2023/11/21 更新

写真a

キジマ タツロウ
木島 龍朗
KIJIMA Tatsuro
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0238-26-3127
 
研究室FAX
0238-26-3413
 
ホームページ
 

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

取得学位

  • 博士(工学),筑波大学,1995年03月

学外略歴

  • 富士通株式会社 半導体事業本部,研究員,1989年04月 ~ 1991年09月

  • 山形大学,教授,1995年04月 ~ 継続中

  • 山形大学,教授,1995年04月 ~ 継続中

  • アイオワ大学(アメリカ合衆国),研究員,2001年01月 ~ 2002年01月

  • 山形大学,教授,2022年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会

  • モバイルキッズ・ケミラボ

  • 日本化学会

  • 日本油化学会

  • アメリカ化学会

  • 材料技術研究協会

  • 日本生物工学会

  • 化学工業会(英国)

  • 日本MRS

  • 米沢市生涯学習振興委員会

  • 米沢市社会教育委員

  • 米沢市理科研修センター運営委員

  • 米沢市公民館運営審議会委員

  • 米沢市教育・文化計画検討委員会

  • 米沢市教育振興基本計画検討委員会

  • 川西町地域新エネルギービジョン策定委員会

  • 川西町新エネルギー導入調査委員会

  • 川西町新エネルギー導入促進協議会

  • 置賜バイオマス利活用研究会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • “酵素”の新しい利用法を目的として,主に有機溶媒中における酵素反応を題材に新規反応系の構築,およびそれを利用した有機合成への応用に関する教育と研究を行っている。 
    (1)有機溶媒中における酵素の基質選択性および立体選択性の変化を利用した新規不斉化合物の合成とその反応メカニズムの解明を行う。
    (2)電子メディエーター機能を持たせた新規な修飾補酵素を合成し,有機溶媒系などの様々な反応系でも機能するバイオセンサーシステムを開発する。

研究経歴

  • 酵素によるクラウンエーテル誘導体の光学分割,1900年04月 ~ 継続中

    酵素,クラウンエーテル,光学分割

  • フェロセン環を有するポルフィリン錯体の分子設計,1900年04月 ~ 継続中

    フェロセン,ポルフィリン

  • フェロセンをメディエーターとする新規バイオセンサーに関する研究,1900年04月 ~ 継続中

    バイオセンサー,フェロセン

  • 有機溶媒中におけるプロテアーゼの反応についての研究(博士研究),1991年04月 ~ 1994年03月

    有機溶媒中におけるプロテアーゼの反応についての研究(博士研究)

  • フェロセン環を有する新規なポルフィリン錯体の合成研究 日本財団笹川科学研究助成,1996年04月 ~ 1997年03月

    フェロセン環を有する新規なポルフィリン錯体の合成研究 日本財団笹川科学研究助成

  • 米糠の有効利用に関する基礎研究;フードシステム高度化 対策事業研究(山形県テクノポリス財団),1996年04月 ~ 1997年03月

    米糠の有効利用に関する基礎研究;フードシステム高度化 対策事業研究(山形県テクノポリス財団)

  • 米糠中における未開発な水溶性抗酸化物質の研究 米沢市研究奨励補助金,1998年04月 ~ 1998年10月

    米糠中における未開発な水溶性抗酸化物質の研究 米沢市研究奨励補助金

  • フェロセン環を有する修飾補酵素を用いたバイオセンサーの研究;文部省科学研究費補助金,奨励研究A,1998年04月 ~ 1999年03月

    フェロセン環を有する修飾補酵素を用いたバイオセンサーの研究;文部省科学研究費補助金,奨励研究A

  • フェロセン環を組み入れた新規導電性化合物の合成とその機能性の検討;文部省科学研究費補助金,基盤研究C (共同研究),1999年04月 ~ 2001年03月

    フェロセン環を組み入れた新規導電性化合物の合成とその機能性の検討;文部省科学研究費補助金,基盤研究C (共同研究)

  • ウマ肝臓アルコール脱水素酵素触媒による有機金属基質の速度論的反応解析;アイオワ大学リサーチフェロー,2001年04月 ~ 2002年03月

    ウマ肝臓アルコール脱水素酵素触媒による有機金属基質の速度論的反応解析;アイオワ大学リサーチフェロー

  • フェロセン環とS原子に注目した新規導電性化合物の合成とその物性検討;文部省科学研究費補助金,基盤研究C(共同研究),2002年04月 ~ 継続中

    フェロセン環とS原子に注目した新規導電性化合物の合成とその物性検討;文部省科学研究費補助金,基盤研究C(共同研究)

  • バイオディーゼル燃料(BDF)の成分分析に関する研究,2004年04月 ~ 2006年03月

    バイオディーゼル燃料, BDF, 低環境負荷

全件表示 >>

論文

  • A track-etched membrane-based aptasesing platform for simultaneous detection of thrombin and lysozyme,2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, USA (Dec.16-21, 2021).,2021年12月

    Yuki ASAGIRI, Misaki KOBAYASHI, Tsubasa MANO, Ryoichi TANIBUCHI, Takeshi SAKAMAKI, Naoto YOSHIKAWA, Masamitsu IIYAMA, Tatsuro KIJIMA, Toshio TAKAYANAGI, Hitoshi MIZUGUCHI

    共著(国内のみ)

  • Synthesis of low molecular weight gelators with ferrocene moiety,First International Conference on Technologies for Smart Green Connected Society 2021, Online, (Nov. 29-30, 2021),2021年11月

    Jundai Takahashi, Yurika Kannno, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(国内のみ)

  • Viscoelasticity control by redox reaction of ionic Bola-type ferrocene surfactant,First International Conference on Technologies for Smart Green Connected Society 2021, Online, (Nov. 29-30, 2021),2021年11月

    Yuki Takeda, Yuji Jinbo, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(国内のみ)

  • Characterization of Molecular Arrangement of Long-chain Ferrocenyl Derivatives Having Asymmetric Carbon by Method of Organized Molecular Films and Formation of Its Helical Nanofibers,CHEMISTRYSELECT,6(9) 2198-2209,2021年03月

    Kimura Yusuke, Mashiyama Yuki, Maruyama Haruka, Kawabata Youhei, Kijima Tatsuro, Fujimori Atsuhiro

    共著(国内のみ)

  • An electrochemical aptasensing platform constructed using track-etched microporous membrane filters,RSC Tokyo International Conference 2020, Online, Dec. 2020.,2020年11月

    Yuki ASAGIRI, Misaki KOBAYASHI, Tsubasa MANO, Ryoichi, TANIBUCHI, Takeshi SAKAMAKI, Naoto YOSHIKAWA, Masamitsu, Yuki ASAGIRI, Misaki KOBAYASHI, Tsubasa MANO, Ryoichi IIYAMA, Tatsuro KIJIMA, Toshio Tak...

    共著(国内のみ)

  • ゲラニル二リン酸を有するフェロセン系Bola型界面活性剤の合成とキャラクタリゼーション,Material Technology,37(5) 107-114,2019年10月

    木島 龍朗,松浦 竜太,波多野 豊平,村上 聡

    共著(国内のみ)

  • 新規なポリシロキサン-クラウンエーテル型イオンセンサーの簡便合成,Material Technology,37(2) 32-37,2019年04月

    木島 龍朗,小田切 充,横山 静,村上 聡,波多野 豊平

    共著(国内のみ)

  • Construction of Cellulose Binding Domain Fusion FMN-Dependent NADH-Azoreductase and Glucose 1-Dehydrogenase for the Development of Flow Injection Analysis with Fusion Enzymes Immobilized on Cellulose,JOURNAL OF APPLIED GLYCOSCIENCE,66(2) 65-72,2019年

    Yano Shigekazu, Hori Yukari, Kijima Tatsuro, Konno Hiroyuki, Suyotha Wasana, Takagi Kazuyoshi, Wakayama Mamoru

    単著

  • A Rapid Enrichment Technique for the Ultratrace Determination of Nickel in Water Samples Using a Nanofiber-composite Membrane Filter.,Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry,34(8) 907-912,2018年

    Mizuguchi H, Ishida R, Kouno Y, Tachibana T, Honda T, Kijima T, Yamamoto Y, Takayanagi T

    単著

  • In Silico study of the conformational flexibility of point mutated Geobacillus stearothermophilus farnesyl diphosphate synthase,科学・技術研究,7(2) 109-112,2018年

    Samori Petrus Yesaya, Yoshida Yasutaka, Ohya Norimasa, Hatano Bunpei, Murakami Satoshi, Kijima Tatsuro

    単著

  • A Triple-Electrode Based Dual-Biosensor System Utilizing Track-Etched Microporous Membrane Electrodes for the Simultaneous Determination of L-Lactate and D-Glucose,Bulletin of the Chemical Society of Japan,90(11) 1211-1216,2017年11月

    Mizuguchi Hitoshi, Sasaki Keiko, Ichinose Hirokazu, Seino Shota, Sakurai Jun, Iiyama Masamitsu, Kijima Tatsuro, Tachibana Kazuhiro, Nishina Tatsuo, Takayanagi Toshio, Shida Junichi

    共著(海外含む)

  • Effect of Semi-conserved Region on the Thermostability of Farnesyl Diphosphate Synthase,The Asian Conference on Oleo Science 2017, Tokyo, Japan (Sep.11-13, 2017),2017年09月

    Petrus Yesaya Samori, Koki Makabe, Norimasa Ohya, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Redox-responsive organogels prepared from ferrocene-terminated 12-hydroxystearic acid,The Asian Conference on Oleo Science 2017, Tokyo, Japan (Sep.11-13, 2017),2017年09月

    Kenta Ohashi, Eichi Sato, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Kijima Tatsuro

    共著(海外含む)

  • Simple Colorimetric Detection of Ultra-trace Ni(II) and Cu(II) Followed by Rapid Enrichment Using a Nanofiber-composite Membrane Filter,RSC Tokyo International Conference 2017, Sep. 7–8, 2017, Chiba, Japan.,2017年09月

    R. Ishida, Y. Kouno, T. Tachibana, T. Honda, T. Kijima, T. Takayanagi, H. Mizuguchi

    共著(海外含む)

  • Structural basis for the thermostability of farnesyl diphosphate synthase from Geobacillus stearothermophilus: Role of the amino acid residue located on the 13th position before the first aspartate-rich motif, 3 Biotech,7(4) Article 236,2017年07月

    Petrus Yesaya Samori, Koki Makabe, Norimasa Ohya, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • フェロセン分子を有するクラウンエーテル界面活性剤の会合挙動,Material Technology,35(3) 63-69,2017年05月

    王金,斎藤夏貴,松浦竜太,波多野豊平,村上聡,木島龍朗

    共著(国内のみ)

  • ナノファイバー複合化メンブランフィルターを用いる微量ヒ素(Ⅲ)の固相目視比色定量,BUNSEKI KAGAKU,66(5) 363-368,2017年

    水口仁志,石田亮太,河野泰志,橘 忠彦,本田知己,木島龍朗,高柳俊夫

    共著(国内のみ)

  • Simultaneous detection system for L-lactate and D-glucose using track-etched microporous membrane electrodes,13th Asian Conference on Analytical Sciences, Chiang Mai, Thailand(December 8-11, 2016),2016年12月

    Hitoshi Mizuguchi, Keiko Sasaki, Hirokazu Ichinose, Shota Seino, Jun Sakurai, Masamitsu Iiyama, Tatsuro Kijima, Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Toshio Takayanagi, Junichi Shida

    共著(海外含む)

  • 伝統野菜の総ポリフェノール含有量スクリーニングとスーパーオキシド消去活性,Material Technology ,34(6) 159-165,2016年

    齋藤 佑,日塔優太, 波多野豊平,村上 聡,尾形健明,木島龍朗

    共著(国内のみ)

  • Development of biosensor system by degradation of azo dyes using azoreductase from Geobacillus stearothermophilus,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, BIOL 578,2015年12月

    Nozomi Suzuki, Toshihiko Ooi, Satoshi Murakami, Bunpei Hatano, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Triflate catalyzed allylation of N, S-acetals using allylsilane reagent,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, ORGN 492,2015年12月

    Xiaonan Sun, Tatsuro Kijima, Wataru Fujiwara, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba, Bunpei Hatano

    共著(海外含む)

  • Asymmetric synthesis of MαNP acid using a chiral auxiliary,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, ORGN 1336,2015年12月

    Wataru Fujiwara, Mizuki Kato, Miho Kusakari, Tatsuro Kijima, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba, Bunpei Hatano

    共著(海外含む)

  • Synthesis of optically organoselenidees using chiralauxiliaries,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, ORGN 1339,2015年12月

    Yuya Taguchi, Yuri Nakazawa, Ryo Mashiko, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Effect of alkyl tail length of allylic substrate analogs to the enantioselectivity of farnesyl pyrophosphate synthase from Geobacillus stearothermophilus,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, BIOL 546,2015年12月

    Petrus Samori, Yasutaka Yoshida, Miho Kusakari, Satoshi Murakami, Bunpei Hatano, Norimasa Ohya, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Redox- responsive vesicles prepared from double armed alkyl ferrocene with aza-18-crown-6 ether molecules,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, ORGN 1109,2015年12月

    Xin Wang, Natsuki Satio, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Synthesis and properties of nitroxyl radical based on isoindole derivative,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, ORGN 488,2015年12月

    Bunpei Hatano, Yousuke Saito, Tatsuro Kijima, Wataru Fujiwara, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba

    共著(海外含む)

  • Synthesis and application of C2-symmetric chiral pyrrolidine ligand,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, ORGN 487,2015年12月

    Hikari Tanno, Bunpei Hatano, Tatsuro Kijima, Wataru Fujiwara, Satoshi Murakami

    共著(海外含む)

  • Facile dynamic kinetic resolution of amino acid esters in organic media by enzymatic hydrolysis combined with racemases from Pseudomonas putida,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, BIOL 594,2015年12月

    Tatsuro Kijima, Koki Shimizu, Satoshi Murakami, Bunpei Hatano, Norimasa Ohya

    共著(海外含む)

  • Optical resolution of 1,2-diphenylethylenediamine using diastereomeric salt formation method,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, ORGN 368,2015年12月

    Saya Kishimoto, Tatsuro Kijima, Wataru Fujiwara, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba, Bunpei Hatano

    共著(海外含む)

  • Alcohol oxidation reaction using nitroxyl radical as catalyst,Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA), Dec.15-21, 2015, ORGN 482,2015年12月

    Yuri Takino, Bunpei Hatano, Tatsuro Kijima, Wataru Fujiwara, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba

    共著(海外含む)

  • Lubricant and bactericidal properties of calcium salt of fatty acids: Effect of degree unsaturation,Journal of Oleo Science,64(10) 1095-1100,2015年

    Yoshiaki Yamamoto, Tatsuro Kijima, Toshiya Morikawa, Yoshimune Nonomura

    共著(海外含む)

  • Palmitoleic acid calcium salt: A lubricant and bactericidal powder from natural lipids,Journal of Oleo Science,64(3) 283-288,2015年

    Yoshiaki Yamamoto, Tatsuro Kijima, Toshiya Morikawa, Yoshimune Nonomura

    共著(海外含む)

  • Pseudo flow-injection ESR technique combining spin-trapping and application to the evaluation of superoxide scavenging capacity of phenolic compound,Studies in Science and Technology,3(2) 151-156,2014年

    Yu Saito, Kazuki Yanagisawa, Yuki Kimura, Yuta Nitto, Hiroyuki Noda, Tatsuro Kijima, Tateaki Ogata

    共著(海外含む)

  • Enantioresolution of 2-methoxy-2-(1-naphtyl) propionic acid using diastereomeric salt formation with chiral phenylethylamine,Tetrahedron Letters,55 4114-4116,2014年

    Miho Kusakari, Yurie Ohta, Hideaki Nakagawa, Hiroshi Katagiri, Tatsuro Kijima, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba, Bunpei Hatano

    共著(海外含む)

  • Synthesis of TEIO Derivative and ESR Study,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P116,2013年09月

    Yousuke Saito, Tatsuro Kijima, Miho Kusakari, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba, Bunpei Hatano

    共著(海外含む)

  • Enzyme-catalyzed resolution of α-cyanohydrin derivatives,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P078,2013年09月

    Ryo Mashiko, Yuri Nakazawa, Miho Kusakari, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Synthesis and properties of the alkyl ferrocenes with cation binding ability,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P079,2013年09月

    Xin Wang, Miho Kusakari, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Simulation Analysis of Chiral Recognition for Farnesyl Diphosphate Synthase from Bacillus stearothermophilus,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P080,2013年09月

    Petrus Yesaya Samori, Yasutaka Yoshida, Yui Adachi, Miho Kusakari, Satoshi Murakami, Bunpei Hatano, Norimasa Ohya, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Functions as nitroreductase activity by azoreductase from Geobacillus stearothermophilus,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P081,2013年09月

    Mei Suzuki, Toshihiko Ooi, Miho Kusakari, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • ESR of Water Soluble Peroxyl Radical Generated from AIBN and Cyclodextrin,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P082,2013年09月

    Yu Saito, Koshi Nakajima, Tatsuya Shiyama, Tateaki Ogata, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Enzyme-catalyzed resolution of optically active cyclohexylidene derivatives,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P083,2013年09月

    Yasutaka Yoshida, Miho Kusakari, Bunpei Hatano, Satoshi Murakami, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Synthesis of Spin-labeled Agricultural Chemical Analog,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P114,2013年09月

    Arata Watanabe, Tatsuro Kijima, Miho Kusakari, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba, Bunpei Hatano

    共著(海外含む)

  • Allylation of N,N-acetal Using Allylic Tin Reagent in Presence of Aluminum Chloride,International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan, (Sendai, Japan) Sep.28–30, 2013, 3P115,2013年09月

    Xiaonan Sun, Tatsuro Kijima, Miho Kusakari, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba, Bunpei Hatano

    共著(海外含む)

  • Simulation analysis of chiral recognition for farnesyl diphosphate synthase from Bacillus stearothermophilus,SmaSys 2013 (International Conference of Smart Systems Engineering 2013), Denkokuno-mori, Yonezawa, July 11-12, 2013, CL-16,2013年07月

    Petrus Yesaya SAMORI, Yasutaka YOSHIDA, Yui ADACHI, Miho KUSAKARI, Satoshi MURAKAMI, Bunpei HATANO, Norimasa OHYA, Tatsuro KIJIMA

    共著(海外含む)

  • Optical resolution of rac-2-methoxy-2-(1-naphtyl)propionic acid using (R)-1-Phenylethylamine,4th UK/Japan Conference in Catalytic Asymmetric Synthesis, (Sendai, Japan)April 19-20, 2013, PS12,2013年04月

    Miho Kusakari, Hideaki Nakagawa, Yurie Ohta, Hiroshi Katagiri, Tatsuro Kijima, Satoshi Murakami, Shigeru Matsuba, Bunpei Hatano

    共著(海外含む)

  • Flow-based Biosensing System for Glucose Fabricated by Using Track-etched Microporous Membrane Electrodes,Chemistry Letters,42(10) 1317-1319,2013年

    Hitoshi Mizuguchi, Jun Sakurai, Yuki Kinoshita, Masamitsu Iiyama, Tatsuro Kijima, Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Jun-ichi Shida

    共著(海外含む)

  • Investigation of Outflow Condition in a Food of Contents inside Bacteria by Pulsed Electric Field Sterilization.,2012 International Bioelectrics Symposium, (Kumamoto University, Japan) 6 September 2012, P-1B-18,2012年09月

    K. Saito, K. Shinagawa, T. Kijima, Y. Minamitani, Y. Komatsu

    共著(海外含む)

  • Novel synthesis of poly(nitro α-methylstyrene) by fuming nitric acid,ITE-IBA Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,5 24-27,2012年

    Rui Zhu, Satoshi Murakami, Bunpei Hatano, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Determination of Absolute Configuration of Hydroxyl Group of Long Chain Alcohols, and Discrimination of E-/Z-isomers of Double Bond,9th Euro Fed Lipid Congress, (Rotterdam, Nederland)18-21 September 2011, BIO-011,2011年09月

    Kusakari Miho, Murakami Satoshi, Sato Ei-ichi, Kato Akane, Matsumoto Takatoshi, Hatano Bunpei, Izumi Taeko, Watanabe Masataka, Kijima Tatsuro

    共著(海外含む)

  • An Efficient Synthesitic Approach to Australian Melolonthine Scarab Beetles,9th Euro Fed Lipid Congress, (Rotterdam, Nederland)18-21 September 2011, BIO-007,2011年09月

    Sagawa Nanae, Kusakari Miho, Murakami Satoshi, Matsumoto Takatoshi, Sato Ei-ichi, Hatano Bunpei, Watanabe Masataka, Izumi Taeko, Kijima Tatsuro

    共著(海外含む)

  • Dynamic Kinetic Resolution of Amino Acid Esters in Organic Media Using Enzymatic Racemasation Combined with Hydrolysis,14th Asian Chemical Congress (14ACC) (Bangkok, Thailand) 5-8 September 2011, PO-G6-74,2011年09月

    Tatsuro Kijima, Takashi Yamada, Tetsuya Takano, Tomomi Chiba,Satoshi Murakami, Bunpei Hatano, Norimasa Ohya

    共著(海外含む)

  • Polymerizaion and Nitration of α-Methylstyrene with Fuming Nitric Acid by One-Pot Method,14th Asian Chemical Congress (14ACC) (Bangkok, Thailand) 5-8 September 2011, PO-G6-73,2011年09月

    Rui Zhu, Satoshi Murakami, Bunpei Hatano, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Reductive coupling of aromatic N,N-acetals using zinc and chlorotrimethylsilane,Tetrahedron Letters,52 3467-3469,2011年

    Bunpei Hatano, Tomoharu Tachikawa, Tetsunori Mori, Keita Nagahashi, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Determination of optical purity and absolute configurationof natural 12-hydroxystearic acid by the 1H NMR anisotropy method,European Journal of Lipid Science and Technology,113 450-458,2011年

    Satoshi Murakami, Kazuhiro Satou, Tatsuro Kijima, Masataka Watanabe, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Conformation and absolute configuration of (1S,2S)-2- (phenylselanyl) cyclohexyl (R)-2- methoxy-2-(1-naphthyl) propionate,Acta Crystallographica Section E,E66 o1677,2010年

    Satoshi Murakami, Akane Kato, Hiroshi Katagiri, Takatoshi Matsumoto, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Facile synthesis of 3-methoxycarbonyl-2,2,5,5-tetra-methylpyrrolidine-1-oxyl and derivatives,HETEROCYCLES,81 349-356,2010年

    Bunpei Hatano, Hiroki Araya, Yutaka Yoshimura, Haruka Sato, Tomohiro Ito, Tateaki Ogata, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • The dependence of ethylene glycol decomposition on Initial concentration in the water treatment using pulsed streamer discharge in air,IEEJ Transactionson Fundamentals and Materials,130 325-330,2010年

    Tsutomu Kobayashi, Tatsuro Kijima, , Yasushi Minamitani

    共著(海外含む)

  • Effects of ionic liquids for lipase-catalyzed chiral 1,1'- binaphthyl-2-yl (phenyl) methanone O-acetyl oxime synthesis,Letters in Organic Chemistry,6 297-300,2009年

    Yongchang Zhou, Motohiro Takahashi, Naoto Aoyagi, Chunlei Li, Tatsuto Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • The synthesis and application of 2-acetyl-6-(1-naphthyl)-pyridine oxime as a new ligand for palladium precatalyst in Suzuki-coupling reaction,Journal of Heterocyclic Chemistry,46 116-118,2009年

    Yongchang Zhou, Tatsuto Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Dynamic Kinetic Resolution of Amino Acid Compounds in Organic Media,236th ACS National Meeting (Philadelphia, USA) August 17-21, 2008, BIOT-190,2008年08月

    Tatsuro Kijima, Ryoichi Kasahara, Ryuta Ooenoki, Takehito Nara, Taeko Izumi, Norimasa Ohya

    共著(海外含む)

  • Chemoenzymatic synthesis of the optically active crown ethers modified adrenaline,236th ACS National Meeting (Philadelphia, USA) August 17-21, 2008, BIOT-413,2008年08月

    Tatsuro Kijima, Fumi Sasaki, Yutaka Watanabe, Taeko Izumi, Masataka Watanabe

    共著(海外含む)

  • Zinc-mediated allylation and alkylation of aminals in the presence of TMSCl and diisopropylamine,Journal of Organic Chemistry,73 9188-9191,2008年

    Bunpei Hatano, Keita Nagahashi, Tatsuro Kijima

    共著(海外含む)

  • Synthesis of ethyl 5-cyano-6-hydroxy-2-methyl-4-(1-naphthyl)-nicotinate,Tetrahedron Letters,49 3757-3761,2008年

    Yongchang Zhou, Tatsuto Kijima, Shunsuke Kuwahara, Masataka Watanabe, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Synthesis of chiral ethyl 5-(acetoxyimino)-2,7,7-trimethyl-4-(1-naphthyl)-5,6,7,8-tetrahydroquinoline-3-carboxylate via lipase catalyzed hydrolysis,SYNLETT,1999-2004,2008年

    Yongchang Zhou, Yu Sato, Tatsuto Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Synthesis of cyclohexyl-β-oxo-amine ester from cyclohexyl oxo ester,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,1(3) 381-384,2008年

    Motohiro Takahashi, Yuuka Ashida, Sawa Okabayashi, Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • A Group contribution methodSfor estimating viscosity of heavy oil fractions,The 4th Joint China/Japan Chemical Engineering Symposium (CJCES) (Chengdu, Sichuan,China) December 19-21, 2007, EN-P05,2007年12月

    Yongchang Zhou, Suoqi Zhao, Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • The synthesis and application of 2-acetyl-6-(1-naphthyl)-pyridine oxime as a new ligand for Pd-precatalyst in Suzuki cross-coupling reaction,14th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS14) (Nara, Japan) August 2-6, 2007 P-283,2007年08月

    Yongchang Zhou, Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • First synthesis and properties of calix[4]arene with two alternately arranged phloroglucinols and two p-tert-butylphenols,Supramolecuar Chemistry,18 39-46,2006年06月

    Shingo Sato, Hiroaki Iijima, Norihito Haga, Kohbun Osono, Hitoshi Mizuguchi, Tatsuro Kijima, Jun-ichi Onodera

    共著(海外含む)

  • Enzymatic Hydrolysis of Mono Benzo aza Crowned Ester Substrates in Organic Media,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,7(4) 375-378,2006年

    Tatsuro Kijima, Daisuke Maruko, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Environmental effects on fluorescence properties of α-chymotrypsin as relevant to theirenantioselectivity in aqueous-organic media,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,6(2) 140-144,2005年12月

    Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Synthesis of unnatural Amino acids by hydrogen transfer using Ru comlex with formic acid,2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA) ORGN-1297 Chemical Society of Japan (2005),2005年12月

    Motohiro Takahashi, Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Enzymatic Properties of Rutin Degrading Protein in Flower Buds of Japanese PagodaTree,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,6(5) 452-455,2005年12月

    Tatsuro Kijima, Iku Tokihisa, Shingo Takahashi, Toshiaki Itozawa, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Synthesis and characterization of porphyrins containing functionalization at the meso-positions: Pyridine, phenylphosphine and ferrocene ring analogues appended porphyrins,2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA) ORGN-1270, Chemical Society of Japan (2005),2005年12月

    Tatsuro Kijima, Yoko Ogahara, Tomoharu Kakiuchi, Kazuya Sato, Toshu Arai, Makoto Takase, Takahiko Kannari, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Enzymatic synthesis and the application of new chiral 1,1’-binaphthyl oxime derivatives as ligands,2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA) ORGN-1263, Chemical Society of Japan (2005),2005年12月

    Taeko Izumi, Tatsuro Kijima, Naoto Aoyagi, Shinji Kawauchi, Naomi Ogawa

    共著(海外含む)

  • Synthesis and electrochemical properties of TTF-TCNQ type Charge-Transfer complex incorporating aromatic ring,2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA) ORGN-1284, Chemical Society of Japan (2005),2005年12月

    Minako Nakajima, Katsuaki Takahashi, Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Fluorescence spectroscopic study of a-chymotrypsin relevant to the enantioselectivity for optical resolution of amino acid esters in organic solvents,Biotechnology Letters,26(8) 655-658,2004年

    Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Facile Synthesis of L-DOPA (3, 4-dihydroxyphenylalanine) which is Effective Medicine for Treatment of Parkinson’s Disease by Alkaline Protease in Organic Solvents,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,5(4) 377-380,2004年

    Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • The Effect of Crown Ethers on Alcohol Dehydrogenase Catalyzed Reduction of Cyclohexanone with NADH Regeneration by Alcohols under Two-Phase Conditions. ,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,5(2) 163-166,2004年

    Tatsuro Kijima, Jun Arai, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • The Effect of Crown Ethers on Alcohol Dehydrogenase Catalyzed Reduction of Cyclohexanone with NADH Regeneration by Alcohols under Two-Phase Conditions. ,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,5(2) 163-166,2004年

    Tatsuro Kijima, Jun Arai, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Facile Synthesis of L-DOPA (3, 4-dihydroxyphenylalanine) which is Effective Medicine for Treatment of Parkinson’s Disease by Alkaline Protease in Organic Solvents,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,5(4) 377-380,2004年

    Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Lipase-catalyzed enantioselective esterification of mono-aza-benzo-15-crown-5-ether derivatives in organic media. ,Biotechnology Letters,26 1505-1509,2004年

    Tatsuro Kijima, Noriyasu Sato, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Fluorescence spectroscopic study of a-chymotrypsin relevant to the enantioselectivity for optical resolution of amino acid esters in organic solvents,Biotechnology Letters,26(8) 655-658,2004年

    Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • The activity of rutin degrading enzyme from flower buds of Japanese pagoda tree,Journal of Food Technology,3 238-241,2004年

    Tatsuro Kijima, Shingo Takahashi, Toshiaki Itozawa, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Lipase-catalyzed enantioselective esterification of mono-aza-benzo-15-crown-5-ether derivatives in organic media. ,Biotechnology Letters,26 1505-1509,2004年

    Tatsuro Kijima, Noriyasu Sato, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Specificity to Leaving Group in Transesterification of N-acetyl-L-tyrosine Esters by a-Chymotrypsin in Organic Solvents. ,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,5(2) 381-384,2004年

    Tatsuro Kijima

    単著

  • Facile Synthesis of L-DOPA (3, 4-dihydroxyphenylalanine) which is Effective Medicine for Treatment of Parkinson’s Disease by Alkaline Protease in Organic Solvents,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,5(4) 377-380,2004年

    Tatsuro Kijima, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Effect of Organic Solvents on Reversible Inactivation of a-Chymotrypsin in Aqueous-Organic Media. ,ITE Lett., Vol.4, No.4, pp.489-492,2003年01月

    木島 龍朗,Kijima, T. and Izumi, T.

    共著(海外含む)

  • Electrical Communication between NAD-Dependent Enzyme and Metal Electrode using Ferrocene-Labeled NAD Derivatives. ,J. Biosci. Bioeng., Vol.96, No.6, pp.585-587,2003年01月

    木島 龍朗,Kijima, T.; Suzuki, T. and Izumi, T.

    共著(海外含む)

  • Effect of Organic Solvents on Reversible Inactivation of a-Chymotrypsin in Aqueous-Organic Media. ,ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine,4(4) 489-492,2003年01月

    木島 龍朗,Kijima, T. and Izumi, T.

    共著(海外含む)

  • Synthesis and electrochemical properties of 1,1’-bis(benzo-1,3-dithiol-2-ylidene) ferrocene derivatives as novel electron donor compounds. ,Journal of Organometalic Chemistry,682 49-58,2003年01月

    木島 龍朗,Sarhan, A. E. W.; Kijima, T. and Izumi, T.

    共著(海外含む)

  • Ruthenium-catalyzed carbon-carbon formation to synthesize tetraarylethanes and tetraarylxylylene through dechlorinative dimeric reaction. ,Journal of Organometalic Chemistry,687 12-15,2003年01月

    木島 龍朗,Li, Y.; Kijima, T. and Izumi, T.

    共著(海外含む)

  • Ferrocene-Labeled NAD Analogues Mediated Oxidation by NAD-Dependent Enzyme. ,ITE Lett., Vol.4, No6, pp.810-812,2003年01月

    木島 龍朗,Kijima, T.; Nagumo, D., Tan-o, D. and Izumi, T.

    共著(海外含む)

  • Synthesis of Ferrocene Substituted NAD Analogues. ,ITE Lett., Vol.4, No6. pp.806-809,2003年01月

    木島 龍朗,Kijima, T.; Suzuki, T.; Masuko, T. and Izumi, T.

    共著(海外含む)

  • Enzymatic hydrolysis of 4’-(1-chloro- 2-acetoxyethyl)-benzo-15-crown-5-ether and 4’-acetoxyethyl-benzo-15-crown-5-ether; A facile synthesis of the optically active chlorohydrin analog incorporating crown ether,Journal of Chemical Research (S),420-422,2003年

    Tatsuro Kijima, Takanori Moriya, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Radical Scavenging Properties of Protein Fractions from Rice Bran. ,ITE Lett. Vol.3, No.4, pp.492-496,2002年01月

    木島 龍朗,T. Kijima, Y. Nouchi, A. Muramatsu, T. Ogata, T. Izumi

    共著(海外含む)

  • Kinetics of reactions of organometallic substrates catalyzed by horse liver alcohol dehydrogenase,10th Biocatalysis and Bioprocessing Conference, proceedings (The University of Iowa),2001年10月

    Tatsuro Kijima, Bryce V. Plapp

    共著(海外含む)

  • Kinetics of reactions of organometallic substrates catalyzed by horse liver alcohol dehydrogenase,Midwest Enzyme Chemistry Conference XXI, Oct.13, 2001 Loyola University of Chicago, (Chicago, USA) ,2001年10月

    Tatsuro Kijima, Bryce V. Plapp

    共著(海外含む)

  • Selected abstracts from the 3rd Japanese Symposium on the Chemistry of Biocatalysis; Lipase-mediated resolution of racemic crown ether derivatives,Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic,14 45-66,2001年04月

    Tatsuro Kijima, Takanori Moriya, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Synthesis and electrochemical properties of coenzyme incorporating ferrocene unit,,The 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, proceeding (2000, Honolulu),2000年12月

    Tatsuro Kijima, Tatsunori Suzuki, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Lipase-catalyzed synthesis of chiral amines or esters of 1,1'-f-binaphthyl derivatives,The 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, proceeding (2000, Honolulu),2000年12月

    Taeko Izumi, Tatsuro Kijima, Naoto Aoyagi

    共著(海外含む)

  • Lipase-Mediated Resolution of Racemic Benzo-15-crown-5 Ether Derivatives,Tetrahedron Letters,41 2125-2127,2000年04月

    Tatsuro Kijima, Takanori Moriya, Eiki Kondo, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Study of water-soluble antioxidative components from rice bran,Anticancer research,19(5A) 3791,2000年

    Taeko Izumi, Tatsuro Kijima, Tateaki Ogata, Noriko Yamada, Hitoshi Kamada

    共著(海外含む)

  • Enzymatic Resolution of Chiral Crown Ethers using Lipases,M,69,1999年04月

    木島 龍朗

    共著(海外含む)

  • Enzymatic Synthesis of Optically Active Ferrocenes by Immobilized Lipase from Candida Antarctica.,Journal of Chemical Technology and Biotechnology ,74 501-508,1999年

    Tatsuro Kijima, Yoshihiro Yaginuma, Taeko Izumi

    共著(海外含む)

  • Synthesis and Physical Properties of Porphyrin Incorporated Ferrocene Rings (Vienna, Austria) ,17th.International Congress of Heterocyclic Chemistry,573T,1999年

    Taeko Izumi, Tatsuro Kijima, Satoshi Murakami, Yasuhiko Suzuki Shin Takagi

    共著(海外含む)

  • Study of Water-soluble Antioxidative Components from Rice Bran,The 1st International Symposium on Disease Prevention by IP<sub>6</sub> &amp; Other Rice,99 ,1998年04月

    木島 龍朗

    共著(海外含む)

  • Study on tryptophan fluorescence and catalytic activity of α-chymotrypsin in aqueous-organic media,Enzyme and Microbial Technology ,18 2-6,1996年

    Tatsuro Kijima, Shinji Yamamoto, Hideo Kise

    共著(海外含む)

  • Specificity of Proteases for Amino Acid Esterification in Organic Solvents,M,1994年04月

    木島 龍朗

    共著(海外含む)

  • P1'Specificity of Proteases and Solvent Effects on Amino Acid Esterification,M,1994年04月

    木島 龍朗

    共著(海外含む)

  • Fluorescence Spectroscopic Study of Subtilisin as Relevant to Catalytic Activity in Aqueous-Organic Media,Bulletin of the Chemical Society of Japan,67(10) 2819-2824,1994年

    Tatsuro Kijima, Shinji Yamamoto, Hideo Kise

    共著(海外含む)

  • Facile optical resolution of amino acid ester via hydrolysis by an industrial enzyme in organic solvents. ,Journal of Chemical Technology and Biotechnology,59 61-65,1994年

    Tatsuro Kijima, Koji Ohshima, Hideo Kise

    共著(海外含む)

  • Fluorescence Spectroscopic Study of α-Chymotrypsin as Relevant to Catalytic Activity in Aqueous-Organic Media,Bulletin of the Chemical Society of Japan,66(4) 1176-1181,1993年

    Yoshimasa Tomiuchi, Tatsuro Kijima, Hideo Kise

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事

  • くらしと研究あ・れ・こ・れ』 第2回-米糠にひそむ未知のパワー,NCV 9ch (ニューメディア米沢), 産研サイエンス(放送番組),2000年05月

    木島 龍朗

工業所有権

  • 特許,新規微生物及びこれを用いるポリ塩化ビフェニルの分解方法,原 富次郎,高塚由美子,室月祥枝,三嶋瑠璃子,木島龍朗,神尾好是,田中俊也

    出願番号( 特開2010 - 215861 ) ,国立大学法人 山形大学,日本国

  • 特許,アルファ化デンプン粉およびその製造方法ならびに該アルファ化デンプン粉を用いたプラスチック添加剤およびコンポジット材料,西岡昭博,勝野圭史,木島龍朗

    出願番号( 特開2010-215861 ) ,西岡昭博,日本国

  • 特許,石油代替燃料の製造方法及び製造装置,武田 章,木島龍朗

    出願番号( 特願2008-136462 ) 登録番号( 5185696 ) ,株式会社エムエスデー,日本国

  • 特許,レジスト塗布冶具,木島龍朗

    出願番号( 平3-104727 ) ,日本国

学術関係受賞

  • NEDO賞,2021年11月02日,日本国,新エネルギー・産業技術総合開発機構,木島龍朗

  • 2020年度 材料技術研究協会 論文賞,2020年12月04日,日本国,材料技術研究協会,木島龍朗

  • 平成29年度 文部科学大臣表彰 科学技術賞 理解増進部門,2017年04月19日,日本国,文部科学省,木島龍朗,栗山恭直,遠藤龍介,渡邉明彦,津留俊英

  • 令和2年度山形大学研究推進報奨,2021年03月18日,日本国,山形大学,木島龍朗

  • 2019年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞,2019年12月06日,日本国,材料技術研究協会,渡辺 翔,波多野豊平,村上 聡,木島龍朗

  • HotArticle Award Analytical Sciences,2018年08月10日,日本国,日本分析化学会,Hitoshi Mizuguchi, Ryota Ishida, Yasushi Kouno, Thdahiko Tachib ana, Tomomi Honda, Tatsuro Kijima, Yuhei Yamamoto, Toshio Takayanagi

  • 2017年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞,2017年12月02日,日本国,材料技術研究協会,佐藤奈津美,王鑫,波多野豊平,村上聡,木島龍朗

  • 2016年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞,2016年12月03日,日本国,材料技術研究協会,大橋健太,佐藤栄一,波多野豊平,村上聡,木島龍朗

  • 2014年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞,2014年12月06日,日本国,材料技術研究協会,鈴木のぞみ,大井俊彦,波多野豊平,村上聡,木島龍朗

  • 平成26年度 公益信託荘内銀行ふるさと創造基金 地域貢献大賞,2014年05月27日,日本国,公益信託荘内銀行ふるさと創造基金,モバイルキッズケミラボ 代表:木島龍朗

  • 平成26年度山形大学研究推進報奨,2014年03月28日,日本国,山形大学,木島龍朗

  • 2013年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞,2013年12月07日,日本国,材料技術研究協会,王 鑫,草苅美穗,波多野豊平,村上聡,木島龍朗

  • 平成25年度山形大学研究推進報奨,2013年03月27日,日本国,山形大学,木島龍朗

  • 平成24年度山形大学研究推進報奨,2012年03月26日,日本国,山形大学,木島龍朗

  • 2011年度材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞,2011年12月04日,日本国,材料技術研究協会,木島龍朗,池田裕美子,片岡実咲,波多野豊平,村上聡,大井俊彦

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2024年03月,Bola型フェロセン界面活性剤が示す会合挙動と溶液物性の制御

    ナノ構造化学関連

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,微小電力を駆動力とした微生物酵素によるアゾ分解反応系の開発

    フェロセンを修飾したNADがフェロセン導入後もアゾ還元酵素に対して活性低下や阻害効果を起こすことなくアゾ色素分解を触媒することを明らかにした。電極での補酵素再生によるアゾ色素分解系は未だ完成していないが、研究過程において得られた2酵素カップリングによるアゾ分解反応が色の変化でわかる新規バイオセンサーに応用展開できることが明らかにした。

  • 基盤研究(C),2003年04月 ~ 2005年03月,フェロセン環とS原子に注目した新規導電性化合物の合成とその物性検討

    フェロセン誘導体にチオフェンを分子導入させた電荷移動錯体型新規導電性化合物を合成に成功した。その中で分子不斉を誘導する部分にて酵素を利用した合成を担当した。この研究成果については国際会議での報告および国際誌2誌へ掲載した。

  • 基盤研究(C),2000年04月 ~ 2002年03月,フェロセン環を組み入れた新規導電性化合物の合成とその機能性の検討

    フェロセン誘導体を電子ドナー,TCNQを電子アクセプターとする新規な導電性化合物の合成に成功した。その中でフェロセン誘導体の酵素を利用した合成を担当した。この研究成果については国内会議での報告および国際誌2誌へ掲載した。

  • 奨励研究,1998年04月 ~ 2000年03月,電子メディエーター機能を持たせた修飾補酵素による酵素センサーシステムの構築

    補酵素NADにフェロセンを結合させた新規メディエーター修飾補酵素を合成し、それを用いた酵素センサーシステムを構築した。合成された修飾補酵素は、汎用性があり様々な酵素で用いることが可能であることを明らかにした。この研究成果については国際会議での報告および国際誌3誌へ掲載した。

その他競争的資金獲得実績

  • H22年度 新エネルギーベンチャー技術革新事業(NEDO),2010年07月 ~ 2012年06月,BDF合成におけ る未利用副産物の資源化に関する研究開発

    身近な廃食油からバイオ燃料が製造できる取り組みとしてBDFが注目されている。しかし、製造されるBDFの約20%程度の量の粗グリセリンが発生することが問題となっている。粗グリセリンは、強アルカリ性でグリセリン以外にも触媒やメタノール、水分、BDFそのものなどの混合物であるため処理・利用が困難で、適正な処理を怠るとかえって環境負荷を増すことになるが、一方で廃棄物として処理・処分するとその費用が事業を圧迫する。実際、多くのBDF事業者がグリセリンの処理に困っており、良い手法を求める声は極めて高い。本技術開発は、こうした課題を解決し、自社の既存の新商品である新方式「蒸留法」によるBDF製造法と組み合わせることで強力な事業展開を図っていくことを目指すものである。

    経済産業省

  • H23年度 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業,2011年10月 ~ 2012年09月,移動型常圧過熱水蒸気による稲わらの炭化減容化とセシウム除去システム

    高濃度の放射性セシウムで汚染された稲わらや堆肥等の処分方法が確立できずに一時保管されている状況にあり、汚染物の減容化が緊急に対応すべき課題となっている。課題解決に向け、汚染物を常圧過熱水蒸気による炭化処理技術により安全に減容化し、かつ、蒸気中に出た放射性セシウムをゼオライトにより吸着分離処理する技術の開発。

    農林水産省

  • 平成22年度 山形県ふるさと雇用再生特別基金事業,2010年10月 ~ 2012年03月,バイオ化学の活用による環境関連産業創出に向けた調査研究

    バイオ化学の活用による環境関連産業創出に向けた調査研究

    地方自治体

  • 2009年度 イノベーション創出基礎的研究推進事業,2009年04月 ~ 2010年03月,従来使用出来なかった油脂原料や利用条件でのBDFの利用を目指した流動点降下剤等の研究開発

    従来使用出来なかった油脂原料や利用条件でのBDFの利用を目指した流動点降下剤等の研究開発

    独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

  • 2011年度/平成23年度環境研究総合推進費,2011年04月 ~ 2014年03月,持続可能な社会を担う人材育成のためのエネルギー環境教育システムの構築

    1.小中学生が意欲的に学べる環境教育
     環境教育の基礎学習となる理数への学習意欲の増加と環境教育との関連を勘案した教材および学習プログラムを開発・実施し、その
    効果について評価を行う。特に、年齢により学校で学習する内容も知識背景も異なるため、学習段階に合った効果的な環境教育の配置
    を検討し、義務教育課程における環境教育のプログラムを実施し、その実施方法や効果について、関連学会にて発表する。
    2.小中学校教諭の理科教育に対する能力向上
     教育者自身が自主的に学習できるように、場を設定して、時間を確保する。まず、既存の担当教諭が集まる理科部会における教材研
    修の場を小中学校の部会ともに年間4回以上設ける。この他、放課後に、地域理科研修センターを拠点として環境教育に関する学習会
    を開催する。教員の理科教諭能力向上および準備時間の確保のために、大学や理科研修センターの所有する実験教材の配達システムを
    構築する。また、小学校の理科を専門としない教諭、中学校の苦手分野がある教諭に対して、講師の派遣や教材を提案し、理科教諭の
    授業を支援する。

    経済産業省

  • 2020(令和2)年度 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP トライアウト,2020年10月 ~ 2021年10月,天然物由来の有機薄膜処理を行う電鋳技術による極細無痛針の開発

    ポリフェノールの一種であるタンニン酸は、タンパク質、アルカロイド、金属イオンなどと反応し、強く結合する。我々は、アミンなどで架橋させたタンニン酸構成皮膜で金属表面にも強靭な皮膜を形成させることが出来る。安価な電鋳技術による高精度金属微細管製造法では、外径140~160μmという従来針(外径180μm)を上回る極細の小痛・無痛針を作製することができるが、Ni材料であるために医療用としての利用には金属アレルギーの心配がある。そこで、本提案技術ではタンニン酸による金属表面処理された金属アレルギーフリーの極細医療用無痛針を開発する。

    独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

  • 平成25年度第1回 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ・ステージ 探索タイプ,2013年08月 ~ 2014年03月,目視で判断できる癌診断検査キットの開発

    アゾ還元酵素によるアゾ色素分解系が癌マーカー(メチオニン)の検出にも応用できることを実証した。

    独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

  • 平成24年度第2回 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ・ステージ 探索タイプ,2012年11月 ~ 2013年10月,臨床現場でわかる簡易型肝機能検査キットの開発

    アゾ還元酵素を利用したアゾ色素分解系と肝疾患のマーカーとなるGPT(ALT)の検出をカップリングさせることに成功し、医療用のバイオセンサーにも応用可能であることを明らかにした。国内会議で報告した。

    独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

  • 平成23年度第1回 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ・ステージ 探索タイプ,2011年08月 ~ 2012年03月,色の変化で示す肉・魚類を対象とした新規な鮮度センサーの開発

    食品加工業者においても、鮮度の判定には未だに消費者と同じ目と鼻を使った感覚評価法が多い。実際に食中毒が最も起こりやすいのは、微生物の繁殖に気づかないケースであり、より簡便で安価な鮮度評価法が望まれている。本応募課題では、アゾ還元酵素とイノシン酸脱水素酵素およびキサンチンオキシダーゼとを組み合わせたバイオセンサーを開発(固定化補酵素再生系を用いた染料分解系を構築)し、肉・魚などの腐敗度の指標となる“イノシン酸やヒポキサンチン”を検出し、その結果を色の変化で知らせてくれる、目視でもわかる高感度で安価な鮮度センサーを提案する。

    独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

  • 平成22年度 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)フィージビリティスタディ・ステージ 探索タイプ,2010年09月 ~ 2011年03月,色の変化でわかる肉・魚類の簡易型鮮度センサーの開発

    アゾ還元酵素を利用したアゾ色素分解系とXDHによる腐敗物質マーカーのヒポキサンチン検出をカップリングさせることに成功し、一連のバイオセンサーの基本骨格を構築した。

    独立行政法人 科学技術振興機構(JST)

  • 令和4年度 子どもゆめ基金助成金,2022年10月 ~ 2023年02月,モバイルキッズケミラボ2022 後期

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 令和4年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2022年06月 ~ 2023年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2022

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 令和3年度 子どもゆめ基金助成金,2021年10月 ~ 2022年02月,子どもゆめ実験2021

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 令和3年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2021年06月 ~ 2022年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2021

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 令和2年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2020年06月 ~ 2021年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2020

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 令和2年度 子どもゆめ基金助成金,2020年05月 ~ 2021年01月,子どもゆめ実験2020

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 令和元年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2019年06月 ~ 2020年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2019

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 平成30年度 子どもゆめ基金助成金,2018年10月,モバイルキッズ・ケミラボ with 生涯学習フェスティバル2018

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 平成30年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2018年06月 ~ 2019年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2018

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 平成30年度 子どもゆめ基金助成金,2018年05月 ~ 2019年01月,モバイルキッズ・ケミラボ2018

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 平成29年度 子どもゆめ基金助成金,2017年10月,モバイルキッズ・ケミラボ with 生涯学習フェスティバル2017

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 平成29年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2017年06月 ~ 2018年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2017

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 平成29年度 子どもゆめ基金助成金,2017年05月 ~ 2018年01月,モバイルキッズ・ケミラボ2017

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 平成28年度 子どもゆめ基金助成金,2016年10月,モバイルキッズ・ケミラボ with 生涯学習フェスティバル2016

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 平成28年度 子どもゆめ基金助成金,2016年05月 ~ 2016年12月,モバイルキッズ・ケミラボ2016

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 平成28年度 笹川科学研究助成,2016年04月 ~ 2017年03月,非水溶媒中でのファルネシル二リン酸合成酵素によるイソプレノイドの合成

    日本財団・笹川科学研究助成

  • 平成27年度 子どもゆめ基金助成金,2015年10月,モバイルキッズ・ケミラボ in 生涯学習フェスティバル

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 平成27年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2015年06月 ~ 2016年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2015

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 平成27年度 笹川科学研究助成,2015年04月 ~ 2016年03月,酸化·還元で構造を制御するベシクルの形成とその機能性評価

    日本財団・笹川科学研究助成

  • 平成26年度 子どもゆめ基金助成金,2014年12月,モバイルキッズ・ケミラボ・スペシャル

    独立行政法人 国立青少年教育振興機構

  • 平成26年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2014年06月 ~ 2015年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2014

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 平成25年度 青少年の社会教育活動に対する助成,2013年06月 ~ 2014年03月,モバイルキッズ・ケミラボ2013

    財団法人カメイ社会教育振興財団

  • 平成22年度 米沢市研究奨励補助金事業,2010年 ~ 2011年,染料分解酵素を利用した肉鮮度センサーの開発

    染料分解酵素を利用した肉鮮度センサーの開発

    地方自治体

  • 平成21年度 笹川科学研究助成,2009年04月 ~ 2010年03月,ニトロ化をともなう芳香族オレフィン類のone-pot重合における反応機構の解明

    日本財団・笹川科学研究助成

  • 平成21年度 米沢市研究奨励補助金事業,2009年 ~ 2010年,酵素法を用いる新規脱色(漂白)法の開発

    酵素法を用いる新規脱色(漂白)法の開発

    地方自治体

  • 平成19年度 米沢市研究奨励補助金事業,2007年 ~ 2008年,微生物を利用したアゾ染料分解システムの開発研究

    米糠中における水溶性抗酸化物質の研究

    地方自治体

  • 平成17年度 笹川科学研究助成(海外発表促進助成),2005年12月,フェロセン環を有するポルフィリン錯体の分子設計 ~新規不斉触媒の開発~

    日本財団・笹川科学研究助成

  • 平成11年度 米沢市研究奨励補助金事業,1999年 ~ 2000年,米糠中における水溶性抗酸化物質の研究

    米糠中における水溶性抗酸化物質の研究

    地方自治体

  • 平成8年度 笹川科学研究助成,1996年04月 ~ 1997年03月,フェロセン環を有するポルフィリン錯体の分子設計 ~新規不斉触媒の開発~

    日本財団・笹川科学研究助成

全件表示 >>

受託研究受入実績

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2022),2022年04月 ~ 2023年01月,米沢市教育委員会,その他

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2021),2021年04月 ~ 2022年02月,米沢市教育委員会,その他

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2020),2020年04月 ~ 2021年02月,米沢市教育委員会,その他

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2019),2019年04月 ~ 2020年03月,米沢市教育委員会,その他

  • ヒドロキシ脂肪酸の合成と応用に関する研究,2018年12月 ~ 2019年11月,楠本化成(株),一般受託研究

  • 高周波式温熱療法装置の開発にかかる化学的な周辺課題に関する研究,2018年05月 ~ 2019年04月,株式会社 庄内クリエート工業,一般受託研究

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2018),2018年04月 ~ 2019年03月,米沢市教育委員会,その他

  • ヒドロキシ脂肪酸の合成と応用に関する研究,2017年12月 ~ 2018年11月,楠本化成(株),一般受託研究

  • 米糠の特性を活かした健康志向食品開発に関する研究,2017年11月 ~ 2018年06月,(株)明友,一般受託研究

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2017),2017年04月 ~ 2018年03月,米沢市教育委員会,その他

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2016),2016年04月 ~ 2017年03月,米沢市教育委員会,その他

  • ヒドロキシ酸の合成研究,2016年 ~ 2017年,楠本化成(株),一般受託研究

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2015),2015年04月 ~ 2016年03月,米沢市教育委員会,その他

  • ヒドロキシ酸の合成研究,2015年 ~ 2016年,楠本化成(株),一般受託研究

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2014),2014年04月 ~ 2015年03月,米沢市教育委員会,その他

  • ラフィア椰子の葉の加工技術に関する研究,2014年 ~ 2015年,軽部草履(株),一般受託研究

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2013),2013年04月 ~ 2014年03月,米沢市教育委員会,その他

  • ヒドロキシ酸の合成研究,2011年 ~ 2012年,楠本化成(株),一般受託研究

  • パルスパワーを用いた水質浄化における有機物分解に関する研究,2008年 ~ 2009年,積水化学(株),一般受託研究

  • 廃棄スイカのエタノール化可能性調査,2007年 ~ 2008年,(株)エツキ,一般受託研究

  • 漏油検出塗料の開発に関する研究,2006年08月 ~ 2009年03月,東北電力株式会社 山形支店,一般受託研究

  • バイオディーゼル燃料(BDF)に関する研究,2005年 ~ 2006年,(株)エム・エス・デー,一般受託研究

  • バイオディーゼル燃料(BDF)の成分分析に関する研究,2004年 ~ 2005年,(株)エム・エス・デー,一般受託研究

  • 米糠の有効利用に関する基礎研究,1996年04月 ~ 1998年03月,財団法人 山形県テクノポリス財団,一般受託研究

  • 天然物由来の有機薄膜処理を行う電鋳技術による極細無痛針の開発,2020年11月 ~ 2021年10月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

全件表示 >>

共同研究実施実績

  • 有機塩素化合物等の分解性を有する微生物及び酵素の研究,2018年04月 ~ 2019年03月,アプリザイム株式会社,国内共同研究

  • 有機塩素化合物等の分解性を有する微生物及び酵素の研究,2017年04月 ~ 2018年03月,アプリザイム株式会社,国内共同研究

  • 米糠の特性を活かした健康志向派向け商品開発(平成28年度 第3回 地域資源及び農商工連携事業),2017年02月 ~ 2022年02月,東北経済産業局,国内共同研究

研究発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2020年12月,オンライン,論文賞受賞講演 二鎖型フェロセン界面活性剤の合成と会合挙動,口頭発表(招待・特別)

  • The 2nd World Congress on Oleo Science (WCOS 2022),国際会議,2022年08月 ~ 2022年09月,オンライン,Control of ferrocene-containing cerasomes formation and its structural stability,口頭発表(一般)

  • 2021年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2021年10月,日本大学工学部(Web開催),Synthesis and viscous behavior of ionic bola-type surfactants with ferrocene moiety,ポスター発表

  • 2021年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2021年10月,日本大学工学部(Web開催),DNA adsorption on cationic vesicles with ferrocene moiety,ポスター発表

  • 2021年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2021年10月,日本大学工学部(Web開催),Synthesis of low molecular weight gelators with ferrocene moiety,ポスター発表

  • 2021年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2021年10月,日本大学工学部(Web開催),Control for collapse of ferrocene-modified organic-inorganic hybrid vesicles,ポスター発表

  • 2021年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2021年10月,日本大学工学部(Web開催),Optical resolution of cyclic selenium oxime compound,ポスター発表

  • 日本油化学会第60回年会,国内会議,2021年09月,岐阜大学(オンライン) ,イオン性 Bola 型フェロセン界⾯活性剤を用いたレドックス反応による粘弾性制御,口頭発表(一般)

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2020年12月,オンライン,クラウンエーテル環を有する光応答両親媒性分子の自己組織化および構造制御,口頭発表(一般)

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2020年12月,オンライン,フェロセンを有するイオン性Bola型界面活性剤の 合成と会合挙動,口頭発表(一般)

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Synthesis and aggregation behavior of ionic bola-type surfactants with ferrocene moiety ,ポスター発表

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Synthesis and characterization of asymmetric ferrocene-modified low molecular weight gelators,ポスター発表

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Synthesis and aggregation behavior of ferrocene-modified organic- inorganic hybrid amphiphilic molecules build by siloxane moiety,ポスター発表

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Chemoenzymatic synthesis of optically active adrenalines with crown ethers,ポスター発表

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Asymmetric recognition of cyclic oxime selenide on optical resolution,ポスター発表

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Self-organization and structural control of photoresponsive amphiphilic molecules with crown ethers,ポスター発表

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Synthesis and gelation of 7 and 14-hydroxystearic acid,ポスター発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2019年12月,日本大学 理工学部 駿河台キャンパス,米糠糀のキャラクタリゼーションと新たな食品開発,口頭発表(招待・特別)

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2019年12月,日本大学 理工学部 駿河台キャンパス,カチオン性二鎖型フェロセン界面活性剤分子の合成と会合挙動,ポスター発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2019年12月,日本大学 理工学部 駿河台キャンパス,不斉環状セレン化合物の合成,ポスター発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2019年12月,日本大学 理工学部 駿河台キャンパス,フェロセン修飾有機-無機ハイブリッド両親媒性分子の合成と物性評価,ポスター発表

  • 第58回日本油化学会年会,国内会議,2019年09月,東京海洋大学 品川キャンパス,Comamonas testosteroni YAZ2株による環境汚染物質PCBの微生物分解,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Synthesis for the optically active compounds of cyclic oxime selenide,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Biodegradation of PCB analogues by Comamonas testosteroni YAZ2,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Aggrigation and synthesis of the ferrocenyl bola surfactant with crown ether comparison,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Characterization of Aspergillus oryzae from rice bran (Rice bran koji),ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Self-organization and structural control of photoresponsive amphiphilic molecules,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Synthesis and gelation of the optically active hydroxystearic acid,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Kinetic analysis and substrate analog synthesis of farnesyl diphosphate synthesis,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Synthesis of crown ether surfactant with ruthenocene moiety,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Synthesis and characterization of the modified hydroxystearic acid,ポスター発表

  • 2019年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Synthesis of the organic-inorganic hybrid amphiphilic molecules with ferrocene moiety,ポスター発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2018年11月 ~ 2018年12月,日本大学 理工学部 駿河台キャンパス,レドックス応答性低分子ゲル化剤の合成,口頭発表(一般)

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2018年11月 ~ 2018年12月,日本大学 理工学部 駿河台キャンパス,米糠糀を用いた新たな食品開発,ポスター発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2018年11月 ~ 2018年12月,日本大学 理工学部 駿河台キャンパス,Comamonas testosteroni YAZ2 株の環境汚染物質分解への応用,ポスター発表

  • 平成30年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,Synthesis of redox-responsive low-molcular-mass organic gelator based on ferrocene modified 12-hydroxystearic acid,ポスター発表

  • 平成30年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,Synthesis of stimuli-responsive amphiphilic molecules having a complexation ability,ポスター発表

  • 平成30年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,Asymmetric synthesis of α-oxy acid precursors by Grignard reagents,ポスター発表

  • 第57回日本油化学会年会,国内会議,2018年09月,神戸学院大学 有瀬キャンパス,錯形成能を有する二鎖型刺激応答性両親媒性分子の合成と会合挙動,口頭発表(一般)

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2017年12月,東京理科大学 野田キャンパス,分光光度法のための紫外可視吸収特性を持つゲラニル二リン酸基質アナログ・生成物の合成:P-40,ポスター発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2017年12月,東京理科大学 野田キャンパス,クラウン環を有する光応答両親媒性分子の合成と自己組織化検討:P-17,ポスター発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2017年12月,東京理科大学 野田キャンパス,動的速度分割を用いた抗パーキンソン病治療薬:レボドパの合成:P-08,ポスター発表

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2017年12月,東京理科大学 野田キャンパス,カチオン補足能を有する機能性両親媒性分子の会合挙動:P-32,ポスター発表

  • 第63回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会,国内会議,2017年11月,海峡メッセ下関,トラックエッチ膜フィルターを鋳型とする多孔性電極の作製と複数種同時定量用デバイスへの試み,口頭発表(一般)

  • 平成29年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,レドックス応答性を有するフェロセン含有両親媒性分子の自己組織化,ポスター発表

  • 平成29年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,不斉補助基を用いたジアステレオマー誘導体化法によるβ-ヒドロキシセレニドの光学分割, 1P095,ポスター発表

  • 平成29年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,α-ケトメントールエステルを用いたGrignard反応による不斉合性, 1P087,ポスター発表

  • 2nd Asian Conference on Oleo Science (ACOS 2017),国際会議,2017年09月,Kagurazaka campus of Tokyo University of Science, Tokyo, Japan.,Effect of Semi-Conserved Region on the Thermostability of Farnesyl Diphosphate Synthase, P020,ポスター発表

  • 2nd Asian Conference on Oleo Science (ACOS 2017),国際会議,2017年09月,Kagurazaka campus of Tokyo University of Science, Tokyo, Japan.,Redox-Responsive Organogels Prepared from Ferrocene-Terminated 12-Hydroxystearic Acid, P089,ポスター発表

  • 日本分析化学会第66年会,国内会議,2017年09月,東京理科大学葛飾キャンパス,ナイロンナノファイバーフィルターを用いる超微量ニッケル及び銅の迅速な濃縮と比色分析,口頭発表(一般)

  • RSC Tokyo International Conference 2017,国際会議,2017年09月,Chiba, Japan.,Simple Colorimetric Detection of Ultra-trace Ni(II) and Cu(II) Followed by Rapid Enrichment Using a Nanofiber-composite Membrane Filter,ポスター発表

  • 13th Asian Conference on Analytical Sciences,国際会議,2016年12月,Chiang Mai, Thailand,Simultaneous detection system for L-lactate and D-glucose using track-etched microporous membrane electrodes,口頭発表(一般)

  • 13th Asian Conference on Analytical Sciences,国際会議,2016年12月,Chiang Mai, Thailand,Simultaneous detection system for L-lactate and D-glucose using track-etched microporous membrane electrodes,ポスター発表

  • 分子研研究会-生態や物質機能の起源にせまる先端的電子スピン計測-,国内会議,2016年12月,自然科学研究機構 分子科学研究所 研究棟301(セミナー室),ニトロ化を伴う芳香族オレフィンのOne-pot重合反応におけるESR法による反応機構解析の試み,口頭発表(一般)

  • 2016年度 材料技術研究協会討論会,国内会議,2016年12月,東京理科大学 野田キャンパス,生理活性を有する補酵素(NAD+)を分子導入したフェロセン誘導体の合成,ポスター発表

  • 2016年度 材料技術研究協会討論会,国内会議,2016年12月,東京理科大学 野田キャンパス,レドックス活性を有する分子集合体の合成と機能性評価,ポスター発表

  • 2016年度 材料技術研究協会討論会,国内会議,2016年12月,東京理科大学 野田キャンパス,レドックス活性を有する機能性ヒドロキシステアリン酸の合成,ポスター発表

  • 2016年度 材料技術研究協会討論会,国内会議,2016年12月,東京理科大学 野田キャンパス,12-ヒドロキシステアリン酸の工業的合成法開発,ポスター発表

  • 第55回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2016),国内会議,2016年11月,大阪市立大学 杉本キャンパス,Reaction Mechanism Analysis of One-pot Polymerization with Nitration using Styrene by ESR Spectroscopy,ポスター発表

  • 日本分析化学会第65年会,国内会議,2016年09月,北海道大学工学部,トラックエッチ膜を鋳型とする多孔質電極を用いるコレステロールの迅速検出,口頭発表(一般)

  • 平成28年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,ESR法によるone-pot重合の反応機構解析,ポスター発表

  • 平成28年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,alpha-ケトメントールエステルのGrignard試薬を用いたキラルアルコールへの不斉合成,ポスター発表

  • 平成28年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,ファルネシル二リン酸合成酵素の耐熱性に対する73番目のアミノ酸の影響,ポスター発表

  • 平成28年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,クラウンエーテル環を有す二置換長鎖アルキルフェロセンから成るレドックス応答性ベシクルの自己組織化,ポスター発表

  • 平成28年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,ファルネシル二リン酸合成酵素のキラル認識,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,BIOL 594: Facile dynamic kinetic resolution of amino acid esters in organic media by enzymatic hydrolysis combined with racemases from Pseudomonas putida,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,BIOL 578: Development of biosensor system by degradation of azo dyes using azoreductase from Geobacillus stearothermophilus,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,ORGN 1109: Redox- responsive vesicles prepared from double armed alkyl ferrocene with aza-18-crown-6 ether molecules,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,BIOL 546: Effect of alkyl tail length of allylic substrate analogs to the enantioselectivity of farnesyl pyrophosphate synthase from Geobacillus stearothermophilus,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,ORGN 1339: Synthesis of optically organoselenidees using chiralauxiliaries,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,ORGN 1336: Asymmetric synthesis of MαNP acid using a chiral auxiliary,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,ORGN 492: Triflate catalyzed allylation of N, S-acetals using allylsilane reagent,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,ORGN 488: Synthesis and properties of nitroxyl radical based on isoindole derivative,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,ORGN 487: Synthesis and application of C2-symmetric chiral pyrrolidine ligand,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,ORGN 482: Alcohol oxidation reaction using nitroxyl radical as catalyst,ポスター発表

  • Pacifichem2015: 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Honolulu, USA,ORGN 368: Optical resolution of 1,2-diphenylethylenediamine using diastereomeric salt formation method,ポスター発表

  • 2015年度 材料技術研究協会討論会,国内会議,2015年12月,近畿大学,可逆的な酸化還元活性を有する機能性ベシクルの合成,口頭発表(一般)

  • 平成27年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月,弘前大学 文京キャンパス,光学活性なヒドロキシステアリン酸の合成法開発,ポスター発表

  • 平成27年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月,弘前大学 文京キャンパス,Geobacillus 属由来ファルネシル二リン酸合成酵素のキラル認識機構解析,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,酵素を用いた光学活性な有機セレン化合物の合成,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,クラウンエーテル環を有する長鎖アルキルフェロセンの自己組織化,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,カチオン補足能を有する長鎖アルキルフェロセンの合成,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,Geobacillus 属由来ファルネシル二リン酸合成酵素の基質認識機構におけるシミュレーション解析,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,Geobacillus 属由来ファルネシル二リン酸合成酵素の不斉認識機構解析,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,アゾ還元酵素のニトロ還元機構のシミュレーション解析,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,環状有機セレン化合物の不斉補助剤を用いた光学分割,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,アゾ還元酵素による色素分解の臨床検査用バイオマーカー検出システムへの応用,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,ヒドロキシステアリン酸の合成法開発,ポスター発表

  • 平成26年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学 米沢キャンパス,酵素を用いた光学活性な有機セレン化合物の合成,ポスター発表

  • 第66回 日本生物工学会大会,国内会議,2014年09月,札幌国際会議場,Geobacillus stearothermophilus(GST)由来点変異型ファルネシル二リン酸合成酵素の不斉認識機構解明,ポスター発表

  • 2013年度 材料技術研究協会討論会,国内会議,2013年12月,東京理科大学 野田市キャンパス(野田市),ファルネシル二リン酸合成酵素によるキラルゴム前駆体の合成,ポスター発表

  • 2013年度 材料技術研究協会討論会,国内会議,2013年12月,東京理科大学 野田市キャンパス(野田市),クラウンエーテル環を有する長鎖アルキルフェロセンの合成と自己組織化,ポスター発表

  • 2013年度 材料技術研究協会討論会,国内会議,2013年12月,東京理科大学 野田市キャンパス(野田市),低分子生理活性物質へのフェロセン導入とその機能性評価,ポスター発表

  • 第52回電子スピンサイエンス学会年会,国内会議,2013年10月,大宮ソニックシティ(大宮市),1J-05 AIBN/シクロデキストリンを用いて生成した水溶性過酸化ラジカルのESR,口頭発表(一般)

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P116 Synthesis of TEIO Derivative and ESR Study,ポスター発表

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P078 Enzyme-catalyzed resolution of α-cyanohydrin derivatives,ポスター発表

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P079 Synthesis and properties of the alkyl ferrocenes with cation binding ability,ポスター発表

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P080 Simulation Analysis of Chiral Recognition for Farnesyl Diphosphate Synthase from Bacillus stearothermophilus,ポスター発表

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P081 Functions as nitroreductase activity by azoreductase from Geobacillus stearothermophilus,ポスター発表

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P082 ESR of Water Soluble Peroxyl Radical Generated from AIBN and Cyclodextrin,ポスター発表

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P083 Enzyme-catalyzed resolution of optically active cyclohexylidene derivatives,ポスター発表

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P114 Synthesis of Spin-labeled Agricultural Chemical Analog,ポスター発表

  • International Symposium for the 70th Anniversary of the Tohoku Branch of the Chemical Society of Japan,国際会議,2013年09月,Sendai, Japan,3P115 Allylation of N,N-acetal Using Allylic Tin Reagent in Presence of Aluminum Chloride,ポスター発表

  • 第65回日本生物工学会大会,国内会議,2013年09月,広島国際会議場(広島市),2P057 シミュレーションを用いたファルネシル二リン酸合成酵素の不斉認識機構解析,ポスター発表

  • 第65回日本生物工学会大会,国内会議,2013年09月,広島国際会議場(広島市),2P061 アゾ還元酵素を用いた色素分解システムによるバイオセンサーの開発,ポスター発表

  • SmaSys 2013 (International Conference of Smart Systems Engineering 2013,国際会議,2013年07月,Denkokuno-mori, Yonezawa, Japan,CL-16, Simulation analysis of chiral recognition for farnesyl diphosphate synthase from Bacillus stearothermophilus,口頭発表(一般)

  • 第93日本化学会春季年会,国内会議,2013年03月,立命館大学 草津キャンパス,4F401 セレンを用いた光学活性な セレンを用いた光学活性な セレンを用いた光学活性な シクロアルケン の合成とX線結晶構造解析線,口頭発表(一般)

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,2P088, 不斉補助剤(MαNP acid)を用いた天然物由来リシノール酸の絶対配置決定,ポスター発表

  • 第23回 基礎有機化学討論会,国内会議,2012年09月,京都テルサ(京都市),対称性を有するオレフィン化合物の構造決定,口頭発表(一般)

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,1P094 NMR による対称オレフィン化合物のcis, trans 異性体識別,ポスター発表

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,2P061 Pseudomonas putida 株由来変異型アミノ酸ラセマーゼの発現と動的速度分割への応用,ポスター発表

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,2P057, 補酵素再生系を用いたアゾ還元酵素による色素分解システム,ポスター発表

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,2P081, 末端にオレフィンを有する光学活性アルコールの光学分割,ポスター発表

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,2P079, RCM反応を用いた12-ヒドロキシステアリン酸の合成,ポスター発表

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,2P047, 2-メトキシ-2-(1-ナフチル)プロピオン酸(MαNP acid)のジアステレオマー塩法を用いた光学分割,ポスター発表

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,2P049, スピンラベル部位を導入した農薬誘導体の合成,ポスター発表

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,1P087, N,N-アセタールに対するアリルスズ反応剤の付加反応,ポスター発表

  • 平成24年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2012年09月,秋田大学 手形キャンパス,1P086, イソインドール骨格を有するスピンラベル剤の合成,ポスター発表

  • 第92回 日本化学会春季年会,国内会議,2012年03月,慶応義塾大学 日吉キャンパス,分子内に対称性を有する有機化合物の構造決定に関する研究,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本化学会,東北支部 代議員,2006年09月 ~ 2007年08月

  • 日本化学会,東北支部 米沢地区幹事,2021年04月 ~ 2022年03月

  • 日本化学会,東北支部 米沢地区幹事,2010年04月 ~ 2011年03月

  • 日本化学会,化学系学協会東北大会実行委員,2014年

  • 日本化学会,化学系学協会東北大会・分子生体化学セッションオーガナイザー,2014年09月

  • The 2nd World Congress on Oleo Science (WCOS 2022),座長,2022年09月

  • 日本化学会,東北支部 化学への招待,講師,1996年07月

  • 日本化学会,東北支部 化学への招待,講師,2004年07月

  • 日本化学会,東北支部 化学への招待,講師,2013年07月

  • 日本化学会,東北支部 化学への招待,講師,2021年10月

全件表示 >>

社会貢献活動

  • R4年度 子供向け化学実験養成講座(SSH事業),2022年06月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業)高大連携

  • R4年度 モバイルキッズケミラボ2022(米沢市生涯学習委託講座),2022年05月 ~ 2023年01月

    子供向け化学実験講座

  • R3年度 子供向け化学実験養成講座(SSH事業),2021年07月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業)高大連携

  • R3年度 モバイルキッズケミラボ2021(米沢市生涯学習委託講座),2021年05月 ~ 2022年02月

    子供向け化学実験講座

  • R2年度 モバイルキッズケミラボ2020(米沢市生涯学習委託講座),2020年09月 ~ 2021年02月

    子供向け化学実験講座

  • R1年度 モバイルキッズケミラボ with 生涯学習フェスティバル2019(米沢市生涯学習委託講座),2019年10月

    子供向け化学実験講座

  • R1年度 サイエンスリーダー養成講座(SSH事業),2019年07月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業)高大連携

  • R1年度 モバイルキッズケミラボ2019(米沢市生涯学習委託講座),2019年05月 ~ 2020年02月

    子供向け化学実験講座

  • 山形大学・米沢信用金庫主催 第18回「ビジネスクラブ~With~」,2018年11月

    講演:酵素の魅力 -バイオテクノロジーの現状と未来-
    企業との共同研究とは・・・酵素が取持つ縁 という題目で講演

  • H30年度 モバイルキッズケミラボ with 生涯学習フェスティバル2018(米沢市生涯学習委託講座),2018年10月

    子供向け化学実験講座

  • H30年度 サイエンスリーダー養成講座(SSH事業),2018年07月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業)高大連携

  • H30年度 モバイルキッズケミラボ2018(米沢市生涯学習委託講座),2018年05月 ~ 2019年02月

    子供向け化学実験講座

  • 山形大学新技術説明会~Meetup for the next~,2017年10月

  • H29年度 モバイルキッズケミラボ with 生涯学習フェスティバル2017(米沢市生涯学習委託講座),2017年10月

    子供向け化学実験講座

  • H29年度 サイエンスリーダー養成講座(SSH事業),2017年07月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業)

  • H29年度 液体窒素取り扱い講習会,2017年06月

    研修内容
    ①液体窒素取り扱い上の注意点
    ②液体窒素を使った実験を通し留意点を探る

  • H29年度 モバイルキッズケミラボ2017(米沢市生涯学習委託講座),2017年05月 ~ 2018年02月

    子供向け化学実験講座

  • H28年度 モバイルキッズケミラボ with 生涯学習フェスティバル2016(米沢市生涯学習委託講座),2016年10月

    子供向け化学実験講座

  • H28年度 サイエンスリーダー養成講座(SSH事業),2016年07月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業) 

  • H28年度 モバイルキッズケミラボ2016(米沢市生涯学習委託講座),2016年05月 ~ 2017年01月

    子供向け化学実験講座

  • 山形県立神室産業高校 出前講義,2016年02月

    講義題目:酵素って何? バイオテクノロジーのスター“酵素”

  • H27年度 モバイルキッズケミラボ with 生涯学習フェスティバル2015(米沢市生涯学習委託講座),2015年10月

    子供向け化学実験講座

  • H27年度 サイエンスリーダー養成講座(SSH事業),2015年07月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業) 

  • H27年度 モバイルキッズケミラボ2015(米沢市生涯学習委託講座),2015年05月 ~ 2016年01月

    子供向け化学実験講座

  • H26年度 モバイルキッズケミラボ with 生涯学習フェスティバル2014(米沢市生涯学習委託講座),2014年10月

    子供向け化学実験講座

  • H26年度 モバイルキッズケミラボ2014(米沢市生涯学習委託講座),2014年05月 ~ 2015年01月

    子供向け化学実験講座

  • 米沢市児童会館事業,2010年11月

    平成22年度 米沢市児童会館事業「酵素パワーでロケット打ち上げ!」の講師

  • 山形大学研究シーズ活用セミナー・置賜総合支庁委託事業「置賜の次代を担うもの作り企業創出事業」プロジェクト,2010年11月

    共同研究事例セミナーでの講師「研究シーズから製品化へ・産学連携への道」

  • 有機合成化学協会 山形地区講演会,2010年10月

    有機合成化学協会 山形地区講演会での講師:講演タイトル「沈澱系を利用した酵素によるアミノ酸の動的速度分割」

  • 平成22年度山形県高等学校教育研究会理科部会化学専門部大会,2010年10月

    平成22年度山形県高等学校教育研究会理科部会化学専門部大会における講師

  • 会津高等学校 出前講義,2010年09月

    学内へ招待しての出前実験

  • 米沢市児童会館事業,2010年07月

    平成22年度 米沢市児童会館事業 夏休み創りの広場「高級透明せっけんと七宝焼」の講師

  • 川西町新エネルギー導入調査委員会,2006年07月 ~ 2007年02月

    委員

  • 川西町地域新エネルギービジョン策定委員会,2005年09月 ~ 2006年02月

    委員

全件表示 >>

メディア報道

  • 荘内銀行TV-CM,2019年09月

    モバイルキッズケミラボ活動の紹介CM

  • 山形テレビ(TV朝日系)/BS朝日 自主製作番組(ドキュメンタリー),2015年04月

  • おきたまグリーンシンポジウム・次世代エネルギー利活用とこれからの置賜地域づくり,2010年11月

    パネルディスカッション(公開討論)「これからの次世代エネルギーの利用と地域振興策のあり方」での司会進行

  • NCV9ch 自主製作番組(産研サイエンス),2000年

学術貢献活動

  • 暮らしの中の身近な化学「廃食用油の化学」,2009年07月

  • バイオディーゼル燃料を活かしたまちづくりセミナー「バイオディーゼル燃料の基礎から最新技術まで」,2009年02月

  • 米沢まちなかカレッジ「酵素は灯油の中でも活きることができる?」,2008年07月

  • 雪エネルギー出前講座,2008年02月

  • 川西町新エネルギー導入促進協議会,2007年09月 ~ 2016年09月

    協議会委員

相談に応じられる分野

ベンチャー企業設立

  • アプリザイム株式会社,製造業,2011年08月