基本情報

写真a

本郷 誠治

HONGO Seiji


研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / ウイルス学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,山形大学,1985年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会

  • アメリカ微生物学会

  • 日本細菌学会

  • 日本臨床ウイルス学会

  • 日本感染症学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • インフルエンザウイルス遺伝子の発現機構の解析

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • インフルエンザウイルス遺伝子の発現機構の解析,1990年04月 ~ 継続中

    インフルエンザウイルス, 遺伝子発現

論文 【 表示 / 非表示

  • Polyclonal spread of multiple genotypes of Mycoplasma pneumoniae in semi-closed settings in Yamagata, Japan.,Journal of medical microbiology,68(5) 785-790,2019年05月

    Suzuki Y, Seto J, Shimotai Y, Itagaki T, Katsushima Y, Katsushima F, Ikeda T, Mizuta K, Hongo S, Matsuzaki Y

    共著(国内のみ)

  • Neutralizing Epitopes and Residues Mediating the Potential Antigenic Drift of the Hemagglutinin-Esterase Protein of Influenza C Virus.,Viruses,10(8) E417,2018年08月

    Matsuzaki Y, Sugawara K, Furuse Y, Shimotai Y, Hongo S, Mizuta K, Nishimura H.

    共著(海外含む)

  • Development of a high-throughput assay to detect antibody inhibition of low pH induced conformational changes of influenza virus hemagglutinin,PLOS ONE,13(6) e0199683,2018年06月

    Trost Jessica F., LeMasters Elizabeth H., Liu Feng, Carney Paul, Lu Xiuhua, Sugawara Kanetsu, Hongo Seiji, Stevens James, Steinhauer David A., Tumpey Terrence, Katz Jacqueline M., Levine Min Z., Li Zh...

    共著(海外含む)

  • Multiple-Locus Variable-Number Tandem-Repeat Analysis of Mycoplasma pneumoniae Isolates between 2004 and 2014 in Yamagata, Japan: Change in Molecular Characteristics during an 11-year Period.,Jpn J Infect Dis.,70(6) 642-646,2017年11月

    Suzuki Y, Seto J, Shimotai Y, Itagaki T, Katsushima Y, Katsushima F, Ikeda T, Mizuta K, Hongo S, Matsuzaki Y.

    共著(海外含む)

  • Development of macrolide resistance-associated mutations after macrolide treatment in children infected with Mycoplasma pneumoniae.,J Med Microbiol.,66(11) 1531-1538,2017年11月

    Suzuki Y, Shimotai Y, Itagaki T, Seto J, Ikeda T, Yahagi K, Mizuta K, Hongo S, Matsuzaki Y.

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 標準微生物学第9版,医学書院,2005年04月

    山西弘一監修、平松啓一、中込治

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • The role of M- and NS-gene translational products in influenza C virus replication.,Current Topics in Virology. ,9 69-77,2011年

    Hongo S, Muraki Y, Shimotai Y

  • The molecular virology and reverse genetics of influenza C virus.,Jpn J Infect Dis.,63(3) 157-165,2010年05月

    Muraki Y, Hongo S.

  • Type C influenza,Nihon Rinsho. ,64(10) 1942-1949,2006年10月

    Hongo S.

  • Gene expression of influenza viruses during replication.,Nihon Rinsho.,64(10) 1795-1802,2006年10月

    Hongo S, Muraki Y.

  • 【話題のウイルス感染症】インフルエンザ 基礎と疫学,(株)近代出版,臨床と微生物,46(6) 661-666,2019年11月

    本郷 誠治, 下平 義隆

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,C型インフルエンザウイルスの出芽部位budozoneは脂質ラフト以外の形質膜か?

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,C型インフルエンザウイルスの出芽部位budozoneは脂質ラフト以外の形質膜か?

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,C型インフルエンザウイルスのNS1タンパク質がウイルス増殖を調節する機序の解明

    C型インフルエンザウイルスのNS1タンパク質の167-171, 189-196番目のアミノ酸配列に核移行シグナルを同定した。109-126番目に2つの核外移行シグナル(NES)のコンセンサス配列があるがNESとして働かないというC型に特有な成績を得た(第62, 63回日本ウイルス学会)。

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,CM2の塩素イオンチャネル活性はC型インフルエンザウイルスの増殖を制御するか?

    我々の確立したreverse genetics (J Virol. 81(16): 8766-73, 2007)で翻訳後修飾を欠く組換えC型インフルエンザウイルスを作製して、CM2の量体形成と糖鎖付加がウイルス増殖に関与することを明らかにした(PLoS One. 8(4): e60510, 2013)。

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,C型インフルエンザウイルスの増殖を制御するNS1蛋白の機能ドメインの解明

    NS1欠失変異体の解析から、NS1タンパク質の1-62, 109-154番目のアミノ酸領域に各々核移行シグナル、核外移行シグナルが含まれる可能性が示唆された。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 感染症学雑誌,国内会議,2020年03月,分子疫学解析法を用いた山形県における2011年から2013年の肺炎マイコプラズマ学校内および家族内感染の検討,口頭発表(一般)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本ウイルス学会,評議員,1995年01月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 1)微生物学(ウイルス学,細菌学,真菌学)の講義