ポスター発表

  • 日本看護研究学会雑誌,国内会議,2017年08月,看護系大学における基礎看護学実習の学生自己評価と教員評価の差異の特徴(第1報),その他

  • 日本看護学教育学会誌,国内会議,2017年07月,早期コミュニケーション実習後に看護系大学1年次生が気づいた看護師とのコミュニケーションの重要性(第2報),その他

  • The20th EAFONS,国際会議,2017年05月,Hong Kong,A literature review of the relation between retention factors among Japanese nurses,ポスター発表

  • The20th EAFONS,国際会議,2017年05月,Hong Kong,The Method of Using the Japanese Version of Values History Topic Categories:Cancer and palliative and end-of-life care.,ポスター発表

  • ICN congress 2017,国際会議,2017年05月,Spain, A Study on the Practical Education Provided by Nursing Teacher of 3-year Course Nursing Diploma Schools while in the Instruction of Nursing Clinical Practices.,ポスター発表

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2017年03月,インシデントレポートの情報共有方法についての文献検討,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2017年03月,看護系大学における基礎看護学実習、領域別実習、統合実習後の看護実践力に関する自己評価の比較,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2017年03月,理想の看護師像と学習意欲との関連,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2017年03月,卒後2年目看護師の急変時対応における困難要因,その他

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2016年11月,デルファイ法による日本版バリューズヒストリーの開発,その他

  • International Forum on Quality & Safety in Healthcare,国際会議,2016年09月,Singapore,Standardizing patient safety education at small and medium sized hospitals in Japan. International Forum on Quality & Safety in Healthcare,ポスター発表

  • 日本看護学教育学会誌,国内会議,2016年08月,基礎看護学演習のコーディネーター活動で学生が副次的に獲得した能力と満足感および達成感との関連(第1報),その他

  • 日本看護学教育学会誌,国内会議,2016年08月,基礎看護学演習のコーディネーター活動で学生が副次的に獲得した能力の質的分析(第2報),その他

  • 19th EAFONS,国際会議,2016年05月,Japan,The differences between the predictors of turnover intention from overseas literature review and actual reason for turnover behavior among Japanese nurses,ポスター発表

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2016年03月,クリティカル領域における家族の代理意思決定場面での看護実践から導き出される看護師が抱える困難な現状,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2016年03月,看護学生の危険予知に関するアセスメント能力の傾向についての文献検討,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2016年03月,新人看護師の早期離職に対する取り組みについての文献検討,その他

  • 山形県公衆衛生学会講演集,国内会議,2016年03月,看護系大学の4年次生における社会人基礎力の達成度,その他

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2015年11月,在宅療養高齢者の終末期医療に対する意思把握に必要な情報,その他

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2015年11月,看護師の転職プロセスモデルに関する海外の文献検討,その他

  • 4th ENDA – WANS – Conference,国際会議,2015年10月,Hannover Germany,Patient Safety Education for Nurses of Middle-scale Hospitals in Japan,ポスター発表

  • 4th ENDA – WANS – Conference,国際会議,2015年10月,Hannover Germany,Demographic characteristics associated with nurses’ turnover value among registered nurses in Japan,ポスター発表

  • ICN Conference,国際会議,2015年06月,Korea,An Examination of Factors Related to Work Value among Japanese Nurses,ポスター発表

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2014年11月,3年課程看護師養成所における看護教員の臨地実習指導における教育実践行動の特徴,その他

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2014年11月,病院に勤務する看護師の転職に対する認識の因子構造モデル,その他

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2014年11月,在宅療養高齢者のアドバンスディレクティブに対する訪問看護師の認識,その他

  • 医療の質・安全学会誌,国内会議,2014年10月,中小規模病院における医療安全教育の推進を阻む要因,その他

  • 8th ICN International Nurse Practitioner/APNN Conference,国際会議,2014年08月,Helsinnki Finland,Japanese nurse’s perception of work value :A qualitative content analysis study.,ポスター発表

  • International Forum on Quality and Safety in Health Care ,,国際会議,2014年04月, Paris France, Potential risks of the torches for nocturnal rounds.,ポスター発表

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2013年12月,看護学教員のキャリア発達支援に関する取り組みと今後の課題,その他

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2013年12月,新人看護師への指導場面においてプリセプターが活用するコーチングスキルに関する構成因子の検討,その他

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2013年12月,在宅療養高齢者の終末期医療の意思把握に訪問看護師が必要とするコア情報の特定,その他

  • 医療の質・安全学会誌,国内会議,2013年10月,中小規模病院における医療安全教育目標の到達度に関する検討,その他

  • ICN,国際会議,2013年10月, Seoul Korea,Factors Preventing the Dissemination of Patient Safety Education among Nursing Staff at General Hospitals in Japan,ポスター発表

  • 日本看護研究学会雑誌,国内会議,2013年07月,病院組織の看護師の転職の構成因子,その他

  • International Council of nurses 25th Quadrennial Congress ,国際会議,2013年05月,Melbourne Australia,Difficulties faced by visiting nurses in understanding the wishes of elderly residential patients with regard to terminal care,ポスター発表

  • International Forum on Quality and Safety in Health Care ,国際会議,2013年04月, London England,Improving Patient Safety Education for Nurses in General Hospitals in Japan. ,ポスター発表

  • 医療の質・安全学会誌,国内会議,2012年10月,一般病院における医療安全研修の到達状況と看護職員への研修内容の浸透を阻む要因,その他

  • 23rd International Networking for Healthcare Education Conferenc,国際会議,2012年09月,Cambridge UK, Medical safety education for nurses in general hospitals in Japan.23rd International Networking for Healthcare Education Conference.,ポスター発表

  • 日本看護学教育学会誌,国内会議,2012年07月,看護専門学校3年課程における社会人学生の特徴と受け入れ整備状況の実態,その他

  • The 9th International Conference with the Global Network of WHO Collaborating Centers for Nursing and Midwifery,国際会議,2012年07月,Japan ,:Factors in the Provision of Terminal Care to Elderly Home Residents unable to Express Their Wishes.,ポスター発表

  • 15th EAFONS,国際会議,2012年02月,Singapore, Differences of labour Support between hospital and Maternity Home in Japan.,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 日本看護科学学会学術集会講演集,国内会議,2011年12月,新人看護職員研修努力義務化後のプリセプター研修の実態,その他

  • 医療の質・安全学会誌,国内会議,2011年10月,一般病院における医療安全教育目標の到達度に関する検討,その他

  • The 8th INC ,国際会議,2011年10月,Seoul Korea,Factors Related to Clinical Instructor Involvement that Affect Nursing Students’ Sense of Achievement in Nursing Practicums.,ポスター発表

  • The 8th INC ,国際会議,2011年10月,Seoul Korea,Changes in the communication skills of nursing students during practical clinical training.,ポスター発表

  • The 10th International Family Nursing Conference,国際会議,2011年06月, Visiting Nurse’s Understanding of a Home Residing Senior Cancer Patient’s Will for Terminal Care. ,ポスター発表

  • ICN Conference and CNR,国際会議,2011年05月, Valletta Malta, Changes in Patient Safety Education Based on The Revised Basic Nursing Education Curriculum in Japan. ,ポスター発表

  • ICN Conference and CNR,国際会議,2011年05月,Valletta Malta,Review of The Literature on Human Relation between Novice and Preceptor Nurses in Japan.,ポスター発表

  • The 14th EAFONS ,国際会議,2011年02月,Seoul Korea,A Study about Constitution Factors of Emotional Support during Labor Performed by Midwives at Josanjo in japan.,ポスター発表

  • 2nd Japan China Korea Nursing Conference,国際会議,2010年11月,Japan,Trends in Literature Related to Advocacy of Clinical Nursing in Japan.,ポスター発表

  • 2nd Japan China Korea Nursing Conference,国際会議,2010年11月,Japan,Perceived Effectiveness and Practical Problems of Faculty Development at 3-Year Nursing Schools in Japan.,ポスター発表

  • 2nd Japan China Korea Nursing Conference,国際会議,2010年11月,Japan,Visiting Nurse’s Understanding of a Home Residing Senior Patient’s Will, With respect to the Patient’s Terminal Care.,ポスター発表

  • The 13th EAFONS,国際会議,2010年02月,Hong Kong,The Documents review about the definition of emotional support during labor.,ポスター発表

  • 第6回北日本看護学会学術集会,国内会議,2009年09月,記憶再生テストとCFQの特性との関連,口頭発表(一般)

  • The 1th International Nursing Research Conference of the World Academy of Nursing Science,国際会議,2009年09月,Kobe (Japan),Japanese nurse administrators’ perceptions of barriers to research utilization in nursing practices ,ポスター発表

  • 1st China-Japan- Korea Academic Exchange Conference,国際会議,2009年08月,Beijing China,Study on Factors that have Helped Enable Novice Nurses to Adjust to the Workplace in Japan.,ポスター発表

  • The 12th EAFONS ,国際会議,2009年03月,Tokyo( Japan), A Review of Literat A Review of Literature about “Doula”in Japan.ure about “Doula”in Japan.,ポスター発表

  • 4th International Nursing Management Conference,国際会議,2008年10月,Antalya(Turkey),Prediction of Risks Involved in Drip Intravenous Infusion during Nursing in Japan.,ポスター発表

  • International Nurse Educators Conference 2007,国際会議,2007年11月,Hong Kong(China),A self-learning method for enhancing practical nursing skills.,ポスター発表

  • International Nurse Educators Conference,国際会議,2007年11月,China, Recognizing the selection criteria for medical preceptors, with regards to people in charge of medical preceptor education.,ポスター発表

  • 2nd American Congress,国際会議,2007年06月,Montreal(Canada),Risk perception and safety planning capability of intravenous hyperalimaimatation (IVH) management by Novice nurses. Union of Risk Management for preventive Medicine ,ポスター発表

  • ICN Conference,国際会議,2007年05月,Yokohama(Japan);,Risk perception and experiences of intravenous hyperalimentation(IVH) management by nursing students.,ポスター発表

  • ICN Conference,国際会議,2007年05月,Yokohama(Japan),Information sought by elderly persons who are unexpectedly placed in a nursing home,ポスター発表

  • ICN Conference,国際会議,2007年05月,Yokohama(Japan),New graduate nurses recognition of their need for self-study of nursing skills following graduation from basic nursing education,ポスター発表

  • 第9回日本看護管理学会年次大会,国内会議,2005年08月,新卒看護師野リアリティショックの構成因子の検討,口頭発表(一般)

  • 第9回日本看護管理学会年次大会,国内会議,2005年08月,新卒看護師のリアリティショックに関する認識 新卒看護師のリアリティショックに関する文献を用いた構成要因の分類,口頭発表(一般)

  • 第15回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2005年07月,プリセプターからみた新卒看護師のリアリティショックに関する認識,口頭発表(一般)

  • 第9回日本看護研究学会学術集会,国内会議,2005年07月,新卒看護師とプリセプターとリアリティショックん冠する認識の相違,口頭発表(一般)

  • 第15回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2005年07月,基礎看護学実習における看護技術の学生の事前準備と実施状況,ポスター発表

  • 日本心理学会第67回大会,国内会議,2004年09月,CFQと課題遂行時の生理指標の変化との関連,ポスター発表

  • 第8回日本看護管理学会年次大会,国内会議,2004年08月,日勤務帯および準夜勤務帯において看護師が意識する危険要因に関する比較研究,口頭発表(一般)

  • 第35回日本看護学会(看護教育),国内会議,2004年08月,山形大学医学部看護学科における教育に対する外部評価(その2)卒業生の勤務先上司からの評価,ポスター発表

  • 第35回日本看護学会(看護教育),国内会議,2004年08月,山形大学医学部看護学科における教育に対する外部評価(その1)卒業生からの評価,ポスター発表

  • 第8回日本看護管理学会年次大会,国内会議,2004年08月,危険要因に対する看護師の意識の経験年数による比較,口頭発表(一般)

  • 第35回日本看護学会(総合看護),国内会議,2004年07月,後頭部冷却を併用した湯浴の有効性の検討,口頭発表(一般)

  • 第30回日ノン看護研究学会学術集会,国内会議,2004年07月,足浴に関する生理心理学的検討(11)後頭部冷却を併用した湯浴におけるポリグラフ指標の変化,ポスター発表

  • 第30回日本看護研究学会学術集会,国内会議,2004年07月,足浴に関する生理心理学的検討(10)後頭部冷却を併用した湯浴方法の検討,ポスター発表

  • 第14回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2004年07月,基礎看護学実習の事前技術演習に対する教育効果の検討,ポスター発表

  • 第14回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2004年07月,基礎看護学実習の事前技術演習に対する教育効果の検討,ポスター発表

  • 第35回日本看護学会(看護総合),国内会議,2004年07月,看護学生の転倒のヒヤリハットの実態と危険予測能力の研究,口頭発表(一般)

  • 第35回日本看護学会(看護総合),国内会議,2004年07月,深夜勤務における看護師の蓄積労働とその対処行動に関する研究,口頭発表(一般)

  • 第2回日本予防医学リスクマネージメント学会学術総会,国内会議,2004年02月,総合病院におけるリスクマネージメントの取組とその成果,口頭発表(一般)

  • 第34回日本看護学会(看護管理),国内会議,2003年11月,待ち時間における音楽傾聴時野心理時間と多面的感情との関連,ポスター発表

  • 第34回日本看護学会(老人看護),国内会議,2003年09月,在宅療養者の介護者における褥創の予防的ケアの実態調査,口頭発表(一般)

  • 第13回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2003年08月,基礎看護学実習での生活援助技術の実施おいて学生が体験する困難,ポスター発表

  • 第34回日本看護学会(成人看護Ⅱ),国内会議,2003年08月,糖尿病性末梢神経障害の自覚症状に対する足浴の効果について,ポスター発表

  • 第34回日本看護学会(成人看護Ⅱ),国内会議,2003年08月,糖尿病性末梢神経障害の自覚症状が日常生活に及ぼす影響,ポスター発表

  • 第13回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2003年08月,基礎看護学実習での生活援助技術の実施における学生の技術上達と指導法の検討,ポスター発表

  • 第29回日本看護研究学会,国内会議,2003年07月,足浴に関する生理心理的検討(9) 高齢者における気分状態・指尖容積脈波への影響,ポスター発表

  • 第33回日本看護学会(看護管理),国内会議,2002年11月,待ち時間における時間不安測定尺度と言葉かけとの関連,口頭発表(一般)

  • 第6回北日本看護学会学術集会,国内会議,2002年09月,湯浴時間における快・不快感情の主観的評価に関する検討,口頭発表(一般)

  • 日本心理学会代66回大会,国内会議,2002年09月,CFQと記憶再生課題における遂行行動との関連,ポスター発表

  • 第28回日本看護研究学会,国内会議,2002年08月,足浴に関する生理心理学的検討(7) 湯欲の手技・時間の違いが心拍・呼吸・瞬目活動にあたえる影響,ポスター発表

  • 第28回日本看護研究学会,国内会議,2002年08月,足浴に関する生理心理学検討(8) 湯欲時間が快・不快感情にあたえる影響,ポスター発表

  • 第12回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2002年07月,基礎看護学演習における学生コーディネーター導入と評価,ポスター発表

  • 第12回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2002年07月,基礎看護学実習前後における看護過程の学習の変化,ポスター発表

  • 第12回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2002年07月,看護過程の到達度評価に関する基礎看護学実習前後の比較と教育課題,ポスター発表

  • 日本心理学会第65回大会,国内会議,2001年11月,CFQ(Cognitive Failures Questionnaire)とストループテストにおける遂行行動との関連(2),ポスター発表

  • 第32回日本看護学会(看護管理),国内会議,2001年10月,看護職者の医療事故に対する認識の検討 与薬に対する状況設定事例を用いた事故と未事故の判別,口頭発表(一般)

  • 第5回北日本看護学会学術集会,国内会議,2001年09月,肝機能疾患患者の全身倦怠感に対する足浴の有効性の検討,ポスター発表

  • 第11回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2001年08月,基礎看護学実習における目標達成に関する検討(1)レポート分析による学びの内容,ポスター発表

  • 第11回日本看護教育学会学術集会,国内会議,2001年08月,基礎看護学実習における目標達成に関する検討(2)レポート分析に夜学びの内容,ポスター発表

  • 第27回日本看護研究学会,国内会議,2001年07月,足浴に関する生理心理学的検討(5) 入院患者における足浴中の脈波・呼吸・瞬目活動の変化,ポスター発表

  • 第27回日本看護研究学会,国内会議,2001年07月,足浴に関する生理心理学的検討(6) 足浴が入院患者の全身倦怠感にあたえる影響,ポスター発表

  • 日本心理学会代64回大会,国内会議,2000年11月,CFQ(Cognitive Failures Questionnaire)とストループテストにおける遂行行動との関連,ポスター発表

  • 第10回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,2000年08月,基礎看護学実習におけるカンファレンスの現状と課題,ポスター発表

  • 第4回北日本看護学会学術集会,国内会議,2000年08月,CFQとストループテストにおける行動特性との関連,口頭発表(一般)

  • 第4回北日本看護学会学術集会,国内会議,2000年08月,疲労を軽減する援助としての足浴の有効性および効果的な足浴方法の検討,ポスター発表

  • 第26回日本看護研究学会,国内会議,2000年07月,足浴に関する生理心理心理学的検討(3) 足浴手技・時間の違いが脈波・呼吸・瞬目活動に与える影響,ポスター発表

  • 第26回日本看護研究学会,国内会議,2000年07月,足浴に関する生理心理学的検討(4) 足浴が蓄積的疲労徴候・気分状態にあたえる影響,ポスター発表

  • 第3回北日本看護学会学術集会,国内会議,1999年08月,臨床実習に伴う疲労感の個人差に関する研究 学生の自己効力と実習中の睡眠状態、気分状態、疲労感との関連,口頭発表(一般)

  • 日本心理学会第63回大会,国内会議,1999年08月,CFQと視覚探索課題における行動遂行との関連の検討 瞬目潜時を指標とした解析と反応時間-瞬目潜時の関連,ポスター発表

  • 第3回北日本看護学会学術集会,国内会議,1999年08月,足浴においてコミュニケーションが果たす精神心理的効果の実験的検討,口頭発表(一般)

  • 第3回北日本看護学会学術集会,国内会議,1999年08月,新人看護婦のヒヤリハット体験の認識における新人看護腑・新人担当指導者、スタッフ間の差異の検討,口頭発表(一般)

  • 第25回日本看護研究学会,国内会議,1999年07月,足浴に関する生理心理学的検討(1)脈波・呼吸・瞬目活動を指標としたポリグラフ的検討,ポスター発表

  • 第25回日本看護研究学会,国内会議,1999年07月,足浴に関する生理心理学的検討(2) 足浴施行時のコミュニケーションの違いが気分状態・覚醒水準にどのような影響をもたらしたか?,ポスター発表

  • 日本心理学会第62回大会,国内会議,1998年10月,CFQ(Cognitive Failure Questionnaire)の遂行行動との関連に関する研究,ポスター発表

  • Third International Nursing Research Conference,国際会議,1998年09月,An Idea of The Student Coodinator for Fundamental Nursing Technique in The Seminar,口頭発表(一般)

  • 第8回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,1998年08月,基礎看護学演習における学生コーディネーター導入の試み(3),ポスター発表

  • 第24回日ノン看護研究学会学術集会,国内会議,1998年07月,基礎看護学実習における目標の妥当性と信頼性の検討,ポスター発表

  • 第24回日本看護研究学会学術集会,国内会議,1998年07月,基礎看護実習における目標達成度に関する検討,ポスター発表

  • 第61回日本心理学会学術集会,国際会議,1997年09月,Aschの印象形成実験での「generous」の意味,口頭発表(一般)

  • 日本応用心理学会第64回大会,国内会議,1997年08月,CFQ(Cognitive Failure Questinnaire)の妥当性に関する研究(1),口頭発表(一般)

  • 第23回日本看護研究学会学術集会,国内会議,1997年07月,基礎看護学実習における目標達成度に関する検討 学生の達成感・満足感の低位群に影響する要因分析,ポスター発表

  • 第38回日本教育心理学会学術集会,国内会議,1996年11月,看護系大学生の看護イメージに関する研究 3年次生における理想像・現実像の変化,ポスター発表

  • 第38回日本教育心理学会,国内会議,1996年11月,看護系大学生の看護婦イメージに関する研究 2年次生における理想像・現実像の変化,口頭発表(一般)

  • 日本応用心理学会代63回大会,国内会議,1996年09月,看護系大学生の看護婦イメージに関する要因の分析,口頭発表(一般)

  • 第22回日本看護研究学会学術集会,国内会議,1996年07月,基礎看護実習における学生の達成度・満足度に関する要因の検討,口頭発表(一般)

  • 第6回日本看護学教育学会学術集会,国内会議,1996年07月,基礎看護学演習における学生コーディネーター導入の試み,ポスター発表

  • 第22回日本看護研究学会学術集会,国内会議,1996年07月,基礎看護学実習における目標達成度に関する検討 学生と指導者評価の比較から,ポスター発表

  • 第15回日本看護科学学会学術集会,国内会議,1995年12月,看護基礎教育におけるロールプレイング技法の活用に関する研究,口頭発表(一般)

  • 第62回日本応用心理学会,国内会議,1995年09月,看護学生の看護婦のイメージに関する要因の分析,ポスター発表

  • 第37回日本教育心理学会学術集会,国内会議,1995年09月,看護学生の看護婦のイメージに関する研究(6) 職業観との関連の検討,ポスター発表

  • 第37回日本教育心理学会学術集会,国内会議,1995年09月,看護学生の看護婦イメージに関する研究(4),ポスター発表

  • 第37回日本教育心理学会学術集会,国内会議,1995年09月,看護学生の看護婦のイメージに関する研究(3) 看護系大学3年次生における理想像と・現実像・自己像との比較,ポスター発表

  • 第21回日本看護研究学会学術集会,国内会議,1995年07月,看護におけるマッサージに関する研究 文献による研究の動向,口頭発表(一般)

  • 第37回日本教育心理学会学術集会,国内会議,1995年07月,看護学生の看護婦のイメージに関する研究(5)Self Esteem(SE)得点との関連性の検討,ポスター発表

  • 第21回日本看護研究学会学術集会,国内会議,1995年07月,褥創ケアに関する研究(1)文献的考察,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本看護研究学会,理事,2020年01月 ~ 継続中

  • 日本医療安全学会,理事,2019年05月 ~ 継続中

  • 日本看護学教育学会,評議員,2012年06月 ~ 継続中

  • 日本看護科学学会,代議員,2012年07月 ~ 継続中

  • 日本看護研究学会,評議員,2013年06月 ~ 2018年06月

  • 日本看護診断学会,評議員,2019年06月 ~ 継続中

  • 日本看護倫理学会,評議員,2021年 ~ 継続中

  • 北日本看護学会,理事,1997年08月 ~ 2017年09月

  • 日本予防医学リスクマネージメント学会,評議員,2003年09月 ~ 2006年01月

  • 日本予防医学リスクマネージメント学会,理事,2006年02月 ~ 継続中

  • 北日本看護学会,専任査読委員,2012年06月 ~ 継続中

  • 日本看護研究学会,専任査読委員,2015年04月 ~ 継続中

  • 日本看護学教育学会,専任査読委員,2015年06月 ~ 継続中

  • 日本看護科学学会,社会貢献委員会委員,2015年12月 ~ 2017年12月

  • 日本看護学教育学会,編集委員会委員,2018年06月 ~ 継続中

  • 日本看護診断学会,学会誌査読委員,2020年12月 ~ 継続中

全件表示 >>

社会貢献活動

  • 科学研究費委員会専門委員 ,2020年06月 ~ 2020年11月

  • 科学研究費委員会専門員,2019年06月 ~ 2019年11月

  • 「看護職ジェネラルリスクマネージャーが担う医療安全教育の様相」日本医療安全学会パネルディスカッション,2019年02月

  • 「人材育成論」認定看護管理者教育課程ファーストレベル,2018年07月 ~ 継続中

  • 「実習指導の原理」山形県看護実習指導者講習会,2016年06月 ~ 継続中

  • 「実習指導の原理」山形県保健師助産師看護師実習指導者講習会(特定分野),2015年10月 ~ 継続中

  • 科学研究費委員会専門委員,2015年10月 ~ 2017年03月

  • 「現在のカリキュラムと学生の現状を踏まえた実習指導者に期待すること」山形県看護実習指導者講習会フォローアップ研修,2014年10月 ~ 2016年12月

  • 「看護教育評価演習」山形県看護教員養成講習会,2013年11月

  • 山形県准看護師試験委員,2013年07月 ~ 2013年12月

  • 医療安全教育,山形県看護実習指導者講習会,2013年06月 ~ 継続中

  • 「看護研究の視点 査読力アップ」講演,2013年06月

  • 山形県看護教員養成講習会開催に向けた検討会,2013年03月 ~ 2013年11月

  • 山形県看護教員養成講習会企画運営会議,2013年02月 ~ 2013年04月

  • 高校一年生対象医療体験セミナーの開催,2012年07月 ~ 2013年07月

  • 保健師助産師看護師国家試験委員,2012年05月 ~ 2018年03月

  • 「研究計画の書き方」講演,2012年05月

  • 看護の質向上医療安全教育研究会,2012年03月 ~ 継続中

  • 看護基礎教育における医療安全教育の行方,2010年08月

  • 「看護診断」「看護過程」講義 山形大学リフレッシュ医学教育看護師リフレッシュ研修,2010年

  • 「医療における不安全行動」講演,2009年12月

  • 「正確な看護診断の決定方法」講演,2009年11月

  • 「医療安全教育の教授方法」講演,2009年07月

  • 「学生のリスク感性を育てる医療安全教育の進め方」講演,2009年05月 ~ 2010年06月

  • :「山形大学における看護学教育の実践 -学生の成長に即した看護実践能力評価の試みからー」講演,2009年02月

  • 医療安全のためのMedical Mediationの在り方,2008年10月

  • 「カリキュラム編成に関する実際」講演.看護基礎教育における医療安全教育推進のための看護教員研修,2008年08月

  • 研究支援,2008年05月 ~ 継続中

  • 「看護診断プロセス」講演,2008年03月

  • 「看護診断プロセス」講演,2008年02月

  • 「看護診断プロセス」講演,2007年11月

  • 研究支援,2007年06月 ~ 2014年06月

  • 研究支援,2007年06月 ~ 2009年10月

  • 「看護診断プロセス」講演,2007年06月

  • 「看護診断プロセス」講演,2007年06月

  • 山形県看護実習指導者講習会「看護論」,2007年05月 ~ 2010年05月

  • 「看護診断プロセス 疑問を解決しながら行うトレーニング」講演,2007年03月 ~ 2007年06月

  • 平成17年度山形大学医学部公開講座,2005年09月

  • 山形県看護協会主催 看護職研修会,2005年06月

  • 北村山公立病院主催 医療安全体制確保職員研修,2003年02月

全件表示 >>