基本情報

写真a

河野 銀子

KAWANO Ginko


職名

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育社会学

  • 高等教育

  • ジェンダー

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 武蔵大学  人文学部  社会学

    1989年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 上智大学  文学研究科  教育学

    博士課程,1996年03月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(教育学),上智大学,1993年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学国際文化研究科,非常勤講師,2002年04月 ~ 2014年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本教育社会学会

  • 国際ジェンダー学会

  • 日本学術会議(23-24期連携会員)

  • 科学技術社会論学会

  • 東北教育学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  •  教育(機関,制度,組織)の社会的機能について,教育を利用する側の意識やキャリアの分析を通して、再検討している。特に,教員のキャリア形成,高校と大学の接続,科学技術とジェンダーに関するテーマを得意とする。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 高校における文理選択に関する研究,2011年04月 ~ 2013年03月

    文系・理系、高校の教育課程、大学入試、高大接続

  • 女性研究者の実態と支援政策の国際比較,2016年04月 ~ 2019年03月

  • 公立高校の女性管理職に関する研究,2011年04月 ~ 2014年03月

    教員 管理職 キャリア形成  

  • 理工系大学・学部における女性学生比率に関する研究,2008年04月 ~ 2011年03月

    理工系大学・学部における女性学生比率に関する構造的要因の分析

  • バングラデシュの近代化と教育,1999年04月 ~ 2004年03月

    開発途上国,近代化と教育

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Gender Segregation on Campuses: A Cross-Time Comparison of the Academic Pipeline in Japan, South Korea, and Taiwan.,International Journal of Gender, Science and Technology,9(1) 3-24,2017年05月

    共著

  • 女性研究者増加政策における「パイプライン理論」-2006~2015年のシステマティックレビューの検討から-,ポリモルフィア』第2号、pp.94-107.,2 94-107,2017年03月

    共著

  • 教育分野における男女共同参画の状況ー「2020年30%」に向けて,国際ジェンダー学会誌2016/vol.14,(14) 96-107,2016年12月

    単著

  • 日本における科学技術分野の女性研究者支援政策―2006年以降の動向を中心に―,ジェンダー研究 第19号,(19) 175-191,2016年03月

    共著

  • 東アジアの女性学生・研究者の専攻分野に関するジェンダー分析:EU・日本・韓国・台湾の比較をとおして ,人文論叢:三重大学人文学部文化学科研究紀要,(32) 15-28,2015年03月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 河野銀子・藤田由美子編著『教育社会とジェンダー』,学文社,2014年04月

  • 河野銀子・村松泰子編著『高校の「女性」校長が少ないのはなぜか』,学文社,2011年11月

  • 苅谷剛彦・金子真理子編著『教員評価の社会学』,岩波書店,2010年06月

  • 子どもと学校,学文社,2010年03月

  • ジェンダーと教育,日本図書センター,2009年05月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,女性研究者の実態と支援政策の国際比較―米国・EU・アジアの比較から―

  • 基盤研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,公立高校の女性管理職に関する研究~都道府県別分析を通して~

    公立高校の女性管理職に関する実証的研究。女性管理職比率に都道府県別ごとの差が大きいことをふまえ、その要因を明らかにしようとしている。

  • 挑戦的萌芽研究,2011年04月 ~ 2013年03月,高大接続の新機軸- 「文理分離」を超えるために- 研究課題

    本研究は、「文系」「理系」という知の分類が進学や就職にまで影響を与える実態をかんがみ、(1) この知のあり方に関する社会意識の変化を把握するとともに、(2) この知の二分法の生成過程について掘り下げようとした。具体的には、(1) については、全国紙の記事を分析することで戦後日本の「文系」「理系」に対する社会意識をとらえ、(2) については、全国の高校から無作為に抽出した525 校の教育課程表2 年度分を収集・整理した。高校と大学の教員に対するインタビュー調査も実施した。

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年03月,理工系大学・学部における女子学生低比率の構造分析~ジェンダー平等に向けて

    日本の理工系大学・学部に女子学生が少ない背景について、個人的な意識や他者からの影響ではなく、学校組織や入試制度などの構造的な要因があるのではないか、という視点で研究している。

  • 若手研究(A),2004年04月 ~ 2007年03月,科学分野への女子のアクセス拡大に関する研究-高校における文理選択に注目して-

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 計算科学を活用した理科教材の開発と展開研究,2003年04月 ~ 2005年03月,学内共同研究

  • 学生の社会的背景の多様化に伴う“大学第一世代”への学習支援とカレッジポート・フォリオの有効性に関する基礎的研究,2002年04月 ~ 継続中,国内共同研究

  • ジェンダーからみた理科離れ,2002年04月 ~ 継続中,国内共同研究

  • デジタルコンテンツ開発に関する基礎研究,2001年04月 ~ 2002年03月,国内共同研究

  • 学校教育におけるジェンダー・バイアスに関する研究-中学校に理科教育に注目して-,1999年04月 ~ 継続中,国内共同研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東アジアにおける「女性と科学/技術」,国際会議,2012年01月,Ochanomizu University,Science for Junior high school girls in Japan,口頭(一般)

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 科学・理科教育とジェンダー(理科への女子の関心を高めるプログラム開発、科学分野における女性のアクセス拡大に関するプロジェクト),未設定

  • New Ideas on Educational Articulation ;Higher Education,Educational Articulation,未設定,共同研究

  • 'First-Generation Stuents in Japan,未設定

  • Gender and Science,未設定

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,教育社会学

  • 2013年度,教員のキャリア形成

  • 2013年度,総合演習(男女共同参画社会と教育)

  • 2013年度,総合演習(男女共同参画社会と教育)

  • 2013年度,課題研究A

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 国際ジェンダー学会,会員,2003年04月 ~ 2015年09月

  • 国際ジェンダー学会,理事,2015年10月 ~ 継続中

  • 山形県いじめ問題審議会,会長,2014年06月 ~ 2016年06月

  • 日本学術会議(23-24期連携会員),第23-24期連携会員,2016年04月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 2017年第64回応用物理学会春季学術講演会 特別シンポジウム講演「文理分離の実態と課題」,2017年03月

  • 日本学術会議東北地区会議公開学術講演会講演「地域社会×国立大学×女性活躍=山形の豊かな未来」,2016年12月

  • 日本学術会議公開シンポジウム講演『202030は可能か―「女性活躍推進法」の実効性を問う―』,2016年10月

  • 国立研究開発法人科学技術振興機構・女子中高生の理系進路選択支援プログラム「女子中高生夏の学校」講師,2016年08月

  • 東根市総合計画専門家会議委員,2014年03月 ~ 2016年03月

    山形県東根市の総合計画について、市民と話し合いを持ちながら策定に協力。

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 科学技術分野の人材育成(とくに女性)に関すること

  • 男女共同参画に関すること

  • 教育改革等に関すること