基本情報

写真a

Jordan Richard W.

JORDAN Richard William


職名

教授

ホームページ

http://ksgeo.kj.yamagata-u.ac.jp/~jordan/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

  • 自然科学一般 / 地球生命科学

  • 自然科学一般 / 地球生命科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • Surrey大学 (英国)  理学部  微生物学科

    1984年07月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • Surrey大学 (英国)  理学研究科

    博士課程,1988年11月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 優等学士学位(微生物学),スリー大学(英国),1984年07月

  • 博士(理学),Surrey大学(英国),1988年11月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 英国藻類学会 (今はヨーロッパ藻類学会)

  • 国際珪藻学会

  • 国際ナノプランクトン学会

  • 英国微古生物学会 (今は微古生物学会)

  • アメリカ藻類学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)海性珪藻と珪質鞭毛藻の進化と形態的な変化を研究しています。(2)微化石によって古環境復元を研究しています。(3)植物プランクトンの分類・分布・生態を研究しています。(4)珊瑚礁と海水湖の微藻類・海綿・ナマコを研究しています。

論文 【 表示 / 非表示

  • Impacts of coastal aquaculture on sedimentary phosphorus speciation and fate: Evidence from a seaweed cultivation area off Nan'ao Island, South China,MARINE POLLUTION BULLETIN,171 112719,2021年10月

    Gu Yang-Guang, Wang Yasu, Ouyang Jun, Jordan Richard W., Jiang Shijun

    単著

  • Observations on Praecorethron crawfordii gen. et sp. nov. (Corethrales, Bacillariophyceae) from Upper Cretaceous marine sediments, southwest Pacific,Nova Hedwigia, Beiheft,151 273-314,2021年10月

    Kenta Abe, Daryl W. Lam, Matt P. Ashworth, David M. Harwood, Richard W. Jordan

    共著(海外含む)

  • Eocene calcareous nannofossils from southern Tibet: Paleoceanographic implications for the closure of the eastern Tethys Ocean,MARINE MICROPALEONTOLOGY,167 ,2021年08月

    Hoshina Kazuki, Wang Yasu, Jiang Shijun, Lozar Francesca, Persico Davide, Villa Giuliana, Jordan Richard W.

    単著

  • Re-examination of Archaeomonas mirabilis from the Late Cretaceous reveals its true identity as the oldest known fossil Parmales (Bolidophyceae),PHYCOLOGIA,60(4) 362-367,2021年07月

    Abe Kenta, Jordan Richard W.

    単著

  • Tiny, glassy, and rapidly trapped: The nano-sized planktic diatoms in Messinian (late Miocene) gypsum,Geology,49 ,2021年06月

    Luca Pellegrino, Marcello Natalicchio, Kenta Abe, Richard W. Jordan, Sergio E. Favero Longo, Simona Ferrando, Giorgio Carnevale, Francesco Dela Pierre

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Diatoms and Chrysophytes: Unravelling their mysteries through light and electron microscopy,J. Cramer in Borntraeger Science Publishers,2021年10月

    Bank Beszteri, Richard W. Jordan

  • Coastal Coccolithophores,Journal of Nannoplankton Research (The Sheridan Press),2019年03月

    Jordan R.W.

  • Chrysophytes: Taxonomy, biodiversity and palaeoecology,J. Cramer,2019年02月

    Jordan R.W., Yokoyama J.

  • Benthic Foraminiferal Ultrastructure Studies,Marine Micropaleontology (Elsevier),2018年01月

    Bernhard, J.M., Geslin, E., Jordan, R.W.

  • InterRad13-Dumitrica Volume,Marine Micropaleontology (Elsevier),2014年06月

    Cortese, G., Jordan, R.W.

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2020年04月 ~ 2021年03月,海洋の微生物への温暖化の影響の解明

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,Initiation of a species-level fossil diatom image database

    多様性生物学および分類学関連

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本環境史学会 PALEO10,国内会議,2015年11月,東京,ナマコ骨片による古環境復元のためのプロキシ.,口頭発表(一般)

  • 日本環境史学会 PALEO10,国内会議,2015年11月,東京,西部太平洋およびインド洋の表層に分布する珪藻・円石藻群集の特徴. ,ポスター発表

  • 日本環境史学会 PALEO10,国内会議,2015年11月,東京,パラオ海水湖における海綿骨片を用いた古環境復元.,ポスター発表

  • 日本環境史学会 PALEO10,国内会議,2015年11月,東京,過去3万年間の東部熱帯太平洋(ODP サイト 1242)における円石藻を用いた古海洋復元. ,ポスター発表

  • 日本,国内会議,2015年11月,東京,パラテチス中央部から得られた前期中新世ツノガイ類内部保存良好な微化石群集. ,ポスター発表

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 国際ナノプランクトン学会,分類委員会委員,1998年08月 ~ 継続中

  • 古海洋学の第7回の学会,準備委員会委員,2000年08月 ~ 2001年08月

  • 国際珪藻学会,評議会,2000年08月 ~ 2002年08月

  • 国際ナノプランクトン学会,編集委員会委員,2000年08月 ~ 継続中

  • 国際ナノプランクトン学会,副書誌学者,2002年09月 ~ 継続中

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示