2023/11/30 更新

写真a

カトウ トモユキ
加藤 智幸
KATO Tomoyuki
職名
准教授(転出・退職)
研究室電話
023-628-5368
 
研究室FAX
023-628-5370
 

研究分野

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

出身大学

  • 山形大学  医学部

    1991年03月,卒業

出身大学院

  • 山形大学  医学研究科

    博士課程,1995年03月,修了

取得学位

  • 博士(医学),山形大学,1995年04月

学外略歴

  • 山形市立病院済生館,,1995年04月 ~ 1996年09月

  • 鶴岡市立荘内病院,,1996年10月 ~ 1999年05月

  • 山形県立日本海病院, ,1999年06月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会

  • 日本泌尿器科学会

  • 日本透析医学会

  • 日本免疫学会

  • 日本癌学会

  • 日本炎症再生学会

  • 日本Endourology・ESWL学会

  • 日本臨床免疫学会

  • 日本癌治療学会

  • American Urological Association

  • 日本内視鏡外科学会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • 泌尿器癌に対する手術療法、薬物療法

研究経歴

  • ストレス及びグルココルチコイドによる好中球アポトーシスの修飾,1992年10月 ~ 1995年03月

    好中球、ストレス、グルココルチコイド

  • 進行性腎細胞癌に対する薬物療法,2004年04月 ~ 継続中

    腎細胞癌、サイトカイン、分子標的薬

論文

  • Clinical utility of head computed tomography scan during systemic therapy for metastatic renal cell carcinoma,INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY,2021年02月

    Naito Sei, Narisawa Takafumi, Kato Tomoyuki, Ichiyanagi Osamu, Kurokawa Masayuki, Yagi Mayu, Kanno Hidenori, Kurota Yuta, Yamagishi Atsushi, Sakurai Toshihiko, Nishida Hayato, Yamanobe Takuya, Tsuchiy...

    単著

  • Post-operative prediction of late recurrence of localized clear cell RCC using clinical models already reported,CANCER SCIENCE,112 835,2021年02月

    Ichiyanagi Osamu, Naito Sei, Narisawa Takafumi, Yagi Mayu, Kanno Hidenori, Sakurai Toshihiko, Ito Hiromi, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Dynamic changes in myeloid cells in urological cancer patients during immune checkpoint treatment,CANCER SCIENCE,112 837,2021年02月

    Kato Tomoyuki, Takeda Yuji, Naito Sei, Ito Hiromi, Ushijima Masaki, Narisawa Takafumi, Yagi Mayu, Kanno Hidenori, Sakurai Toshihiko, Yamanobe Takuya, Asao Hironobu, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Analysis of inflammatory response during intravesical immunotherapy with BCG for non-muscle invasive bladder cancer,CANCER SCIENCE,112 841,2021年02月

    Takeda Yuji, Kato Tomoyuki, Naito Sei, Ito Hiromi, Ushijima Masaki, Narisawa Takafumi, Kanno Hidenori, Kurota Yuta, Tsuchiya Norihiko, Asao Hironobu

    単著

  • Effect of general self-efficacy on promoting health-related quality of life during recovery from radical prostatectomy: a 1-year prospective study(和訳中),International Journal of Clinical Oncology,25(12) 2122-2129,2020年12月

    Kawaguchi Kansuke, Kawazoe Hisashi, Sakurai Toshihiko, Nishida Hayato, Kanno Hidenori, Naito Sei, Kato Tomoyuki, Konta Tsuneo, Tsuchiya Norihiko, Sato Wakako

    単著

  • Effect of general self-efficacy on promoting health-related quality of life during recovery from radical prostatectomy: a 1-year prospective study,INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,25(12) 2122-2129,2020年12月

    Kawaguchi Kansuke, Kawazoe Hisashi, Sakurai Toshihiko, Nishida Hayato, Kanno Hidenori, Naito Sei, Kato Tomoyuki, Konta Tsuneo, Tsuchiya Norihiko, Sato Wakako

    単著

  • New prognostic model for synchronous metastatic renal cell carcinoma,INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY,27(5) 448-456,2020年05月

    Naito Sei, Kato Tomoyuki, Ichiyanagi Osamu, Narisawa Takafumi, Kurokawa Masayuki, Yagi Mayu, Ushijima Masaki, Ozawa Michinobu, Kanno Hidenori, Kurota Yuta, Fukuhara Hiroki, Kuboki Yuya, Yamagishi Atsu...

    単著

  • Living kidney transplantation without perioperative anticoagulation therapy for a patient with heparin-induced thrombocytopenia.,IJU case reports,3(3) 86-89,2020年05月

    Nishida H, Fukuhara H, Yamagishi A, Hosoya N, Ichiyanagi O, Sakurai T, Naito S, Yamanobe T, Kato T, Tsuchiya N

    単著

  • 同時性転移性腎細胞癌の新規予後モデル(New prognostic model for synchronous metastatic renal cell carcinoma),International Journal of Urology,27(5) 448-456,2020年05月

    Naito Sei, Kato Tomoyuki, Ichiyanagi Osamu, Narisawa Takafumi, Kurokawa Masayuki, Yagi Mayu, Ushijima Masaki, Ozawa Michinobu, Kanno Hidenori, Kurota Yuta, Fukuhara Hiroki, Kuboki Yuya, Yamagishi Atsu...

    単著

  • Avelumab plus axitinib vs sunitinib for advanced renal cell carcinoma: Japanese subgroup analysis from JAVELIN Renal 101,CANCER SCIENCE,111(3) 907-923,2020年03月

    Uemura Motohide, Tomita Yoshihiko, Miyake Hideaki, Hatakeyama Shingo, Kanayama Hiro-omi, Numakura Kazuyuki, Takagi Toshio, Kato Tomoyuki, Eto Masatoshi, Obara Wataru, Uemura Hirotsugu, Choueiri Toni K...

    単著

  • 進行腎細胞癌に対するアベルマブ+アキシチニブ併用とスニチニブの比較 JAVELIN Renal 101試験の日本人サブグループ解析(Avelumab plus axitinib vs sunitinib for advanced renal cell carcinoma: Japanese subgroup analysis from JAVELIN Renal 101),Cancer Science,111(3) 907-923,2020年03月

    Uemura Motohide, Tomita Yoshihiko, Miyake Hideaki, Hatakeyama Shingo, Kanayama Hiro-omi, Numakura Kazuyuki, Takagi Toshio, Kato Tomoyuki, Eto Masatoshi, Obara Wataru, Uemura Hirotsugu, Choueiri Toni K...

    単著

  • Association between Hyposensitivity of C-fiber Afferents at The Proximal Urethra and Storage/voiding Dysfunction in Female Patients with Detrusor Overactivity,UROLOGY JOURNAL,17(6) 631-637,2020年

    Ichiyanagi Osamu, Nishimoto Ken-ichi, Nagaoka Akira, Naito Sei, Yagi Mayu, Ushijima Masaki, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • GPI-80は骨髄細胞不均一性の有用な指標であり、転移性腎細胞癌の予後予測バイオマーカーである(GPI-80 as a Useful Index for Myeloid Cell Heterogeneity and a Potential Prognostic Biomarker for Metastatic Renal Cell Carcinoma),The Tohoku Journal of Experimental Medicine,249(3) 203-212,2019年11月

    Kato Tomoyuki, Takeda Yuji, Ito Hiromi, Kurota Yuta, Yamagishi Atsushi, Sakurai Toshihiko, Naito Sei, Araki Akemi, Nara Hidetoshi, Asao Hironobu, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • GPI-80 as a Useful Index for Myeloid Cell Heterogeneity and a Potential Prognostic Biomarker for Metastatic Renal Cell Carcinoma,TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE,249(3) 203-212,2019年11月

    Kato Tomoyuki, Takeda Yuji, Ito Hiromi, Kurota Yuta, Yamagishi Atsushi, Sakurai Toshihiko, Naito Sei, Araki Akemi, Nara Hidetoshi, Asao Hironobu, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Effect of third- and fourth-line systemic therapies for metastatic renal cell carcinoma,SCIENTIFIC REPORTS,9(1) 15451,2019年10月

    Naito Sei, Ichiyanagi Osamu, Kato Tomoyuki, Kanno Hidenori, Narisawa Takafumi, Kurokawa Masayuki, Ushijima Masaki, Ozawa Michinobu, Yagi Mayu, Kurota Yuta, Fukuhara Hiroki, Yamagishi Atsushi, Sakurai ...

    単著

  • Randomized phase III trial of avelumab plus axitinib vs sunitinib as first-line treatment for advanced renal cell carcinoma: JAVELIN renal 101 Japanese subgroup analysis,ANNALS OF ONCOLOGY,30 ,2019年10月

    Uemura M., Tomita Y., Miyake H., Hatakeyama S., Kanayama H-O., Numakura K., Takagi T., Kato T., Eto M., Obara W., Uemura H., Motzer R. J., Fujii Y., Kamei Y., Oya M.

    単著

  • von Willebrand病患者に対する腎部分切除術の経験,日本泌尿器科学会雑誌,110(3) 196-200,2019年07月

    伊藤 英, 山岸 敦史, 黒川 真行, 堀江 繁光, 八木 真由, 黒田 悠太, 菅野 秀典, 櫻井 俊彦, 西田 隼人, 内藤 整, 柴崎 智宏, 川添 久, 一柳 統, 加藤 智幸, 長岡 明, 土谷 順彦, 樺澤 崇充, 相澤 桂子, 石澤 賢一

    単著

  • Impact of eIF4E phosphorylation at Ser209 via MNK2a on tumour recurrence after curative surgery in localized clear cell renal cell carcinoma.,Oncotarget,10(40) 4053-4068,2019年06月

    Ichiyanagi O, Ito H, Naito S, Kabasawa T, Kanno H, Narisawa T, Ushijima M, Kurota Y, Ozawa M, Sakurai T, Nishida H, Kato T, Yamakawa M, Tsuchiya N

    単著

  • 晩期サイトメガロウイルス性肺炎を発症した献腎移植後の1例,泌尿器外科,32(6) 873-876,2019年06月

    福原 宏樹, 西田 隼人, 山岸 敦史, 櫻井 俊彦, 内藤 整, 山辺 拓也, 川添 久, 加藤 智幸, 土谷 順彦

    単著

  • Risk of SOFA Deterioration in Conservative Treatment for Emphysematous Pyelonephritis: Pitfalls of Current Trends in Therapeutics from Multicenter Clinical Experience.,Current urology,12(3) 134-141,2019年05月

    Ozawa M, Ichiyanagi O, Fujita S, Naito S, Fukuhara H, Suenaga S, Takai S, Narisawa T, Hosoya N, Ishii T, Yamanobe T, Muto A, Suzuki H, Nishida H, Kato T, Tsuchiya N

    単著

  • Expression of total and phospho 4EBP1 in metastatic and non-metastatic renal cell carcinoma,ONCOLOGY LETTERS,17(4) 3910-3918,2019年04月

    Naito Sei, Ichiyanagi Osamu, Ito Hiromi, Kabasawa Takanobu, Kanno Hidenori, Narisawa Takafumi, Fukuhara Hiroki, Yagi Mayu, Kurota Yuta, Yamagishi Atsushi, Sakurai Toshihiko, Nishida Hayato, Kawazoe Hi...

    単著

  • Possible role of hyposensitivity of C-fiber afferents at the proximal urethra in the development of urge urinary incontinence in patients with detrusor overactivity.,Lower urinary tract symptoms,11(2) O21-O27,2019年04月

    Ichiyanagi O, Nagaoka A, Naito S, Tsukigi M, Yagi M, Kato T, Ishigooka M, Tsuchiya N

    単著

  • The prognostic value of glycosylphosphatidylinositol-anchored 80 kD protein (GPI-80) positive myeloid derived suppressor cells (MDSCs) in peripheral blood of metastatic renal cell carcinoma (mRCC) patients.,JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,37(7) ,2019年03月

    Kato Tomoyuki, Takeda Yuji, Kurota Yuta, Naito Sei, Ito Hiromi, Araki Akemi, Asao Hironobu, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Reinforcement of the Triple D score with simple addition of the intrarenal location for the prediction of the stone-free rate after shockwave lithotripsy for renal stones 10-20mm in diameter,INTERNATIONAL UROLOGY AND NEPHROLOGY,51(2) 239-245,2019年02月

    Ichiyanagi Osamu, Fukuhara Hiroki, Kurokawa Masayuki, Izumi Takuji, Suzuki Hitoshi, Naito Sei, Nishida Hayato, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • [AN EXPERIENCE OF PARTIAL NEPHRECTOMY IN A PATIENT WITH VON WILLEBRAND DISEASE].,Nihon Hinyokika Gakkai zasshi. The japanese journal of urology,110(3) 196-200,2019年

    Ito S, Yamagishi A, Kurokawa M, Horie S, Yagi M, Kurota Y, Kanno H, Sakurai T, Nishida H, Naito S, Shibasaki T, Kawazoe H, Ichiyanagi O, Kato T, Nagaoka A, Tsuchiya N, Kabasawa T, Aizawa K, Ishizawa K

    単著

  • Ankrd1 as a potential therapeutic target for rapamycin-resistant renal cell carcinoma,CANCER SCIENCE,109 984,2018年12月

    Ozawa Michinobu, Naito Sei, Ito Hiromi, Ushijima Masaki, Narisawa Takafumi, Kanno Hidenori, Kurota Yuta, Yagi Mayu, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Clinical significance of GPI-80 expression in peripheral blood of metastatic renal cell cancer patients,CANCER SCIENCE,109 993,2018年12月

    Kato Tomoyuki, Takeda Yuji, Kurota Yuta, Ito Hiromi, Narisawa Takafumi, Kanno Hidenori, Yagi Mayu, Sakurai Toshihiko, Naito Sei, Kawazoe Hisashi, Yamanobe Takuya, Asao Hironobu, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • GSK-3 can affect mRNA translation and proliferation via regulation of 4EBP1/eIF4E and MNK1/eIF4E in renal cell carcinoma,CANCER SCIENCE,109 994,2018年12月

    Kaneko Sayaka, Ito Hiromi, Naito Sei, Narisawa Takafumi, Kurota Yuta, Kanno Hidenori, Yagi Mayu, Ushijima Masaki, Ozawa Michinobu, Ichiyanagi Osamu, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Patients with nuclear expression of ERK5 had poor prognosis in renal cell carcionoma,CANCER SCIENCE,109 572,2018年12月

    Naito Sei, Kanno Hidenori, Ito Hiromi, Kato Tomoyuki, Ichiyanagi Osamu, Narisawa Takafumi, Supsup Mayu Yagi, Ushijima Masaki, Ozawa Michinobu, Kurota Yuta, Sakurai Toshihiko, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Phospho-eIF4E prevents tumor recurrence by suppressing epithelial-mesenchymal transition in renal cell carcinoma,CANCER SCIENCE,109 994,2018年12月

    Ito Hiromi, Ichiyanagi Osamu, Naito Sei, Kanno Hidenori, Narisawa Takafumi, Kurota Yuta, Kaneko Sayaka, Ushijima Masaki, Ozawa Michinobu, Yagi Mayu, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Role of FGFR4 in clear cell renal carinoma and its potential as a new drug target,CANCER SCIENCE,109 987,2018年12月

    Narisawa Takafumi, Naito Sei, Ito Hiromi, Sakurai Toshihiko, Ozawa Michinobu, Ushijima Masaki, Kanno Hidenori, Yagi Mayu, Kurota Yuta, Ichiyanagi Osamu, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • The role of beta-adrenoceptor and catecholamine stimuli in renal cell carcinoma,CANCER SCIENCE,109 1279,2018年12月

    Ushijima Masaki, Ichiyanagi Osamu, Ito Hiromi, Naito Sei, Narisawa Takafumi, Yagi Mayu, Kurota Yuta, Kanno Hidenori, Sakurai Toshihiko, Kawazoe Hisashi, Yamanobe Takuya, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihi...

    単著

  • Variation of gene expression profiling caused by adding LDL in renal cell carcinoma cell lines,CANCER SCIENCE,109 981,2018年12月

    Yagi Mayu, Naito Sei, Ito Hiromi, Narisawa Takafumi, Kurota Yuta, Kanno Hidenori, Ushijima Masaki, Ozawa Michinobu, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Analysis of urinary leukocytes during intravesical immunotherapy with BCG for non-muscle invasive bladder cancer,CANCER SCIENCE,109 978,2018年12月

    Takeda Yuji, Kato Tomoyuki, Kurota Yuta, Ito Hiromi, Tsuchiya Norihiko, Asao Hironobu

    単著

  • Activation level of the mTORC1/4EBP1/eIF4E pathway is a predictor for recurrence of clear cell renal cell carcinoma,CANCER SCIENCE,109 985,2018年12月

    Ichiyanagi Osamu, Ito Hiromi, Naito Sei, Narisawa Takafumi, Kurota Yuta, Kanno Hidenori, Yagi Mayu, Sakurai Toshihiko, Kawazoe Hisashi, Yamanobe Takuya, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • パゾパニブ投与により原発巣摘除が可能となった転移性腎細胞癌の1例,泌尿器外科,31(11) 1567-1570,2018年11月

    川村 裕子, 石井 達矢, 加藤 智幸

    単著

  • Systemic neutrophil migration and rapid consumption of neutrophils in the spleen,DATA IN BRIEF,20 680-682,2018年10月

    Takeda Yuji, Kato Tomoyuki, Nemoto Nobuhito, Araki Akemi, Gazi Mohammad Yeashin, Nara Hidetoshi, Asao Hironobu

    単著

  • Augmentation of the expression of the eotaxin receptor on duodenal neutrophils by IL-21,CYTOKINE,110 194-203,2018年10月

    Takeda Yuji, Kato Tomoyuki, Nemoto Nobuhito, Araki Akemi, Gazi Mohammad Yeashin, Nara Hidetoshi, Asao Hironobu

    単著

  • Can single positive core prostate cancer at biopsy be considered a low-risk disease?,INTERNATIONAL UROLOGY AND NEPHROLOGY,50(10) 1829-1833,2018年10月

    Yamamoto Hayato, Koie Takuya, Ookubo Teppei, Mitsuzuka Koji, Narita Shintaro, Inoue Takamitsu, Kawamura Sadafumi, Kato Tomoyuki, Tochigi Tatsuo, Tsuchiya Norihiko, Habuchi Tomonori, Arai Yoichi, Ohyam...

    単著

  • Levels of 4EBP1/eIF4E Activation in Renal Cell Carcinoma Could Differentially Predict Its Early and Late Recurrence,CLINICAL GENITOURINARY CANCER,16(5) E1029-E1058,2018年10月

    Ichiyanagi Osamu, Naito Sei, Ito Hiromi, Kabasawa Takanobu, Narisawa Takafumi, Kanno Hidenori, Kurota Yuta, Kurokawa Masayuki, Fukuhara Hiroki, Sakurai Toshihiko, Nishida Hayato, Kato Tomoyuki, Yamaka...

    単著

  • Pazopanib-induced crystal deposition in intestinal mucosa in a patient with retroperitoneal liposarcoma,INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY,25(6) 627-629,2018年06月

    Horie Shigemitsu, Nishida Hayato, Sakurai Toshihiko, Ichiyanagi Osamu, Kato Tomoyuki, Yagi Makoto, Kabasawa Takanobu, Asai Teigo, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • 後腹膜脂肪肉腫患者におけるパゾパニブ誘発性の腸粘膜への結晶沈着(Pazopanib-induced crystal deposition in intestinal mucosa in a patient with retroperitoneal liposarcoma),International Journal of Urology,25(6) 627-629,2018年06月

    Horie Shigemitsu, Nishida Hayato, Sakurai Toshihiko, Ichiyanagi Osamu, Kato Tomoyuki, Yagi Makoto, Kabasawa Takanobu, Asai Teigo, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Air-Stable and High-Performance Solution-Processed Organic Light-Emitting Devices Based on Hydrophobic Polymeric Ionic Liquid Carrier-Injection Layers,ADVANCED MATERIALS,30(18) ,2018年05月

    Sato Shugo, Ohisa Satoru, Hayashi Yukihiro, Sato Ryo, Yokoyama Daisuke, Kato Tetsuya, Suzuki Michinori, Chiba Takayuki, Pu Yong-Jin, Kido Junji

    単著

  • アデノウイルス迅速検査キットによりアデノウイルス膀胱炎を早期に診断した4例,腎移植・血管外科,29(1) 48-52,2018年05月

    西田 隼人, 山岸 敦史, 福原 宏樹, 櫻井 俊彦, 内藤 整, 川添 久, 一柳 統, 加藤 智幸, 土谷 順彦

    単著

  • Gene expressions in rapamycin resistant RCC cell line,CANCER SCIENCE,109 1147,2018年01月

    Naito Sei, Ito Hiromi, Ichiyanagi Osamu, Kanno Hidenori, Narisawa Takafumi, Yagi Mayu, Kurota Yuta, Kawazoe Hisashi, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • GPI-80, a useful marker of MDSC in mRCC patients, is a reference for the search for new MDSC markers,CANCER SCIENCE,109 332,2018年01月

    Kato Tomoyuki, Takeda Yuji, Ito Hitomi, Kurota Yuta, Yagi Mayu, Sakurai Toshihiko, Naito Sei, Kawazoe Hisashi, Ichiyanagi Osamu, Tsuchiya Norihiko, Asao Hironobu

    単著

  • In vitro investigation of significance of fibroblast growth factor receptor type 4 (FGFR4) in RCC cell lines,CANCER SCIENCE,109 329,2018年01月

    Narisawa Takafumi, Sakurai Toshihiko, Naito Sei, Ito Hiromi, Kanno Hidenori, Ichiyanagi Osamu, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • The Effects of ERK5 Inhibition in Clear Cell Renal Cell Carcinoma,CANCER SCIENCE,109 614,2018年01月

    Kanno Hidenori, Ito Hiromi, Yagi Mayu, Sakurai Toshihiko, Naito Sei, Kawazoe Hisashi, Ichiyanagi Osamu, Kato Tomoyuki, Tsuchiya Norihiko

    単著

  • Superficial Siderosis Associated with a Spinal Dural Defect,MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES,17(3) 189-190,2018年

    Hiraka Toshitada, Kanoto Masafumi, Toyoguchi Yuki, Igari Ryousuke, Kato Takeo, Hosoya Takaaki

    単著

  • Osteosarcoma of the bladder successfully treated with partial cystectomy,Journal of Urology,2000年05月

    Kato T, Kubota Y, Saito M, Yaguchi H, Sasagawa I, Nakada T

    共著(海外含む)

  • Successful treatment of vesicoureteric reflux by subureteric injection of silicone,International Urology and Nephrology,27 709-715,1995年05月

    Kato T, Nakada T, Ishigooka M, Hashimoto T, Sasagawa I, Kubota Y, Suzuki H

    共著(海外含む)

  • Inhibition by dexamethasone of human neutrophil apoptosis in vitro,Natural Immunity,1995年03月

    Kato T, Takeda Y, Nakada T, Sendo F

    共著(海外含む)

  • Cystic adrenal mass : Pseudocyst associated with hemangioma,Urologia Internationalis,1993年02月

    Kato T, Nakada T, Sasagawa I, Yaguchi H, Suzuki H, Yamaguchi T

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 泌尿器科のスペシャリストを目指す人のための 医師とナースの合同カンファレンス(第17回) 転移性腎がん症例の薬剤選択と有害事象対策の巻,(株)メディカ出版,Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure,23(5) 625-634,2018年10月

    加藤 智幸, 土谷 順彦

  • 【腎癌に対する薬物療法-最新エビデンスを実臨床に活かす】 非淡明細胞癌に対する薬物療法 ベストプラクティスは何か,(株)医学書院,臨床泌尿器科,72(1) 58-62,2018年01月

    加藤 智幸

  • 『腎癌診療ガイドライン2017年版』 全身治療を考える,医学図書出版(株),泌尿器外科,31(1) 47-54,2018年01月

    冨田 善彦, 神波 大己, 藤井 靖久, 加藤 智幸, 大庭 康司郎, 木村 剛, 高橋 俊二, 山名 一寿

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2022年04月 ~ 2025年03月,泌尿器癌に対する重粒子線治療における免疫学的効果予測因子の探求

    泌尿器科学関連

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,免疫抑制型好中球とがん免疫促進型好中球を指標にした最適な免疫治療のTPOの探索

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,新規免疫療法治療効果予測因子としてのGPI-80を用いたMDSCの発現・機能解析

    泌尿器科学関連

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,腎癌と膀胱癌における免疫抑制型好中球と抗腫瘍型好中球の分類法確立

研究発表

  • 日本排尿機能学会誌,国際会議,2020年10月,当院におけるビベグロンの使用経験,その他

  • 移植,国際会議,2020年10月,腎移植患者におけるMMFの目標トラフ値の設定とAUCO-12予測式確立の試み,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2020年10月,淡明細胞型腎細胞癌の術後晩期再発に関する予後予測。既存モデルを用いた検証,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2020年10月,泌尿器癌患者における免疫チェックポイント阻害剤治療時の骨髄球系細胞の動的変化,その他

  • 移植,国際会議,2020年10月,膀胱炎を伴わなかった腎移植後アデノウイルス尿路感染の1例,その他

  • 日本排尿機能学会誌,国際会議,2020年10月,高度萎縮膀胱に対して回腸利用膀胱拡大術を施行した2例,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2020年10月,非筋層浸潤膀胱がん治療のBCG膀胱内注入療法時の炎症反応の解析,その他

  • 日本排尿機能学会誌,国際会議,2020年10月,過活動膀胱に対するβ3受容体作動薬vibegronの当院における臨床成績,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2020年06月,high risk前立腺癌の術前デガレクス使用症例の検討,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2020年06月,山形大学におけるニボルマブの初期使用経験,その他

  • 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集,国際会議,2020年02月,山形大学における腎移植再開後10年における治療成績,その他

  • 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集,国際会議,2020年02月,腎血管筋脂肪腫を有する腎臓を提供腎とした生体腎移植の1例,その他

  • 日本内視鏡外科学会雑誌,国際会議,2019年12月,山形大学におけるロボット支援腎部分切除術の治療成績,その他

  • 日本免疫学会総会・学術集会記録,国際会議,2019年11月,腫瘍免疫 癌免疫療法(前臨床及び臨床研究) 前立腺癌細胞株のPC3細胞上のGPI-80の機能(Tumor immunity 3 -Cancerimmunotherapy (Preclinical and clinical study)- Function of GPI-80 on prostate cancer cell line, PC3 cells),その他

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国際会議,2019年10月,山形大学における転移性腎細胞癌に対するcytoreductive nephrectomyの意義,その他

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国際会議,2019年10月,1st line進行腎細胞癌患者におけるavelumab+axitinibの第3相試験 日本人subgroup解析,その他

  • 移植,国際会議,2019年09月,腎移植における尿中DPP4と移植腎Banff scoreの関連性についての検討,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2019年09月,腎癌におけるAnkrd1の機能解明と薬剤耐性克服に向けた新規治療戦略の開発(Ankrd1 as a potential therapeutic target for Rapamycin-resistant renal Cancer),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2019年09月,ラパマイシン耐性腎癌と脂質合成(Resistance to rapamycin in renal cell carcinoma could promote lipid synthesis),その他

  • 移植,国際会議,2019年09月,Thiel法で固定した献体によるロボット支援下腎移植トレーニング,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2019年09月,FGFR阻害剤とmTOR阻害剤併用試験からみるFGFR4の重要性(Importance of FGFR4 from the combined test of FGFR inhibitor and mTOR inhibitor in vitro evaluation),その他

  • 日本排尿機能学会誌,国際会議,2019年09月,過活動膀胱に対する新規β3受容体作動薬vibegronの初期使用経験,その他

  • 山形医学,国際会議,2019年08月,IL-21は十二指腸遊走型好中球の分化を促進する,その他

  • 腎癌研究会会報,国際会議,2019年07月,有転移腎癌症例に対する定期的頭部CT検査の有用性の検討,その他

  • 腎癌研究会会報,国際会議,2019年07月,腎癌におけるFGFR4の発現と治療標的としての可能性について,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2019年06月,泌尿器腫瘍に対するWhole Body MRI(WB-MRI/DWIBS)の初期経験,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2019年06月,精巣腫瘍に対する化学療法中に血栓症を発症した症例の検討,その他

  • 日本腎臓学会誌,国際会議,2019年05月,腎提供前に減量を必要とした生体腎移植ドナーの短期予後の検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,Thiel法で固定した献体を用いた心停止下献腎摘出術トレーニングの経験,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,線維芽細胞増殖因子受容体タイプ4は腎癌薬物療法の新規標的になりうる,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,淡明細胞型腎細胞癌におけるヘモグロビンβの発現とその機能,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,根治的前立腺摘除術患者の健康関連QOLに関する一年間の検討 最終解析,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,当院における有転移腎細胞癌患者に対するNivolumab使用経験,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,山形県における尿膜管癌の臨床的検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,山形県におけるペムブロリズマブの初期使用経験,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,山形大学における腎癌診断時有転移症例の予後および予後因子に関する検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,山形大学における分子標的時代の転移性腎細胞癌長期生存例の検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,尿路結石症例における腎乳頭CT値の臨床的意義に関する検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2019年04月,ロボット支援前立腺全摘術における経直腸超音波ガイド下膀胱頸部離断の有用性の検討,その他

  • 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集,国際会議,2019年02月,術中術後に抗凝固薬を用いずに生体腎移植を施行したHITの1例,その他

  • 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集,国際会議,2019年02月,提供腎と非提供腎の体積差はどこまで許容されるか,その他

  • 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集,国際会議,2019年02月,移植腎生検でBanff score t3i1を認めた症例の短期予後の検討,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2019年01月,膀胱癌多発転移に対しRFAとGC療法を用いて長期生存を得た一例,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2019年01月,IgG4関連疾患による炎症性偽腫瘍と尿管癌を合併した1例,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2019年01月,Trabectedinにより治療効果が得られた脱分化型脂肪肉腫の一例,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2019年01月,慢性疼痛の原因として出血性腎嚢胞が疑われ腎部分切除を施行したvon Willebrand病の一例,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2019年01月,神経線維腫症I型に合併した悪性末梢神経腫瘍の左副腎・腎転移の1例,その他

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国際会議,2018年10月,有転移腎癌における分子標的薬時代の低用量サイトカイン治療,その他

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国際会議,2018年10月,前立腺全摘除術後患者の積極的な外出と関連要因,その他

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国際会議,2018年10月,前立腺生検1本陽性症例は低リスク前立腺癌と考えて良いか?,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,転移性腎細胞癌患者の末梢血におけるGPI-80発現の臨床的意義(Clinical significance of GPI-80 expression in peripheral blood of metastatic renal cell cancer patients),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,非筋層浸潤膀胱がん治療のためのBCG膀胱内注入療法時の尿中白血球の解析(Analysis of urinary leukocytes during intravesical immunotherapy with BCG for non-muscle invasive bladder cancer),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,腎細胞癌細胞株へのLDL添加による遺伝子発現プロファイリングの変動(Variation of gene expression profiling caused by adding LDL in renal cell carcinoma cell lines),その他

  • 移植,国際会議,2018年09月,Focal aggressive tubulointerstitial rejectionをきたした症例での短期予後の検討,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,mTORC1下流シグナル活性化は非転移性淡明細胞型腎細胞癌の根治術後再発の予測因子となりうる(Activation level of the mTORC1/4EBP1/eIF4E pathway is a predictor for recurrence of clear cell renal cell carcinoma),その他

  • 移植,国際会議,2018年09月,Thiel法で固定した検体を用いた献腎摘出トレーニングの経験,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,ラパマイシン耐性腎癌におけるAnkrd1の発現と治療標的の可能性の検討(Ankrd1 as a potential therapeutic target for rapamycin-resistant renal cell carcinoma),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,淡明型腎細胞癌におけるFGFR4の機能解析と治療標的としての可能性について(Role of FGFR4 in clear cell renal carinoma and its potential as a new drug target),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,細胞核でのERK5発現は腎癌において予後不良因子である(Patients with nuclear expression of ERK5 had poor prognosis in renal cell carcionoma),その他

  • 移植,国際会議,2018年09月,腎移植ドナーの術後腎機能予測におけるCT volumetoryの有用性の検討,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,腎細胞癌においてリン酸化eIF4Eは細胞遊走を抑制し晩期再発を制御する(Phospho-eIF4E prevents tumor recurrence by suppressing epithelial-mesenchymal transition in renal cell carcinoma),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,腎細胞癌におけるGSK-3による4EBP1/eIF4E及びMNK1/eIF4Eを介した蛋白質翻訳と細胞増殖制御機構の解析(GSK-3 can affect mRNA translation and proliferation via regulation of 4EBP1/eIF4E and MNK1/eIF4E in renal cell carcinoma),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,腎細胞癌におけるアドレナリンβ受容体とカテコールアミン刺激の役割(The role of beta-adrenoceptor and catecholamine stimuli in renal cell carcinoma),その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2018年06月,腎癌の脳転移症例についての検討,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2018年06月,山形大学における腎細胞癌に対するNivolumabの初期使用経験,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2018年06月,悪性腫瘍に対する全身化学療法中に血栓症を発症した症例の検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,高齢化社会における超高齢者泌尿器科疾患をどう治療していくか?〜若手泌尿器科医はこう考える〜 腎癌,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,転移性腎細胞癌患者予後因子としての末梢血中GPI-80発現,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,非胚細胞性陰嚢内腫瘍の検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,腎明細胞癌に対する有望な治療標的としてのERK5阻害(ERK5 inhibition as a potential therapeutic target for clear cell renal cell carcinoma),その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,mTORC1下流経路活性化が非転移性淡明細胞型腎細胞癌に対する根治切除後の再発時期に及ぼす影響,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,全摘標本から見た前立腺癌に対するマルチパラメトリックMRIの有用性の検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,山形大学における腎癌全身治療逐次療法の検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,山形大学における開腹前立腺全摘除術とロボット支援前立腺全摘除術の一年間の健康関連QOLの比較,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,当院におけるTVM治療の検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,当院における膀胱癌に対する膀胱全摘術についての検討,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,径10-15mmの腎結石に対する対外衝撃破結石破砕術の治療成績予測に関するTriple D scoreの有用性,その他

  • 日本泌尿器科学会総会,国際会議,2018年04月,根治的膀胱全摘術における手術感染部位(Surgical site infection:SSI)発症の危険因子に関する検討,その他

  • 日本老年泌尿器科学会誌,国際会議,2018年03月,患者意向に基づく前立腺肥大症に対する薬物治療 NAIT STUDY解析結果から考える,その他

  • 移植,国際会議,2018年02月,山形大学におけるBKウイルス腎症対策の臨床的効果,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動

  • 第1回山形癌薬物治療講演会,2009年05月

  • 泌尿器がん治療フォーラム2009,2009年04月

相談に応じられる分野

  • 泌尿器科疾患(尿路腫瘍)