基本情報

写真a

古川 英光

FURUKAWA Hidemitsu


職名

教授

生年

1968年

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://swel.yz.yamagata-u.ac.jp/wp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ソフト&ウェットマター工学

  • 3Dゲルプリンター

  • 3Dフードプリンター

  • 3Dプリンター教育の研究

  • 光散乱

全件表示 >>

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 埼玉大学  理学部  物理学科

    1991年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 埼玉大学  理学部  物理学科

    博士課程,1991年,修了

  • 東京工業大学  理工学研究科  物理学専攻

    博士課程,1996年,修了

  • 東京工業大学  理工学研究科

    博士課程,1996年,修了

  • 東京工業大学  理工学研究科  物理学専攻

    博士課程,1996年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),東京工業大学,1996年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学工学部,助手,1996年04月 ~ 2002年03月

  • 東京農工大学工学部,助手,2002年04月 ~ 2004年03月

  • 北海道大学大学院理学研究科,助教授,2004年04月 ~ 2009年03月

  • 山形大学,教授、工学部長特別補佐(研究),2020年03月 ~ 継続中

  • 山形大学,教授、副学長特別補佐(研究支援)、工学部長特別補佐(研究),2021年03月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • ソフトマターロボティクスコンソーシアム

  • 日本バイオトライボロジー学会

  • アメリカ電気化学会(ECS)

  • SPIE(the international society for optics and photonics)

  • 日本バイオレオロジー学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ゲルメカニクス  −ソフト&ウェットマター工学の研究−
    ゲルフォトニクス −ゲル材料の構造解析システムSMILSの開発−
    ゲルロボティクス −3DゲルプリンターシステムSWIM-ERの開発−

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ソフト&ウェットマター工学,2009年04月 ~ 継続中

    ゲル、構造、物性、散乱、光科学、生命科学、ものづくり

論文 【 表示 / 非表示

  • 3Dフードプリンティングによる食の拡張,日本食品科学工学会誌,69(4) 149-153,2022年04月

    相磯 孝輔, 川上 勝, 古川 英光

    単著

  • Wide-Linear Range Cholesterol Detection Using Fe2O3 Nanoparticles Decorated ZnO Nanorods Based Electrolyte-Gated Transistor,JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY,169(2) ,2022年02月

    Khan Marya, Nagal Vandana, Masrat Sakeena, Tuba Talia, Tripathy Nirmalya, Parvez Mohammad K., Al-Dosari Mohammed S., Khosla Ajit, Furukawa Hidemitsu, Hafiz A. K., Ahmad Rafiq

    単著

  • 形状記憶ゲルの歯科臨床応用に向けた物性の評価,顎顔面補綴,44(2) 48-57,2021年12月

    原田 貴之, 小山 重人, 星野 智大, 泉田 一賢, 加藤 裕光, 佐藤 奈央子, 川上 勝, 古川 英光, 佐々木 啓一

    単著

  • Review-Emerging Applications of g-C3N4 Films in Perovskite-Based Solar Cells,ECS JOURNAL OF SOLID STATE SCIENCE AND TECHNOLOGY,10(6) ,2021年06月

    Nagal Vandana, Kumar Virendra, Ahmad Rafiq, Khan Marya, Khan Zishan H., Singh Kedar, Furukawa Hidemitsu, Khosla Ajit, Hahn Yoon Bong, Hafiz Aurangzeb Khurram

    単著

  • A Soft Robotic Hand Based on Bellows Actuators for Dishwashing Automation,IEEE ROBOTICS AND AUTOMATION LETTERS,6(2) 2139-2146,2021年04月

    Wang Zhongkui, Hirata Takao, Sato Takanori, Mori Tomoharu, Kawakami Masaru, Furukawa Hidemitsu, Kawamura Sadao

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「3D ゲルプリンタと高強度ゲルの開発, オープンソース化の展望 (3D プリンタ)」,Plastics age 63,2017年06月

    齊藤梓, 佐藤慧, 川上勝, 古川英光

  • “Future Foods” ed. by Heimo Mikkola,IntechOpen,2017年

    Mai Kodama, Yumiko Takita, Hideaki Tamate, Azusa Saito, Jin Gong, Masato Makino, Ajit Khosla, Masaru Kawakami, Hidemitsu Furukawa

  • 高分子未来塾と3Dプリンターの面白い話,化学工業日報,2016年10月

    古川 英光

  • 3Dゲルプリンタを用いた様々なアプリケーション作製とその可能性,日本エレクトロヒートセンター,2016年09月

    高松久一郎, 川上勝, 古川英光

  • 3Dゲルプリンタの内部構造解析装置の開発-ライフスタイル・ヘルスケアを変えるデザイナブルゲル材料-,共同技研化学株式会社,2016年05月

    酒井和幸, 川上勝, 古川英光, 鳥羽慶

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ソフトマターの豆知識‐第42回澱粉をレーザーで固める3Dフードプリンター,月刊ソフトマター,2021年11月

    古川英光

  • ソフトマターの豆知識‐第41回人工いくら,月刊ソフトマター,2021年10月

    古川英光

  • ソフトマターの豆知識‐第40回寒天,月刊ソフトマター,2021年09月

    古川英光

  • ソフトマターの豆知識‐第39回3重らせん,月刊ソフトマター,2021年08月

    古川英光

  • ソフトマターの豆知識‐第38回混ぜると固まる,月刊ソフトマター,2021年07月

    古川英光

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,汚れの除去方法及び汚れ除去装置,小川純、志賀郁也、渡邉洋輔、川上勝、古川英光

    出願番号( 特願2021- ) ,日本国

  • 特許,ロボット構成モジュール、ロボット部品,小川純、森智晴、渡邉洋輔、川上勝、古川英光

    出願番号( 34) 特願2021-14557 ) ,日本国

  • 特許,澱粉粉末と水との混合物にレーザー光を照射して食品を三次元造形する方法及び装置,相磯孝輔、川上勝、貝沼友紀、古川英光、高原純一

    出願番号( 特願2020-129585 ) ,日本国

  • 特許,「3D PRINTABLE VAPOCHROMIC SENSING MATERIALS」,DAVID STEVENS, AJIT KHOSLA, BONNIE GRAY, DANIEL LEZNOFF, HIDEMITSU FURUKAWA

    出願番号( 出願番号 62964568 ) ,日本国

  • 特許,「水生生物模型」,古川英光, 川上勝, 小川純, 山田直也

    出願番号( 特願2019-192167 ) ,日本国

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 「3Dプリンターで「楽しい介護食」 形も軟らかさも自在」, YAHOO!JAPANニュース 国内, 2019/2/4 11:36配信,2019年02月

    その他

  • 「最先端 食べる楽しみを介護食に 家・ロケットなど開発進む ここまで来た!3Dプリンター」, あさチャン!TBS, 2019/2/6,2019年02月

    その他

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 科学番組ガリレオX「未来に実現?!夢の技術 2050年までの科学予測が描き出す世界」BSフジ 2020年1月12日(日)11:30~12:00 放送 2020年1月19日(日)11:30~12:00 再放送

    その他

  • 『山形大、4月から日本科学未来館で研究 3Dプリンター使ったったものづくり』,山形新聞,2020年1月4日

    その他

  • 「やわらか3D共創コンソーシアム第1回ロボット部会が開催」,月間ソフトマター1月号,No.022,2020年1月5日発行,22‐23頁

    その他

  • 『理論から実装へ、動き出すソフトマター topic.1材料、機械、情報の掛け算でものづくりを変える』リバネス研究応援 2019.12 vol16. p14-16

    その他

  • 「2019国際ロボット展:“やわらかいハチ公ロボ”降臨 AI搭載で声掛けや触れ合いに反応」,ITmediaNEWS,2019年12月19日

    その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 山形大学 研究推進報奨者表彰,2021年,日本国,山形大学,古川英光

  • 山形大学 研究推進報奨者表彰,2020年,日本国,山形大学,古川英光

  • 山形大学 研究推進報奨者表彰,2019年,日本国,山形大学,古川英光

  • 山形大学 研究推進報奨者表彰,2018年,日本国,山形大学,古川英光

  • Best Speakers Award 2016,2017年01月18日,日本国,日米先端工学(JAFOE)シンポジウム事後報告会,古川 英光

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(A),2021年04月 ~ 2022年03月,CO2直接供給型バイオカソード微生物燃料電池による高速メタン変換・循環システム

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2022年03月,3Dゲルプリンターによる経皮的結石破砕術のトレーニングキット開発と手技の獲得

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2022年03月,形状記憶ゲルを利用した周術期医療にも対応可能な顎補綴装置の開発

  • ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI,2020年04月 ~ 2021年03月,3Dゲルプリンターで「やわらか」ロボットの魅力に迫る

  • 基盤研究(A),2019年04月 ~ 2021年03月,イオン液体・イオンゲルを用いた生物型ソフトセンサ開発と多感覚モダリティ学習

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 3Dゲルプリンターによる経皮的結石破砕術のトレーニングキット開発と手技の獲得,2021年04月 ~ 2024年03月,3Dゲルプリンターによる経皮的結石破砕術のトレーニングキット開発と手技の獲得

    日本学術振興会

  • 形状記憶ゲルを利用した周術期医療にも対応可能な顎補綴装置の開発,2021年04月 ~ 2024年03月,形状記憶ゲルを利用した周術期医療にも対応可能な顎補綴装置の開発

    日本学術振興会

  • CO2直接供給型バイオカソード微生物燃料電池による高速メタン変換・循環システム,2021年04月 ~ 2024年03月,CO2直接供給型バイオカソード微生物燃料電池による高速メタン変換・循環システム

    日本学術振興会

  • イオン液体・イオンゲルを用いた生物型ソフトセンサ開発と多感覚モダリティ学習,2019年04月 ~ 2023年03月,イオン液体・イオンゲルを用いた生物型ソフトセンサ開発と多感覚モダリティ学習

    2019年度は,使用することができるイオン流体・イオンゲルの化学的組成に関する探索と,3次元プリンタを駆使したPDMSによる柔らかいセンサ基質の実装,さらには,そこに生物の「ヒゲ」に相当する部分を埋設し,このセンサから触覚情報を取り出す情報処理について研究した.基本的に,イオンゲルを用いた新しいソフトセンサの開発と,基本的セットアップの設定,そしてその基礎的能力を計測するという基本的技術開発に重点をおいている.
    (1)いくつかのイオン流体,イオンゲルについて,単純な構造の試作モデルを作成し,外部からの刺激に関して,どのような応答を示すかを調査した.これらの結果については,第68回高分子討論会,日本機械学会東北支部第55期総会,236th ECS Meetingにて報告を行った.特に有望な試料の候補については,現在特許化に向けての作業中である.
    (2)試作した試料について,触覚に関するデータを取得するためのインタフェース技術を開発し,実装した.実装した回路は,イオンゲルのインピーダンスを計測し,これをパルス化することで,組み込み基盤によって容易にピックアップすることができる特徴を持つ.
    (3)3次元プリンタで,モールドを作成し,PDMSを流し込んでマイクロ流路を作成し,そこにイオンゲルを注入,固化したセンサ部に,これも3次元プリンタで作成したヒゲを挿入したヒゲセンサを試作した.このヒゲセンサに刺激を与えたときに,どのような応答を示すかを基礎的な実験を行い,検証した.ヒゲに対する強制変位に応じて,イオンゲルから取得されるセンサ信号が変化することを確認した.これらの結果については,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会にて発表予定である.

    日本学術振興会

  • 超柔軟素材を用いた分岐・伸展トーラス機構を基軸とするロボット駆動体の設計と具現化,2018年06月 ~ 2023年03月,超柔軟素材を用いた分岐・伸展トーラス機構を基軸とするロボット駆動体の設計と具現化

    令和2年度においては,湾曲・伸縮・分岐を行うロボット駆動体において,特に分岐部の構造を,生物学の観点も含めたヒモムシの吻構造から機能抽出するという切り口で,伸展分岐機構を考案・具現化した.先端での首振り機構に加えて,収縮する機構についても,根元部流体室開放型の機構を新たに開発し,従来研究では座屈発生によりほぼ不可能であった収縮動作つまり戻り動作を実現することに成功した.さらに,乾燥前の自己修復性材料を流し込むことによって,破損や傷ができたとしても,低粘性の自己修復性材料が内部からにじみ出てきて,バルーン状のソフトロボットを能動修復するというロボット血液・血管という概念の研究内容に,素材の観点からも発展的に取り組み,次なる身体中に素材を届けるシステム構築の突破口となる技術の1つを生み出すに至った.具体的には,表面にガーゼ状の液溜め機能を有する要素を表面に搭載することで,傷の生じる向きと重力方向との関係において,血液が流れ出て傷口が塞がりにくくなるという問題を解決し,バルーン状の傷を見事修復した.また,その修復までの時間も従来だと4時間かかっていたところを,10分以内という短時間で修復することができるにまで発展させた.この研究活動の過程においては,ロボット血液に相当する,低粘性・速乾性のある自己修復性ゲルの基礎的研究および,高分子ゲルの反応特性を変化させるための知見を,研究分担者の古川英光氏に主に担当して頂き,移動・駆動様式の考案および,具現化に研究代表者のチームが取り組むというように,連携と役割分担を相互的に行いながら研究開発を進めていった.

    日本学術振興会

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構JST 地域産学バリュープログラム(代表),2017年04月 ~ 2018年12月,一般受託研究

  • 科学技術振興機構JST 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(共創型OPERA)(分担),2016年04月 ~ 2020年03月,一般受託研究

  • フードロス削減とQoL向上を同時に実現する革新的な食ソリューションの開発,2020年12月 ~ 2025年03月,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター,一般受託研究

  • マテリアル×プロセスイノベーションによる革新的ソフト3D界面の創製とやわらかものづくり革命への展開,2018年11月 ~ 2022年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

  • CPS構築のためのセンサリッチ柔軟エンドエフェクタシステム開発と実用化,2018年11月 ~ 2021年03月,国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構,一般受託研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ,国内会議,2021年12月,ソフトマターの3DプリンティングとOpen Meals,口頭発表(一般)

  • 第5回食品サンプルWG,国内会議,2021年10月,食品サンプルに貢献する3Dゲルプリンティング,口頭発表(招待・特別)

  • 36TH INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE POLYMER PROCESSING SOCIETY,国際会議,2021年09月,3D/4D Printing of Soft Matter toward Smart Soft-Manufacturing Revolution,口頭発表(基調)

  • ICTSGS,国際会議,2021年09月,Development of Novel Soft Materials using 3D-Printed Lattice Structures and Application for Soft Modular Robots,口頭発表(一般)

  • オンラインシンポジウム『食の未来を見据えた3Dプリント・パーソナル食品』&国際セミナー(International Seminar on 3D Food Printing Technology),国内会議,2021年09月,3D フードプリンターによる高付加価値と持続性の創造,口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会,関東高分子若手研究会世話人 (途中1999年世話人代表),1996年01月 ~ 1999年01月

  • 高分子学会,高分子基礎物性研究会メンバー,1996年01月 ~ 継続中

  • 高分子学会,高分子基礎物性研究会メンバー,1996年01月 ~ 継続中

  • 日本化学会,化学と工業誌トピックス編集委員,1997年01月 ~ 2000年01月

  • 日本物理学会,高分子・液晶分科世話人,1999年01月 ~ 2001年03月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • ひらめきときめきサイエンス2021,2021年11月

  • 体験しよう!やわらかい材料がひらく未来,2021年10月

  • やまがたSDGsフェスタ2021,2021年09月

  • 研究者と考えよう!やわらかいゲルがひらく未来の生活,2021年05月

  • 地域から挑む、やわらか3Dものづくり革命,2021年02月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 山形大学工学部、院生の受賞相次ぐ,2022年01月

  • 「空気で柔軟に変形する「ロボブロック」が面白い」,2022年01月

  • 「やまがたつなぐ未来」②世界初3Dプリンター「軟らかく再現」,2021年12月

  • News「ひらめきときめきサイエンス」,2021年12月

  • 「近未来の食卓 フードテックで食品ロスゼロへ 前編 3Dフードプリンター 個人に応じた味・機能へ」,2021年10月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示