基本情報

写真a

松﨑 学

MATUZAKI Manabu


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4371

研究室FAX

023-628-4371

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

  • 社会心理学

  • 臨床心理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学  教育学部  小学校教員養成課程 教育心理学選修

    1976年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  教育学研究科  実験心理学専攻

    修士課程,1978年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,広島大学,1978年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 別府大学短期大学部,講師,1979年04月 ~ 1989年03月

  • 別府大学短期大学部,助教授,1989年04月 ~ 1995年03月

  • 山形大学教育学部,助教授,1995年04月 ~ 2005年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本学校メンタル・ヘルス学会

  • NPO日本教育カウンセラー協会

  • 日本心理学会

  • 日本教育心理学会

  • 日本保育学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)学校不適応児への実践的なサポート介入に関する研究
    (2)ストレスとソーシャル・サポートに関する研究
    (3)学級機能と子どもの学級適応に関する研究
    (4)学級成熟度に関する研究
    (5)一次的・二次的援助サービスの適正化に関する研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 学級機能と子どもの学級適応に関する研究,2003年07月 ~ 継続中

    学級機能、児童、学級適応、Q-Uアンケート、自主性尺度、STEP

  • Q-U満足型学級集団の質の違いに関する研究,2009年04月 ~ 継続中

    満足型学級集団、Q-U満足群出現率

  • ストレスとソーシャル・サポートに関する研究,1988年04月 ~ 継続中

    ソーシャル・サポート

  • 援助行動に関する研究,1978年04月 ~ 1988年03月

    援助行動

論文 【 表示 / 非表示

  • Q-U満足型学級集団の質の違いに関する探索的研究Ⅳ-クラスター分析後のさらなる検討①-,山形大学教職・教育実践研究,(10) 37-49,2015年03月

    単著

  • Q-U満足型学級集団の質の違いに関する探索的研究Ⅲ-自主性因子に及ぼす学級機能因子の影響に関するタイプ間の違いとクラスター分析による再分類の試み-,山形大学教職・教育実践研究,(9) 29-39,2014年03月

    単著

  • Q-U満足型学級集団の質の違いに関する探索的研究Ⅱ,山形大学教職・教育実践研究,(8) 17-30,2013年03月

    単著

  • ある中学校教師の自己変革,教育カウンセリング研究,4(1) 21-35,2012年03月

    単著

  • Q-U満足型学級集団の質の違いに関する探索的研究Ⅰ-Q-U満足群出現率と本来感へのQ-U因子の影響-,山形大学教職・教育実践研究,(7) 9-21,2012年03月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新版教育カウンセラー標準テキスト上級編,図書文化社,2014年06月

  • 教育実践者のための調査研究入門-リサーチマインドとリサーチデザイン-,図書文化社,2012年06月

  • カウンセリング心理学事典,誠信書房,2008年11月

  • PAC分析研究・実践集1,ナカニシヤ出版,2008年11月

  • 家族支援の心理教育,金子書房,2007年05月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 豊かな心を育てる教育,長井市学校教育研修所,長井市学校教育研修所所報,(161) 1-3,2002年12月

  • 「総合的な学習」と教師-子ども間関係の変革へ向けて,山形県国民教育研究所,民研論稿,(17) 10-14,2000年03月

  • 思いやりと自主性を育てる,金子書房,児童心理,(4) 44-50,1996年04月

  • 意欲的な子どもに育ってほしい!,フレーベル館,保育専科,(8) 30-33,1994年08月

  • ダイナミックな夏の遊びの中で輝く子どもたち,フレーベル館,保育専科,(7) 30-33,1994年07月

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 山形市立第五小学校学級づくりアドバイザー

    フィールドワーク

  • スクーリング・サポート・ネットワーク整備事業推進協議会委員

    フィールドワーク

  • 「教員フォローアップ事業」派遣指導者

    フィールドワーク

  • 山形県性教育実践調査研究委員

    フィールドワーク

  • 山形県教育懇話会委員

    フィールドワーク

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成23年度サイエンティスト・プラクティショナー賞,2012年08月19日,日本国,日本教育カウンセリング学会,松﨑学

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),1995年04月 ~ 1997年03月,サポート介入による個人の対処行動の変容過程に関する実践的研究

    新聞募集によって集められた小学生20名あまりが、1週間のキャンプという日常を離れた生活において、STEPプログラムによって訓練されたスタッフと、自由な合宿を経験した。子どもは、自分の生活を主体的に創出する中で、スタッフからのほめる・叱るに替わる勇気づけなどを中心としたかかわりを経験した。それによって、帰宅後の子どもの変容がPAC分析によって個別に検討された。それぞれの子どもが遭遇していたストレスに対して対処し、より適応的な生活を送ることができていることが示された。

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 家庭教育指導資料作成,2003年04月 ~ 2003年12月,山形県教育委員会,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 学級機能と子どもの学級適応に関する研究,2003年07月 ~ 継続中,山形市立第五小学校,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本教育心理学会第57回総会,国内会議,2015年08月,朱鷺メッセ,自主企画シンポジウム「学級集団の理解と集団の成熟度支援と子どもの育ち」,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 日本教育心理学会第57回総会,国内会議,2015年08月,朱鷺メッセ,学級集団状態と生徒の学級適応との関連Ⅳ-学級機能因子が精神的健康・本来感・自尊感情に及ぼす影響-,ポスター(一般)

  • 日本教育心理学会第57回総会,国内会議,2015年08月,朱鷺メッセ,学級集団状態と生徒の学級適応との関連Ⅲ-学級機能因子がQ-U因子に及ぼす影響-,ポスター(一般)

  • 日本教育カウンセリング学会第12回研究発表大会,国内会議,2014年11月,かごしま県民交流センター,自主シンポジウム「教育カウンセリングの学級づくり・特別支援教育への貢献-一次的・二次的援助サービスの適正化とトータルな援助サービスに向けて-」,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 日本教育カウンセリング学会,国内会議,2014年11月,かごしま県民交流センター,満足型学級集団の質の違いに関する探索的研究Ⅷ-クラスター分析後のA-1クラスターとA-2クラスターの違い-,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • NPO日本教育カウンセラー協会,評議員,2002年04月 ~ 継続中

  • 日本教育カウンセリング学会,常任理事,2009年07月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 羽黒二小教員研修会,2007年02月

    学級経営とQ-Uの活用

  • 蔵王一小教員研修会,2007年02月

    学級経営とアドラー心理学

  • 山辺町立山辺小学校教育相談研修会,2007年01月

    同小学校教員を対象に、「子どもの自立を支援するために」と題して、演習を含めて2時間の講演を行った。

  • 高畠町立第一中学校「Q-U活用学級経営研修会」,2007年01月

    学級経営におけるQ-U活用について
    事例による演習と質疑応答

  • 新庄市立本合海小学校PTA講演会,2006年12月

    「子どもの自立を助けるために」と題して講演を行った。

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 子どもの自尊感情を育てる教師のかかわりと学級づくり

  • 保護者・教師・SCによるチーム援助に関するコンサルテーション

  • Q-Uによる学級診断とその後の学級経営に関するコンサルテーション

  • 不登校等の学校不適応に関する家族療法的アプローチ

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 子どもの子育てを含めてともに相談できるのは学級担任であるが、親に対する指導というアプローチではなく、親とともに担任が子育て自己診断チェックリスト結果を自己開示しながら、ともに子育てに関する自分のクセを認識し、現在地よりも少しだけよりよい状態やかかわりを考え、それに向けてともに進めていくことができるような道具として開発したものである。