2021/12/08 更新

写真a

ヌマクラ チカヒコ
沼倉 周彦
NUMAKURA Tikahiko
職名
助教(転出・退職)

研究分野

  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学

出身大学院

  • 山形大学  医学系研究科  小児科

    博士課程,2002年03月,修了

取得学位

  • 博士(医学),山形大学,2002年03月

 

研究テーマ

  • 小児内分泌疾患の遺伝子解析

総説・解説記事

  • 【診断・治療可能な遺伝性疾患を見逃さないために】先天代謝異常症 シトリン欠損症,(株)日本小児医事出版社,小児科臨床,73(5) 690-694,2020年05月

    沼倉 周彦

  • 【症候・疾患からみる小児の検査】疾患からみる臨床検査の進めかた 下垂体機能異常症が疑われるとき,(株)診断と治療社,小児科診療,83(増刊) 356-361,2020年04月

    沼倉 周彦

  • 【小児の負荷試験2019】甲状腺系機能検査 TRH負荷試験,(株)東京医学社,小児内科,51(4) 432-434,2019年04月

    沼倉 周彦

  • 【小児疾患の診断治療基準】(第2部)疾患 先天代謝異常症 シトリン欠損症,(株)東京医学社,小児内科,50(増刊) 160-161,2018年11月

    早坂 清, 沼倉 周彦

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,本邦における中枢性甲状腺機能低下症の診療状況および分子遺伝学的検討

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,本邦における巣状分節性糸球体硬化症の疫学と病態解明

受託研究受入実績

  • 難プラ標準レジストリーを使用し、新生児マススクリーニング対象疾患等の遺伝子変異を考慮したガイドライン改定に向けたエビデンス創出研究,2020年07月 ~ 2021年03月,国立大学法人東海国立大学機構 ,一般受託研究

  • 先天性代謝異常症患者を対象とした健康関連QOL調査(IEM-QOL),2019年07月 ~ 2022年03月,公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター,一般受託研究

  • 先天性代謝異常症患者を対象とした健康関連QOL調査(IEM-QOL),2019年07月 ~ 2022年03月,公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター,一般受託研究

  • 新生児マススクリーニング対象疾患等の診療に直結するエビデンス創出研究,2019年04月 ~ 2020年03月,国立大学法人岐阜大学,一般受託研究

研究発表

  • 日本マス・スクリーニング学会誌,国際会議,2020年09月,FT4スクリーニングで検出したが、その後甲状腺機能が正常化した中隔視神経形成異常症の1例,その他

  • 日本マス・スクリーニング学会誌,国際会議,2020年09月,新生児スクリーニングで経験した興味深い症例提示とその対応 IGSF1異常症における低プロラクチン血症は遅れて出現する,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2020年08月,母体男性化副腎腫瘍による46,XX性分化疾患における11-oxy-androgensの検討,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2020年08月,チトクロームP450オキソドレダクターゼ欠損症 日本の全国調査,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2020年08月,hCG負荷におけるbackdoor pathway活性化についての検討,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2020年08月,5歳からパミドロネートを開始し成人年齢に達したOsteoporosis-pseudoglioma syndromeの一例,その他

  • 日本小児科学会雑誌,国際会議,2020年07月,バセドウ病母体から出生し、異なる経過をたどった新生児甲状腺機能亢進症の同胞例,その他

  • 日本小児科学会雑誌,国際会議,2020年03月,Prader-Willi症候群の死亡例2例の検討,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2020年02月,hCG負荷におけるbackdoor pathway活性化についての検討,その他

  • 日本小児科学会雑誌,国際会議,2020年02月,シトリン欠損症における成長障害の検討,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2020年02月,TSH単独欠損症の分子基盤 小児患者13例の系統的遺伝子解析と文献レビュー,その他

  • 日本マス・スクリーニング学会誌,国際会議,2019年10月,思春期年齢に到達したガラクトース血症IV型の2例,その他

  • 日本小児科学会雑誌,国際会議,2019年07月,当初、胆道閉鎖症を疑われたシトリン欠損症の1例,その他

  • 糖尿病,国際会議,2019年04月,若年発症非1型糖尿病患者において治療選択と関連が認められたWFS1遺伝子バリアントの報告,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2019年04月,出生前診断されたPOR異常症男児における縦断的ステロイドプロファイル,その他

  • 眼科臨床紀要,国際会議,2019年03月,幼児期に視神経萎縮を発症したメチルマロン酸血症の一例,その他

  • 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌,国際会議,2018年12月,【シトリン欠損症Update】臨床像からみたシトリン欠損症,その他

  • 日本先天代謝異常学会雑誌,国際会議,2018年09月,成人発症II型シトルリン血症に対する低炭水化物食下の中鎖脂肪酸補充療法について,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2018年09月,出生前診断されたPORD男児における縦断的ステロイドプロファイル,その他

  • 日本小児栄養消化器肝臓学会雑誌,国際会議,2018年09月,中鎖脂肪酸の治療効果から示されるシトリン欠損症の基本的病態 肝細胞のエネルギー欠乏,その他

  • 日本先天代謝異常学会雑誌,国際会議,2018年09月,タンデムマススクリーニング試験研究期に発見された症例の予後調査,その他

  • 日本小児科学会雑誌,国際会議,2018年07月,ACTH療法とゾニサミドの併用により高カルシウム尿症と低リン血症を認めたダウン症候群の1男児例,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2018年04月,21-水酸化酵素欠損症における副腎クリーゼの罹患率と臨床的特徴 7歳未満小児の全国調査,その他

  • 日本内分泌学会雑誌,国際会議,2018年04月,小児A型インスリン抵抗症の臨床像と遺伝学的背景,その他

  • 糖尿病,国際会議,2018年04月,小児A型インスリン抵抗症の臨床像と遺伝子型相関,その他

  • 糖尿病,国際会議,2018年04月,GCK遺伝子に同一変異を認めたMODY2の家系の検討,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野

  • 1)小児内分泌学