基本情報

写真a

林 昌浩

HAYASHI Masahiro


研究室FAX

023-628-5364

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 皮膚科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部

    1998年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学系研究科

    博士課程,2002年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2002年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 山形県立日本海病院,職員(医療系),2002年05月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本皮膚科学会

  • 日本皮膚悪性腫瘍学会

  • 日本熱傷学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 悪性黒色腫の新規バイオマーカーに関する機能解析
    自己免疫性白斑の疾患感受性遺伝子の機能解析

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 皮膚悪性腫瘍の遺伝子異常について,1999年05月 ~ 2002年03月

    皮膚悪性腫瘍 遺伝子異常

論文 【 表示 / 非表示

  • 粉瘤から発生したと考えた顔面の有棘細胞癌―症例報告ならびに本邦報告例と海外報告例のまとめ―,日本皮膚科学会雑誌,131(1) 79-85,2021年

    永谷 圭, 林 昌浩, 矢口 順子, 岡村 賢, 齊藤 亨, 角田 孝彦, 鈴木 民夫

    単著

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines-6: Guidelines for the management of burns, second edition,JOURNAL OF DERMATOLOGY,47(11) 1207-1235,2020年11月

    Yoshino Yuichiro, Hashimoto Akira, Ikegami Ryuta, Irisawa Ryokichi, Kanoh Hiroyuki, Sakurai Eiichi, Nakanishi Takeshi, Maekawa Takeo, Tachibana Takao, Amano Masahiro, Hayashi Masahiro, Ishii Takayuki,...

    単著

  • Genome-wide association study identifies CDH13 as a susceptibility gene for rhododendrol-induced leukoderma,PIGMENT CELL & MELANOMA RESEARCH,33(6) 826-833,2020年11月

    Okamura Ken, Abe Yuko, Naka Izumi, Ohashi Jun, Yagami Akiko, Matsunaga Kayoko, Kobayashi Yui, Fukai Kazuyoshi, Tanemura Atsushi, Katayama Ichiro, Masui Yukiko, Ito Akiko, Yamashita Toshiharu, Nagai Hi...

    単著

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines-4: Guidelines for the management of connective tissue disease/vasculitis-associated skin ulcers,JOURNAL OF DERMATOLOGY,47(10) 1071-1109,2020年10月

    Fujimoto Manabu, Asai Jun, Asano Yoshihide, Ishii Takayuki, Iwata Yohei, Kawakami Tamihiro, Kodera Masanari, Abe Masatoshi, Amano Masahiro, Ikegami Ryuta, Isei Taiki, Isogai Zenzo, Ito Takaaki, Inoue ...

    単著

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines-1: Guidelines for wounds in general, second edition,JOURNAL OF DERMATOLOGY,47(8) 807-833,2020年08月

    Hasegawa Minoru, Inoue Yuji, Kaneko Sakae, Kanoh Hiroyuki, Shintani Yoichi, Tsujita Jun, Fujita Hideki, Motegi Sei-ichiro, Le Pavoux Andres, Asai Jun, Asano Yoshihide, Abe Masatoshi, Amano Masahiro, I...

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 皮膚疾患患者・家族のためのより良いコミュニケーションのために「白斑」,メディカルレビュー社,2016年

    林 昌浩

  • 日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE2016-2017、Ⅺ.皮膚科疾患、6)熱傷。,メディカルレビュー社,2016年

    林 昌浩、川口雅一

  • 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット12。新しい創傷治療のすべて 褥瘡・熱傷・皮膚潰瘍。古江増隆、尹浩信 編,中山書店,2013年

    林 昌浩、川口雅一

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines: 6: Guidelines for the management of burns, second edition(和訳中),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,47(11) 1207-1235,2020年11月

    Yoshino Yuichiro, Hashimoto Akira, Ikegami Ryuta, Irisawa Ryokichi, Kanoh Hiroyuki, Sakurai Eiichi, Nakanishi Takeshi, Maekawa Takeo, Tachibana Takao, Amano Masahiro, Hayashi Masahiro, Ishii Takayuki,...

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines-4:Guidelines for the management of connective tissue disease/vasculitis-associated skin ulcers(和訳中),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,47(10) 1071-1109,2020年10月

    Fujimoto Manabu, Asai Jun, Asano Yoshihide, Ishii Takayuki, Iwata Yohei, Kawakami Tamihiro, Kodera Masanari, Abe Masatoshi, Amano Masahiro, Ikegami Ryuta, Isei Taiki, Isogai Zenzo, Ito Takaaki, Inoue ...

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines: 2: Guidelines for the diagnosis and treatment of pressure ulcers, second edition(和訳中),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,47(9) 929-978,2020年09月

    Fujiwara Hiroshi, Isogai Zenzo, Irisawa Ryokichi, Otsuka Masaki, Kadono Takafumi, Koga Monji, Hirosaki Kuninori, Asai Jun, Asano Yoshihide, Abe Masatoshi, Amano Masahiro, Ikegami Ryuta, Ishii Takayuki...

  • Japanese case of Papillon-Lefevre syndrome with novel compound heterozygous mutations(和訳中),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,47(8) e293-e295,2020年08月

    Hayashi Masahiro, Nakano Hajime, Sawamura Daisuke, Suzuki Tamio

  • Wound, pressure ulcer and burn guidelines: 1: Guidelines for wounds in general, second edition(和訳中),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,47(8) 807-833,2020年08月

    Hasegawa Minoru, Inoue Yuji, Kaneko Sakae, Kanoh Hiroyuki, Shintani Yoichi, Tsujita Jun, Fujita Hideki, Motegi Sei-ichiro, Le Pavoux Andres, Asai Jun, Asano Yoshihide, Abe Masatoshi, Amano Masahiro, I...

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,尋常性白斑の病態へのHLA-Aの関与とその発現調節機構の解明

  • 基盤研究(C),2017年 ~ 2019年,尋常性白斑の病態へのHLA-Aの関与とその発現調節機構の解明

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • リディアオリリー記念ピアス皮膚科学振興財団 平成29年度 公募課題研究助成金,2017年 ~ 継続中,悪性黒色腫の病態、進展に関与するFOX遺伝子ファミリーの機能解析

    民間財団等

  • 公益社団法人 平成28年度 日本皮膚科学会 基礎医学研究費(資生堂寄付),2016年04月 ~ 継続中,悪性黒色腫の臨床病理学的パラメーターに相関する新規バイオマーカーの機能解析

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2020年11月,局所温熱療法とテルビナフィン内服が奏功したCladophialophora boppiiによる黒色菌糸症の1例,その他

  • 西日本皮膚科,国際会議,2020年06月,Adalimumabで加療した化膿性汗腺炎と壊疽性膿皮症の合併例,その他

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2020年05月,創傷・褥瘡・熱傷〜専門医に欠かせないガイドラインの知識〜 ガイドラインに沿った熱傷診療の基本とupdate,その他

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2020年05月,末端黒子型悪性黒色腫におけるNUAK2およびp-Akt(S473)の発現と予後に関する検討,その他

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2020年05月,日常の診療に役立つ色素異常症:IPCC 2020へのいざない 色調が薄くなる疾患,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,臓器疾患学

  • 2018年度,臨床実習

  • 2018年度,全身性疾患学