基本情報

写真a

栗山 恭直

KURIYAMA Yasunao


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4586/4506

研究室FAX

023-628-4506

ホームページ

https://www.facebook.com/yasunaokuriyama33/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,筑波大学,1989年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学,文部技官,1989年04月 ~ 1990年06月

  • 筑波大学化学系,助手,1990年07月 ~ 1994年03月

  • アメリカ ニューメキシコ大学,研究員,1993年04月 ~ 1994年02月

  • 北里大学理学部,講師,1994年04月 ~ 2001年03月

  • 放送大学山形学習センター 面接授業担当,非常勤講師,2011年10月 ~ 2012年02月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 光化学協会

  • アメリカ化学会

  • 電気化学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ラジカルイオンなどの短寿命中間体の観測
    ゼオライトを反応場とする新規な光化学反応の開拓
    ゼオライトを用いた環境調和型有機合成の開発

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • スチルベンのイオンラジカルを経る異性化,1984年04月 ~ 継続中

    イオンラジカル

  • 有機化合物と酸素との接触電荷移動吸収における溶媒効果,1993年04月 ~ 1994年02月

    電荷移動吸収

  • フォトクロミック分子を用いたナノ反応場の評価,1995年04月 ~ 継続中

    フォトクロミズム ナノ反応場 超分子化学

  • ゼオライト細孔を新規反応場とする光反応,1995年04月 ~ 継続中

    ゼオライト 光化学

  • ゼオライトを用いた環境調和型有機合成の開発,2004年04月 ~ 継続中

    グリーンケミストリー 環境調和型

論文 【 表示 / 非表示

  • 学部等の学年毎の総合満足度の違い ,山形大学高等教育研究年報 : 山形大学教育開発連携支援センター紀要,(9) 22-26,2015年03月

    小田隆治,橋爪孝夫,時等隼平,栗山恭直

    共著(国内のみ)

  • サイエンスコミュニケーション、5年目を終えて ,山形大学高等教育研究年報 : 山形大学教育開発連携支援センター紀要,(9) 14-15,2015年03月

    栗山恭直

    共著(国内のみ)

  • サイエンスコミュニケーション、5年目を終えて ,山形大学高等教育研究年報 : 山形大学教育開発連携支援センター紀要,(9) 14-15,2015年03月

    栗山恭直

    単著

  • 話題提供 サイエンスコミュニケーション 学生が身につける力 (全体テーマ「大学の専門性を支える教養教育」) -- (第3分科会 学生の社会性を涵養する教養教育),東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会研究集録,64 83-85,2014年08月

    栗山恭直

    単著

  • 話題提供 サイエンスコミュニケーション 学生が身につける力 (全体テーマ「大学の専門性を支える教養教育」) -- (第3分科会 学生の社会性を涵養する教養教育),東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会研究集録,64 83-85,2014年08月

    栗山恭直

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 世界でいちばん素敵な元素の教室,三才ブックス,2017年11月

    栗山 恭直,東京エレクトロン,森山晋平

  • 大学におけるアクティブ・ラーニングの現在,ナカニシヤ出版,2016年11月

    小田隆治編

  • 光発生一重項酸素による環境浄化,朝倉書店,2014年06月

    光化学協会光化学の事典編集委員会 編

  • 学生主体型授業の冒険2 ,ナカニシヤ出版,2012年11月

    栗山恭直

  • 学生主体型授業の冒険,ナカニシヤ出版,2010年09月

    栗山恭直

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 1925年のハバード周期表,社団法人日本化学会,化学と工業,72(10) 889,2019年10月

    栗山恭直

  • 地方のプログラミング教育について考えること,大日本図書,INPUT/OUTPUT,8 2-3,2019年06月

    栗山恭直

  • ヤマガタサイエンスアカデミー,社団法人日本化学会,化学と工業,69(7) 597,2016年07月

    栗山恭直

  • 理科離れから人材育成へ,放送大学,ゆうがく,59 ,2016年05月

    栗山恭直

  • 「だめもと」でつなぐネットワーク(化学教育 徒然草),社団法人日本化学会,化学と教育,64(2) 49,2016年02月

    栗山恭直

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,5−メチル−γ−ブチロラクトン類の製造方法 ,伊藤廣記・栗山恭直

    出願番号( 2011-251995 ) 公開番号( 2013-107833 ) ,日本化学工業株式会社,日本国

  • 特許,ラクトン類の製造方法,伊藤廣記・栗山恭直

    出願番号( 2011-251996 ) 公開番号( 2013-107834 ) ,日本化学工業,日本国

  • 特許,ラクトン類の合成,伊藤廣記・栗山恭直

    出願番号( 2011-029962 ) 公開番号( 2012-167065 ) ,日本化学工業株式会社,日本国

  • 特許,γ—バレロラクトンの製造方法,伊藤廣記・栗山恭直

    出願番号( 2011-029961 ) 公開番号( 2012-167064 ) ,日本国

  • 特許,テルペン炭化水素類の製造方法,伊藤廣記・栗山恭直

    出願番号( 2010-023672 ) 公開番号( 2011-162446 ) ,日本化学工業株式化会社,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ScienceAWARD2019宮城県産業技術総合センター所長賞,2019年07月19日,日本国,宮城県産業技術総合センター,山形大学理学部サイエンスコミュニケータープログラム

  • 文部科学大臣表彰 科学技術賞理解増進部門,2017年04月11日,日本国,文部科学省,栗山恭直 他4人

  • 日本化学会第41回化学教育賞,2017年01月17日,日本国,公益社団法人日本化学会,栗山恭直

  • 化学コミュニケーション賞2013,2014年03月17日,日本国,一般社団法人 日本化学連合,栗山恭直

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的研究(萌芽),2021年04月 ~ 2022年03月,理科実験事故防止のためのリスクアセスメントを活用した安全指導モデルの再構築

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,マイクロスケール実験の新展開:現代化学・ESDにつながる化学実験

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,マイクロスケール実験の新展開:現代化学・ESDにつながる化学実験

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,持続可能な発展のためのマイクロスケール実験

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2006年03月,ハイブリッド生体分子デバイスの創製と応用技術

    ハイブリッド生体分子デバイスの創製と応用技術に関しての調査研究を行い、年2回の会議で発表し、質疑討論を行う。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ジュニアドクター育成塾,2020年04月 ~ 2025年03月,ヤマガタステムアカデミー

    文部科学省

  • 女子中高生の理系進路選択事業,2020年04月 ~ 2022年03月,ヤマガタ夢★未来Girlsプロジェクト

    文部科学省

  • 中谷医工計測技術振興財団科学教育振興助成,2017年04月 ~ 2019年03月,ESDを基本とした理数系人材教育システムの構築の研究 ~山形サイエンスエリート養成プログラムの開発~

    民間財団等

  • JST 中高生の科学研究実践活動推進プログラム,2015年04月 ~ 2018年03月,やまがたサイエンスコーチ育成プロジェクト

    、生徒による科学研究実践活動に焦点を当て、大学との連携によるOff-JT(Off the Job Training)型の研修会と、実際に科学研究実践活動を行う生徒に対する指導というOJT(On the Job Training)型の指導実践を組み合わせることにより、指導力向上を目指します。あわせて各種の科学コンテストへの挑戦により、参加生徒の課題解決能力の向上を図ります。

    国立研究開発法人科学技術振興機構

  • JST 次世代科学者養成講座,2015年04月 ~ 2016年03月,山形県サイエンスエリート養成プログラム(ヤマガタサイエンスアカデミー)

    JST

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会化学教育研究協議会,国内会議,2020年09月,web,コロナ禍におけるマイクロスケール実験の再考~メチルオレンジの合成実験,口頭発表(一般)

  • 公開シンポジウム「理数系教育とジェンダー」,国際会議,2020年09月,web,ヤマガタ 夢☆未来Girlsプロジェクト で行いたいこと,口頭発表(一般)

  • 日本化学会春季年会2020,国内会議,2020年03月,マイクロスケール実験を利用したSDGs理解普及活動,口頭発表(一般)

  • 第19回科学教育ボランティア研究大会,国内会議,2019年11月 ~ 2019年12月,大阪教育大学天王寺キャンパス,サイエンスコミュニケータープログラムの開発,ポスター発表

  • 2019年度化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山大大学小白川キャンパス,Solventless lactamization under zeolite inclusion,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会,化工誌 トピックス委員,1996年04月 ~ 1998年03月

  • 日本化学会,東北支部山形地区幹事,2002年03月 ~ 2003年02月

  • 日本化学会,東北支部山形地区幹事,2004年03月 ~ 2005年02月

  • 日本化学会,代議員,2012年04月 ~ 2021年03月

  • 日本化学会,代表正会員,2015年03月 ~ 2021年02月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 県東桜学館高等学校SSH運営指導員,2018年04月 ~ 2021年03月

  • 科学の甲子園ジュニア山形県大会実行委員,2017年05月 ~ 2021年03月

  • 科学の甲子園山形県大会実行委員,2016年05月 ~ 2021年03月

  • 教師のための化学教育講座 開催,2015年08月

    日本化学会東北支部事業の教師のための化学教育講座の世話人

  • 探究科等新学科設置及び普通科活性化に係る検討委員会,2015年06月 ~ 2015年11月

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • やまがた科学産業体験実行委員会委員長,2018年05月 ~ 2021年04月

  • 山形県技能検定委員 化学分析3級 検定委員長,2015年06月 ~ 2021年05月

    化学分析(3級)

  • 青少年のための科学の祭典in山形実行委員会委員長,2015年05月 ~ 2021年04月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示