基本情報

写真a

加藤 智幸

KATO Tomoyuki


職名

准教授

研究室電話

023-628-5368

研究室FAX

023-628-5370

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部

    1991年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学研究科

    博士課程,1995年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,1995年04月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 山形市立病院済生館,,1995年04月 ~ 1996年09月

  • 鶴岡市立荘内病院,,1996年10月 ~ 1999年05月

  • 山形県立日本海病院, ,1999年06月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会

  • 日本透析医学会

  • 日本免疫学会

  • 日本癌学会

  • 日本炎症再生学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器癌に対する手術療法、薬物療法

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ストレス及びグルココルチコイドによる好中球アポトーシスの修飾,1992年10月 ~ 1995年03月

    好中球、ストレス、グルココルチコイド

  • 進行性腎細胞癌に対する薬物療法,2004年04月 ~ 継続中

    腎細胞癌、サイトカイン、分子標的薬

論文 【 表示 / 非表示

  • Clinical utility of head computed tomography scan during systemic therapy for metastatic renal cell carcinoma,INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY,2021年02月

    Naito Sei, Narisawa Takafumi, Kato Tomoyuki, Ichiyanagi Osamu, Kurokawa Masayuki, Yagi Mayu, Kanno Hidenori, Kurota Yuta, Yamagishi Atsushi, Sakurai Toshihiko, Nishida Hayato, Yamanobe Takuya, Tsuchiy...

    単著

  • Analysis of inflammatory response during intravesical immunotherapy with BCG for non-muscle invasive bladder cancer,CANCER SCIENCE,112 841,2021年02月

    Takeda Yuji, Kato Tomoyuki, Naito Sei, Ito Hiromi, Ushijima Masaki, Narisawa Takafumi, Kanno Hidenori, Kurota Yuta, Tsuchiya Norihiko, Asao Hironobu

    単著

  • Post-operative prediction of late recurrence of localized clear cell RCC using clinical models already reported,CANCER SCIENCE,112 835,2021年02月

    Ichiyanagi Osamu, Naito Sei, Narisawa Takafumi, Yagi Mayu, Kanno Hidenori, Sakurai Toshihiko, Ito Hiromi, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Dynamic changes in myeloid cells in urological cancer patients during immune checkpoint treatment,CANCER SCIENCE,112 837,2021年02月

    Kato Tomoyuki, Takeda Yuji, Naito Sei, Ito Hiromi, Ushijima Masaki, Narisawa Takafumi, Yagi Mayu, Kanno Hidenori, Sakurai Toshihiko, Yamanobe Takuya, Asao Hironobu, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Effect of general self-efficacy on promoting health-related quality of life during recovery from radical prostatectomy: a 1-year prospective study(和訳中),International Journal of Clinical Oncology,25(12) 2122-2129,2020年12月

    Kawaguchi Kansuke, Kawazoe Hisashi, Sakurai Toshihiko, Nishida Hayato, Kanno Hidenori, Naito Sei, Kato Tomoyuki, Konta Tsuneo, Tsuchiya Norihiko, Sato Wakako

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科のスペシャリストを目指す人のための 医師とナースの合同カンファレンス(第17回) 転移性腎がん症例の薬剤選択と有害事象対策の巻,(株)メディカ出版,Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure,23(5) 625-634,2018年10月

    加藤 智幸, 土谷 順彦

  • 【腎癌に対する薬物療法-最新エビデンスを実臨床に活かす】 非淡明細胞癌に対する薬物療法 ベストプラクティスは何か,(株)医学書院,臨床泌尿器科,72(1) 58-62,2018年01月

    加藤 智幸

  • 『腎癌診療ガイドライン2017年版』 全身治療を考える,医学図書出版(株),泌尿器外科,31(1) 47-54,2018年01月

    冨田 善彦, 神波 大己, 藤井 靖久, 加藤 智幸, 大庭 康司郎, 木村 剛, 高橋 俊二, 山名 一寿

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2022年03月,免疫抑制型好中球とがん免疫促進型好中球を指標にした最適な免疫治療のTPOの探索

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,新規免疫療法治療効果予測因子としてのGPI-80を用いたMDSCの発現・機能解析

    泌尿器科学関連

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,腎癌と膀胱癌における免疫抑制型好中球と抗腫瘍型好中球の分類法確立

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本排尿機能学会誌,国際会議,2020年10月,当院におけるビベグロンの使用経験,その他

  • 日本排尿機能学会誌,国際会議,2020年10月,高度萎縮膀胱に対して回腸利用膀胱拡大術を施行した2例,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2020年10月,非筋層浸潤膀胱がん治療のBCG膀胱内注入療法時の炎症反応の解析,その他

  • 日本排尿機能学会誌,国際会議,2020年10月,過活動膀胱に対するβ3受容体作動薬vibegronの当院における臨床成績,その他

  • 移植,国際会議,2020年10月,膀胱炎を伴わなかった腎移植後アデノウイルス尿路感染の1例,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 第1回山形癌薬物治療講演会,2009年05月

  • 泌尿器がん治療フォーラム2009,2009年04月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科疾患(尿路腫瘍)