2023/11/21 更新

写真a

タチバナ カズヒロ
立花 和宏
TACHIBANA Kazuhiro
職名
准教授
生年
1962年
ホームページ
 

出身大学

  • 山形大学  工学部  応用化学科

    1985年03月,卒業

出身大学院

  • 山形大学  工学研究科

    修士課程,1987年03月,修了

取得学位

  • 博士(工学),東北大学,2003年03月

  • 修士(工学),山形大学,1987年03月

学外略歴

  • 大日本印刷株式会社,職員(技術系),1987年04月 ~ 1991年03月

  • 山形大学,准教授,2007年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会

  • 電気化学会

  • 表面技術協会

 

研究テーマ

  • (1)金属酸化皮膜のアノード酸化と腐食に関する研究 
    (2)金属酸化物を正極活物質に用いた電池の駆動機構に関する研究
    (3)コンピュータを用いた電気化学測定における測定システムの構築に関する研究

    ●エネルギーデバイスとしての電池およびキャパシタを構成する物質の設計と構造の最適化ならびにその生産技術の情報マネジメントに関する教育と研究

研究経歴

  • 電池正極活物質に関する研究,1900年04月 ~ 継続中

    電池

  • 金属酸化物の電気化学的挙動,1900年04月 ~ 継続中

    エッチング,陽極酸化

論文

  • 想いを託した文字の記憶:科学と技術とがもたらしたデジタル社会に生きる,科学・技術研究,10(2) 123-130,2021年

    立花 和宏

    単著

  • 2段分布定数回路による全固体電池のLi析出抑制法の考察,科学・技術研究,10(1) 57-60,2021年

    仁科 辰夫, 伊藤 智博, 立花 和宏

    単著

  • Reduction of Electrical Resistance of Active Materials for Lithium-ion Secondary Batteries by Making Contact with Carbon Materials,ELECTROCHEMISTRY,90(8) 087006,2022年

    Ito Tomohiro, Tachibana Kazuhiro, Yamamoto Yoshihisa, Nishina Tatsuo

    単著

  • 音楽はエネルギーダイアグラム,表面技術教会,72(1) 109,2021年02月

    立花和宏

    単著

  • 電池に捧げた生涯:小澤昭弥先生を偲んで,科学・技術研究,9(2) 99-102,2020年

    立花 和宏

    単著

  • 重要文化財・米沢高等工業学校,科学・技術研究,8(2) 87-94,2019年12月

    立花和宏

    単著

  • 研究機関紹介 重要文化財・米沢高等工業学校,科学・技術研究,8(2) 87-94,2019年

    立花 和宏

    単著

  • LiSB電流遮断後の過電圧緩和過程:2段分布定数回路の解析関数の導出と実電池への応用,科学・技術研究,8(1) 53-59,2019年

    仁科 辰夫, 伊藤 智博, 立花 和宏

    単著

  • LiSB系のACインピーダンス応答:2段分布定数回路による解析関数の導出,科学・技術研究,8(2) 119-122,2019年

    仁科 辰夫, 伊藤 智博, 立花 和宏

    単著

  • 導電性高分子アルミ固体電解コンデンサの溶媒添加による等価直列抵抗低減現象について,表面技術,69(12) 646-647,2018年

    白谷 貴明, 伊藤 智博, 立花 和宏, 仁科 辰夫

    単著

  • Investigation of Characteristics of CV Properties in LiMn2O4 by Primary Nanoparticle Analysis,Electrochemistry電気化学および工業物理化学,2017年06月

    Tomohiro ITO,Satoshi ISHIKAWA,Masaki SEKIGUCHI,Daiki KUROSAWA,Kazuhiro TACHIBANA,and Tatsuo NISHINA

    単著

  • 子どもたちの目の輝きに魅せられて-理科実験教室で出会った君たちへ-,科学・技術研究,5(2) 145-150,2016年12月

    立花和宏,伊藤智博,仁科辰夫,遠藤浩

    単著

  • The Effect of Dispersion Degree of Positive Electrodes Containing Carbon Nanotubes with Identical Composition on Contact Resistance in Lithium ION Secondary Batteries,Electrochemistry,(83) 386-388,2015年05月

    Shinya ONODERA,Naoki KATO,Tomoyuki ITO,Tomohiro ITO,Kazuhiro TACHIBANA,Tatsuo NISINA

    単著

  • 表面処理を施したアルミニウム集電体と電極合材との接触抵抗の発現要因,科学・技術研究,(3) 157-164,2015年01月

    加藤直貴,小野寺伸也,伊藤知之,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫

    単著

  • リチウムイオン二次電池用電極スラリーの調整,科学・技術研究会,2014年07月

    立花 和宏

    単著

  • 東日本大震災被災後の保存修理工事に向けた旧米沢高等工業学校本館展示品のデータベース化,科学・技術研究,3(1) 73-80,2014年06月

    立花和宏,伊藤智博,仁科辰夫,小林卓臣,奥山澄雄,鈴木利雄,山崎洋一郎

    単著

  • Evaluation of Contact Resistance of Aluminium Current Collector Surfaces for Energy Storage Systems,Electrochemistry,82(5) 328-330,2014年05月

    Chiaki Honda,Shuto Kikuchi,Tomoyuki Ito,Shinya Onodera,Akiko Nagai,Tmomohiro Ito,Kazuhiro Tachibana,Tatsuo Nishina

    単著

  • Evaluation of Contact Resistance of Aluminum Current Collector Surfacesfor Energy Storage Systems,Electorochemistry,82(5) 328-330,2014年05月

    Chiaki HONDA,Shuto KIKUCHI,Tomoyuki ITO,Shinya ONODERA,Akio NAGAI,Tomohiro ITO,Kazuhiro TCHIBANA,Tatsuo NISHINA

    単著

  • Evaluation of glucose-linked nitroxide radicals for use as an in vivo spin-label probe,Spectrochimica Acta Part Part A:Molecular and Biomolecular Spectroscopy,,82(5) 322-327,2014年04月

    Shingo Sato,Masaki Yamagucjhi,Akio Nagai,Ryo Onuma,Misaki Saito,Rina Sugawara,Sayaka Shinohara,Eiko Okabe,Tomohiro Ito,Tateaki Ogata

    単著

  • 有機エネルギーデバイスの炭素材料選択指針を目指したin situ ESR 測定用好感度電気化学セルの開発,科学・技術研究,2013年11月

    伊藤智博,永井昭雄,立花和宏,緒方健明,仁科辰夫

    単著

  • Flow-based Biosensing System for Glucose Fabricated by Using Track-etched Microporous Membarande Electrodes,The Chemical Society of Japan,42(10) 1317-1319,2013年10月

    Hitoshi Nizuguchi,JunSakurai,Yuki Kinoshita,Masamitsu Iiyama,Tatsuro Kijima,Kazuhiro Tachibana,Tatsuo Nishina,Junichi Shiba

    単著

  • Detemination of Ultra-trace Mercury(Ⅱ) by Flow-injection/Anodic Stripping Voltammetry Using a Track-etched Microporous Membarande Electrode ,The Japan Society for Analytical Chemistry,2013年10月

    Hiroshi Mizuguchi,Kentaro Numata,Chiaki Monma,Masamitsu Iiyama,Kazuhiro Tachibana,Tatso Nishina,Junichi Shiba

    単著

  • リチウムイオン二次電池合材スラリーにバインダーとして使われるPVDFのNMP溶液の電気化学的挙動,科学・技術研究会,2(1) 69-74,2013年06月

    本田千秋,小野寺伸也,伊藤知之,小林卓臣,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,亀田恭男

    共著(国内のみ)

  • コンダクトメトリーによる有機化合物の簡便迅速な半導体物性評価,科学・技術研究,1(2) 123-126,2012年12月

    立花和宏,伊藤知之,加藤直貴,深瀬薫子,本田千秋,仁科辰夫,大場好弘

    単著

  • A dual-electrode flow sensor fabricated using track-etched microporous membranes,elsevier,2012年07月

    Hiroshi Mizuguchi,Kanako Shibuya,Azumi Fuse,Tomoko Hamada,Masamitsu Iiyama,Kazuhiro Tachibana,Tatsuo Nishina,Junichi Shiba

    単著

  • 科学と技術で夢を語る-呪縛からの解放-,科学・技術研究,1(1) 65-68,2012年06月

    立花和宏

    単著

  • 有機エネルギーデバイスの炭素材料選択指針を目指したin situ ESR 測定用好感度電気化学セルの開発,科学・技術研究,1(1) 39-42,2012年06月

    立花和宏,伊藤智博,仁科辰夫,永井明雄,尾形健明

    単著

  • Relationship between Dipole Moment of Organic Compound Impurity in Liquid Crystal Field and Leakage Current of Liquid Crystal Cell,Jpn. J. Appl. Phys,50(10) 10PG06,2011年10月

    Ikue Kaneko, Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Koichiro Yonetake, Yoshihiro Ohba

    共著(海外含む)

  • Relationship between Dipope Moment of Organic Compound Impurity in Liquid Crystal Field Leakage Current of Liquid Crystal Cell ,APPLIED PHYSICS,2011年10月

    Ikue Kaneko,Kazuhiro Tchibana,Tatsuo Nishina,Koichiro Yonetake,and Yoshihiro Ohba

    単著

  • Functionalized ionic liquids based on guanidinium cations with two ether groups as new electrolytes for lithium battery,Journal of Power Sources,196 10658-10666,2011年08月

    Yide Jin, Shaohua Fang, Li Yang, Shin-ichi Hirano, Kazuhiro Tachibana

    共著(海外含む)

  • リチウムイオン二次電池における精密塗布・乾燥技術,塗装工学,46(8) 248-252,2011年08月

    立花 和宏

    単著

  • Polymer electrolytes containing guanidinium-based polymeric ionic liquids for rechargeable lithium batteries,Journal of Power Sources,196 8662-8668,2011年07月

    Mingtao Li, Li Yang, Shaohua Fang, Siming Dong, Shin-ichi Hirano, Kazuhiro Tachibana

    共著(海外含む)

  • Functionalized ionic liquids based on quaternary ammonium cations with three or four ether groups as new electrolytes for lithium battery,Electrochimica Acta,56 4663-4671,2011年03月

    Shaohua Fang, Yide Jin, Li Yang, Shin-ichi Hirano, Kazuhiro Tachibana, Shingo Katayama

    共著(海外含む)

  • 鋳鉄鋳物における共晶最終凝固部の冷却速度と黒鉛組織,鋳造工学,83(1) 3-6,2011年01月

    川島 浩一 , 重野 勝利 , 立花 和宏

    共著(国内のみ)

  • One ether-functionalized guanidinium ionic liquid as new electrolyte for lithium battery,Journal of Power Sources,196 1433-1441,2010年08月

    Shaohua Fang, Yufeng Tang, Xingyao Tai, Li Yang, Kazuhiro Tachibana, Kouichi Kamijima

    共著(海外含む)

  • Applied voltage dependence of carbon radical in electric double layer capacitor measured by in situ ESR spectroscopy and ac cyclic voltammetry,Electrochemistry (in press),78(5) ,2010年05月

    Tomohiro ITO, Masakastu KOBAYASHI, Mayumi YOSHIDA, Tomohito SEKINE, Kazuhiro TACHIBANA, Tatsuo NISHINA and Tateaki OGATA

    共著(海外含む)

  • アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果,表面技術,61(4) 330-333,2010年04月

    金子 郁枝 , 柳沼 雅章 , 遠藤 淳一 , 立花 和宏 , 遠藤 孝志 , 仁科 辰夫 , 村山 勉

    共著(国内のみ)

  • アルミニウムの表面酸化被膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果,表面技術,61(4) 38-41,2010年

    立花和宏,金子郁枝,柳沼雅章,遠藤淳一,遠藤孝志,仁科辰夫,村山勉

    単著

  • Energy Storage Rubber: Lithium Ion Battery Assembly with LiMn2O4 and TiO2 as Electrode Materials,ITE-IBA Letters,1(1) 51-54,2008年01月

    K. Tate, K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo, T. Watanabe, and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Investigation of the anodic behavior of Al current collector in room temperature ionic liquid electrolytes,Electrochimica Acta,53 4764-4772,2008年01月

    Chengxin Peng, Li Yang, Zhengi Zhang, Kazuhiro Tachibana,Yong Yang, Shiyong Zhao

    共著(海外含む)

  • Ionic liquids based on guanidinium cations and TFSI anion as potential electrolytes,Electrochimica Acta (in press),2008年01月

    Shaohua Fang, Li Yang, Chao Wei, Chen Jiang,Kazuhiro Tachibana, Kouichi Kamijima

    共著(海外含む)

  • Asymmetrical dicationic ionic liquids based on both imidazolium and aliphatic ammonium as potential electrolyte additives applied to lithium secondary batteries,Electrochimica Acta,53 4833-4838,2008年01月

    'ZhengXi Zhang, HongYan Zhou, Li Yang, Kazuhiro Tachibana,

    共著(海外含む)

  • Evaluation of Defect Species in Niobium Oxide for Electrolytic Capacitors by ESR,ITE Letters,8(6) 697-699,2007年12月

    T.Takatsuka, et al.

    共著(海外含む)

  • Effect of ITE’s Organic Polymer Activator Amount on the Capacity Lifetime of Lead-acid Batteries for Electric Bike Use,ITE Letters,8(5) 519-525,2007年10月

    Y. Kozuka, T. Nomura, M. Yokoi, K. Tachibana, T. Nishina, A. Sato, M. Sugawara, and A. Kozawa

    共著(海外含む)

  • Effect of Metal Ions on Morphology of PbSO4 during Oxidation and Reduction of Pb in H2SO4 Solution,ITE Letters,8(5) 526-529,2007年10月

    Y. Kozuka, K. Tachibana, T. Nishina, A. Sato, M. Sugawara, and A. Kozawa

    共著(海外含む)

  • Effect of Soluble Organic Polymers on Morphology of PbSO4 Deposited on Pb and PbO2 Particles by Redox Reaction in H2SO4 Solution,ITE Letters ,8(4) 377-380,2007年09月

    Y. Hattori, M. Sugawara, K. Mori, K. Nakagawa, K. Tachibana, T. Nishina, K. Watanabe, and A. Kozawa

    共著(海外含む)

  • Low-viscosity and low melting point asymmetric trialkylsulfonium based ionic liquids as potential electrolytes,Electrochemistry Communications,2007(9) 2696-2702,2007年09月

    Shaohua Fang, Li Yang, Chao Wei, Chengxin Peng, Kazuhiro Tachibana, Kouichi Kamijima

    共著(海外含む)

  • Development of Energy Storage Rubber,Electrochemistry,75(8) 576-578,2007年08月

    S. Ohki, D. Hoshino, K. Tate, K. Tachibana, M. Sugawara, T. Nishina, and T. Watanabe

    共著(海外含む)

  • Effect of ITE’s Activators on Cycle Life of Lead-acid Batteries for Electric Bike,ITE Letters,8(4) 371-376,2007年08月

    Y. Kozuka, K. Tachibana, T. Nishina, A. Sato, M. Sugawara, and A. Kozawa

    共著(海外含む)

  • Anodic behavior of Al current collector in 1-alkyl-3-methylimidazolium bis[(trifluoromethyl)sulfonyl]amid ionic liquid electrolytes,Journal of Power Sources,173(7) 510-517,2007年07月

    C. Peng, L. Yang, Z. Zhang, K. Tachibana, and Y. Yang

    共著(海外含む)

  • 非水カソード材料とアルミニウム不働態皮膜のブレークダウン電位,立花和宏,58(6) 340,2007年06月

    立花和宏

    単著

  • Effect of Organic Polymers on Morphology of Electrode during Charge-Discharge of Lead-acid Batteries,ITE Letters,8(3) 221-224,2007年06月

    K. Nakagawa, K. Mori, K. Tachibana, T. Nishina, K. Watanabe, A. Kozawa, Y. Kozuka and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Breakdown Potential and Leakage Current of Aluminum in Ionic Liquids,ITE Letters 8(3): pp.225-229,8(3) 225-229,2007年06月

    Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina, L. Yang, T. Ogata and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Effect of Hydrophilic Conductive Polymers as Cathode Materials on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film,ITE Letters,8(3) 230-233,2007年06月

    K. Tachibana, H. Akamine, K. Tate, T. Endo, T. Nishina, and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Asymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Discharging as a Function of Crystal Structure of Cathode Active Materials for Lithium Secondary Batteries,ITE Letters,8(2) 124-128,2007年04月

    K. Tachibana, A. Hara, T. Nishina, T. Endo, and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Electrolytic Etching of Niobium Expand Metal in Organic Electrolyte,ITE Letters,8(1) 34-37,2007年01月

    K. Tachibana, Y. Goto, T. Nishina, and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Surface Morphology of Pb and PbO2 Electrode during Charge and Discharge in the Electrolyte Solution with Additives for Lead-Acid Batteries,J. Asian Electric Vehicles,5(2) 1043-1048,2007年01月

    M. Sugawara, K. Tachibana and A. Kozawa

    共著(海外含む)

  • Ionic liquids based on aliphatic tetraalkylammonium dications and TFSI anion as potential electrolytes,Journal of Power Sources,167(1) 217-222,2007年01月

    Z. Zhang, L. Yang, S. Luo, M. Tian, K. Tachibana, and K. Kamijima

    共著(海外含む)

  • Performance and Regeneration of Lead-acid Batteries and the Use of Battery Activator for Electric Wheel Chairs,J.Asian Electric Vehicles,5(1) 971-973,2007年01月

    M. Sugawara, H. Ogata, K. Nakagawa, K. Tachibana, T. Nishina, K. Watanabe, and A. Kozawa

    共著(海外含む)

  • Effect of Water Content on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film in Organic Electrolyte,ITE Letters,7(6) 517-574,2006年10月

    Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina, T. Ogata, and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Photocatalytic Activity of Hydroxyl Radical Formation on TiO2 Modified with Chromium Ion,ITE Letters,7(6) 575-578,2006年10月

    M. Sugawara, T. Noda, K. Tachibana, K. Watanabe, and T. Ogata

    共著(海外含む)

  • Oxidation of ITE's Organic Polymer Activator of Lead-Acid batteries on Cathode(共著),ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine(with News),7(4) 336-339,2006年07月

    K. Nakagawa, K. Tachibana, Y. Kozuka, M. Sugawara, and A. Kozawa

    共著(海外含む)

  • 固体電解コンデンサ用ニオブアノード酸化皮膜の自己修復に及ぼす二酸化マンガンと水分の影響(共著),Electrochem.,64(6) 487-490,2006年06月

    立花和宏,尾形健明 他

    共著(国内のみ)

  • 固体電解コンデンサ用ニオブアノード酸化皮膜の自己修復に及ぼす二酸化マンガンと水分の影響,Electrochem. ,74(6) 487-490,2006年06月

    田中良樹, 立花和宏, 遠藤孝志, 尾形健明, 仁科辰夫

    共著(国内のみ)

  • Effect of ITE's Activators on Performance of New Lead-acid Batteries for Cars in the Discharge at 90A,J.Asian Electric Vehicles,4(1) 895-898,2006年06月

    K. Nakagawa, K. Mori, K. Tachibana, T. Nishina, A. Kozawa, and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Design and Operation verification of Integraetd Battery Assembly Charger Using Cockcroft Walton Circuit,J.Asian Electric Vehicles,4(12) 953-955,2006年04月

    K. Tachibana, S. Tanaka, T. Nishina, T. Endo, T. Ogata, and M. Sugawara

    共著(海外含む)

  • Function of Indium in the Mixed ITE Activator for Lead-acid Batteries(共著),J.Asian Electric Vehicles,3(2) 811-813,2005年12月

    Kazuhiro Tachibana, Michio Sugawara 他

    共著(海外含む)

  • Function of Silver in the Mixed ITE Activator for Lead-acid Batteries,J.Asian Electric Vehicles,3(2) 819-821,2005年03月

    M. Sugawara, D. Aso, T. Nishina, K. Tachibana, and A. Kozawa

    共著(海外含む)

  • サイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点の抽出,山形大学紀要(工学)Vol.28, No.2,p.53-64,2005年02月

    立花 和宏,立花和宏、奥山澄雄、伊藤智博、仁科辰夫、尾形健明、亀田恭男、妹能晴弥、高橋国法、高田健次郎、猪狩惺、小沢昭弥、足立敏、延末憲三

    共著(海外含む)

  • 大学の教育と研究を支援する知識データベースシステム(共著),技術総合誌OHM,(4) 6-7,2004年04月

    立花和宏、奥山澄雄、他

    共著(国内のみ)

  • Architectures of Positive Electrodes for Rapid Charging/Discharging Performance of Lithium Ion Secondary Batteries,Electrochemistry , Vol.71, No.12, P.1226-1230,2003年12月

    立花 和宏,K.Tachibana, T.Tomonori, C. Kanno, T. Endo, T. Ogata, T. Simizu, S. Kohara, T. Nishina

    共著(海外含む)

  • New Production Process for Nano-Carbon Suspension Solution Using Isopropylalcohol for Lithium Batteries and Super Capacitors,ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne Vol.4, No.2, pp.39 -42,2003年08月

    立花 和宏,笹田M、森R, 池田章一郎, 前田M,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,小沢昭弥

    共著(海外含む)

  • Benefical Action of Complex Organic Polymer Activattors for Prevention of Deterioration or Regeneration of Deteriorated Lead-Acid batteries,ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne(with News) Vol.4, No.4, pp.424-431,2003年08月

    立花 和宏,菅原陸郎、立花和宏、小沢昭弥、山下正通、池田章一郎、R.J.Brodd

    共著(海外含む)

  • Summery of Lead-Acid battery Tests for Practical batteries in Thirty Companies in Japan,ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne(with News) Vol.4, No.4, pp.437-450,2003年08月

    立花 和宏,仁科辰夫、立花和宏、小沢昭弥、R. J. Brodd

    共著(海外含む)

  • Behavior of Dissoluved Antimony in Lead-Acid Battery Electrolyte and New Proposed Treatments,ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne(with News) Vol.4, No.4, pp.432-436,2003年08月

    立花 和宏,森陽一、立花和宏、池田正一郎、小沢昭弥、R. J. Brodd

    共著(海外含む)

  • Understanding the Passive Film on Aluminum Surface Coarted with Nano-Carbon(Ultra Fine Carbon) Particles,ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne(with News) Vol.4, No.4, pp.451-457,2003年08月

    立花 和宏,立花和宏、仁科辰夫、森陽一、池田章一郎、尾形健明、小沢昭弥、R. J. Brodd

    共著(海外含む)

  • ITE’s Proposed Starndard Tests for Deterroriated Lead-Acid batteries,ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne(with News) Vol.4, No.3, p.308-317,2003年08月

    立花 和宏,立花和宏、仁科辰夫、阿曽大輔、菅原陸郎、尾形健明、小沢昭弥

    共著(海外含む)

  • リチウムイオン二次電池用の正極集電体アルミニウムについて,東北大学博士学位論文(工第2060号),2003年03月

    立花 和宏,立花和宏

    共著(海外含む)

  • リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化,Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680,2001年09月

    立花 和宏,立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子

    共著(海外含む)

  • 山形大学シラバス処理システムの稼動状況の分析,山形大学紀要(工学),26(1) 53,2000年04月

    立花 和宏

    共著(海外含む)

  • リチウム二次電池の性能評価の標準化,山形大学紀要(工学), 26, No.1, p.25-32,2000年01月

    立花 和宏,松木健三、立花和宏、遠藤孝志、仁科辰夫

    共著(海外含む)

  • 実践的見地からのシラバスデータベース開発,山形大学紀要(工学),26, No.1, p.47-52,2000年01月

    立花 和宏,立花和宏、奥山澄雄、仁科辰夫、田中 敦、矢作 清、猿田和樹、平中幸雄

    共著(海外含む)

  • インピーダンス測定でわかることわからないこと,技術情報協会,71-77,2000年

    立花和宏

    単著

  • アルミニウム陽極酸化における定電圧印加時のリーク電流と定電流印加時の電位オーバーシュートの関係,Electrochemistry, Vol.67, No.7, pp.780-783,1999年07月

    立花 和宏,立花和宏,仁科辰夫,松木 健三

    共著(海外含む)

  • アジピン酸アンモニウム水溶液中における微小電極を用いたアルミニウム陽極酸化,Electrochemistry, Vol.67, No.7, pp.774-779,1999年07月

    立花 和宏,立花和宏, 仁科辰夫, 遠藤孝志, 松木健三

    共著(海外含む)

  • Proposal of An Accurate and Rapid International Electro-chemical Test for Various Battery Materials using T-M Cell (Part. 5): Discharging Kinetics of EMD in KOH aqueous so-lution.,ITE Battery Leters, Vol.1, No.1, pp.39-42,1999年04月

    立花 和宏,Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa

    共著(海外含む)

  • LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果,マテリアルインテグレーション, Vol.12, N. pp.35-42,1999年01月

    立花 和宏,松木健三、立花和宏

    共著(海外含む)

  • What Is the True Function of Carbon as a Conductive Additive for Primary and Secondary Batteries?,ITE Battery Letters, Vol. 1, No.1, pp.33-38 ,1999年01月

    立花 和宏,Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Takashi Endo, Kenzo Matsuki, and Akiya Kozawa

    共著(海外含む)

  • Effect of Hetero-contacts at Active Material Conductive Additives on Lithium Intercalation/Deintervalation of LiCoO2 ,Denki Kagaku, Vo.66, No.12, pp.1248-1252,1998年12月

    立花 和宏,Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Takashi Endo, and Kenzo Matsuki

    共著(海外含む)

  • The Function of Carbon As Conductive Agent for Primary and Secondary Batteries,Progress in Batteries & Battery Materials,17 242,1998年04月

    立花 和宏

    共著(海外含む)

  • Charge-discharge characteristics of LiMn<sub>2</sub>O<sub>4</sub> as the cathode for lithium secondary battery-effect of cathode particle size-,Progress in Batteries & Battery Materials,17 273,1998年04月

    立花 和宏

    共著(海外含む)

  • Propozal for an accurate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(PART.2):Rechargeability of EMD containing Bi2O3 in KOH,Progress in Batteries & Battery Materials, V.17, N., pp.245-255,1998年01月

    立花 和宏,Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa

    共著(海外含む)

  • Propozal for an accurate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(PART.4): SEM observation of LiMn2O4 positive electrode(JEC No.3) before and after the charging/discharging test in organic electrolyte,Progress in Batteries & Battery Materials, V.17, N., pp.265-272,1998年01月

    立花 和宏,Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa

    共著(海外含む)

  • Development of In situ a.c.impedance measuremet system under constant-current conditions and its application to galvanostatic discharge of electrolytic manganese dioxide in alkaline solutionJournal of Power Sources,74,29(1998),Journal of Power Sources, Vol.74, N., pp.29-33,1998年01月

    立花 和宏,K.Tachibana and K.Matsuki

    共著(海外含む)

  • Propozal for an accurate and rapid international electrochemical...(PART.3):The charging/discharging characteristics of LiMn2O4 as the cathode for Lithium secondary battery The effect of combination of current collector and electrolyte,Progress in Batteries & Battery Materials, V.17, N., pp.256-264,1998年01月

    立花 和宏,Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa

    共著(海外含む)

  • Proposal for an accrate and rapid international electrochemical test for various battery materials using T-M cell(Part.1):Test results EMD in KOH and LiMn2O4 in organic electrolyte,Progress in Batteries & Battery Materials, V.16, N.0, pp.322-331,1997年01月

    立花 和宏,立花和宏,松木健三,小沢昭弥

    共著(海外含む)

  • アルミニウム陽極酸化時の高電圧領域における挙動,表面技術, Vol.44, No.12, pp.146-147,1993年01月

    立花 和宏,立花和宏,松木健三

    共著(海外含む)

  • 電気化学とコンピュータ,電気化学, Vol.61, No.1, pp.120-122,1993年01月

    立花 和宏,立花和宏

    共著(海外含む)

  • A simple galvanostat for discharge test of lithium cells,Progress in Batteries & Battery Materials, Vol.12, , pp.171-178,1993年01月

    立花 和宏,立花和宏, 菅原陸郎, 松木健三

    共著(海外含む)

  • STUDY ON MOIRE BETWEEN SCREEN AND PANEL STRUCTURE IN A LCD REAR PROJECTOR FOR HDTV,International Display Reserch Conference Proc. V. N. pp.143-146,1991年10月

    立花 和宏,Kazuhiro Tachibana , Akira Izawa, Atsushi Katoh, Minori Yokozawa

    共著(海外含む)

  • 塩酸中におけるアルミニウムの分極に及ぼす硫酸イオンの影響,電気化学,Vol.40, No.1, p.156-157,1989年01月

    立花 和宏,松木健三,立花和宏,菅原陸郎,船越明,菅沼栄一

    共著(海外含む)

  • 塩酸中におけるアルミニウム交流エッチングのサイクリッククロノポテンショメトリーによる検討,金属表面技術, Vol.39, No.12, pp.796-802,1988年01月

    立花 和宏,松木健三,立花和宏,菅原陸郎,船越明,菅沼栄一

    共著(海外含む)

  • 塩酸中におけるアルミニウムの交流エッチングの分極挙動,金属表面技術, Vol.38, No.6, pp.246-250,1987年06月

    立花 和宏,松木健三,立花和宏,船越明,菅沼栄一

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • 電池の回収・リユース・リサイクルの動向 およびそのための評価・診断・認証,㈱シーエムシー・リサーチ,2023年04月

    立花 和宏

  • 二次電池の材料に関する最新技術開発,技術情報協会,2022年06月

    坂井徹、伊藤智博、立花和宏

  • EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場,シーエムシー・リサーチ,2017年05月

    伊藤智博,立花和宏

  • エレクトロニクス分野における塗布・乾燥技術(共著),技術情報協会,2006年06月

    立花和宏、技術情報協会

  • 大容量キャパシタ技術と材料Ⅲ,シーエムシー出版株式会社,2006年01月

    立花和宏、シーエムシー出版株式会社

  • 表面処理工学 -基礎と応用-,日刊工業新聞社,2003年01月

    立花和宏、日刊工業新聞社

  • 表面処理工学-基礎と応用-,xxxxx,2000年01月

    立花 和宏,表面技術協会編

  • 検証・ヒトが招いた地球の危機,講談社,ブルーバックス(1995),講談社,ブルーバックス,1995年01月

    立花 和宏,講談社,ブルーバックス

全件表示 >>

工業所有権

  • 特許,特許特願2016-144932リチウムイオン電池,立花 和宏,春山 泰三,伊藤 智博

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2016-018645リチウムイオン二次電池用正極材及びその製造方法,立花 和宏,五十嵐弘,松村孝之,桜本裕二,萩原義之,坂井徹

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2013-248974鉄分の検出方法とその検出方法により管理された炭素材料含有スラリー及びリチウムイオン電池の製造方法,立花 和宏,春山 泰三,伊藤 知之

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2012-260631カーボンナノチューブを用いたスラリー及びリチウムイオン電池,立花 和宏,春山 泰三,北側 卓也,山本 泰弘

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2009-291207非水電解液系エネルギーデバイス電極用バインダ樹脂組成物、非水電解液系エネルギーデバイス電極及び非水電解液系エネルギーデバイス,立花 和宏,沼田 俊一,上島 浩一,柳沼 雅章,仁科 辰夫,遠藤 孝志

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2009-269377電極スラリーの乾燥方法,立花 和宏,仁科 辰夫,柳沼 雅章,佐藤 史人,川村 直哉

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2009-217539液晶場をプローブとした電池活物質及び導電助剤と溶媒に関わる表面特性評価法およびそれに用いられる評価装置,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2008-270498デジタルペンのフォーム管理システム,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2007-297435リチウムイオン二次電池,立花 和宏,仁科 辰夫,星野 大助,舘 謙太,大木 信典,遠藤 孝志,渡邊 剛,安積 麻未,松下 卓史

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2007-254611参加チタンを混練した蓄電性ゴム及びそれを用いたリチウムイオン電池,立花 和宏,舘 謙太,仁科 辰夫,遠藤 孝志,渡邊 剛,安積 麻未,松下 卓史

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2007-253715手書き情報システム,立花 和宏,伊藤 智博

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2007-297435液晶物性評価装置,立花 和宏,竹本 博文

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,組み電池の充電回路について,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2005-330111電池充電回路及び電気装置,立花 和宏,仁科 辰夫,田中 智

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2005-288140イオン性液体をd年改易として使用したアルミニウム電解コンデンサ、電解コンデンサ用アルミニウム電極箔及びそのアルミニウム電極箔の製造方法,立花 和宏,仁科 辰夫,楊 立,田中 良樹,阿部 智幸

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許出願2005-330465蓄電性ゴム並びにそれを用いた電気二重層キャパシタ及びリチウム電池,立花 和宏,立花和宏、ほか

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2004-097209固体電解質コンデンサおよびその製造方法,立花 和宏,尾形 健明,仁科 辰夫,遠藤 孝志,田中 良樹,伊藤 晋

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2004-056767固体電解コンデンサ,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2003-185839固体電解コンデンサ用バブルメタル焼結体とその製造方法およびこの焼結体を用いた固体電解コンデンサ,立花 和宏,尾形 健明,仁科 辰夫,遠藤 孝志,岡田 和正

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2002-266007 陽極酸化皮膜の評価方法,立花 和宏,立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、岡田和正

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2002-217221 非水電解質リチウム二次電池,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2002-123153 非水電解質リチウム二次電池及びその製造方法,立花 和宏,立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2002-123266 アノード電解によるジルコニウムとハフニウムの分離方法,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2002-123270 局部腐食センサ、及び同局部腐食センサを使用した局部腐食検出方法並びに局部腐食検出装置,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2001-286665 非水溶液電解液二次電池,立花 和宏,立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、坂本裕輔、松橋大輔、韮澤祐司、鈴木雄一

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2001-261247 タンタル又はニオブ材料の粗面化方法,立花 和宏,立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、坂本裕輔、松橋大輔、韮澤祐司、鈴木雄一

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2001-51689 非水溶液を用いたリチウム二次電池,立花 和宏,立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、佐藤幸裕、藤原徹、鈴木智統

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許特願2001-135581 リチウム二次電池および電気二重層キャパシタ,立花 和宏,立花和宏、仁科辰夫、小沢昭弥

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許出願平03-301164 特許公開平05-113346 計測システム,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

  • 特許,特許出願平03-274738 特許公開平05-088265 プロジエクシヨンスクリーン及びその製造方法,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,特許出願平03-270133 特許公開平05-080421 特許3222508 プロジエクシヨンスクリーン,立花 和宏

    出願番号( 0 ) ,日本国

全件表示 >>

共同研究実施実績

  • 汚泥(スラッジ)抑制のためのカーボンナノチューブを用いた研究(NF),2015年08月 ~ 2016年03月,日本フィルター,学内共同研究

  • 資源有効活用のためのデータベース構築に関する研究,2011年04月 ~ 2012年03月,ショーワ,学内共同研究

  • 電気二重層キャパシタ用アンダーコートの高信頼性化に関する研究,2010年10月 ~ 2011年04月,フジクラ化成,国内共同研究

研究発表

  • 電気化学会第90回大会,国際会議,2023年03月,電気化学的に見た粘土分散液ゲルの酸化還元作用の可能性,口頭発表(一般)

  • 2022年 電気化学秋季大会,国内会議,2022年09月,粘土分散液のゲル電解質としてのアルミニウム電池への応用,口頭発表(一般)

  • 2022年 電気化学秋季大会,国内会議,2022年09月,炭素材料の接触によるリチウムイオン二次電池正極材料の電気抵抗の変化,口頭発表(一般)

  • 第145回講演大会,国内会議,2022年03月,粘土分散液中における各種金属の表面変化,口頭発表(一般)

  • 第145回講演大会,国内会議,2022年03月,電池活物質表面の空間電荷層が集電体との接触抵抗に及ぼす効果,口頭発表(一般)

  • 第61回電池討論会,国内会議,2020年11月,名古屋大学(オンライン),粘土/水分散液を担持した電極での電池正極材料の充放電,口頭発表(一般)

  • 第61回電池討論会,国内会議,2020年11月,名古屋大学(オンライン),セル通電に伴う粘土/水分散液による電極冷却,口頭発表(一般)

  • 平成31年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形県山形市,NMPに溶解した高分子材料の偏光板を使った配向状態観察,ポスター発表

  • 平成31年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形県山形市,塗工材料乾燥中におけるインピーダンスの変化を観察するためのセル開発,ポスター発表

  • 平成31年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形県山形市,高電圧印加による極性溶媒の劣化現象解析,ポスター発表

  • 平成31年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形県山形市,高速充放電対応型マンガン酸リチウムの高速特性の要因解析,ポスター発表

  • 平成31年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形県山形市,水系電解液中の分極状況におけるマンガンイオン溶出量とマンガン酸リチウムの粒径との関係,ポスター発表

  • 平成31年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形県山形市,アルミニウム固体電解コンデンサーにおける酸化被膜と陰極材料の接触状態が耐電圧に及ぼす影響,ポスター発表

  • 2019年電気化学秋季大会 ,国内会議,2019年09月,山梨大学,ポリスチレンスルホン酸の分子配向とアルミ固体電解コンデンサにおける耐電圧の向上性,口頭発表(一般)

  • 2019年電気化学秋季大会 ,国内会議,2019年09月,山梨大学,粘土材料の液晶化による電気的配向現象におけるエネルギーデバイスとしての可能性,口頭発表(一般)

  • 第59回電池討論会,国内会議,2018年11月,大阪府立国際会議場,交流インピーダンス法によるかつ物質表面極性の評価,口頭発表(一般)

  • 軽金属学会第135回秋季大会,国内会議,2018年11月,芝浦工業大学豊洲キャンパス,炭素担持アルミニウム箔を陰極に使った導電性高分子個体電解コンデンサ特性の基礎的検討,口頭発表(一般)

  • 2018年電気化学秋季大会,国内会議,2018年09月,金沢大学角間キャンパス,高導電化剤の浸透に伴う導電性高分子のインピーダンス変化,口頭発表(一般)

  • 平成30年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,粘土分散液中の粘土粒子とその乾燥後の構造解析,口頭発表(一般)

  • 平成30年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,人工知能を利用した実験結果の画像認識と学習教材データベースに関 する研究,口頭発表(一般)

  • 平成30年度 化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,有限要素法による活物質と電池材料との導電ネットワーク解析,口頭発表(一般)

  • 表面技術協会第138会講演大会,国内会議,2018年09月,北海道科学大学,導電性高分子アルミ固体電解コンデンサの漏れ電流に影響を及ぼす要因について,口頭発表(一般)

  • 第58回電池討論会,国内会議,2017年11月,福岡国際会議場,2段分布定数回路をモデルとしたリチウムイオン二次電池のインピーダンス応答関数の導出,口頭発表(一般)

  • 第58回電池討論会,国内会議,2017年11月,福岡国際会議場,3DCADを使った合材電極設計と有限要素法を使った状態分布解析,口頭発表(一般)

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,水系電解液中におけるナノ一次粒子マンガン酸リチウムの電気的性質,口頭発表(一般)

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,伝導性高分子とアルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流の変化,口頭発表(一般)

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,蓄電デバイスのための複数炭素材料を使った電極の設計,口頭発表(一般)

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,バイオマス発電で排出される有価物の利用方法に関する研究,口頭発表(一般)

  • 一般社団法人表面技術協会 第136回公演大会(金沢工業大学),国内会議,2017年09月,アルミニウムアノード酸化被膜の厚みから調べて導電性高分子材料の電気的特性,口頭発表(一般)

  • 2017年電気化学秋季大会/第62回科学センサ研究発表会,国内会議,2017年09月,水系電解液による酸素発生とリチウムイオン二次電池正極活物質の関係,口頭発表(一般)

  • 金属のアノード酸化皮膜の機能化部会,国内会議,2016年10月,伊豆山研修センター,2V級水系リチウム電池における正極集電体金属酸化皮膜とバインダーの関係,口頭発表(一般)

  • 金属のアノード酸化皮膜の機能化部会,国内会議,2016年10月,伊豆山研修センター,アノード酸化高電場機構ホッピングモデル教材の作成,口頭発表(一般)

  • 金属のアノード酸化皮膜の機能化部会,国内会議,2016年10月,伊豆山研修センター,アルミニウムアノード酸化被膜に粘土鉱物が接触した時の電気化学的挙動,口頭発表(一般)

  • PRIME2016,国際会議,2016年10月,ハワイコンベンションセンター,Investigation of the High-Rate Recharging Mechanism in LiMn2O2 By Primary Particle Analysis,口頭発表(一般)

  • PRIME2016,国際会議,2016年10月,ハワイコンベンションセンター,The Effect on the Reaction Rate By the Binder Contact with the Cathode Active Material for 2V Class Water Based Lithium ION Battery,口頭発表(一般)

  • PRiME2016,国際会議,2016年10月,ハワイコンベンションセンター(ハワイ州ホノルル),Study of the aluminum anode oxide film and cathode material interface of conductive polymer aluminum solid electrolytic capacitor,口頭発表(一般)

  • PRiME2016,国際会議,2016年10月,ハワイコンベンションセンター(ハワイ州ホノルル),The Effect on the Reaction Rate by the Binder Contact with the Cathode Active Material for 2V Class Water based Lithium Ion Battery.,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,高速充電マンガン酸リチウム電池に使うスラリー電極の最適設計,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,誘電性高分子分散液の乾燥条件と残留水分が個体アルミ電解コンデンサの性能に与える影響,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,2V級水素リチウムイオン電池の正極におけるバインダーの機能評価,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,粘土鉱物分散水溶性ゲルを使用した電池のアルミニウム酸化被膜の抵抗低減のメカニズム,口頭発表(一般)

  • セミコンファレンス・第28回東北若手の会,国内会議,2015年12月,花巻温泉 ホテル千秋閣,M2M通信技術によるIoTに注目した電池関しシステムの開発および電気化学測定,口頭発表(一般)

  • セミコンファレンス・第28回東北若手の会,国内会議,2015年12月,花巻温泉 ホテル千秋閣,IoTを駆使した鉛電池の劣化メカニズムの推定とバッテリーマネジメントシステムの最適化,口頭発表(一般)

  • セミコンファレンス・第28回東北若手の会,国内会議,2015年12月,花巻温泉 ホテル千秋閣,リチウムイオン二次電池正極活物質の表面殿下が活物質内部のリチウム移動速度に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • セミコンファレンス・第28回東北若手の会,国内会議,2015年12月,花巻温泉 ホテル千秋閣,2V級水系リチウム電池の充電過程における競合反応について,口頭発表(一般)

  • セミコンファレンス・第28回東北若手の会,国内会議,2015年12月,花巻温泉 ホテル千秋閣,導電性高分子の接触がアルミニウムのアノード酸化皮膜の空間電荷層に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 電気討論会,国内会議,2015年11月,愛知県産業労働センター,Development of the battery manegement system focusing on IoT by using machine-to-machine communication,口頭発表(一般)

  • ARS姫路コンファレンス,国内会議,2015年11月,ニューサンピア姫路ゆめさき,導電性高分子アルミ個体電解コンデンサの等価回路について,口頭発表(一般)

  • ARS姫路コンファレンス,国内会議,2015年11月,ニューサンピア姫路ゆめさき,アルミニウムアノード酸化皮膜を使ったリチウム電池正極活物質の表面極性の簡便迅速評価,口頭発表(一般)

  • ARS姫路コンファレンス,国内会議,2015年11月,ニューサンピア姫路ゆめさき,2V級リチウム電池の内部抵抗に正極集電体金属酸化皮膜が及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月,リチウムイオン二次電池用の正極集電体アルミニウムと電極合材の接触抵抗,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月,機器分析によるマンガン酸リチウムの固体表面極性の評価と電池性能,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月,2V級水系リチウム電池の正極集電体の接触状態と性能の関係,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月,炭素材料を使ったアルミニウムアノード酸化皮膜の絶縁性に対するカソード材料の影響評価,口頭発表(一般)

  • 電気化学秋季大会,国内会議,2015年09月,埼玉工業大学,炭素材料を活用した活物質表面電荷の静電遮蔽がリチウムイオン二次電池の合材とアルミニウム集電体間接触抵抗に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 電池討論会,国内会議,2014年11月,国立京都国際会館,合材スラリー中で活物質を炭素材料で被覆することによるアルミニウム集電体-合材間 接触抵抗の低減 ,口頭発表(一般)

  • 電池討論会,国内会議,2014年11月,国立京都国際会館,交流インピーダンス法による合材スラリーの構造解析とそれがリチウム電池内部抵抗に 及ぼす影響 ,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会 東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学工学部,LCRメーターと水系電解液によるリチウム電池用電極の接触抵抗簡便評価,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会 東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学工学部,リチウム電池正極活物質が含まれる高粘性炭素材料スラリーの組成に対する粘度変化にその活物質の種類が及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 電気化学会,国内会議,2014年03月,関西大学千里山キャンパス,炭素誘電助剤分散用高分子化合物がリチウムイオン二次電池の劣化に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 電気化学会,国内会議,2014年03月,関西大学千里山キャンパス,リチウムイオン二次電池用バインダーの種類が活物質と導電助剤の粒子間の接触抵抗に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 表面技術協会,国内会議,2014年03月,東京理科大学 野田キャンパス,リチウムイオン二次電池電解液中に溶解した鉄の負極集電体への析出とセパレーター貫通による化学短絡,口頭発表(一般)

  • 表面技術協会,国内会議,2014年03月,東京理科大学 野田キャンパス,リチウムイオン二次電池におけるカーボンナノチューブアンダーコートの接触抵抗低減と反応抵抗造材のトレードオフ,口頭発表(一般)

  • 炭素材料学会,国際会議,2013年12月,京都教育文化センター,交流インピーダンス測定によるリチウムイオン二次電池の合材スラリーの分散安定性モニタリング,口頭発表(一般)

  • 炭素材料学会,国内会議,2013年12月,京都教育文化センター,炭素中心ラジカルを指標としたリチウムイオン二次電池材料分析,口頭発表(一般)

  • 炭素材料学会,国内会議,2013年12月,京都教育文化センター,リチウムイオン二次電池充放電時の炭素材料中の異物金属粒子の溶解と析出による化学短絡,口頭発表(一般)

  • ARS弘前コンファレンス 金属のアノード酸化皮膜の機能化部会,国内会議,2013年11月,弘前パークホテル,リチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗にPVDFバインダーの溶媒膨潤性が及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • ARS弘前コンファレンス 金属のアノード酸化皮膜の機能化部会,国内会議,2013年11月,弘前パークホテル,リチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗に対するCNTアンダーコートの効果,口頭発表(一般)

  • ARS弘前コンファレンス 金属のアノード酸化皮膜の機能化部会,国内会議,2013年11月,弘前パークホテル,リチウムイオン二次電池の集電体アルミニウムと活材層の接触抵抗にスラリー中の異物金属粒子が及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 電子スピンサイエンス学会,国内会議,2013年10月,さいたま市大宮ソニック市民ホール,ラジカルを指標としたマンガン酸リチウムの表面の特性評価の可能性,口頭発表(一般)

  • 第54回電池討論会,国内会議,2013年10月,大阪国際会議場,リチウムイオン二次電池の電極塗工時に用いるバインダーの種類がアルミニウム集電体と合材の接触抵抗に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2013年09月,東北大学川内北キャンパス,電解液に含まれる不純物イオンが電池反応に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2013年09月,東北大学川内北キャンパス,eラーニングシステムを活用した教育機関における化学物質管理,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2013年09月,東北大学川内北キャンパス,リチウム電池用電解液のスパークによる引火点の簡易測定に関する研究,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会 東北大会,国内会議,2013年09月,東北大学川内北キャンパス,急速充放電可能なマンガン酸リチウムの表面分析,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2013年09月,東北大学川内北キャンパス,集電体アルミニウムのアルカリ耐食性に及ぼす水系バインダーの影響,口頭発表(一般)

  • 化学系学協会東北大会,国内会議,2013年09月,東北大学川内北キャンパス,集電体アルミニウムのアルカリ耐食性に及ぼす水系バインダーの影響,口頭発表(一般)

  • 2011年電気化学秋季大会,国内会議,2011年09月,導電助材の混練による正極活物質の結晶構造変化と電池性能,口頭発表(一般)

  • 電気化学会第78回大会,国内会議,2011年03月,リチウム電池のサイクル特性向上のための材料混合の順序とバインダーの選択,口頭発表(一般)

  • 電気化学会第78回大会,国内会議,2011年03月,トラックエッチ膜フィルターを母体とする高性能二重電極の開発,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動

  • 超薄肉鋳鉄製羽釜・かまど「内匠」の開発 -次世代へ伝えたい「和食;日本人の伝統的な食文化」の担い手としてー,2017年12月

  • A Triple-Electrode Based Dual-Biosensor System Utilizing Track-Etched Microporous Member Electrodes for the Simultaneous Determination of L-Lactate and D-Glucose,2017年12月

  • リチウムイオン二次電池における電極構造の基礎と電極スラリーの設計法~電極と電池性能の関係から二次電池のパワーマネジメントまで~,2017年06月

  • リチウムイオン二次電池における電極構造の基礎と電極スラリーの設計法~電極構造と電池性能の関係から二次電池のパワーマネジメントまで~,2016年04月

  • リチウムイオン二次電池における電極構造の基礎と電極スラリーの設計法~電極構造と電池性能の関係から二次電池のパワーマネジメントまで~,2015年10月

  • 電気化学測定法の基礎固めと蓄電デバイスへの適応,2015年05月

  • LiBのインピーダンス測定による解析法ー低温環境下でのインピーダンス測定による解析法ー,2015年01月

  • 電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム,2014年11月

  • 電池技術者のための電気化学の基礎と重要なポイント,2014年10月

  • LiBのインピーダンス測定による解析法-低温環境下でのインピーダンス測定による解析法-,2014年01月

  • 電極/電解液海面の劣化現象とそのメカニズム,2013年11月

  • リチウム電池正極用アルミ集電体の要求特性及びその表面加工技術,2013年05月

  • リチウムイオン二次電池における電極スラリーの調製と塗布・乾燥技術~電極構造と電池性能への影響~,2013年04月

  • リチウムイオン電池の電極操作の基礎とスラリーの調整/分散・乾燥技術,2012年08月

  • リチウムイオン二次電池の分解とセル・部材の劣化解析,2012年04月

  • ケーブルテレビNCV番組製作:ピカッとさいえんす「カメラとレンズ」,2012年01月 ~ 2012年02月

  • ケーブルテレビNCV番組製作:ピカッとさいえんす「印刷技術」,2011年11月 ~ 2011年12月

  • ケーブルテレビNCV番組製作:ピカッとさいえんす「電気と磁石の深~い関係」,2011年08月 ~ 2011年09月

  • 簡単にできる!リチウム電池のインピーダンス測定とその解析,2011年08月

  • ケーブルテレビNCV番組製作:ピカッとさいえんす「放射線と節電」,2011年05月 ~ 2011年06月

  • 電極・電解質の界面における劣化現象と制御技術,2011年05月

  • リチウムイオン電池技術者のための電気化学の基礎と重要なポイント,2011年04月

  • リチウムイオン二次電池における生産,製造技術の実際,2011年01月

  • 電極/電解液界面の劣化現象とそのメカニズム,2010年12月

  • リチウムイオン二次電池用正極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,2010年08月

  • リチウムイオン電池技術者のための電気化学の基礎と重要なポイント,2010年07月

  • リチウムイオン二次電池用正極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,2010年04月

  • 電気化学から見たリチウムイオン電池の材料設計,2009年12月

  • 電極/電解質の界面メカニズムと制御技術,2009年08月

  • 電極/電解質の界面メカニズムと制御技術,2009年08月

  • 電極構造の理解とスラリーの調整およびインピーダンス測定の基礎,2009年06月

  • リチウム二次電池における電極スラリーの調整と塗布技術,2009年04月

  • リチウムイオン二次電池用正極スラリーの調整と塗布・乾燥と電極動作の理解,2008年12月

  • 電気化学におけるインピーダンスの測定・解析~基礎から応用まで~,2008年09月

  • 電池材料開発者のための電気化学インピーダンス測定,2008年06月

  • 電池材料開発者のための電気化学インピーダンス測定,2008年02月

  • 電気化学におけるインピーダンスの測定法・解析の基礎・応用【演習付き】,2007年10月

  • 大容量キャパシタにおける要求される機能と構成部材・評価方法,2007年08月

  • 自動車用リチウムイオン二次電池における新規材料の開発とおよび安全性・信頼性向上,2007年06月

  • リチウム二次電池における「正極材料」の開発と高性能,2007年03月

  • リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面,2007年02月

  • リチウムイオン二次電池の正極構造と性能評価,2006年12月

  • 各種車載用電池の最新トレンド技術と応用展開,2006年08月

  • タンタル・ニオブアノード酸化被膜の表面欠陥および修復について,2006年03月

  • タンタル・ニオブアード酸化被膜の表面欠陥および修復について,2005年10月

  • 高分子コンデンサの低ESR化およびアノード酸化被膜の表面欠陥対策,2005年01月

  • リチウムイオン二次電池の正極構造と電池性能,2004年03月

  • リチウム二次電池用水系バインダーんの作用機構と選択・使用法,2001年06月 ~ 2011年06月

全件表示 >>

相談に応じられる分野