基本情報

写真a

千葉 貴之

CHIBA Takayuki


研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学部  機能高分子工学科

    博士課程,2006年03月,修了

  • 山形大学  大学院理工学研究科  機能高分子工学科

    博士課程,2008年03月,修了

  • 山形大学  大学院理工学研究科  有機デバイス工学専攻

    博士課程,2011年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),山形大学,2011年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人日本学術振興会,特別研究員 (DC2),2009年04月 ~ 2011年03月

  • 独立行政法人日本学術振興会,優秀若手研究員海外派遣事業 米国・UCLA・Yang Yang研究室,2010年03月 ~ 2010年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会

  • Materials Research Society

  • 高分子学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 有機エレクトロニクス, 有機無機ハイブリッド, ナノ粒子科学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 塗布型多積層有機ELデバイスの開発,2011年04月 ~ 2017年04月

  • ペロブスカイトナノ結晶の合成とLED応用,2017年04月 ~ 継続中

    ペロブスカイト, ナノ結晶, LED

論文 【 表示 / 非表示

  • High luminescence and external quantum efficiency in perovskite quantum-dots light-emitting diodes featuring bilateral affinity to silver and short alkyl ligands,CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL,414 ,2021年06月

    Chen Wei-Cheng, Fang Yu-Han, Chen Lung-Ghih, Liang Fang-Cheng, Yan Zhen-Li, Ebe Hinako, Takahashi Yoshihito, Chiba Takayuki, Kido Junji, Kuo Chi-Ching

    単著

  • Stable blue perovskite light-emitting diodes achieved by optimization of crystal dimension through zinc bromide addition,CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL,414 ,2021年06月

    Yan Zhen-Li, Benas Jean-Sebastien, Chueh Chu-Chen, Chen Wei-Cheng, Liang Fang-Cheng, Zhang Zhi-Xuan, Lin Bi-Hsuan, Su Chun-Jen, Chiba Takayuki, Kido Junji, Kuo Chi-Ching

    単著

  • Surface Crystal Growth of Perovskite Nanocrystals via Postsynthetic Lead(II) Bromide Treatment to Increase the Colloidal Stability and Efficiency of Light-Emitting Devices,ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES,12(40) 45574-45581,2020年10月

    Chiba Takayuki, Takahashi Yoshihito, Sato Jun, Ishikawa Shota, Ebe Hinako, Tamura Kota, Ohisa Satoru, Kido Junji

    単著

  • Neodymium Chloride-Doped Perovskite Nanocrystals for Efficient Blue Light-Emitting Devices,ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES,12(48) 53891-53898,2020年12月

    Chiba Takayuki, Sato Jun, Ishikawa Shota, Takahashi Yoshihito, Ebe Hinako, Sumikoshi Shunsuke, Ohisa Satoru, Kido Junji

    単著

  • Simple Production of Highly Luminescent Organometal Halide Perovskite Nanocrystals Using Ultrasound-Assisted Bead Milling,ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING,8(44) 16469-16476,2020年11月

    Umemoto Kazuki, Ebe Hinako, Sato Ryota, Enomoto Junya, Oshita Naoaki, Kimura Taisei, Inose Tomoko, Nakamura Takahiro, Chiba Takayuki, Asakura Satoshi, Uji-I Hiroshi, Masuhara Akito

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Low Molecular Weight Materials: Electron Injection Materials,Handbook of Organic Light-Emitting Diodes,1-8,2021年

    Takayuki Chiba, Yong-Jin Pu, Junji Kido

  • ペロブスカイトナノ結晶の 表面・組成置換とLED応用,化学と工業,2021年

    千葉貴之

  • White OLED (WOLED) and Charge Generation Layer (CGL),Handbook of Organic Light-Emitting Diodes,1-22,2018年

    Takayuki Chiba, Yong-Jin Pu, Junji Kido

  • 塗布型低分子りん光白色マルチOLEDの開発,Konica Minolta Technology Report,15 95‐101,2018年01月

    及川和博, 檜山邦雅, 伊藤寛人, 北弘志, 大久哲, 千葉貴之, 城戸淳二

  • フレキシブル・エレクトロニクスの最新動向 塗布プロセスによる有機EL素子の多積層化 塗布プロセスによる多積層構造の形成と界面状態の評価,クリーンテクノロジー,27(2) 9‐14,2017年02月

    千葉貴之, 大久哲, 城戸淳二

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ,ペロブスカイト量子ドットの製造方法およびペロブスカイト量子ドット発光デバイスの製造方法,千葉貴之, 城戸 淳二, 江部 日南子, 佐藤 純, 髙橋 佳人

    出願番号( 特願2019-062462 ) 公開番号( 特開2020-161442 ) ,国立大学法人 山形大学,日本国

  • ,LEDおよびその製造方法,千葉 貴之, 城戸 淳二, 保志 圭吾, 林 幸宏, 江部 日南子

    出願番号( 特願2018-024037 ) 公開番号( 特開2019-140309 ) ,国立大学法人山形大学,日本国

  • ,有機ハイブリッドデバイス,千葉 貴之, 城戸 淳二, 宇田川 和男, 熊谷 大地

    出願番号( 特願2018-024191 ) 公開番号( 特開2019-140317 ) ,国立大学法人 山形大学,日本国

  • ,有機薄膜積層体及び有機エレクトロルミネッセンス素子,千葉 貴之, 夫 勇進, 城戸 淳二, 及川 和博, 岩﨑 利彦

    出願番号( 特願2017-528297 ) 公開番号( 特開JPWO2017010124 ) 登録番号( 特許6796065 ) ,国立大学法人 山形大学,日本国

  • ,ORGANIC THIN-FILM LAMINATE AND ORGANIC ELECTROLUMINESCENCE ELEMENT,千葉 貴之, 夫 勇進, 城戸 淳二, 及川 和博, 岩﨑 利彦

    出願番号( 特願US2016/15/738459 ) 公開番号( 特開US2018183011 ) 登録番号( 特許6796065 ) ,国立大学法人 山形大学,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度 高分子研究奨励賞,2021年05月,その他,高分子学会,千葉貴之

  • IDW '19 Best Paper Award,2019年12月,その他,International Display Workshops,千葉 貴之

  • 2018 Fall MRS Best Poster,2018年11月,その他,Materials Research Society,千葉 貴之

  • 第15回山形県科学技術奨励賞,2016年11月,その他,山形県庁,千葉貴之

  • 高分子論文集 高分子科学・工学のニューウェーブ 優秀論文,2016年08月,その他,高分子学会,千葉貴之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,ペロブスカイト量子ドットの架橋型高次構造による励起状態制御とLEDの高性能化

    有機機能材料関連

  • 基盤研究(A),2015年04月 ~ 2018年03月,超高性能有機-無機ハイブリッドLED(HLED)の開発

    ハロゲン化鉛ペロブスカイト量子ドットCsPbX3 (X = Cl, Br, I)は、高い発光量子収率と半値幅の狭い発光スペクトルを示すことから、次世代型LEDへの応用が期待されている。本研究では、ペロブスカイト量子ドットにおける発光量子収率の低下要因となるアニオン欠陥の制御手法の確立を目指し、ハロゲンアニオン含有アンモニウム塩を用いた配位子交換と低い誘電率を有するエステル溶媒による洗浄を実施した。ペロブスカイト量子ドットの界面および化学組成を精密に制御することで、駆動電圧2.6 Vおよび外部発光量子効率8.7%を示す世界最高水準の高性能緑色ペロブスカイト量子ドットLEDの開発に成功した。

  • 特別研究員奨励費,2009年 ~ 2010年,有機/有機界面での電界印加電荷発生による超高効率有機EL素子の開発

    本研究では、金属酸化物、アルカリ金属や金属などを使用しない有機/有機界面での電界印加電荷発生を利用したCGLの開発およびマルチフォトン構造への応用による、有機EL素子の高効率長寿命化を目的としている。
    1.有機/有機界面での電界印加による電荷発生条件の検討
    強い電子アクセプター性(深いLUMO)を有する分子層とドナー性(浅いHOMO)を有するα-NPD層を積層しCGLとし、有機/有機界面でのNPDのHOMO準位とアクセプター層のLUMO準位とのエネルギー差ΔEと電圧-電流密度特性から電界印加時の電荷発生条件を検討した。電子アクセプター性材料には、縮合多環系材料を主骨格とし置換基の修飾によりそのエネルギー準位を調節した。HOMO準位7.0eV、LUMO準位4.4eVを有するHAT(CN)6を用いた系において、電圧-電流密度特性から膜厚依存性が観測されず、良好な電流特性が得られた。
    2.有機/有機界面での発生電荷を隣接する電子輸送層に注入する手法の確立
    有機CGLにおいて発生した電子は、アクセプター層のLUMOが深いために隣接する電子輸送層のLUMOへの注入が困難となる。非常に浅いHOMO(4.6eV)を有するテトラチオナフタセン(TTN)は/Alq_3への電子注入障壁を低減させる事が知られており、これら化合物をもとにアルカリ金属を用いない有機電子ドナー材料を積極的に検証した。素子構造はITO/NPD(140)/Alq:Rub:DCJTB1%(20)/DPB(10)/B4PyMPM(10)/TTN(1)/HAT(CN)6(10)/NPD(30)/Alを真空一貫型蒸着装置(真空度:2×10^<-5>Pa)にて作成した。この素子からは良好な発光特性が得られたことから、有機/有機界面での電界印加電荷発生層として機能することが確認された。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 官民による若手研究者発掘支援事業/マッチングサポートフェーズ,2020年 ~ 2022年,非鉛元素を利用した青色ペロブスカイトナノ結晶の創出

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

  • A-STEP機能検証フェーズ,2018年09月 ~ 2019年08月,高性能ペロブスカイト量子ドットLEDを指向した配位子開発

    科学技術振興機構

  • 印刷で製造するフレキシブル有機EL照明の開発,2010年 ~ 2019年,印刷で製造するフレキシブル有機EL照明の開発

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

研究発表 【 表示 / 非表示

  • IDW’20 チュートリアル講演,国内会議,2020年12月,ペロブスカイトナノ結晶LEDの表面修飾とLEDへの展開,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • JOEMアカデミー2020、オンライン開催,国内会議,2020年10月,ペロブスカイトナノ結晶LEDの開発とLED応用,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第69回高分子討論会, オンライン開催,国内会議,2020年09月,青色ペロブスカイトナノ結晶LEDの高性能化を指向した配位子交換技術,口頭発表(一般)

  • A-COE 2021,国際会議,2021年09月,Aichi Institute of Technology, Aichi, Japan.,Surface crystal growth of perovskite nanocrystal for high colloidal stability and efficient LEDs,口頭発表(招待・特別)

  • 第70回高分子学会年次大会,国内会議,2021年05月,新規架橋性配位子によるペロブスカイト結晶薄膜の安定化,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会,有機エレクトロニクス研究会運営委員,2018年04月 ~ 継続中

  • 第68回高分子討論会@福井大学,S5 『有機・無機およびハイブリッド光・電子機能材料の新展開』 セッションオーガナイザー・座長,2019年09月

  • 第33回マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議,MNC 2020 論文委員,2020年04月 ~ 2020年12月

  • 第69回高分子討論会@オンライン会議,S12 『有機・ハイブリッドエレクトロニクス材料の研究最前線』会場係・依頼講演・座長,2020年09月

  • 第34回マイクロプロセス・ナノテクノロジー国際会議,MNC 2021 論文委員,2021年04月 ~ 2021年12月