2023/11/30 更新

写真a

サクラダ カオリ
櫻田 香
SAKURADA Kaori
研究室電話
023-628-5433
 
研究室FAX
023-628-5433
 
部局ホームページ
 

研究分野

  • ライフサイエンス / 脳神経外科学

  • ライフサイエンス / 基礎看護学

取得学位

  • 医学博士,山形大学,2003年03月

学外略歴

  • 東北大学大学院分子病理学講座,大学院生,1999年04月 ~ 2000年03月

  • 国立がん研究センター,リサーチレジデント,2000年04月 ~ 2002年03月

  • 山形市立病院済生館,職員(その他),2002年04月 ~ 2002年09月

  • 小白川至誠堂病院,職員(その他),2004年05月 ~ 2004年07月

所属学会・委員会

  • 日本癌学会

 

研究テーマ

  • 脳腫瘍の治療
    看護ケアが脳血流に与える影響

論文

  • Association between lack of sexual interest and all-cause mortality in a Japanese general population: The Yamagata prospective observational study,PLOS ONE,17(12) e0277967,2022年12月

    Sakurada, K; Konta, T; Murakami, N; Kosugi, N; Saito, T; Watanabe, M; Ishizawa, K; Ueno, Y; Kayama, T

    単著

  • Associations of frequency of laughter with risk of all-cause mortality and cardiovascular disease incidence in a general population: findings from the Yamagata study.,Journal of epidemiology,2019年04月

    Sakurada K, Konta T, Watanabe M, Ishizawa K, Ueno Y, Yamashita H, Kayama T

    単著

  • Effects of Surgery With Salvage Stereotactic Radiosurgery Versus Surgery With Whole-Brain Radiation Therapy in Patients With One to Four Brain Metastases (JCOG0504): A Phase III, Noninferiority, Randomized Controlled Trial,JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,36(33) 3282-+,2018年11月

    Kayama Takamasa, Sato Shinya, Sakurada Kaori, Mizusawa Junki, Nishikawa Ryo, Narita Yoshitaka, Sumi Minako, Miyakita Yasuji, Kumabe Toshihiro, Sonoda Yukihiko, Arakawa Yoshiki, Miyamoto Susumu, Beppu ...

    単著

  • The Japan Society for Neuro-Oncology guideline on the diagnosis and treatment of central nervous system germ cell tumors,NEURO-ONCOLOGY,24(4) 503-515,2022年04月

    Nakamura Hideo, Takami Hirokazu, Yanagisawa Takaaki, Kumabe Toshihiro, Fujimaki Takamitsu, Arakawa Yoshiki, Karasawa Katsuyuki, Terashima Keita, Yokoo Hideaki, Fukuoka Kohei, Sonoda Yukihiko, Sakurada...

    単著

  • Serum Cholinesterase Levels to Predict All-Cause Mortality in a Community-Based Study: The Takahata Study,ANNALS OF NUTRITION AND METABOLISM,78(2) 91-97,2022年04月

    Saegusa, M; Matsuda, Y; Konta, T; Saitoh, T; Sakurada, K; Furuse, M; Uno, C; Kayama, T; Ueno, Y

    単著

  • Circadian Clock Gene Polymorphisms and Sleep-Onset Problems in a Population-Based Cohort Study: The Yamagata Study,TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE,255(4) 325-331,2021年12月

    Sakurada Kaori, Konta Tsuneo, Takahashi Sanae, Murakami Narumi, Sato Hidenori, Murakami Ryoko, Watanabe Masafumi, Ishizawa Kenichi, Ueno Yoshiyuki, Yamashita Hidetoshi, Kayama Takamasa

    単著

  • A Systolic Blood Pressure of 100 mm Hg Is Optimal for Optimal Visualization in Arthroscopic Rotator Cuff Repair in the Beach-Chair Position.,Arthroscopy, sports medicine, and rehabilitation,3(6) e1883-e1889,2021年12月

    Megumi Shingu, Nariyuki Mura, Tomohiro Uno, Ryuta Oishi, Tadashi Koseki, Kaori Sakurada

    単著

  • A 県の訪問看護ステーション利用者における傷病別に必要な看護ケアの分析,日本在宅医療連合学会誌,2(1) 23-34,2021年

    松田 友美, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 佐藤 慎哉, 石田 陽子, 宇野 智咲, 三枝 真, 大竹 まり子, 齋藤 貴史, 井上 栄子

    共著(海外含む)

  • LONG-TERM CLINICAL OUTCOMES OF GERM CELL TUMORS,NEURO-ONCOLOGY,22 331,2020年12月

    Matsuda Kenichiro, Sakurada Kaori, Kayama Takamasa, Sonoda Yukihiko

    共著(海外含む)

  • ブラッシング用具別口腔ケアによる前頭前野脳血流量への影響についての検討,山形医学,38(2) 75-86,2020年08月

    小杉 菜緒子, 村上 成美, 三枝 真, 石田 陽子, 松田 友美, 櫻田 香

    単著

  • 外来化学療法室で治療を受ける高齢患者の生活背景とニーズに関する実態調査,山形医学,37(2) 63-70,2019年08月

    加賀谷 真弓, 黄木 千尋, 浅野 由美, 櫻田 香

    単著

  • An operative case of brain stem glioma with IDH1 mutation,BRAIN PATHOLOGY,29 150,2019年02月

    Matsuda Kenichiro, Kawanami Kanako, Sakurada Kaori, Oe Rintaro, Yamakawa Mitsunori, Sonoda Yukihiko

    単著

  • An operative case of brain stem glioma with IDH1 mutation,BRAIN PATHOLOGY,29 150,2019年02月

    Matsuda Kenichiro, Kawanami Kanako, Sakurada Kaori, Oe Rintaro, Yamakawa Mitsunori, Sonoda Yukihiko

    単著

  • Treatment outcomes of hypofractionated radiotherapy combined with temozolomide followed by bevacizumab salvage therapy in glioblastoma patients aged > 75 years,INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,23(5) 820-825,2018年10月

    Matsuda Ken-ichiro, Sakurada Kaori, Nemoto Kenji, Kayama Takamasa, Sonoda Yukihiko

    単著

  • IDH変異を認めた脳幹グリオーマーの一手術例,Brain Tumor Pathology,35(Suppl.) 162,2018年09月

    松田 憲一朗, 川並 香菜子, 櫻田 香, 大江 倫太郎, 山川 光徳, 園田 順彦

    単著

  • Correlation between hypoxic area in primary brain tumors and WHO grade: differentiation from malignancy using 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography,ACTA RADIOLOGICA,59(2) 229-235,2018年02月

    Kanoto Masafumi, Kirii Kazukuni, Hiraka Toshitada, Toyoguchi Yuuki, Sugai Yukio, Matsuda Kenichiro, Sakurada Kaori, Sonoda Yukihiko, Hatazawa Jun, Hosoya Takaaki

    単著

  • 脳神経外科医が知っておくべき診療報酬制度と社会保障,脳神経外科ジャーナル,27(5) 380-385,2018年

    櫻田 香

    単著

  • USEFULNESS OF SPINAL MRI AS SCREENING EXAMINATION FOR PATIENTS WITH INTRACRANIAL GLIOMA,NEURO-ONCOLOGY,19 158,2017年11月

    Matsuda Kenichiro, Mitobe Yuta, Sakurada Kaori, Kayama Takamasa, Sonoda Yukihiko

    共著(海外含む)

  • Opening the ventricle during surgery diminishes survival among patients with newly diagnosed glioblastoma treated with carmustine wafers: a multi-center retrospective study. ,J Neurooncol,134(1) 83-88,2017年08月

    Sonoda Y, Shibahara I, Matsuda KI, Saito R, Kawataki T, Oda M, Sato Y, Sadahiro H, Nomura S, Sasajima T, Beppu T, Kanamori M, Sakurada K, Kumabe T, Tominaga T, Kinouchi H, Shimizu H, Ogasawara K, Suzu...

    共著(国内のみ)

  • 脳磁図を用いた新しい視野評価法 P100m潜時と磁気モーメントを用いた簡便な客観点手法(A novel method for evaluating the visual field using magnetoencephalography: A simple objective method using the P100m latency and magnetic moment),山形医学,35(2) 39-48,2017年08月

    Funiu Hayato, Matsuda Kenichiro, Sakurada Kaori, Kokubo Yasuaki, Sato Shinya, Sonoda Yukihiko, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • FEASIBILITY AND SURVIVAL BENEFIT OF HYPOFRACTIONATED RADIOTHERAPY WITH CONCURRENT TEMOZOLOMIDE AND BEVACIZUMAB IN ELDERLY PATIENTS WITH GLIOBLASTOMA,NEURO-ONCOLOGY,19 77,2017年05月

    Mitobe Y., Matsuda K., Sakurada K., Sonoda Y.

    共著(海外含む)

  • Working Conditions and Lifestyle of Female Surgeons Affiliated to the Japan Neurosurgical Society: Findings of Individual and Institutional Surveys.,Neurologia medico-chirurgica,56(11) 704-708,2016年11月

    Fujimaki T, Shibui S, Kato Y, Matsumura A, Yamasaki M, Date I, Hongo K, Kuroda S, Matsumae M, Nakao N, Sakurada K, Shimokawa S, Kayama T, Gender Equality Committee of the Japan Neurosurgical Society.

    共著(海外含む)

  • CLINICOPATHOLOGICAL STUDY OF LONG SURVIVORS OF GLIOBLASTOMA (GBM) - MULTI-INSTITUTIONAL RETROSPECTIVE SURVEY,NEURO-ONCOLOGY,18 113,2016年11月

    Fujimaki Takamitsu, Kawashima Mariko, Wakiya Kenji, Hashimoto Naoya, Yoshimine Toshiki, Kumabe Toshihiro, Nagane Motoo, Sasaki Hikaru, Ueba Tetsuya, Adachi Jyun-ichi, Nishikawa Ryo, Yamazaki Kouji, Ta...

    共著(海外含む)

  • Radiological imaging features of glioblastoma with oligodendroglioma component: a comparison with conventional glioblastoma.,Acta radiologica open,5(11) 2058460116675191,2016年11月

    Kanoto M, Kirii K, Toyoguchi Y, Nishihara M, Sakurai K, Murayama K, Noguchi T, Matsuda K, Sakurada K, Sonoda Y, Hosoya T

    共著(海外含む)

  • 日本脳外科学会会員の女性医師の労働状況とライフスタイル 個人および医療施設調査の結果(Working Conditions and Lifestyle of Female Surgeons Affiliated to the Japan Neurosurgical Society: Findings of Individual and Institutional Surveys),Neurologia medico-chirurgica,56(11) 704-708,2016年11月

    Fujimaki Takamitsu, Shibui Soichiro, Kato Yoko, Matsumura Akira, Yamasaki Mami, Date Isao, Hongo Kazuhiro, Kuroda Satoshi, Matsumae Mitsunori, Nakao Naoyuki, Sakurada Kaori, Shimokawa Shoko, Kayama Ta...

    共著(海外含む)

  • JCOG0504: A phase III randomized trial of surgery with whole brain radiation therapy versus surgery with salvage stereotactic radiosurgery in patients with 1 to 4 brain metastases.,JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,34(15) ,2016年05月

    Kayama Takamasa, Sato Shinya, Sakurada Kaori, Mizusawa Junki, Nishikawa Ryo, Narita Yoshitaka, Kumabe Toshihiro, Arakawa Yoshiki, Beppu Takaaki, Sugiyama Kazuhiko, Nakamura Hirohiko, Nagane Motoo, Nak...

    共著(海外含む)

  • Functional significance of the electrocorticographic auditory responses in the premotor cortex.,Frontiers in neuroscience,9 78,2015年

    Tanji K, Sakurada K, Funiu H, Matsuda K, Kayama T, Ito S, Suzuki K

    共著(海外含む)

  • An esophageal neuroendocrine tumor metastatic to the pineal region,BRAIN TUMOR PATHOLOGY,31(3) 192-197,2014年07月

    Matsuda K., Sakurada K., Kokubo Y., Sato S., Nakazato Y., Kayama T.

    共著(海外含む)

  • Treatment outcomes in glioblastoma patients aged 76 years or older: a multicenter retrospective cohort study.,Journal of neuro-oncology,116(2) 299-306,2014年01月

    Uzuka T, Asano K, Sasajima T, Sakurada K, Kumabe T, Beppu T, Ichikawa M, Kitanaka C, Aoki H, Saito K, Ogasawara K, Tominaga T, Mizoi K, Ohkuma H, Fujii Y, Kayama T, Tohoku Brain Tumor Study Group.

    共著(海外含む)

  • A case of Langerhans cell histiocytosis of the skull in which preoperative methionine positron emission tomography was useful in comprehending the spreading of the lesion.,Surgical neurology international,5 27,2014年

    Yamaki T, Kokubo Y, Saito Y, Matsuda K, Funiu H, Sakurada K, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Practical use of a simple technique, insertion of wet cotton pledgets into the tumor resection cavity in transsphenoidal surgery of pituitary tumors, for a better comparison between pre- and intraoperative high-field magnetic resonance images.,Journal of neurological surgery. Part A, Central European neurosurgery,74(6) 366-72,2013年11月

    Kuge A, Kikuchi Z, Sato S, Sakurada K, Takemura S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 脊髄内病変を伴うlymphomatosis cerebri(Lymphomatosis Cerebri with Intramedullary Spinal Cord Involvement),Internal Medicine,52(22) 2561-2565,2013年11月

    Sato Hiroyasu, Takahashi Yoshimi, Wada Manabu, Shiono Yousuke, Suzuki Ikuko, Kohno Kei, Kato Yuichi, Kawanami Toru, Sakurada Kaori, Kayama Takamasa, Kato Takeo

    共著(海外含む)

  • 腫瘤を形成せずにびまん性に浸潤する乳児小脳腫瘍である小脳神経膠腫症(Gliomatosis cerebelli, an infantile cerebellar neoplasm that exhibited diffuse infiltration without forming a mass),Brain Tumor Pathology,30(3) 180-184,2013年07月

    Matsuda Kenichiro, Sakurada Kaori, Sato Shinya, Nakazato Yoichi, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • Gliomatosis cerebelli, an infantile cerebellar neoplasm that exhibited diffuse infiltration without forming a mass.,Brain tumor pathology,30(3) 180-4,2013年07月

    Matsuda K, Sakurada K, Sato S, Nakazato Y, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 脳磁図(MEG)を用いた視野評価方法の開発と臨床応用,山形県対脳卒中治療研究会会誌,(29) 19-22,2013年05月

    舟生 勇人, 松田 憲一朗, 櫻田 香, 小久保 安昭, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • Randomized trial of chemoradiotherapy and adjuvant chemotherapy with nimustine (ACNU) versus nimustine plus procarbazine for newly diagnosed anaplastic astrocytoma and glioblastoma (JCOG0305).,Cancer chemotherapy and pharmacology,71(2) 511-21,2013年02月

    Shibui S, Narita Y, Mizusawa J, Beppu T, Ogasawara K, Sawamura Y, Kobayashi H, Nishikawa R, Mishima K, Muragaki Y, Maruyama T, Kuratsu J, Nakamura H, Kochi M, Minamida Y, Yamaki T, Kumabe T, Tominaga ...

    共著(海外含む)

  • Lymphomatosis cerebri with intramedullary spinal cord involvement.,Internal medicine (Tokyo, Japan),52(22) 2561-5,2013年

    Sato H, Takahashi Y, Wada M, Shiono Y, Suzuki I, Kohno K, Kato Y, Kawanami T, Sakurada K, Kayama T, Kato T

    共著(海外含む)

  • Lymphomatosis Cerebri with Intramedullary Spinal Cord Involvement,INTERNAL MEDICINE,52(22) 2561-2565,2013年

    Sato Hiroyasu, Takahashi Yoshimi, Wada Manabu, Shiono Yousuke, Suzuki Ikuko, Kohno Kei, Kato Yuichi, Kawanami Toru, Sakurada Kaori, Kayama Takamasa, Kato Takeo

    共著(海外含む)

  • Usefulness of Multimodal Examination and Intraoperative Magnetic Resonance Imaging System in Glioma Surgery,NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA,52(8) 553-557,2012年08月

    Sakurada Kaori, Matsuda Kenichiro, Funiu Hayato, Kuge Atsushi, Takemura Sunao, Sato Shinya, Kayama Takarnasa

    共著(海外含む)

  • 神経膠腫手術におけるMultimodal Examinationと術中MRIシステムの有用性(Usefulness of Multimodal Examination and Intraoperative Magnetic Resonance Imaging System in Glioma Surgery),Neurologia medico-chirurgica,52(8) 553-557,2012年08月

    Sakurada Kaori, Matsuda Kenichiro, Funiu Hayato, Kuge Atsushi, Takemura Sunao, Sato Shinya, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • 神経膠腫におけるc-myc、CD133、MGMTの発現と予後との関連についての検討,山形医学,30(2) 41-49,2012年08月

    角田 翔, 中村 翔, 櫻田 香, 松田 憲一朗, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • 放射線併用テモゾロミド療法によるリンパ球数減少のリスク因子の検討,医療薬学,38(8) 471-478,2012年08月

    小林 聖子, 志田 敏宏, 豊口 禎子, 櫻田 香, 白石 正

    共著(海外含む)

  • Atypical teratoid rhabdoid tumor located in the pineal region following prophylactic irradiation for acute lymphoblastic leukemia.,Brain tumor pathology,29(3) 177-81,2012年07月

    Kuge A, Sato S, Sakurada K, Takemura S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 急性リンパ芽球性白血病に対する予防的照射に伴う松果体部局在の非定型奇形腫様ラブドイド腫瘍(Atypical teratoid rhabdoid tumor located in the pineal region following prophylactic irradiation for acute lymphoblastic leukemia),Brain Tumor Pathology,29(3) 177-181,2012年07月

    Kuge Atsushi, Sato Shinya, Sakurada Kaori, Takemura Sunao, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • FoxO3a functions as a key integrator of cellular signals that control glioblastoma stem-like cell differentiation and tumorigenicity.,Stem cells (Dayton, Ohio),29(9) 1327-37,2011年09月

    Sunayama J, Sato A, Matsuda K, Tachibana K, Watanabe E, Seino S, Suzuki K, Narita Y, Shibui S, Sakurada K, Kayama T, Tomiyama A, Kitanaka C

    共著(海外含む)

  • Intraoperative Magnetic Resonance Imaging in the Successful Surgical Treatment of an Arteriovenous Malformation-Case Report,NEUROLOGIA MEDICO-CHIRURGICA,51(7) 512-514,2011年07月

    Sakurada Kaori, Kuge Atsushi, Takemura Sunao, Funiu Hayato, Kokubo Yasuaki, Kondo Rei, Sato Shinya, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • 脳動静脈奇形の外科治療を成功させた術中MRI 症例報告(Intraoperative Magnetic Resonance Imaging in the Successful Surgical Treatment of an Arteriovenous Malformation: Case Report),Neurologia medico-chirurgica,51(7) 512-514,2011年07月

    Sakurada Kaori, Kuge Atsushi, Takemura Sunao, Funiu Hayato, Kokubo Yasuaki, Kondo Rei, Sato Shinya, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • Abscess formation associated with pituitary adenoma: A case report: Changes in the MRI appearance of pituitary adenoma before and after abscess formation.,Surgical neurology international,2 3,2011年01月

    Kuge A, Sato S, Takemura S, Sakurada K, Kondo R, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Intraoperative magnetic resonance imaging in the successful surgical treatment of an arteriovenous malformation--case report.,Neurologia medico-chirurgica,51(7) 512-4,2011年

    Sakurada K, Kuge A, Takemura S, Funiu H, Kokubo Y, Kondo R, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Dissociable prefrontal activity accompanying verb generation revealed by ECoG high gamma activity,NEUROSCIENCE RESEARCH,71 E286,2011年

    Tanji Kazuyo, Iwasaki Masaki, Funiu Hayato, Sakurada Kaori, Nakasato Nobukazu

    共著(海外含む)

  • Technical notes on endoscopic transnasal transsphenoidal approach for clival chondrosarcoma.,Sarcoma,2011 953047,2011年

    Kuge A, Sato S, Sakurada K, Takemura S, Kikuchi Z, Saito Y, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 術中MRIにて急性硬膜下血腫を診断し得た悪性神経膠腫の1例,Neurological Surgery,38(12) 1115-1120,2010年12月

    櫻田 香, 菊地 善彰, 久下 淳史, 竹村 直, 小久保 安昭, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • Dual blocking of mTor and PI3K elicits a prodifferentiation effect on glioblastoma stem-like cells.,Neuro-oncology,12(12) 1205-19,2010年12月

    Sunayama J, Sato A, Matsuda K, Tachibana K, Suzuki K, Narita Y, Shibui S, Sakurada K, Kayama T, Tomiyama A, Kitanaka C

    共著(海外含む)

  • [Detection of acute subdural hemorrhage using intraoperative MR imaging during glioma surgery: a case report].,No shinkei geka. Neurological surgery,38(12) 1115-20,2010年12月

    Sakurada K, Kikuchi Z, Kuge A, Takemura S, Kokubo Y, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Crosstalk between the PI3K/mTOR and MEK/ERK pathways involved in the maintenance of self-renewal and tumorigenicity of glioblastoma stem-like cells.,Stem cells (Dayton, Ohio),28(11) 1930-9,2010年11月

    Sunayama J, Matsuda K, Sato A, Tachibana K, Suzuki K, Narita Y, Shibui S, Sakurada K, Kayama T, Tomiyama A, Kitanaka C

    共著(海外含む)

  • 術中MRIシステムを用いた脳腫瘍手術,CI研究,32(1) 25-32,2010年06月

    櫻田 香, 竹村 直, 久下 淳史, 舟生 勇人, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • 画像誘導法を駆使した内視鏡単独経鼻経蝶形骨洞手術の手術成績,日本内分泌学会雑誌,86(Suppl.) 63-64,2010年06月

    久下 淳史, 佐藤 慎哉, 櫻田 香, 竹村 直, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • [Intracranial extraskeletal mesenchymal chondrosarcoma arising from falx: a case report and literature review].,No shinkei geka. Neurological surgery,38(5) 441-8,2010年05月

    Saito Y, Takemura S, Sakurada K, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 大脳鎌に発生したintracranial extraskeletal mesenchymal chondrosarcoma,Neurological Surgery,38(5) 441-448,2010年05月

    齋藤 佑規, 竹村 直, 櫻田 香, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • Association of stem cell marker CD133 expression with dissemination of glioblastomas.,Neurosurgical review,33(2) 175-83; discussion 183,2010年04月

    Sato A, Sakurada K, Kumabe T, Sasajima T, Beppu T, Asano K, Ohkuma H, Ogawa A, Mizoi K, Tominaga T, Kitanaka C, Kayama T, Tohoku Brain Tumor Study Group.

    共著(海外含む)

  • Regulation of neural stem/progenitor cell maintenance by PI3K and mTOR.,Neuroscience letters,470(2) 115-20,2010年02月

    Sato A, Sunayama J, Matsuda K, Tachibana K, Sakurada K, Tomiyama A, Kayama T, Kitanaka C

    共著(海外含む)

  • High-gamma electrocorticographic activities selective to word generation in the lateral prefrontal cortex,NEUROSCIENCE RESEARCH,68 E408,2010年

    Tanji Kazuyo, Iwasaki Masaki, Nakasato Nobukazu, Funiu Hayato, Sakurada Kaori, Suzuki Kyoko

    共著(海外含む)

  • 虚血症状及び頭痛のみを呈した脳動脈解離症例の検討,東北脳血管障害研究会学術集会記録集,31回 55-61,2009年12月

    朽木 秀雄, 小久保 安昭, 土谷 大輔, 櫻田 香, 近藤 礼, 斎藤 伸二郎, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • NEW INTRAOPERATIVE MRI SYSTFM IN BRAIN TUMOR SURGERY,NEURO-ONCOLOGY,11(6) 919,2009年12月

    Sakurada Kaori, Sato Atushi, Kuge Atushi, Takemura Sunao, Tsuchiya Daisuke, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • 内視鏡を使用した経鼻経蝶形骨洞手術の治療成績 手術器具の工夫と術中MRIの使用経験,日本内分泌学会雑誌,85(Suppl.) 102-103,2009年10月

    久下 淳史, 佐藤 慎哉, 竹村 直, 櫻田 香, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • 自然退縮を呈した鞍上部・松果体部germinomaの1例,Neurological Surgery,37(3) 277-282,2009年03月

    佐藤 篤, 櫻田 香, 久下 淳史, 伊藤 美以子, 赤坂 雅弘, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • Spontaneous Regression of Primary Intracranial Germinoma: A Case Report,NEUROLOGICAL SURGERY,37(3) 277-282,2009年03月

    Sato Atsushi, Sakurada Kaori, Kuge Atsushi, Ito Miiko, Akasaka Masahiro, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • [Spontaneous regression of primary intracranial germinoma: a case report].,No shinkei geka. Neurological surgery,37(3) 277-82,2009年03月

    Sato A, Sakurada K, Kuge A, Ito M, Akasaka M, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Downregulation of Ras C-terminal processing by JNK inhibition.,Biochemical and biophysical research communications,371(2) 273-7,2008年06月

    Mouri W, Tachibana K, Tomiyama A, Sunayama J, Sato A, Sakurada K, Kayama T, Kitanaka C

    共著(海外含む)

  • Nestin expression in central nervous system germ cell tumors,NEUROSURGICAL REVIEW,31(2) 173-176,2008年04月

    Sakurada K., Saino M., Mouri W., Sato A., Kitanaka C., Kayama T.

    共著(海外含む)

  • 斜台部腫瘍摘出における経鼻孔内視鏡手術の経験 術式の工夫,脳神経外科ジャーナル,17(1) 50-54,2008年01月

    斎藤 佑規, 土谷 大輔, 櫻田 香, 佐藤 慎哉, 黒木 亮, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • [Operative case of isomorphic astrocytoma].,Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo,59(8) 881-6,2007年08月

    Matsuda K, Sakurada K, Mouri W, Saino M, Sato S, Saito S, Kayama T, Nakazato Y

    共著(海外含む)

  • Isomorphic astrocytomaの1手術例,BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩,59(8) 881-886,2007年08月

    松田 憲一朗, 櫻田 香, 毛利 渉, 斎野 真, 佐藤 慎哉, 斎藤 伸二郎, 嘉山 孝正, 中里 洋一

    共著(海外含む)

  • 補足運動野症候群を呈した神経膠腫手術例の検討,BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩,59(7) 793-796,2007年07月

    渡辺 茂樹, 櫻田 香, 毛利 渉, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • [Supplementary motor area syndrome with frontal glioma].,Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo,59(7) 793-6,2007年07月

    Watanabe S, Sakurada K, Mori W, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • MIB-1 labeling index高値を示した非定型的プロラクチン産生下垂体腺腫の一例,日本内分泌学会雑誌,83(Suppl.) 100-101,2007年06月

    渡辺 茂樹, 櫻田 香, 黒木 亮, 嘉山 孝正, 亀田 亘, 大門 眞, 加藤 丈夫

    共著(海外含む)

  • 脳室外神経細胞腫のまれな1症例(A rare case of extraventricular neurocytoma),Brain Tumor Pathology,24(1) 19-23,2007年05月

    Sakurada Kaori, Akasaka Masahiro, Kuchiki Hideo, Saino Makoto, Mori Wataru, Sato Shinya, Nakazato Yoichi, Kayama Takamasa

    共著(海外含む)

  • Expression of tumor stem cell marker nestin in germ cell tumors,NEURO-ONCOLOGY,9(2) 215,2007年04月

    Saino M., Sato S., Sakurada K., Mori W., Sato A., Kayama T.

    共著(海外含む)

  • Bilateral thalamic glioma: Case report,NEURO-ONCOLOGY,9(2) 210,2007年04月

    Sato A., Sato S., Saino M., Sakurada K., Mori W., Kayama T.

    共著(海外含む)

  • Ten cases of pituitary adenomas in adolescence,NEURO-ONCOLOGY,9(2) 220-221,2007年04月

    Sakurada K., Sato S., Akasaka M., Saino M., Mori W., Sato A., Kayama T.

    共著(海外含む)

  • Usefulness of cerebellomedullary fissure approach for fourth ventricle tumors,NEURO-ONCOLOGY,9(2) 202,2007年04月

    Sato S., Saino M., Sakurada K., Mori W., Sato A., Kayama T.

    共著(海外含む)

  • Surgical resection of tumors located in subcortex of language area,ACTA NEUROCHIRURGICA,149(2) 123-130,2007年02月

    Sakurada K., Sato S., Sonoda Y., Kokubo Y., Saito S., Kayama T.

    共著(海外含む)

  • A rare case of extraventricular neurocytoma.,Brain tumor pathology,24(1) 19-23,2007年

    Sakurada K, Akasaka M, Kuchiki H, Saino M, Mori W, Sato S, Nakazato Y, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Critical role for mitochondrial oxidative phosphorylation in the activation of tumor suppressors Bax and Bak.,Journal of the National Cancer Institute,98(20) 1462-73,2006年10月

    Tomiyama A, Serizawa S, Tachibana K, Sakurada K, Samejima H, Kuchino Y, Kitanaka C

    共著(海外含む)

  • 頭蓋咽頭腫の長期治療成績,日本内分泌学会雑誌,82(Suppl.) 140-142,2006年06月

    久下 淳史, 毛利 渉, 櫻田 香, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • [Sacrococcygeal dermal sinus presented bacterial meningitis: a case report].,No to shinkei = Brain and nerve,58(5) 443-7,2006年05月

    Ito M, Sakurada K, Kokubo Y, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 髄膜炎で発症したSacrococcygeal dermal sinusの稀な1症例,脳と神経,58(5) 443-447,2006年05月

    伊藤 美以子, 櫻田 香, 小久保 安昭, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • ラトケ嚢胞の長期治療成績と治療方針の検討,脳神経外科ジャーナル,15(5) 408-414,2006年05月

    竹村 直, 佐藤 慎哉, 櫻田 香, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • [Aneurysms of the anterior communicating artery and subclavian artery in association with congenital absence of unilateral internal carotid artery].,No to shinkei = Brain and nerve,58(3) 257-61,2006年03月

    Funiu H, Kondo R, Sakurada K, Kokubo Y, Sato S, Saito S, Orita H, Hirooka S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 前交通動脈瘤と鎖骨下動脈瘤を合併した一側内頸動脈欠損の稀な1例,脳と神経,58(3) 257-261,2006年03月

    舟生 勇人, 近藤 礼, 櫻田 香, 小久保 安昭, 佐藤 慎哉, 斉藤 伸二郎, 折田 博之, 廣岡 茂樹, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • [An elderly case of craniopharyngioma: treatment by limited surgery and radiation therapy].,No shinkei geka. Neurological surgery,33(12) 1183-9,2005年12月

    Sato A, Sakurada K, Kokubo Y, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • An elderly case of craniopharyngioma: Treatment by limited surgery and radiation therapy,NEUROLOGICAL SURGERY,33(12) 1183-1189,2005年12月

    Sato A, Sakurada K, Kokubo Y, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • [Treatment for low grade glioma focusing on grade II glioma].,No to shinkei = Brain and nerve,57(12) 1035-42,2005年12月

    Kayama T, Mouri W, Sakurada K, Sato S

    共著(海外含む)

  • 急速な視力視野障害を呈した80歳の頭蓋咽頭腫に対して可及的摘出術と放射線療法が奏効した1例,Neurological Surgery,33(12) 1183-1189,2005年12月

    佐藤 篤, 櫻田 香, 小久保 安昭, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • A case of giant cell tumor in atlas,NEUROLOGICAL SURGERY,33(8) 817-823,2005年08月

    Tsuchiya H, Kokubo Y, Sakurada K, Sonoda Y, Saito S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • [A case of giant cell tumor in atlas].,No shinkei geka. Neurological surgery,33(8) 817-23,2005年08月

    Tsuchiya H, Kokubo Y, Sakurada K, Sonoda Y, Saito S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 環椎骨巨細胞腫の1手術例,Neurological Surgery,33(8) 817-823,2005年08月

    土屋 裕人, 小久保 安昭, 櫻田 香, 園田 順彦, 斎藤 伸二郎, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • Contribution of radiosurgery in the surgical treatment of skull base meningioma,NEURO-ONCOLOGY,7(3) 321,2005年07月

    Sonoda Y, Takemura S, Sakurada K, Saino M, Sato S, Saito S, Jokura H, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Inhibition of the mammalian target of rapamycin sensitizes glioma cells to anticancer drugs,NEURO-ONCOLOGY,7(3) 301,2005年07月

    Sakurada K, Sonoda Y, Kitanaka C, Mori W, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Hypoxia inducible factor-1 alpha expression correrates with histological grading in human gliomas,NEURO-ONCOLOGY,7(3) 327-328,2005年07月

    Saino M, Sakurada K, Sonoda Y, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • Multimodal strategy for managing meningiomas in the elderly,ACTA NEUROCHIRURGICA,147(2) 131-136,2005年02月

    Sonoda Y, Sakurada K, Saino M, Kondo R, Sato S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • 【聴神経腫瘍】 内側方向に進展したMulticystic Acoustic Schwannomaの一手術例,東北脳腫瘍研究会誌,37 74-78,2004年03月

    園田 順彦, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 佐藤 慎哉, 齋藤 伸二郎

    共著(海外含む)

  • 頭蓋内及び脊柱管内に多発性病変を呈したRosai-Dorfman diseaseの1例,Neurological Surgery,31(11) 1199-1204,2003年11月

    佐藤 篤, 櫻田 香, 園田 順彦, 斎藤 伸二郎, 嘉山 孝正, 城倉 英史, 吉本 高志, 中里 洋一

    共著(海外含む)

  • Rosai-Dorfman disease presenting with multiple intracranial and intraspinal masses: A case report,NEUROLOGICAL SURGERY,31(11) 1199-1204,2003年11月

    Sato A, Sakurada K, Sonoda Y, Saito S, Kayama T, Jokura H, Yoshimoto T, Nakazato Y

    共著(海外含む)

  • [Rosai-Dorfman disease presenting with multiple intracranial and intraspinal masses: a case report].,No shinkei geka. Neurological surgery,31(11) 1199-204,2003年11月

    Sato A, Sakurada K, Sonoda Y, Saito S, Kayama T, Jokura H, Yoshimoto T, Nakazato Y

    共著(海外含む)

  • Analysis of the extent of astrocytic tumour resection evaluated by magnetic resonance images.,Neurosurgical review,26(4) 262-5,2003年10月

    Ohki M, Sakurada K, Sonoda Y, Sato S, Saito S, Kayama T

    共著(海外含む)

  • ラトケ嚢胞の長期治療成績と治療方針の検討,日本内分泌学会雑誌,79(Suppl.) 88-90,2003年08月

    黒木 亮, 久下 淳史, 加藤 直樹, 櫻田 香, 園田 順彦, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • [A dura-based intracranial schwannoma in the temporal fossa: a case report].,No shinkei geka. Neurological surgery,31(7) 789-93,2003年07月

    Funiu H, Kayama T, Sakurada K, Sonoda Y, Saito S, Nakazato Y

    共著(海外含む)

  • A dura-based intracranial schwannoma in the temporal fossa: A case report,NEUROLOGICAL SURGERY,31(7) 789-793,2003年07月

    Funiu H, Kayama T, Sakurada K, Sonoda Y, Saito S, Nakazato Y

    共著(海外含む)

  • 中頭蓋窩硬膜より発生したintracranial schwannomaの稀な1例,Neurological Surgery,31(7) 789-793,2003年07月

    舟生 勇人, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 園田 順彦, 齋藤 伸二郎, 中里 洋一

    共著(海外含む)

  • [Surgery for giant intracranial aneurysms using advanced technology].,No shinkei geka. Neurological surgery,31(5) 513-20,2003年05月

    Kayama T, Sakurada K, Kondo R, Kamii H, Saito S

    共著(海外含む)

  • Surgery for giant intracranial aneurysms using advanced technology,NEUROLOGICAL SURGERY,31(5) 513-520,2003年05月

    Kayama T, Sakurada K, Kondo R, Kamii H, Saito S

    共著(海外含む)

  • Advanced technologyを用いた巨大脳動脈瘤の手術,Neurological Surgery,31(5) 513-520,2003年05月

    嘉山 孝正, 櫻田 香, 近藤 礼, 上井 英之, 斎藤 伸二郎

    共著(海外含む)

  • 【脳室内腫瘍】 後頭蓋窩・第4脳室腫瘍 Cerebellar mutismを呈したmedulloblastomaの一例,東北脳腫瘍研究会誌,36 120-127,2003年03月

    斎野 真, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 川上 圭太, 朽木 秀雄, 園田 順彦, 佐藤 慎哉

    共著(海外含む)

  • 【脳室内腫瘍】 脳室内髄膜腫 脳室内髄膜腫の手術 側頭・頭頂2方向からの摘出,東北脳腫瘍研究会誌,36 34-41,2003年03月

    朽木 秀雄, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 斎野 真, 川上 圭太, 園田 順彦, 佐藤 慎哉

    共著(海外含む)

  • 【脳室内腫瘍】 第3脳室・近傍部腫瘍 Transcingulate approachにて全摘し得たthalamic gliomaの1例,東北脳腫瘍研究会誌,36 88-92,2003年03月

    園田 順彦, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 斎野 真, 川上 圭太, 朽木 秀雄, 佐藤 慎哉

    共著(海外含む)

  • 覚醒手術中の前頭葉及び側頭葉弁蓋部皮質における言語機能の解析,機能的脳神経外科,41(2) 74-75,2002年12月

    櫻田 香, 園田 順彦, 佐藤 慎哉, 黒木 亮, 斉藤 伸二郎, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • ICE療法前後鞍上部germ cell tumorの内分泌異常と画像所見,日本内分泌学会雑誌,78(Suppl.) 53-56,2002年12月

    齋野 真, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 川上 圭太, 朽木 秀雄, 園田 順彦, 佐藤 慎哉

    共著(海外含む)

  • 非定型中枢神経細胞腫の2例(Two cases of atypical central neurocytomas),Brain Tumor Pathology,19(2) 105-110,2002年09月

    Kuchiki Hideo, Kayama Takamasa, Sakurada Kaori, Saino Makoto, Kawakami Keita, Sato Shinya

    共著(海外含む)

  • A cellular mechanism that reversibly inactivates pancaspase inhibitor zAsp-CH(2)-DCB: a potential pitfall causing discrepancy between in vitro and in vivo caspase assays.,Biochemical and biophysical research communications,291(4) 1022-30,2002年03月

    Sakurada K, Kitanaka C, Kokubu A, Tomiyama A, Sunayama J, Kayama T, Kuchino Y

    共著(海外含む)

  • Increased Ras expression and caspase-independent neuroblastoma cell death: possible mechanism of spontaneous neuroblastoma regression.,Journal of the National Cancer Institute,94(5) 358-68,2002年03月

    Kitanaka C, Kato K, Ijiri R, Sakurada K, Tomiyama A, Noguchi K, Nagashima Y, Nakagawara A, Momoi T, Toyoda Y, Kigasawa H, Nishi T, Shirouzu M, Yokoyama S, Tanaka Y, Kuchino Y

    共著(海外含む)

  • Two cases of atypical central neurocytomas.,Brain tumor pathology,19(2) 105-10,2002年

    Kuchiki H, Kayama T, Sakurada K, Saino M, Kawakami K, Sato S

    共著(海外含む)

  • RIZ, the retinoblastoma protein interacting zinc finger gene, is mutated in genetically unstable cancers of the pancreas, stomach, and colorectum,GENES CHROMOSOMES & CANCER,30(2) 207-211,2001年02月

    Sakurada K, Furukawa T, Kato Y, Kayama T, Huang S, Horii A

    共著(海外含む)

  • 言語野近傍腫瘍摘出術における術中言語機能マッピング,機能的脳神経外科,39(2) 144-145,2000年12月

    佐藤 慎哉, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 斎野 真, 黒木 亮, 斎藤 伸二郎

    共著(海外含む)

  • 前頭葉を強く圧排進展した巨大頭蓋骨Myofibromaの1例,脳と神経,52(9) 821-826,2000年09月

    毛利 渉, 嘉山 孝正, 櫻田 香, 佐藤 慎哉, 斎野 真, 中里 洋一

    共著(海外含む)

  • [A case of giant skull myofibroma occupying left anterior cranial fossa].,No to shinkei = Brain and nerve,52(9) 821-6,2000年09月

    Mouri W, Kayama T, Sakurada K, Sato S, Saino M, Nakazato Y

    単著

  • [Radiation induced glioblastoma: a case report].,No to shinkei = Brain and nerve,52(5) 413-8,2000年05月

    Kato N, Kayama T, Sakurada K, Saino M, Kuroki A

    単著

  • Motor area cavernous angioma: Case report,SURGICAL NEUROLOGY,53(4) 337-339,2000年04月

    Sakurada K, Kayama T, Sato S, Saito S, Kuroki A, Kondo R, Nakasato N, Yoshimoto T

    共著(海外含む)

  • 【頭蓋底腫瘍】 Petroclival tumorに対する新戦略 γナイフ併用を企図した計画的摘出術,東北脳腫瘍研究会誌,34 86-95,2000年04月

    黒木 亮, 櫻田 香, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正, 斎藤 伸二郎, 城倉 英史, 吉本 高志

    共著(海外含む)

  • A successfully operated case of choriocarcinoma with recurrent intratumoral hemorrhage,NEUROLOGICAL SURGERY,28(1) 67-72,2000年01月

    Sakurada K, Kayama T, Kawakami K, Saino M, Sato S

    共著(海外含む)

  • 短期間に頻回の出血をくり返したChoriocarcinomaの1手術例,Neurological Surgery,28(1) 67-72,2000年01月

    櫻田 香, 嘉山 孝正, 川上 圭太, 斎野 真, 佐藤 慎哉

    共著(海外含む)

  • [A successfully operated case of choriocarcinoma with recurrent intratumoral hemorrhage].,No shinkei geka. Neurological surgery,28(1) 67-72,2000年01月

    Sakurada K, Kayama T, Kawakami K, Saino M, Sato S

    単著

  • 大脳cortical mappingの方法と臨床応用 言語野近傍神経膠腫における覚醒下手術による言語機能のcortical mapping,機能的脳神経外科,38(1) 18-19,1999年12月

    斎藤 伸二郎, 嘉山 孝正, 佐藤 慎哉, 櫻田 香, 久下 淳史

    共著(海外含む)

  • 前頭葉病変に対するawake surgeryのpitfall 補足運動野症候群を呈したcortical dysplasiaの一例,機能的脳神経外科,37 1-2,1998年10月

    櫻田 香, 嘉山 孝正, 丸屋 淳, 佐藤 慎哉, 斎藤 伸二郎

    共著(海外含む)

  • 【Low grade astrocytomaの治療】 手術・化学療法にて治療した乳児anaplastic astrocytomaの一例,東北脳腫瘍研究会誌,32 49-56,1998年04月

    櫻田 香, 斎野 真, 遠藤 浩志, 佐藤 慎哉, 斎藤 伸二郎, 嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • A case of infantile anaplastic astrocytoma treated with surgery and chemotherapy,NEUROLOGICAL SURGERY,25(12) 1121-1126,1997年12月

    Saino M, Kayama T, Sakurada K, Saito S, Sato K

    共著(海外含む)

  • [A case of infantile anaplastic astrocytoma treated with surgery and chemotherapy].,No shinkei geka. Neurological surgery,25(12) 1121-6,1997年12月

    Saino M, Kayama T, Sakurada K, Saito S, Sato K

    単著

  • 【脳腫瘍における新しい診療機器とその評価】 γ-knifeを用いたPetroclival meningiomaのManagement,東北脳腫瘍研究会誌,31 104-111,1997年03月

    櫻田 香, 黒木 亮, 嘉山 孝正, 城倉 英史, 吉本 高志

    共著(海外含む)

  • A 39,X/40,XY true hermaphrodite mouse with normal ovarian function,REPRODUCTION FERTILITY AND DEVELOPMENT,9(8) 775-779,1997年

    Ishikawa H, Sakurada K, Fujita T, Yamauchi T

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • コメディカルのための薬理学,朝倉書店,2018年

    渡邊 泰秀, 安西 尚彦, 櫻田 香

  • コメディカルのための薬理学,朝倉書店,2018年

    渡邊 泰秀, 安西 尚彦, 櫻田 香

総説・解説記事

  • 【脳神経外科診療のトピックス】 脳神経外科医が知っておくべき診療報酬制度と社会保障,日本脳神経外科コングレス,脳神経外科ジャーナル,27(5) 380-385,2018年05月

    櫻田 香

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 腫瘍性疾患 髄膜の腫瘍 間葉系腫瘍 軟骨肉腫,(株)日本臨床社,日本臨床,別冊(神経症候群III) 263-264,2014年06月

    櫻田 香, 嘉山 孝正

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 腫瘍性疾患 髄膜の腫瘍 間葉系腫瘍 軟骨腫,(株)日本臨床社,日本臨床,別冊(神経症候群III) 261-262,2014年06月

    櫻田 香, 嘉山 孝正

  • 【悪性脳腫瘍の治療-最新のトピックス】 手術における機能温存の工夫 術中MRI,(株)中外医学社,Clinical Neuroscience,31(10) 1156-1158,2013年10月

    櫻田 香, 嘉山 孝正

  • 覚醒下開頭術のガイドライン(The Guidelines for Awake Craniotomy),(一社)日本脳神経外科学会,Neurologia medico-chirurgica,52(3) 119-141,2012年03月

    Kayama Takamasa, Iseki Hiroshi, Yamada Yoshitsugu, Abe Tatsuya, Fukaya Chikashi, Furutani Hidekatsu, Hongo Kazuhiro, Itakura Tohru, Kajiwara Koji, Kamada Kyosuke, Kawaguchi Masahiko, Kawamata Mikito, ...

  • リハに必要な脳腫瘍の診断・治療 脳腫瘍の治療法 化学療法、放射線療法,医歯薬出版(株),Journal of Clinical Rehabilitation,20(5) 480-486,2011年05月

    櫻田 香, 嘉山 孝正

  • 【新時代の脳腫瘍学 診断・治療の最前線】 脳腫瘍の治療 脳腫瘍の外科療法 術中MRI,(株)日本臨床社,日本臨床,68(増刊10 新時代の脳腫瘍学) 338-343,2010年12月

    櫻田 香, 嘉山 孝正

  • 脳腫瘍の画像と病理 後頭蓋窩正中部に発生した巨大腫瘍,日本脳神経外科コングレス,脳神経外科ジャーナル,18(1) 64-68,2009年01月

    櫻田 香, 松田 憲一朗, 嘉山 孝正

  • 【グリオーマに対する手術療法と放射線療法の進歩】 グリオーマ手術時の覚醒下手術,(株)金芳堂,脳21,12(1) 86-90,2009年01月

    櫻田 香, 嘉山 孝正

  • 【頭蓋頸椎移行部病変の症候学と治療戦略】 頭蓋頸椎移行部病変の症候と治療法・治療指針 腫瘍 神経膠腫(脳幹、延髄、上位頸髄),(株)中外医学社,Clinical Neuroscience,25(12) 1357-1359,2007年12月

    櫻田 香, 嘉山 孝正

  • スッキリ解決!Q&A 放射線療法と化学療法を別々に行っている脳腫瘍患者さんがいます。それはなぜですか?,(株)メディカ出版,Brain Nursing,22(10) 1010,2006年10月

    櫻田 香

  • イラスト クリニカルテクニック 皮質てんかんに対するgyrectomy,(株)中外医学社,Clinical Neuroscience,24(8) 954-955,2006年08月

    櫻田 香, 斎藤 伸二郎, 嘉山 孝正

  • 【awake craniotomyと麻酔管理】 脳神経外科の立場から 機能診断とawake surgery,(株)メディカル・サイエンス・インターナショナル,LiSA,13(7) 662-665,2006年07月

    嘉山 孝正, 櫻田 香

  • 【BRAIN NURSE実力チェック!Q&A】 脳腫瘍,(株)メディカ出版,Brain Nursing,21(12) 1211-1217,2005年12月

    櫻田 香, 嘉山 孝正

  • 【悪性脳腫瘍に対する最近の治療】 Low Grade Glioma,(株)医学書院,脳と神経,57(12) 1035-1042,2005年12月

    嘉山 孝正, 毛利 渉, 櫻田 香, 佐藤 慎哉

  • Multimodalityを用いたpetroclival meningiomaの治療,日本脳神経外科コングレス,脳神経外科ジャーナル,14(7) 462-468,2005年07月

    嘉山 孝正, 園田 順彦, 櫻田 香, 佐藤 慎哉, 斎藤 伸二郎

  • 【これだけは押さえておこう「おもな疾患」】 脳腫瘍,(株)メディカ出版,Brain Nursing,20(4) 398-405,2004年04月

    園田 順彦, 櫻田 香, 嘉山 孝正

  • 【脳腫瘍のキーワード】 Awake surgery,(株)中外医学社,Clinical Neuroscience,21(5) 576-577,2003年05月

    櫻田 香, 佐藤 慎哉, 嘉山 孝正

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2023年03月,異常な瘢痕形成を抑える看護ケア開発に向けた創収縮に関わる細胞消退機序の解明

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,深部損傷褥瘡(DTI)における炎症誘導機序の解明と治癒促進ケア技術の確立

研究発表

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2018年09月,IDH変異を認めた脳幹グリオーマーの一手術例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2017年05月,WHO2016年改訂分類に基づくOA、AOAの再検討,その他

  • 日本小児血液・がん学会雑誌,国際会議,2016年11月,多剤併用化学療法と放射線照射により発症から20ヵ月生存したびまん性橋膠腫の10ヵ月女児(Chemoradiotherapy resulted in 20 months survival for 10-month-old infant with diffuse intrinsic pontine glioma),その他

  • 日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集,国際会議,2016年07月,脳腫瘍の治療とケア 高度実践看護師への期待,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2016年05月,Glioblastoma with PNET-like fociの2例,その他

  • 核医学,国際会議,2016年02月,神経膠腫における18F-Fluoromisonidazole PETと予後の検討,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2015年05月,小児脳幹神経膠腫の予後予測におけるADCの有用性,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2015年05月,左視床下部Anaplastic oligodendroglioma with ganglioglioma like maturationの一例,その他

  • 小児の脳神経,国際会議,2015年04月,水頭症・髄液循環 神経内視鏡手術が奏功した乳児水頭症の2例,その他

  • てんかん研究,国際会議,2015年01月,11C-Methionine PETはてんかん発作焦点推定に有用か?,その他

  • てんかん研究,国際会議,2014年09月,てんかん診療における11C-Methionine PETの有用性,その他

  • 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集,国際会議,2014年06月,一般病棟での「癒しの空間」 季節の病棟行事,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2014年05月,脳腫瘍治療後に発症し、摘出術後再々発を来したpostoperative cranial fasciitisの一例,その他

  • 小児の脳神経,国際会議,2014年04月,当科における小児脳幹部神経膠腫症例の検討,その他

  • 神経心理学,国際会議,2013年12月,中心前回における言語反応の多様性,その他

  • てんかん研究,国際会議,2013年09月,神経線維腫症1型に併発した薬剤抵抗性内側側頭葉てんかん,その他

  • 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集,国際会議,2013年08月,中心前回における言語反応の多様性,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2013年05月,脳腫瘍治療後に発症し、摘出術後再発を来したpostoperative cranial fascitisの一例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2013年05月,松果体転移を来した消化管神経内分泌腫瘍の一例,その他

  • 臨床神経学,国際会議,2012年12月,中心前回における頭蓋内脳波の聴覚反応,その他

  • 日本癌治療学会誌,国際会議,2012年10月,中枢神経腫瘍治療の過去と未来 転移性脳腫瘍に対する手術+放射線治療の展望について,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2012年05月,病理診断が困難な小児小脳腫瘍の一例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2012年05月,病理診断に苦慮した成人松果体部腫瘍の一例,その他

  • 信州医学雑誌,国際会議,2012年02月,Glioneuronal tumor with neuropil-like islandsが疑われた1例,その他

  • 神経心理学,国際会議,2011年12月,中心前回における頭蓋内脳波の聴覚反応,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2011年09月,グリオーマ幹細胞のMGMT発現におけるMAPK経路の役割(MEK inhibition enhances temozolomide sensitivity of glioma stem-like cells via MGMT down-regulation),その他

  • 日本癌治療学会誌,国際会議,2011年09月,手術室高磁場MRIの現況と今後の課題,その他

  • 日本癌治療学会誌,国際会議,2011年09月,当科における悪性神経膠腫に対するテモゾロミド治療の現状,その他

  • てんかん研究,国際会議,2011年09月,前頭葉てんかんに対する病巣切除でcorpora amylaceaを認めた1例,その他

  • 山形医学,国際会議,2011年08月,PI3K/mTOR経路とMEK/ERK経路のクロストークがグリオブラストーマ幹細胞の自己複製能/造腫瘍能の制御に関与する,その他

  • 日本神経心理学会総会プログラム・予稿集,国際会議,2011年08月,中心前回における頭蓋内脳波の聴覚反応,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2011年05月,脳腫瘍摘出術後に発症したcranial fasciitisの1例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2011年05月,High Grade Glioma再手術例の病理所見の検討,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2011年05月,診断が困難な深部白質病変の1例,その他

  • てんかん研究,国際会議,2011年01月,難治性前頭葉てんかんに対する病巣切除でcorpora amylaceaを認めた稀な1例,その他

  • 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,国際会議,2010年12月,膠芽腫幹様細胞の自己複製および腫瘍形成性の維持には、PI3K/mTOR経路とMEK/ERK経路との間のクロストークが関与する(Crosstalk between the PI3K/mTOR and MEK/ERK pathways involved in the maintenance of self-renewal and tumorigenicity of glioblastoma stem-like cells),その他

  • 小児がん,国際会議,2010年12月,髄芽腫で造血幹細胞移植を行った3症例,その他

  • 臨床神経心理,国際会議,2010年12月,局所脳損傷患者におけるJapanese Adult Reading Testの有用性と限界,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2010年08月,PI3K/mTor経路とMEK/ERK経路のクロストークがグリオブラストーマ幹細胞の自己複製能/造腫瘍能の制御に関与する(Crosstalk between the PI3K/mTOR and MEK/ERK pathways involved in the regulation of stemness of glioblastoma stem cells),その他

  • 神経化学,国際会議,2010年08月,前頭前野外側面における言語生成に選択的な高ガンマ帯域の皮質脳波活動(High-gamma electrocorticographic activities selective to word generation in the lateral prefrontal cortex),その他

  • 臨床神経学,国際会議,2010年08月,抗血栓療法を用いない非出血性脳動脈解離症例の治療成績 長期追跡を行った脳血管撮影所見との関連も含めて,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2010年05月,Multifocal Oligodendro-Oligoastrocytomaの一例,その他

  • 小児の脳神経,国際会議,2010年04月,急性リンパ性白血病治療18年後に発症した松果体部AT/RTの一例,その他

  • 日本癌治療学会誌,国際会議,2009年09月,悪性グリオーマ 標準的治療 新しい脳神経外科手術室,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2009年08月,グリオブラストーマ幹細胞に対するラパマイシン(mTor阻害剤)とLY294002(PI3K阻害剤)の効果の検討(Effects of rapamycin (mTor inhibitor) and LY294002 (PI3K inhibitor) on glioblastoma cancer stem-like cells),その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2009年05月,多彩な免疫組織学的所見を呈した第3脳室glioblastomaの一例,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2008年10月,術中MRIナビゲーションシステム、蛍光診断システムを備えた新手術室の使用経験,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2008年10月,転移性脳腫瘍の治療戦略 転移性脳腫瘍の放射線治療の問題点 JCOG0504から,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2008年10月,巨大髄膜腫の長期治療成績,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2008年10月,脳動脈解離 虚血症状及び頭痛のみを呈した脳動脈解離症例の検討,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2008年10月,神経幹細胞におけるc-Jun N-terminal kinase(JNK)の役割,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2008年10月,斜台部腫瘍摘出における経鼻孔内視鏡手術 手術器具の工夫,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2008年10月,脳腫瘍症例における体性感覚誘発磁場を用いた感覚機能評価,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2008年09月,JNK阻害によるRasC末端プロセシングの抑制(Downregulation of Ras C-terminal Processing by JNK Inhibition),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2008年09月,ヒトグリオーマ細胞株A172における腫瘍幹細胞の同定と特性の検討(Isolation and characterization of cancer stem-like cells from a human glioblastoma cell line A172),その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2008年05月,診断に苦慮している鞍上部腫瘍の一例,その他

  • 臨床神経生理学,国際会議,2007年10月,脳腫瘍症例における体性感覚誘発磁場を用いた感覚機能評価,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2007年10月,Multimodalityを用いたpetroclival meningiomaの長期治療成績,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2007年10月,Low grade gliomaの長期治療成績の検討,その他

  • 日本脳神経外科学会総会CD-ROM抄録集,国際会議,2007年10月,当科における覚醒下手術,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,2007年04月,中心前回悪性神経膠腫の1手術例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2007年04月,胚細胞腫瘍における腫瘍幹細胞マーカーNestinの発現に関する検討,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2007年04月,側脳室近傍悪性神経膠腫における腫瘍幹細胞・低酸素環境・増殖能の検討,その他

  • 日本癌治療学会誌,国際会議,2006年09月,脳腫瘍に対する新規治療の展望 転移性脳腫瘍に対するSRS・SRTの展望,その他

  • 日本外科系連合学会誌,国際会議,2006年06月,脳神経外科領域における術中画像診断と術中モニタリング 脳機能モニタリングの脳腫瘍摘出術への応用 その有効性と問題点,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2006年06月,胚細胞腫瘍における腫瘍幹細胞マーカーNestinの発現に関する検討,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2005年04月,Extraventricular neurocytomaの一例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2005年04月,ヒト神経膠腫におけるHypoxia inducible factor-1 alphaの発現と組織学的悪性度に関する検討,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,2004年10月,無症候性髄膜腫の治療方針と治療結果,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2004年05月,NF-1に合併したテント上神経膠腫の3例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2004年05月,神経膠腫の診断における1H-MRSの有用性と限界,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,2004年01月,言語野近傍腫瘍性病変における言語野の変位に関する検討,その他

  • 臨床神経学,国際会議,2004年01月,グリオーマ患者におけるてんかん発作の意義,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,2004年01月,特異なMRI所見を呈したepidermoidの一手術例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2003年05月,Hemangiopericytomaに対するガンマナイフ治療,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,2002年10月,Optic gliomaの治療方針,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2002年10月,Rasによりグリオーマ細胞に誘導されるカスパーゼ非依存的プログラム死を抑制する細胞性因子,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,2002年10月,脳梗塞による補足運動野症候群の一例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2002年05月,minigemistocyteを認めたoligodendrogliomaの2治験例,その他

  • 小児の脳神経,国際会議,2002年04月,Medulloblastomaの手術,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,2001年11月,下垂体腺腫に対する画像誘導内視鏡下経鼻孔手術,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2001年09月,アポトーシス細胞に誘導されるカスパーゼ阻害剤不活化因子の解析,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2001年05月,Atypical central neurocytomaの2例,その他

  • 日本脳神経外科学会総会抄録集,国際会議,2000年10月,高齢者の未破裂脳動脈瘤の治療方針 虚血性脳血管障害既往の全身麻酔下手術への影響結果をもとにして,その他

  • 日本脳神経外科学会総会抄録集,国際会議,2000年10月,Germ cell tumorに対するICE療法 再発例の検討,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2000年09月,神経芽腫細胞にみられるカスパーゼ非依存的アポトーシス,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2000年05月,高い浸潤傾向と興味深い組織像を呈したlow grade gliomaの1手術例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2000年05月,DNT類似の興味深い組織像を呈した外側側頭葉てんかんの1手術例,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,1999年12月,発作の責任病巣の決定が困難であった多発性海綿状血管腫の1手術例,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,1999年12月,胚芽腫にたいするICE療法の効果,その他

  • 日本脳神経外科学会総会抄録集,国際会議,1999年10月,脳磁図,f-MRI及び術中モニタリングを活用したeloquent area近傍病変の手術治療,その他

  • 山形医学,国際会議,1999年08月,術前術中脳機能マッピングを用いたeloquent area近傍病変の手術,その他

  • 山形医学,国際会議,1999年08月,めまいを呈した後,進行性卒中となった椎骨脳底動脈解離の血管内手術例,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,1999年08月,子宮内膜癌の10q25-q26の共通欠失領域における癌抑制遺伝子の解析,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,1998年08月,術後にsupplementary motor area syndromeを呈したcortical dysplasiaの1例,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,1998年08月,Sulcotomy,gyrectomyによるグリオーマの手術と結果,その他

  • 新潟医学会雑誌,国際会議,1998年08月,難治性てんかん発作を呈した運動野海綿状血管腫の1手術例,その他

  • NEUROPATHOLOGY,国際会議,1998年05月,くも膜下出血を繰り返したhemangiopericytomaの一例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,1998年03月,くも膜下出血を繰り返したhemangiopericytomaの一例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,1998年03月,出血を繰り返した悪性松果体腫瘍の一例,その他

  • 日本脳神経外科学会総会抄録集,国際会議,1997年10月,脳磁図と術中モニタリングを活用した一次運動野近傍病変の手術,その他

  • 日本脳神経外科学会総会抄録集,国際会議,1997年10月,Petroclival meningioma 我々の手術と治療方針 脳幹及び脳神経の温存,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>