基本情報

写真a

方 青

FANG Qing


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4638

ホームページ

http://sci.kj.yamagata-u.ac.jp/~fang/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 数学基礎

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 中国科学技術大学  数学系

    1985年07月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  理学研究科  数学専攻

    博士課程,1992年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),広島大学,1992年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 山形大学,教授,2007年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会

  • 日本応用数理学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 偏微分方程式の数値解法と数値解析
    数理モデルの応用解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Phase separation mechanism for a unified understanding of dissipative pattern formation in a Liesegang system,PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS,2021年12月

    Itatani Masaki, Fang Qing, Lagzi Istvan, Nabika Hideki

    共著(海外含む)

  • A Multilayer Interactome Network Constructed in a Forest Poplar Population Mediates the Pleiotropic Control of Complex Traits.,Frontiers in genetics,12 769688,2021年11月

    Gong H, Zhu S, Zhu X, Fang Q, Zhang XY, Wu R

    共著(海外含む)

  • A Holling Functional Response Model for Mapping QTLs Governing Interspecific Interactions,FRONTIERS IN GENETICS,12 766372,2021年10月

    Zhang Xiao-Yu, Gong Huiying, Fang Qing, Zhu Xuli, Jiang Libo, Wu Rongling

    共著(海外含む)

  • Genetic Architecture of Multiphasic Growth Covariation as Revealed by a Nonlinear Mixed Mapping Framework,FRONTIERS IN PLANT SCIENCE,12 711219,2021年10月

    Gong Huiying, Zhang Xiao-Yu, Zhu Sheng, Jiang Libo, Zhu Xuli, Fang Qing, Wu Rongling

    共著(海外含む)

  • Modification of the Matalon-Packter Law for Self-Organized Periodic Precipitation Patterns by Incorporating Time-Dependent Diffusion Flux,JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B,125(25) 6921-6929,2021年07月

    Itatani Masaki, Fang Qing, Nabika Hideki

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Trustworthiness in Social Multimedia Analytics and Delivery,IEEE,2019年03月

    Su Zhou, Fang Qing, Wang Honggang, Mehrotra Sanjeev, Begen Ali C., Ye Qiang, Cavallaro Andrea

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2023年03月,周期沈殿現象の数理モデルの高精度数値解法と解の力学挙動に関する研究

    応用数学および統計数学関連

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,走性現象の数理モデルの高精度数値解法の開発とその数値解析

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,特異性の解を持つ偏微分方程式に関する数値解法の研究の新展開

    自然・社会現象に関する研究分野において、特異性の解をもつ偏微分方程式は数理モデルとして頻繁に現れる。本研究の目的は、特異性の解をもつ放物型偏微分方程式の初期ー境界値問題に対して、有限差分法と有限要素法の優れた点を取り込んだ有限体積法タイプの高精度の数値解法を開発すること、およびその数値解析の数学理論を確立することである。特に、爆発解をもつ偏微分方程式を数値的により正確に解けることに貢献したい。本研究の成果によって、自然・社会現象の解明および予測がより正確に行われるようになることが望まれる。

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,特異性の解をもつ偏微分方程式の精度保証付き数値解法の研究

    本研究の目的は、特異性の解を持つ偏微分方程式の数値解を求める数学的な方法を開発することおよびその方法に関する解析的な誤差評価を与えることである。いかに信頼できる近似解を時間的に速い、物理のメモリの使用に少ない方法で得られるかについては、数学的に精度保証付き解法の開発と解析に密接に関わる問題である。本研究によって、この問題の解決に大きく貢献していきたい。

  • 基盤研究(C),2006年04月 ~ 2009年03月,特異性の解をもつ偏微分方程式の数値解法と数値解析に関する研究

    今の偏微分方程式に対する数値解の誤差解析の数学的理論は膨大な知見が集積されているが、それらの多くは、通常、データ(方程式の係数関数、領域の境界、境界-初期条件、外力項等)の滑らかさに強く依存している。方程式のデータのいずれかが特異性を持ち、その結果、解が滑らかさがそこなわれる場合の数値解の誤差評価は、現在においてもほとんどないのが現状である。
    本研究では、データのいずれかが特異性を持つような偏微分方程式の数値解の誤差解析に対して、新しいアプローチを確立することを目的とする。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学,Control of Periodicity of Liesegang Structures by Concentrations of Reaction Substrates,口頭発表(一般)

  • 平成30年度化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学,Self-Organized Liesegang Structures Controlled by Potential Gradient,口頭発表(一般)

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yonezawa,Hybrid Materials with Controlled Precipitation Pattern of Nanoparticles,口頭発表(一般)

  • International Conference on Life System Modeling and Simulation 2017,国際会議,2017年09月,Nanjing University of Posts and Telecommunications,A Multivariate Wind Power Fitting Model Based on Cluster Wavelet Neural Network,口頭発表(一般)

  • International Conference on Life System Modeling and Simulation 2017,国際会議,2017年09月,Nanjing University of Posts and Telecommunications,An Artificial Neural Network Model for Predicting Typhoon Intensity and Its Application,口頭発表(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大規模数値計算,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示