基本情報

写真a

塩野 義人

SHIONO Yosihito


職名

教授

ホームページ

http://hakkou0.webnode.jp

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学  農学部  農芸化学科

    1994年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学  農学研究科  農芸化学専攻

    博士課程,1999年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),大阪府立大学,1999年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都工芸繊維大学大学院ベンチャーラボラトリー,非常勤講師,2000年01月 ~ 2000年10月

  • (独)産業技術総合研究所,NEDO フェロー,2000年11月 ~ 2002年11月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 日本農芸化学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 微生物の生産する生理活性物質に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Limonoids from the fruits of Chisocheton lasiocarpus (Meliaceae),JOURNAL OF ASIAN NATURAL PRODUCTS RESEARCH,2022年01月

    Katja Dewa Gede, Hilmayanti Erina, Nurlelasari, Mayanti Tri, Harneti Desi, Maharani Rani, Farabi Kindi, Darwati, Lesmana Ronny, Fajriah Sofa, Supratman Unang, Azmi Mohamad Nurul, Shiono Yoshihito

    単著

  • Sesquiterpenoids from the Stem Bark of Aglaia simplicifolia and Their Cytotoxic Activity against B16-F10 Melanoma Skin Cancer Cell,INDONESIAN JOURNAL OF CHEMISTRY,21(6) 1560-1567,2021年12月

    Izdihar Ghina, Naini Al Arofatus, Harneti Desi, Maharani Rani, Nurlelasari Nurlelasari, Mayanti Tri, Safari Agus, Farabi Kindi, Supratman Unang, Azmi Mohamad Nurul, Shiono Yoshihito

    単著

  • Cochlioquinone derivatives produced by coculture of endophytes, Clonostachys rosea and Nectria pseudotrichia,FITOTERAPIA,155 ,2021年11月

    Sofian Ferry Ferdiansyah, Suzuki Takuma, Supratman Unang, Harneti Desi, Maharani Rani, Salam Supriatno, Abdullah Fajar Fauzi, Koseki Takuya, Tanaka Kurumi, Kimura Ken-ichi, Shiono Yoshihito

    単著

  • The 2,3-epoxy naphthoquinol produced by endophyte Arthrinium marii M-211,NATURAL PRODUCT RESEARCH,2021年10月

    Sofian Ferry Ferdiansyah, Suzuki Takuma, Supratman Unang, Harneti Desi, Maharani Rani, Salam Supriatno, Abdullah Fajar Fauzi, Yoshida Jun, Ito Yoshiaki, Koseki Takuya, Shiono Yoshihito

    単著

  • Identification and characterization of an acetyl xylan esterase from Aspergillus oryzae,JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING,132(4) 337-342,2021年10月

    Kato Tomoe, Shiono Yoshihito, Koseki Takuya

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Medicinal Plant Research in Africa, Elsevier,2013年02月

    POUMALE H.M.P., HAMM. R., ZANG, Y., SHIONO, Y. and KUETE, V

  • Bioactive compounds from natural sources : natural products as lead compounds in drug discovery,CRC Press,2011年02月

    SHIONO, Y. and KIMURA, K

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 植物内生糸状菌類から創薬シード分子を探す,日本農芸化学会,化学と生物,47(6) 390-396,2009年06月

    塩野 義人, 木村 賢一

  • 未利用な微生物資源から医薬シーズ分子の探索-「薬のもと」探し-,ケミカルエンジニヤリング,52(10) 1-5,2007年11月

    塩野義人

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,アンスラコビア酸化合物、その医薬用途、その取得方法および取得に有用な菌株,塩野義人、宮川都吉、木村賢一

    出願番号( 2006-016864 ) ,日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,微生物間のコミュニケーションを介した培養方法に基づく生理活性物質の探索

    生物分子化学関連

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,樹木内生菌類を利用したナラ枯れ防止のための基盤研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • インドネシアの伝承薬「ジャムウ」を材料にした生理活性物質の探索研究,2020年04月 ~ 2023年03月,インドネシアの伝承薬「ジャムウ」を材料にした生理活性物質の探索研究

    インドネシアのアーユルベーダと言われる「ジャムウ」という伝承薬とそれに共生する微生物(エンドファイト)を対象に、有用な生理活性物質の探索する。

    公益財団法人 小林財団

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • インドネシアの伝承薬「ジャムウ」を材料にした生理活性物質の探索研究,2020年04月 ~ 2023年03月,公益財団法人 小林財団,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学大会2022年度大会,国際会議,2022年03月,N-fatty acyl 5-hydroxytryptamines isolated from Diallium corbisieri, Fabaceae.,口頭発表(一般)

  • 日本農芸化学大会2022年度大会,国際会議,2022年03月,Undescribed dimeric- and trimeric-sesquiterpene phenols and a bicoumarin derivative isolated from the leaves of Dysoxylum caulostachyum Miq,口頭発表(一般)

  • 日本農芸化学会 東北支部156回大会,国際会議,2021年10月,メヒシバより分離した糸状菌 M3 株が生産する クルビコライド類の新類縁物質について,口頭発表(一般)

  • 日本農芸化学会 東北支部156回大会,国際会議,2021年10月,Undescribed dimeric- and trimeric-sesquiterpene phenols isolated from the leaves of Dysoxylum caulostachyum Miq., a primate-consumed plant,口頭発表(一般)

  • 日本農芸化学大会2021年度大会,国内会議,2021年03月,東北大学農学部,Two new octahydronaphthalene derivatives, trichodermic acid C and D produced by Trichoderma sp. HN-1.1,その他

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 微生物の生産する化学物質の単離、精製、化学構造解析など,未設定,技術相談,受託研究,共同研究

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会,英文誌編集委員,2019年04月 ~ 継続中

  • 日本農芸化学会,英文誌編集委員,2019年04月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示