基本情報

写真a

小原 祐太郎

OBARA Yutaro


職名

准教授

研究室電話

023-628-5233

研究室FAX

023-628-5235

ホームページ

http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Pharmaco/pharmacology/Resarch_2.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2019年09月

  • 博士(薬学),東北大学,2002年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 日本生化学会

  • 日本薬学会

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 神経栄養因子による神経細胞の分化誘導メカニズムの解明,2002年04月 ~ 継続中

    NGF, MAPK, チロシンヒドロキシラーゼ

  • MIDN遺伝子異常とパーキンソン病の関連性の解明,2012年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Azelnidipine treatment reduces the expression of Ca<sub>v</sub>1.2 protein.,Life sciences,269 119043,2021年03月

    Nasu F, Obara Y, Okamoto Y, Yamaguchi H, Kurakami K, Norota I, Ishii K

    単著

  • Reply to: MIDN locus structural variants and Parkinson's disease risk.,Ann. Clin. Transl. Neurol.,7 602-603,2020年

    Yutaro Obara, Hidenori Sato, Takahiro Nakayama, Takeo Kato, Kuniaki Ishii.

    共著(国内のみ)

  • KCNQ1 is internalized by activation of α<sub>1</sub> adrenergic receptors.,Biochemical pharmacology,169 113628,2019年11月

    Kurakami K, Norota I, Nasu F, Ohshima S, Nagasawa Y, Konno Y, Obara Y, Ishii K

    単著

  • Midnolin is a confirmed genetic risk factor for Parkinson's disease.,Annals of clinical and translational neurology,2019年10月

    Obara Y, Sato H, Nakayama T, Kato T, Ishii K

    単著

  • Molecular identification of HSPA8 as an accessory protein of a hyperpolarization-activated chloride channel from rat pulmonary vein cardiomyocytes.,The Journal of biological chemistry,2019年09月

    Okamoto Y, Nagasawa Y, Obara Y, Ishii K, Takagi D, Ono K

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 臨床薬理学 原書版,丸善出版,2015年06月

    渡邉 裕司 他

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Is PIP2 involved in the insulin effect? ,Channels ,2014年

    Kuniaki Ishii, Minghua Wu, Yutaro Obara.

  • ようやく見えて来た神経系におけるERK5の機能. ,日本薬理学雑誌 ,2013年

    小原 祐太郎*.

  • 神経系におけるERK5の役割について. ,日本薬理学雑誌 ,2013年

    小原 祐太郎*, 石井 邦明.

  • 多彩な機能を有するGh/トランスグルタミナーゼ2. ,日本薬理学雑誌 ,2013年

    小原 祐太郎*, 石井 邦明.

  • Endocytic regulation of voltage-dependent potassium channels in heart. ,J. Pharmacol. Sci. ,2012年

    Kuniaki Ishii, Ikuo Norota, Yutaro Obara.

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • プレスリリース(新しいパーキンソン病の関連遺伝子を発見)

    その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2022年03月,受容体刺激によるKチャネル発現量低下の病態生理学的意義

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,新規パーキンソン病関連遺伝子midnolinの生理的、病理的な役割の解明

    薬理学関連

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,ERK5によるカテコラミン生合成促進機構とその生理的・病理的な役割の解明

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会,学術評議員,2005年 ~ 継続中

  • 日本薬学会,薬理系薬学部会 若手世話人,2009年 ~ 2019年

  • 日本薬理学会,次世代の会 世話人,2012年 ~ 2020年

  • 日本薬理学会,代議員,2014年 ~ 2018年

  • 日本薬理学会,常置委員会委員(研究推進委員会),2020年 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • シグナル伝達