基本情報

写真a

石崎 学

ISHIZAKI Manabu


職名

助教

ホームページ

http://ishizaki-lab.main.jp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),山形大学,2011年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • ナノ学会

  • 電気化学会

  • 錯体化学会

  • 日本化学会

  • 応用物理学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Solution-Processed Chemically Non-Destructive Filter Transfer of Carbon-Nanotube Thin Films onto Arbitrary Materials,ADVANCED MATERIALS INTERFACES,8(22) 2100953,2021年10月

    Ishizaki Manabu, Satoh Daiki, Ando Rin, Funabe Mikuto, Matsui Jun, Kurihara Masato

    共著(国内のみ)

  • Redox-coupled alkali-metal ion transport mechanism in binder-free films of Prussian blue nanoparticles,Jornal of Materials Cemistry A,2019年01月

    Manabu Ishizaki, Hideo Ando, Noboru Yamada, Kai Tsumoto, Kenta Ono, Hikaru Sutoh, Takashi Nakamura, Yoshihide Nakao and Masato Kurihara

    共著(国内のみ)

  • Low-Temperature Edge-Fusing Phenomenon of Silver Microplates and Solution-Processed Low-Resistivity Top-Contact Electrodes,ACS Applied Electronic Materials,2022年11月

    RETURN TO ARTICLES ASAPPREVARTICLENEXT Low-Temperature Edge-Fusing Phenomenon of Silver Microplates and Solution-Processed Low-Resistivity Top-Contact Electrodes Takumi Furusawa, Rin Ando, Hiroaki Dai...

    共著(国内のみ)

  • A solvent-compatible filter-transfer method of semi-transparent carbon-nanotube electrodes stacked with silver nanowires,Science and Technology of Advanced Materials,2022年11月

    Mikuto Funabe, Daiki Satoh, Rin Ando, Hiroaki Daiguji, Jun Matsui, Manabu Ishizakil, Masato Kurihara

    共著(国内のみ)

  • Effect of Static Jahn-Teller Distortion on the Li+ Transport in a Copper Hexacyanoferrate Framework,JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A,126(39) 6814-6825,2022年09月

    Ito Dan, Nakao Yoshihide, Ishizaki Manabu, Kurihara Masato, Ando Hideo

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • バンドギャップ(BG)制御されたグラファイト状窒化炭素の新規合成法の開拓~BG=2.7–0 eVの自在制御への挑戦~,OPTRONICS,2019年04月

    石﨑 学、栗原 正人

  • 錯体低温熱分解法による無機半導体ナノ薄膜ーペロブスカイト太陽電池向けp型無機半導体薄膜の低温・溶液プロセスー,ケミカルエンジニヤリング,63(10) ,2018年10月

    栗原正人、石崎学

  • 半導体ナノ粒子を用いた高効率アップコンバージョン複合体の構築,The Bulletin of the Nano Science and Technology,2017年

    石崎 学、田中 貴大、栗原 正人、小南 裕子、原 和彦

  • 走査電子顕微鏡法によるナノ多孔性材料の解析 ,ゼオライト,2017年

    作田 裕介、朝比奈 俊輔、石崎 学、冨樫 貴成、栗原 正人

  • 多様な色を示す機能性ナノ微粒子・分散液の調製とその応用,Journal of the Japan Society of Colour Material,2013年

    金井塚 勝彦、石崎 学、栗原 正人

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2021年04月 ~ 2025年03月,カーボンナノチューブ電極を駆使した配位高分子ナノ結晶薄膜のエレクトロ・イオニクス

  • 挑戦的研究(萌芽),2021年04月 ~ 2024年03月,配位高分子ナノ薄膜による水の蒸散を利用した塩水濃度勾配(SGE)発電機能の探索

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,粒子界面フリー多孔性配位高分子膜の内部構造とカチオン輸送能の相関に関する研究

    無機・錯体化学関連

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,陽電子消滅で探るCe:GAGG結晶の長寿命遅延発光とカチオン原子空孔の相関関係

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,配位高分子/半導体ヘテロ接合ナノ薄膜の創製とその電子/ホール制御機能

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 新規湿式スプレー転写法による大面積・低抵抗CNT透明導電膜の技術開発,2020年11月 ~ 2022年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • First International Conference on Technologies for Smart Green Connected Society,国際会議,2021年11月,High Water-Oxidation Catalytic Activity of FeNi-Layered Double-Hydroxide Nanoflakes on Carbon Paper,口頭発表(招待・特別)

  • 錯体コロキウム,国内会議,2021年07月,“溶かす”で切り開く材料科学,口頭発表(招待・特別)

  • UVSORシンポジウム2020,国際会議,2020年10月,赤外分光で探る n 型 Mg2Si 単結晶のキャリア密度と緩和寿命の温度依存性,ポスター発表

  • 錯体化学会 第70回討論会,国際会議,2020年09月,プルシアンブルー類似体ナノ粒子を前駆体としたFeNi層状水酸化物(LDH)ナノフレー クの作製とその高性能酸素発生触媒,ポスター発表

  • 錯体化学会 第70回討論会,国際会議,2020年09月,プルシアンブルー類似体ナノ粒子を前駆体としたFeCo系酸化物の合成とその酸素発生反応触媒能,ポスター発表

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会,錯体化学若手の会 第5回ウェブ勉強会 世話人,2020年10月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示