基本情報

写真a

今野 博行

KONNO Hiroyuki


職名

教授

生年

1970年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3131

研究室FAX

0238-26-3131

ホームページ

http://bioorg.yz.yamagata-u.ac.jp

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  農学部  農芸化学科

    1994年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  薬学研究科  製薬化学専攻

    博士課程,1999年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学),東北大学,1999年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学,助手,2000年09月 ~ 2003年12月

  • 京都大学,助手,2004年01月 ~ 2004年09月

  • 京都府立医科大学,助教,2004年10月 ~ 2009年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ペプチド学会

  • 日本薬学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本農芸化学会

  • 日本化学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • HIV感染に用いられるCCR5阻害剤の創成研究
    SARS 3CL protease 阻害剤の創成研究
    アルツアイマー病原因蛋白質阻害剤の創成研究
    抗カビ剤の開発研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Design, synthesis, and evaluation of the self-assembled antimicrobial peptides based on the ovalbumin-derived peptide TK913,JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE,e3375,2021年11月

    Tan Ao, Xu Fusheng, Yokoyama Chikako, Yano Shigekazu, Konno Hiroyuki

    単著

  • New pharmaceuticals approved by FDA in 2020: Small-molecule drugs derived from amino acids and related compounds,CHIRALITY,2021年10月

    Liu Aiyao, Han Jianlin, Nakano Arina, Konno Hiroyuki, Moriwaki Hiroki, Abe Hidenori, Izawa Kunisuke, Soloshonok Vadim A.

    単著

  • Aerobic oxidation of aldehydes to acids with N-hydroxyphthalimide derivatives,TETRAHEDRON LETTERS,81 ,2021年09月

    Takamatsu Keigo, Kasai Miku, Nishizawa Hinaru, Suzuki Rio, Konno Hiroyuki

    単著

  • Asymmetric Synthesis of alpha-Difluorinated beta-Amino Sulfones through Detrifluoroacetylative Mannich Reactions,EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY,2021(21) 3035-3038,2021年06月

    Li Ziyi, Wang Nana, Mei Haibo, Konno Hiroyuki, Soloshonok Vadim A., Han Jianlin

    単著

  • Peptidomimetics and Peptide-Based Blockbuster Drugs,CURRENT ORGANIC CHEMISTRY,25(14) 1627-1658,2021年

    Han Jianlin, Konno Hiroyuki, Sato Tatsunori, Izawa Kunisuke, Soloshonok Vadim A.

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子医学MOOK別冊—次世代ペプチド医薬創製—,メディカルドウ,2014年01月

    今野博行

  • 遺伝子医学MOOK21号—最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用—,メディカルドウ,2012年01月

    今野博行

  • コンビナトリアル・バイオエンジニアリング(普及版),CMC出版,2010年01月

    今野博行

  • コンビナトリアルバイオエンジニアリングの最前線,CMC出版,2004年01月

    今野博行

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 山形大学大学院理工学研究科今野研究室の紹介,Peptide Newsletter Japan,104 15-18,2017年04月

    今野博行

  • 異常アミノ酸含有環状デプシペプチドの固相全合成,ファルマシア,452,2014年05月

    今野博行

  • 第19回ペプチドフォーラム開催報告,Peptide Newsletter Japan,91 10-11,2014年01月

    今野博行

  • Synthetic study of bioactive natural product as protein inhibitors,Biosci. Biotechnol. Biochem.,76 1-5,2012年01月

    Konno, H.

  • 酵母の転写因子PDC2によるチアミン依存性転写誘導機構,ビタミン,酵母の転写因子PDC2によるチアミン依存性転写誘導機構,85 537-545,2011年10月

    野坂和人、江嵜啓祥、小野塚真理、今野博行、服部恭尚、赤路健一

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,チオール検出剤及びチオール検出方法,今野博行, 並河英紀, 鵜浦啓

    出願番号( 2017-042821 ) ,日本国

  • 特許,クルクミン誘導体,今野博行

    出願番号( 2017-033516 ) ,日本国

  • 特許,SARS 3CLプロテアーゼの組み換えタンパク質, 赤路健一, 野坂和人, 今野博行

    出願番号( 2007-219804 ) ,日本国

  • 特許,光学活性グリコール及びその製造,小笠原國郎, 今野博行

    出願番号( 2000-72700 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会奨励賞,2011年03月25日,日本国,日本農芸化学会,今野博行

  • インテリジェントコスモス奨励賞,2010年05月17日,日本国,インテリジェントコスモス学術振興財団,今野博行

  • 日本ペプチド学会奨励賞,2009年11月05日,日本国,日本ペプチド学会,今野博行

  • 有機合成化学協会味の素研究企画賞,2007年04月01日,日本国,有機合成化学協会,今野博行

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2022年03月,COPD治療薬の応用を目指したSCGB3A2ペプチド薬の創製と有効性の検証

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2022年03月,SARS 3CLプロテアーゼ阻害剤の高活性化と抗COVID-19薬への展開

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,セミドライ反応系でのα-1,3-グルカナーゼ転移反応の検討とニゲロオリゴ糖生産

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,アミロイドペプチドの凝集阻害ならびに検出を目的としたクルクミン誘導体の創製

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,国際会議,2019年09月,LC-MSによるγグルタミルペプチド類の定量解析と生体内でのγグルタミルペプチド類の産生経路に関する研究,その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本ペプチド学会,ペプチドニュースレター編集委員,2013年01月 ~ 2014年12月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示