基本情報

写真a

木島 龍朗

KIJIMA Tatsuro


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3127

研究室FAX

0238-26-3413

ホームページ

http://biochem.yz.yamagata-u.ac.jp/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),筑波大学,1995年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 富士通株式会社 半導体事業本部,研究員,1989年04月 ~ 1991年09月

  • アイオワ大学(アメリカ合衆国),研究員,2001年01月 ~ 2002年01月

  • 山形大学,准教授,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • モバイルキッズ・ケミラボ

  • 日本化学会

  • 日本油化学会

  • アメリカ化学会

  • 材料技術研究協会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • “酵素”の新しい利用法を目的として,主に有機溶媒中における酵素反応を題材に新規反応系の構築,およびそれを利用した有機合成への応用に関する教育と研究を行っている。 
    (1)有機溶媒中における酵素の基質選択性および立体選択性の変化を利用した新規不斉化合物の合成とその反応メカニズムの解明を行う。
    (2)電子メディエーター機能を持たせた新規な修飾補酵素を合成し,有機溶媒系などの様々な反応系でも機能するバイオセンサーシステムを開発する。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 酵素によるクラウンエーテル誘導体の光学分割,1900年04月 ~ 継続中

    酵素,クラウンエーテル,光学分割

  • フェロセン環を有するポルフィリン錯体の分子設計,1900年04月 ~ 継続中

    フェロセン,ポルフィリン

  • フェロセンをメディエーターとする新規バイオセンサーに関する研究,1900年04月 ~ 継続中

    バイオセンサー,フェロセン

  • 有機溶媒中におけるプロテアーゼの反応についての研究(博士研究),1991年04月 ~ 1994年03月

    有機溶媒中におけるプロテアーゼの反応についての研究(博士研究)

  • 米糠の有効利用に関する基礎研究;フードシステム高度化 対策事業研究(山形県テクノポリス財団),1996年04月 ~ 1997年03月

    米糠の有効利用に関する基礎研究;フードシステム高度化 対策事業研究(山形県テクノポリス財団)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization of Molecular Arrangement of Long-chain Ferrocenyl Derivatives Having Asymmetric Carbon by Method of Organized Molecular Films and Formation of Its Helical Nanofibers,CHEMISTRYSELECT,6(9) 2198-2209,2021年03月

    Kimura Yusuke, Mashiyama Yuki, Maruyama Haruka, Kawabata Youhei, Kijima Tatsuro, Fujimori Atsuhiro

    共著(国内のみ)

  • ゲラニル二リン酸を有するフェロセン系Bola型界面活性剤の合成とキャラクタリゼーション,Material Technology,37(5) 107-114,2019年10月

    木島 龍朗,松浦 竜太,波多野 豊平,村上 聡

    共著(国内のみ)

  • 新規なポリシロキサン-クラウンエーテル型イオンセンサーの簡便合成,Material Technology,37(2) 32-37,2019年04月

    木島 龍朗,小田切 充,横山 静,村上 聡,波多野 豊平

    共著(国内のみ)

  • Construction of Cellulose Binding Domain Fusion FMN-Dependent NADH-Azoreductase and Glucose 1-Dehydrogenase for the Development of Flow Injection Analysis with Fusion Enzymes Immobilized on Cellulose,JOURNAL OF APPLIED GLYCOSCIENCE,66(2) 65-72,2019年

    Yano Shigekazu, Hori Yukari, Kijima Tatsuro, Konno Hiroyuki, Suyotha Wasana, Takagi Kazuyoshi, Wakayama Mamoru

    単著

  • In Silico study of the conformational flexibility of point mutated Geobacillus stearothermophilus farnesyl diphosphate synthase,科学・技術研究,7(2) 109-112,2018年

    Samori Petrus Yesaya, Yoshida Yasutaka, Ohya Norimasa, Hatano Bunpei, Murakami Satoshi, Kijima Tatsuro

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • くらしと研究あ・れ・こ・れ』 第2回-米糠にひそむ未知のパワー,NCV 9ch (ニューメディア米沢), 産研サイエンス(放送番組),2000年05月

    木島 龍朗

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,新規微生物及びこれを用いるポリ塩化ビフェニルの分解方法,原 富次郎,高塚由美子,室月祥枝,三嶋瑠璃子,木島龍朗,神尾好是,田中俊也

    出願番号( 特開2010 - 215861 ) ,国立大学法人 山形大学,日本国

  • 特許,アルファ化デンプン粉およびその製造方法ならびに該アルファ化デンプン粉を用いたプラスチック添加剤およびコンポジット材料,西岡昭博,勝野圭史,木島龍朗

    出願番号( 特開2010-215861 ) ,西岡昭博,日本国

  • 特許,石油代替燃料の製造方法及び製造装置,武田 章,木島龍朗

    出願番号( 特願2008-136462 ) 登録番号( 5185696 ) ,株式会社エムエスデー,日本国

  • 特許,レジスト塗布冶具,木島龍朗

    出願番号( 平3-104727 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度 材料技術研究協会 論文賞,2020年12月04日,日本国,材料技術研究協会,木島龍朗

  • 平成29年度 文部科学大臣表彰 科学技術賞 理解増進部門,2017年04月19日,日本国,文部科学省,木島龍朗,栗山恭直,遠藤龍介,渡邉明彦,津留俊英

  • 平成26年度 公益信託荘内銀行ふるさと創造基金 地域貢献大賞,2014年05月27日,日本国,公益信託荘内銀行ふるさと創造基金,モバイルキッズケミラボ 代表:木島龍朗

  • HotArticle Award Analytical Sciences,2018年08月10日,日本国,日本分析化学会,Hitoshi Mizuguchi, Ryota Ishida, Yasushi Kouno, Thdahiko Tachib ana,Tomomi Honda, Tatsuro Kijima, Yuhei Yamamoto, Toshio Takayanagi

  • 令和2年度山形大学研究推進報奨,2021年03月18日,日本国,山形大学,木島龍朗

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,Bola型フェロセン界面活性剤が示す会合挙動と溶液物性の制御

    ナノ構造化学関連

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,微小電力を駆動力とした微生物酵素によるアゾ分解反応系の開発

    フェロセンを修飾したNADがフェロセン導入後もアゾ還元酵素に対して活性低下や阻害効果を起こすことなくアゾ色素分解を触媒することを明らかにした。電極での補酵素再生によるアゾ色素分解系は未だ完成していないが、研究過程において得られた2酵素カップリングによるアゾ分解反応が色の変化でわかる新規バイオセンサーに応用展開できることが明らかにした。

  • 基盤研究(C),2003年04月 ~ 2005年03月,フェロセン環とS原子に注目した新規導電性化合物の合成とその物性検討

    フェロセン誘導体にチオフェンを分子導入させた電荷移動錯体型新規導電性化合物を合成に成功した。その中で分子不斉を誘導する部分にて酵素を利用した合成を担当した。この研究成果については国際会議での報告および国際誌2誌へ掲載した。

  • 基盤研究(C),2000年04月 ~ 2002年03月,フェロセン環を組み入れた新規導電性化合物の合成とその機能性の検討

    フェロセン誘導体を電子ドナー,TCNQを電子アクセプターとする新規な導電性化合物の合成に成功した。その中でフェロセン誘導体の酵素を利用した合成を担当した。この研究成果については国内会議での報告および国際誌2誌へ掲載した。

  • 奨励研究,1998年04月 ~ 2000年03月,電子メディエーター機能を持たせた修飾補酵素による酵素センサーシステムの構築

    補酵素NADにフェロセンを結合させた新規メディエーター修飾補酵素を合成し、それを用いた酵素センサーシステムを構築した。合成された修飾補酵素は、汎用性があり様々な酵素で用いることが可能であることを明らかにした。この研究成果については国際会議での報告および国際誌3誌へ掲載した。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • H22年度 新エネルギーベンチャー技術革新事業(NEDO),2010年07月 ~ 2012年06月,BDF合成におけ る未利用副産物の資源化に関する研究開発

    身近な廃食油からバイオ燃料が製造できる取り組みとしてBDFが注目されている。しかし、製造されるBDFの約20%程度の量の粗グリセリンが発生することが問題となっている。粗グリセリンは、強アルカリ性でグリセリン以外にも触媒やメタノール、水分、BDFそのものなどの混合物であるため処理・利用が困難で、適正な処理を怠るとかえって環境負荷を増すことになるが、一方で廃棄物として処理・処分するとその費用が事業を圧迫する。実際、多くのBDF事業者がグリセリンの処理に困っており、良い手法を求める声は極めて高い。本技術開発は、こうした課題を解決し、自社の既存の新商品である新方式「蒸留法」によるBDF製造法と組み合わせることで強力な事業展開を図っていくことを目指すものである。

    経済産業省

  • H23年度 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業,2011年10月 ~ 2012年09月,移動型常圧過熱水蒸気による稲わらの炭化減容化とセシウム除去システム

    高濃度の放射性セシウムで汚染された稲わらや堆肥等の処分方法が確立できずに一時保管されている状況にあり、汚染物の減容化が緊急に対応すべき課題となっている。課題解決に向け、汚染物を常圧過熱水蒸気による炭化処理技術により安全に減容化し、かつ、蒸気中に出た放射性セシウムをゼオライトにより吸着分離処理する技術の開発。

    農林水産省

  • 平成22年度 山形県ふるさと雇用再生特別基金事業,2010年10月 ~ 2012年03月,バイオ化学の活用による環境関連産業創出に向けた調査研究

    バイオ化学の活用による環境関連産業創出に向けた調査研究

    地方自治体

  • 2009年度 イノベーション創出基礎的研究推進事業,2009年04月 ~ 2010年03月,従来使用出来なかった油脂原料や利用条件でのBDFの利用を目指した流動点降下剤等の研究開発

    従来使用出来なかった油脂原料や利用条件でのBDFの利用を目指した流動点降下剤等の研究開発

    独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

  • 2011年度/平成23年度環境研究総合推進費,2011年04月 ~ 2014年03月,持続可能な社会を担う人材育成のためのエネルギー環境教育システムの構築

    1.小中学生が意欲的に学べる環境教育
     環境教育の基礎学習となる理数への学習意欲の増加と環境教育との関連を勘案した教材および学習プログラムを開発・実施し、その
    効果について評価を行う。特に、年齢により学校で学習する内容も知識背景も異なるため、学習段階に合った効果的な環境教育の配置
    を検討し、義務教育課程における環境教育のプログラムを実施し、その実施方法や効果について、関連学会にて発表する。
    2.小中学校教諭の理科教育に対する能力向上
     教育者自身が自主的に学習できるように、場を設定して、時間を確保する。まず、既存の担当教諭が集まる理科部会における教材研
    修の場を小中学校の部会ともに年間4回以上設ける。この他、放課後に、地域理科研修センターを拠点として環境教育に関する学習会
    を開催する。教員の理科教諭能力向上および準備時間の確保のために、大学や理科研修センターの所有する実験教材の配達システムを
    構築する。また、小学校の理科を専門としない教諭、中学校の苦手分野がある教諭に対して、講師の派遣や教材を提案し、理科教諭の
    授業を支援する。

    経済産業省

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2021),2021年04月 ~ 2022年02月,米沢市教育委員会,その他

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2020),2020年04月 ~ 2021年02月,米沢市教育委員会,その他

  • 米沢市生涯学習委託講座(モバイルキッズ・ケミラボ2019),2019年04月 ~ 2020年03月,米沢市教育委員会,その他

  • ヒドロキシ脂肪酸の合成と応用に関する研究,2018年12月 ~ 2019年11月,楠本化成(株),一般受託研究

  • 高周波式温熱療法装置の開発にかかる化学的な周辺課題に関する研究,2018年05月 ~ 2019年04月,株式会社 庄内クリエート工業,一般受託研究

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 有機塩素化合物等の分解性を有する微生物及び酵素の研究,2018年04月 ~ 2019年03月,アプリザイム株式会社,国内共同研究

  • 有機塩素化合物等の分解性を有する微生物及び酵素の研究,2017年04月 ~ 2018年03月,アプリザイム株式会社,国内共同研究

  • 米糠の特性を活かした健康志向派向け商品開発(平成28年度 第3回 地域資源及び農商工連携事業),2017年02月 ~ 2022年02月,東北経済産業局,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2020年12月,オンライン,論文賞受賞講演 二鎖型フェロセン界面活性剤の合成と会合挙動,口頭発表(招待・特別)

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2020年12月,オンライン,クラウンエーテル環を有する光応答両親媒性分子の自己組織化および構造制御,口頭発表(一般)

  • 材料技術研究協会討論会,国内会議,2020年12月,オンライン,フェロセンを有するイオン性Bola型界面活性剤の 合成と会合挙動,口頭発表(一般)

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Synthesis and aggregation behavior of ionic bola-type surfactants with ferrocene moiety ,ポスター発表

  • 2020年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Synthesis and characterization of asymmetric ferrocene-modified low molecular weight gelators,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,東北支部 代議員,2006年09月 ~ 2007年08月

  • 日本化学会,東北支部 米沢地区幹事,2021年04月 ~ 2022年03月

  • 日本化学会,東北支部 米沢地区幹事,2010年04月 ~ 2011年03月

  • 日本化学会,化学系学協会東北大会実行委員,2014年

  • 日本化学会,化学系学協会東北大会・分子生体化学セッションオーガナイザー,2014年09月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • R3年度 子供向け化学実験養成講座(SSH事業),2021年07月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業)高大連携

  • R3年度 モバイルキッズケミラボ2021(米沢市生涯学習委託講座),2021年05月 ~ 2022年02月

    子供向け化学実験講座

  • R2年度 モバイルキッズケミラボ2020(米沢市生涯学習委託講座),2020年09月 ~ 2021年02月

    子供向け化学実験講座

  • R1年度 モバイルキッズケミラボ with 生涯学習フェスティバル2019(米沢市生涯学習委託講座),2019年10月

    子供向け化学実験講座

  • R1年度 サイエンスリーダー養成講座(SSH事業),2019年07月

    子供向け化学実験養成講座(SSH事業)高大連携

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 荘内銀行TV-CM,2019年09月

    モバイルキッズケミラボ活動の紹介CM

  • 山形テレビ(TV朝日系)/BS朝日 自主製作番組(ドキュメンタリー),2015年04月

  • おきたまグリーンシンポジウム・次世代エネルギー利活用とこれからの置賜地域づくり,2010年11月

    パネルディスカッション(公開討論)「これからの次世代エネルギーの利用と地域振興策のあり方」での司会進行

  • NCV9ch 自主製作番組(産研サイエンス),2000年

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 川西町新エネルギー導入促進協議会,2007年09月 ~ 継続中

    協議会委員

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • アプリザイム株式会社,製造業,2011年08月