2024/07/17 更新

写真a

ミズノ ダイ
水野 大
MIZUNO Dai
メールアドレス
メールアドレス

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

取得学位

  • 博士(医学),大阪市立大学,2003年03月

学外略歴

  • 九州保健福祉大学,非常勤講師,2012年04月 ~ 継続中

  • 山形大学,准教授,2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会

  • 日本薬学会

  • 日本法医学会

  • 日本微量元素学会

 

論文

  • The Role of Zinc in the Development of Vascular Dementia and Parkinson’s Disease and the Potential of Carnosine as Their Therapeutic Agent,Biomedicines,12(6) 1-16,2024年06月

    Dai Mizuno, Masahiro Kawahara, Keiko Konoha-Mizuno,Ryoji Hama, Terumasa Ogawara

    単著

  • Toxic Effects of Two Redox States of Thallium on Immortalised Hypothalamic GT1-7 Neuronal Cells,International Journal of Molecular Sciences,24(11583) 1-14,2023年07月

    Mizuno D, Kawahara M, Konoha-Mizuno K, Ogawara T, Hama R, Yamazaki K

    共著(国内のみ)

  • Enhancing Cytotoxicity of Tamoxifen Using Geranium Oil,Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine,2022(8091339) 1-9,2022年03月

    Mizuno D, Konoha–Mizuno K, Kawahara M, Yamazaki K

    共著(国内のみ)

  • Induction of protective immunity and maintenance of its memory against influenza A virus by nasal vaccination using a new mucosal adjuvant SF-10 derived from pulmonary surfactant in young cynomolgus monkeys,Vaccine,34(16) 1181-1188,2016年04月

    Mizuno D, Kimoto T, Sakai S, Takahashi E, Kim H, Kido H

    共著(海外含む)

  • An in vitro system comprising immortalized hypothalamic neuronal cells (GT1–7 cells) for evaluation of the neuroendocrine effects of essential oils.,Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine,2015(343942) 1-7,2015年10月

    Mizuno D, Konoha–Mizuno K, Mori M, Yamazaki K, Haneda T, Koyama H, Kawahara M

    共著(海外含む)

  • Protective activity of carnosine and anserine against zinc-induced neurotoxicity: a possible treatment for vascular dementia.,Metallomics,7 1233-1239,2015年

    Mizuno D, Konoha-Mizuno K, Mori M, Sadakane Y, Koyama H, Ohkawara S, Kawahara M

    共著(国内のみ)

  • Carnosine: A Possible Drug for Vascular Dementia.,Journal of Vascular Medicine & Surgery,2 146,2014年

    Mizuno D, Kawahara M

    共著(海外含む)

  • Involvement of trace elements in the pathogenesis of prion diseases.,Current Pharmaceutical Biotechnology,15 1049-1057,2014年

    Mizuno D, Koyama H, Ohkawara S, Sadakane Y , Kawahara M

    共著(国内のみ)

  • The involvement of endoplasmic reticulum-stress in zinc neurotoxicity and the pathogenesis of vascular type senile dementia.,International Journal of Molecular Sciences,14 22067-22081,2013年

    Mizuno D, Kawahara M

    共著(海外含む)

  • Surfactant protein C is an essential constituent for mucosal adjuvanticity of Surfacten, acting as an antigen delivery vehicle and inducing both local and systemic immunity,Vaccine,29 5368-5378,2011年

    Mizuno D, Kimoto T, Takei T, Fukuta A, Shinahara W, Takahashi E, Yano M, Kido H

    共著(海外含む)

  • Modified pulmonary surfactant is a potent adjuvant that stimulates the mucosal IgA production in response to the influenza virus antigen.,The Journal of Immunology,176 1122-1130,2006年

    Mizuno D, Ide-Kurihara M, Ichinomiya T, Kubo I, Kido H

    共著(国内のみ)

  • Regulation of CYP2D expression in rat brain by toluene,Osaka City Medical Journal,49 49-56,2003年

    Mizuno D, Hiroi T, Ng PS, Kishimoto W, Imaoka S, and Funae Y

    共著(海外含む)

  • A novel transcriptional element which regulates expression of the CYP2D4 gene by Oct-1 and YY-1 binding,Biochimica et Biophysica Acta,1627 121-128,2003年

    Mizuno D, Takahashi Y, Hiroi T, Imaoka S, Kamataki T, and Funae Y

    共著(海外含む)

  • Chlorzoxazone: a probe drug whose metabolism can be used to monitor toluene exposure in rats,Archives of Toxicology ,74 139-144,2000年

    Mizuno D, Tanaka E, Tanno K, Misawa S

    共著(国内のみ)

  • 視床下部神経細胞 (GT1-7細胞) における酸化ストレスに対する、タリウムの酸化還元状態の影響,社会医療研究,22 23-32,2024年03月

    水野 大, 川原正博, 水野敬子, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • タリウム (III) は視床下部神経細胞株 (GT1–7細胞) において,タリウム (I) よりも強い酸化ストレスを誘発する,法医学の実際と研究,66 69-75,2023年11月

    水野 大, 川原正博, 水野敬子, 小河原輝正, 濵 涼之, 山崎健太郎

    単著

  • 視床下部神経細胞株 (GT1–7細胞) におけるタリウム (I) とタリウム (III) の細胞毒性の比較,社会医療研究,21 27-42,2023年03月

    水野 大, 川原正博, 水野敬子, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • 新型コロナウイルス感染症流行下における山形の法医解剖の状況,社会医療研究,20 13-20,2022年03月

    水野 大, 水野敬子, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • カンナビノイド受容体1及び2を介した細胞毒性の培養細胞を用いた評価,法医学の実際と研究,64 39-46,2021年11月

    水野 大, 川原正博, 水野敬子, 外川加奈子, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • 法医学の現場の現状と、COVID-19パンデミックの影響,社会医療研究,19 13-24,2021年03月

    水野 大, 水野敬子,山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • タリウムは視床下部神経細胞 (GT1-7細胞) に酸化ストレスを誘導する,法医学の実際と研究,63 69-75,2020年11月

    水野 大, 川原正博, 水野敬子, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • 視床下部神経細胞 (GT1-7細胞) におけるタリウムの毒性メカニズム,法医学の実際と研究,62 95-100,2019年11月

    水野 大, 川原正博, 水野敬子, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • タモキシフェンの不死化視床下部神経細胞 (GT1-7細胞) 毒性に及ぼすゼラニウム精油の影響,社会医療研究,17 3-12,2019年02月

    水野 大, 川原正博, 水野敬子, 久合田伸子, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • Neuroendocrine effects of geranium essential oils on immortalized hypothalamic neurons,CHEMICAL SENSES,44(2) E8,2019年02月

    Kawahara Masahiro, Mizuno Dai, Sato Akane, Kobayashi Naoko, Negishi Midori, Tanaka Ken-ichiro

    共著(国内のみ)

  • 視床下部神経細胞株(GT1-7細胞)を用いたタリウムの毒性評価,法医学の実際と研究,(61) 111-116,2018年11月

    水野 大, 川原 正博, 水野 敬子, 山崎 健太郎

    単著

  • 免疫調節機能を有するアロマテラピー精油のin vitro評価系の開発と、これを用いた精油による免疫調節メカニズムの検討,薬学研究の進歩,(34) 117-124,2018年03月

    水野 大

    単著

  • 視床下部神経細胞株 (GT1–7細胞) におけるカンナビノイド受容体作動薬の毒性評価,法医学の実際と研究,(6) 63-70,2017年11月

    水野 大, 川原 正博, 水野 敬子, 山崎 健太郎

    単著

  • カンナビノイド受容体作動薬の視床下部神経細胞株 (GT1–7 細胞) に対する毒性評価,社会医療研究,15 11-20,2017年

    水野 大, 川原正博, 水野敬子, 久合田伸子, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • Quantitative analysis of carnosine and anserine in foods by performing high performance liquid chromatography,Biomedical Research on Trace Elements,26(3) 147-152,2015年12月

    Mori M, Mizuno D, Konoha-Mizuno K, Sadakane Y, Kawahara M

    共著(海外含む)

  • 死後長時間経過事例に見る孤独死の疫学的考察―同居家族がいる場合―,法医学の実際と研究,58 223-231,2015年11月

    3. 山崎健太郎, 羽田俊裕, 水野 大, 倉田理華, 塩原理沙, 外川加奈子, 和賀望浩, 渡辺ゆみ子, 梅津和夫

    共著(国内のみ)

  • 視床下部神経細胞株 (GT1-7細胞) を用いた神経毒性評価系の開発,法医学の実際と研究,58 55-62,2015年11月

    水野 大, 森 美和子, 羽田俊裕, 川原正博, 山崎健太郎

    単著

  • Insertion-deletion polymorphysmsを用いた自然脱落毛からの個人識別,法医学の実際と研究,58 63-72,2015年11月

    羽田俊裕, 梅津和夫, 水野 大, 山崎健太郎

    共著(国内のみ)

  • 視床下部神経細胞株に対する精油の効果.-視床下部保護活性スクリーニング系の開発-,日本アロマテラピー学雑誌,15 88-95,2015年

    川原正博, 水野 大, 中村亜紀子

    共著(国内のみ)

  • Oral Administration of Lactobacillus pentosus Strain S-PT84 Enhances Anti-Influenza Virus-Specific IgG Production in Plasma after Limited Dose of Influenza Virus Vaccination in Mice.,J Vac Immunotechnol,2 1-5,2015年

    Maekawa T, Kimoto T, Mizuno D, Furukawa Y, Ida M, Takahashi E, Izumo T, Ono Y, Shibata H, Kido H

    共著(海外含む)

  • 日本のインフルエンザ予防接種の現状,社会医療研究,13 23-30,2015年

    水野 大, 水野 敬子

    共著(国内のみ)

  • Carnosine concentration in the muscle of thoroughbred horses and its implications in exercise performance,Trace Element Research,32 49-53,2015年

    Mori M, Mizuno D, Konoha-Mizuno K, Sadakane Y, Kawahara M

    共著(海外含む)

  • ニューロメタルとアミロイド形成タンパク質のクロストーク:神経疾患発症における金属の関与,日本衛生学雑誌,69 155-165,2014年

    川原 正博, 水野 大

    共著(国内のみ)

  • Disruption of Zinc Homeostasis and the Pathogenesis of Senile Dementia.,Metallomics,6 209-219,2014年

    Kawahara M, Mizuno D, Koyama H, Konoha K, Ohkawara S, Sadakane Y

    共著(海外含む)

  • Intranasal influenza vaccination using a new synthetic mucosal adjuvant SF-10: induction of potent local and systemic immunity with balanced Th1 and Th2 responses,Influenza Other Respi Viruses,7 1218-1226,2013年

    Kimoto T, Mizuno D, Takei T, Kunimi T, Ono S, Sakai S, Kido H

    共著(海外含む)

  • Immunomodulator clarithromycin enhances mucosal and systemic immune responses and reduces re-infection rate in pediatric patients with influenza treated with antiviral neuraminidase inhibitors: a retrospective analysis.,PLoS One,8 e70060,2013年

    Shinahara W, Takahashi E, Sawabuchi T, Arai M, Hirotsu N, Takasaki Y, Shindo S, Shibao K, Yokoyama T, Nishikawa K, Mino M, Iwaya M, Yamashita Y, Suzuki S, Mizuno D, Kido H

    共著(海外含む)

  • マクロライド薬によるインフルエンザ感染時の粘膜免疫増強作用,臨床と微生物,39 331-335,2012年

    木戸 博, 高橋悦久, 水野 大, 木本貴士, Irene Lorinda Indalao, 鈴木 悟

    共著(国内のみ)

  • Oral clarithromycin enhances airway IgA immunity through induction of IgA class switching recombination and B-cell activating factor of the tumor necrosis factor family molecule on mucosal dendritic cells in mice infected with influenza A virus., J Virol,86 10924-10934,2012年

    Takahashi E, Kataoka K, Indalao I, Konoha K, Fujii K, Chida J, Mizuno D, Fujihashi K, Kido H

    共著(海外含む)

  • 我が国における新型インフルエンザパンデミックの現状,社会医療研究,9 37-44,2011年

    水野 大

    単著

  • 粘膜免疫機能とインフルエンザ感染,小児内科,42 1541-1545,2010年

    木戸 博, 水野 大, 木本貴士

    共著(国内のみ)

  • 経鼻ワクチンの開発状況,インフルエンザ,11 184-190,2010年

    木戸 博, 水野 大, 武井恒知

    共著(国内のみ)

  • 我が国におけるインフルエンザワクチンの現状,社会医療研究,8 31-40,2010年

    9. 水野 大

    単著

  • SP-Cはサーファクテンによる経鼻ワクチン増強効果の必須成分である,日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌,41 32-33,2010年

    水野 大, 武井恒知, 木本貴史, 品原和加子, 國見卓也, 木戸 博

    共著(国内のみ)

  • Attenuation of inducible respiratory immune responses by oseltamivir treatment in mice infected with influenza A virus,Microbes Infect,12 778-783,2010年

    Takahashi E, Kataoka K, Fujii K, Chida J, Mizuno D, Fukui M, Hiro-O Ito, Fujihashi K, Kido H

    共著(海外含む)

  • 肺サーファクタントを基盤にした経鼻インフルエンザワクチン開発,,日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌,40 110-114,2009年

    水野 大, 武井恒知, 木戸 博

    共著(国内のみ)

  • 高齢者福祉の観点からみた日本のインフルエンザワクチン接種制度:死因別死亡率から見た評価,社会医療研究,7 19-30,2009年

    水野 大

    単著

  • Evaluation of nasal IgA secretion in normal subjects by nasal spray and aspiration,Auris Nasus Larynx,6 300-304,2009年

    Fujimoto C, Kido H, Sawabuchi T, Mizuno D, Hayama M, Yanagawa H, Takeda N

    共著(海外含む)

  • Influenza vaccine with Surfacten, a modified pulmonary surfactant, induces systemic and mucosal immune responses without side effects in minipigs. ,Vaccine,27 5620-5627,2009年

    Nishino M, Mizuno D, Kimoto T, Shinahara W, Fukuta A, Takei T, Sumida K, Kitamura S, Shiota H, Kido H

    共著(海外含む)

  • 経鼻投与型インフルエンザワクチン,総合臨床,57 2628-2633,2008年

    木戸 博, 水野 大, 武井恒知

    共著(国内のみ)

  • 経鼻ワクチン,日本臨床,66 1181-1187,2008年

    木戸 博, 水野 大, 武井恒知

    共著(国内のみ)

  • インフルエンザ粘膜ワクチン研究とミニブタモデル実験動物,分子呼吸器病,12 155-158,2008年

    木戸 博, 水野 大, 武井恒知, 藤本知佐, 品原和加子, 木本貴士, 福田明穂

    共著(国内のみ)

  • 小児への経鼻ワクチン接種モデルとして行った、ミニブタへの人工サーファクタント混合インフルエンザ経鼻ワクチン接種試験,社会医療研究,6 13-22,2008年

    水野 大

    単著

  • New effective nasal immunization of influenza vaccine by a natural mucosal adjuvant from the lung and its synthetic compound,Options for the Control of Influenza,4 616-618,2008年

    Kido H, Mizuno D, Takei T, Nishino M, Shinahara W

    共著(海外含む)

  • インフルエンザ経鼻ワクチン-肺サーファクタントと粘膜免疫-,小児科,48 1837-1844,2007年

    木戸 博, 水野 大, 武井恒知, 西野真紀, 千田淳司, Youssouf Cisse

    共著(国内のみ)

  • 経鼻ワクチンの可能性,インフルエンザ,8 247-249,2007年

    木戸博, 水野 大, 武井恒知, 西野真紀, 品原和加子

    共著(国内のみ)

  • クラリスロマイシンの短期投与はインフルエンザ感染にどのように効果的か?-粘膜免疫増強作用と気道粘膜繊毛運動改善効果-,Jpn J Antibiotics,60 84-88,2007年

    木戸 博, 鈴木 悟, 岩瀬一弘, 水野 大, 澤淵貴子, 多田仁美

    共著(国内のみ)

  • 肺サーファクタント成分を免疫増強剤として用いた新しい経鼻ワクチン接種法の開発,社会医療研究,4 31-41,2006年

    水野 大

    単著

  • 肺サーファクタントの粘膜アジュバント作用,臨床免疫・アレルギー科,46 411-415,2006年

    木戸 博, 水野 大, 西野真紀, 臼木孝行, 武井恒知

    共著(国内のみ)

  • Boost of mucosal secretory immunoglobulin A response by clarithromycin in paediatric influenza,Respirology,14 1173-1179,2006年

    Sawabuchi T, Suzuki S, Iwase K, Ito C, Mizuno D, Togari H, Watanabe I, Talukder SR, Chida J, Kido H

    共著(海外含む)

  • 遺伝子機能解析 - 脳におけるチトクロームP450 (CYP) 2D遺伝子の発現調節,,社会医療研究,3 29-39,2005年

    水野 大

    単著

  • クラリスロマイシンの粘膜免疫増強作用とインフルエンザウイルスの感染抑制効果,感染・炎症・免疫,35 61-63,2005年

    木戸博, 水野 大, 井手美喜子

    共著(国内のみ)

  • インフルエンザ脳症の発症機序,神経内科,60 119-127,2004年

    木戸 博, Ye Chen, 山田博司, 東洋一郎, 水野 大

    共著(国内のみ)

  • Secretory leukoprotease inhibitor and pulmonary surfactant serve as principal defenses against influenza A virus infection in the airway and chemical agents up-regulating their levels may have therapeutic potential,Biol Chem,385 1029-1034,2004年

    Cui P, Sharmin S, Okumura Y, Yamada H, Yano M, Mizuno D, and Kido H

    共著(海外含む)

  • 木戸 博, 奥村裕司, 山田博司, 井手美喜子, 水野 大, 東洋一郎,アレルギー科,16 232-239,2003年

    木戸 博, 奥村裕司, 山田博司, 井手美喜子, 水野 大, 東洋一郎

    共著(国内のみ)

  • Age- and sex-related changes in toluene metabolism by rat hepatic microsomes in vitro,Res Commun Mol Pathol Pharmacol,104 265-276,1999年

    Shimamoto A, Tanaka E, Mizuno D, Misawa S

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • 第3版 生命倫理・医事法,医療科学社,2022年03月

    塚田 敬義, 前田 和彦, 冲永 隆子, 谷口 泰弘, 加藤 太喜子, 武藤 香織, 桂川 純子, 掛江 直子, 黒澤 英明, 内藤 智雄, 水野 大, 藤崎 和彦, 紀ノ定 保臣

  • 改訂版 生命倫理・医事法,医療科学社,2018年02月

    塚田 敬義, 前田 和彦, 冲永 隆子, 谷口 泰弘, 加藤 太喜子, 武藤 香織, 桂川 純子, 掛江 直子, 黒澤 英明, 内藤 智雄, 水野 大, 藤崎 和彦, 紀ノ定 保臣

  • Link between metal homeostasis and neurodegenerative diseases: crosstalk of metals and amyloidogenic proteins at the synapse. In Metallomics - Analytical Techniques and Applications,Springer,2017年

    Mizuno D, Kawahara M

  • Disruption of Metal Homeostasis and the Pathogenesis of Prion Diseases. In Prion - An Overview,InTech,2017年

    Kawahara M, Tanaka K, Mizuno D

  • Neuroprotective Effects of Carnosine: Possible Treatment for Neurodegenerative Disease. In Carnosine: Physiological Effects and Research Insights,Nova Science Publishers,2016年

    Kawahara M, Tanaka K, Mizuno D

  • 『生命倫理・医事法』, 第15章.薬事制度(医薬品・医療機器等の恩恵と被害),医療科学社,2015年08月

    水野 大, 前田和彦

  • Oligomerization of proteins and neurodegenerative diseases. In Oligomerization of Chemical and Biological Compounds,InTech,2014年

    Mizuno D, Kawahara M

  • ワクチン開発における最新動向~規制動向・安全性評価・品質管理・アジュバント・開発事例~, 第8章5節 経鼻ワクチン,情報機構,2013年

    水野 大

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 【フィトテラピーの植物を探る(2)ローズゼラニウム】ホルモン療法に対するゼラニウムの可能性,フレグランスジャーナル社,aromatopia,31(1) 36-41,2022年02月

    水野 大

  • 【神経疾患とトレース・メタル-知っていますか?】 生体におけるトレース・メタルの作用,(株)中外医学社,Clinical Neuroscience,37(3) 262-266,2019年03月

    水野 大

  • 毛髪を用いた薬物分析,日本分析化学会,ぶんせき,12 ,2017年

    水野 大

  • アロマテラピー精油の神経細胞保護活性in vitroスクリーニング系の開発-生体に対する精油の効果-,薬事日報,108(11700) ,2016年03月

    水野 大, 山崎健太郎, 川原正博

  • チロシン・心を動かすアミノ酸,サイエンスウェブ,2(7) 64-67,2006年

    水野 大

  • 本当にやせる? – BCAA –,サイエンスウェブ,2(4) 72-75,2006年

    水野 大

  • ポストゲノムとラジオロジー ―遺伝子医療における放射線技術の今後―,医療科学通信,9 7-9,2005年

    水野 大

  • 食物アレルギーとその治療—アレルゲンを食べて治す経口減感作療法—,サイエンスウェブ,1(1) 80-83,2005年

    水野 大

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 恒吉賞,2016年10月30日,日本国,日本社会医療学会,水野 大, 水野敬子, 川原正博, 山崎健太郎

  • 学術功労賞,2014年10月,日本国,日本社会医療学会,水野 大

  • 学術奨励賞,2010年10月,日本国,日本肺サーファクタント・界面医学会,水野 大

  • 学術奨励賞,2008年10月,日本国,日本社会医療学会,水野 大

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2024年04月 ~ 2026年03月,3価タリウムが及ぼす神経細胞に対する毒性メカニズムに関する検討

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,カルノシンによる亜鉛神経細胞死保護機構:脳血管性認知症治療薬開発の為の基盤研究

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,生体成分肺サーファクタント粘膜アジュバントの新規応用:ガンワクチンへの適用

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2011年03月,肺サーファクタントによる、副作用リスクのない万能インフルエンザ経鼻ワクチンの開発

  • 若手研究(B),2006年04月 ~ 2009年03月,肺サーファクタントを基にした新人工ワクチンアジュバント:感染とアレルギー治療

その他競争的資金獲得実績

  • 令和5年度国際学術論文支援制度,2023年,Toxic Effects of Two Redox States of Thallium on Immortalised Hypothalamic GT1-7 Neuronal Cells

    山形大学

  • 薬学研究奨励財団第35回研究助成金グループB ,2015年04月 ~ 2017年03月,2. 免疫調節機能を有するアロマテラピー精油のin vitro評価系の開発と、これを用いた精油による免疫調節メカニズムの検討

    薬学研究奨励財団

  • 平成21年度徳島大学産学連携研究者育成支援事業,2009年04月 ~ 2010年03月,5. 新規の経鼻接種万能インフルエンザワクチンの開発:肺サーファクタントによる免疫増感効果の応用

    地方自治体

  • 21世紀COEプログラム,2005年04月 ~ 2006年03月,7. 新規粘膜免疫アジュバントの作用機序:プロテオミクス解析とインフルエンザワクチン

    文部科学省

  • 国際共同研究助成事業(NEDOグラント),2004年04月 ~ 2007年03月,8. 効果的な抗原蛋白質・遺伝子デリバリーを可能にする人体材料類似人工素材の開発と応用

    産業技術総合開発機構

研究発表

  • 第108次日本法医学会学術全国集会,国内会議,2024年06月,岡山コンベンションセンター (岡山),タリウム (III) は視床下部神経細胞株 (GT1-7 細胞 ) にタリウム (I) より強い細胞外酸化ストレスを与える,ポスター発表

  • 日本薬学会第144年会,国内会議,2024年03月,パシフィコ横浜 (横浜),タリウム(I) とタリウム(III) の視床下部神経細胞株 (GT1–7細胞) に及ぼす酸化ストレスの比較,ポスター発表

  • 日本社会医療学会第24回学術大会,国内会議,2023年10月,九州保健福祉大学, 宮崎,視床下部神経細胞株 (GT1–7細胞) における酸化ストレスに対する、タリウムの酸化還元状態の影響,口頭発表(一般)

  • 第34回日本微量元素学会学術集会,国内会議,2023年09月,三鷹産業プラザ,タリウム(III) は視床下部神経細胞株 (GT1–7細胞) において,タリウム(I) よりも強い酸化ストレスを誘発する,ポスター発表

  • 第107次日本法医学会学術全国集会,国内会議,2023年06月,小田原三の丸ホール(小田原),視床下部神経細胞株 (GT1-7細胞) におけるタリウムイオンの毒性比較,ポスター発表

  • 日本薬学会第143年会,国内会議,2023年03月,北海道大学 (札幌),タリウム(I) とタリウム(III) の視床下部神経細胞株 (GT1–7細胞) における毒性比較,ポスター発表

  • 第31回日本柔道整復接骨医学会学術大会,国内会議,2022年12月,帝京科学大学千住キャンパス(東京・ハイブリッド開催),新型コロナウイルス流行下における法医解剖の現状,口頭発表(招待・特別)

  • The 8th International Symposium on Metallomics,国際会議,2022年07月,Thallium induces oxidative stress in hypothalamic neuronal cell line (GT1–7 cells),ポスター発表

  • 第106次日本法医学会学術全国集会,国内会議,2022年06月,GT1-7細胞における、カンナビノイド受容体を介した細胞毒性メカニズム,ポスター発表

  • 日本薬学会第142回年会,国内会議,2022年03月,名古屋 (オンライン開催),タリウムは視床下部神経細胞株 (GT1–7細胞) に酸化ストレスを誘導する,ポスター発表

  • 第105次日本法医学会全国集会,国内会議,2021年09月,培養細胞を用いた、カンナビノイド受容体を介する細胞毒性の評価,ポスター発表

  • 日本薬学会第141回年会,国内会議,2021年03月,広島国際会議場他,ゼラニウム精油による、タモキシフェンによる不死化視床下部神経細胞 (GT1-7細胞) 毒性増強メカニズムの検討,口頭発表(一般)

  • 日本社会医療学会第21回学術大会,国内会議,2020年10月,法医学の現場におけるCOVID-19パンデミックの影響とその対策,口頭発表(一般)

  • 日本薬学会第140回年会,国際会議,2020年03月,国立京都国際会館他, 京都,ゼラニウム精油はタモキシフェンによる不死化視床下部神経細胞 (GT1-7細胞) 毒性を、エストロゲン受容体を介して増強する,ポスター発表

  • 法医学の実際と研究,国際会議,2019年11月,業務用ミキサーの鍋内で死亡していた剖検事例,その他

  • 日本社会医療学会第20回学術大会,国内会議,2019年10月,九州保健福祉大学, 宮崎,神経モデル細胞株(GT1-7細胞)におけるタリウム毒性メカニズム,口頭発表(一般)

  • 中毒研究,国際会議,2019年09月,高齢者の不慮の外因死における薬毒物の影響,その他

  • 第103次日本法医学会学術全国集会,国内会議,2019年06月,仙台サンプラザ, 宮城,視床下部神経細胞株(GT1-7細胞)を用いたタリウムのin vitro毒性評価系,ポスター発表

  • 日本薬学会第139回年会,国際会議,2019年03月,幕張メッセ他,視床下部神経由来の細胞株であるGT1–7細胞を用いたタリウムの毒性評価,ポスター発表

  • 法医学の実際と研究,国内会議,2018年11月,屋内で死後長期間経過した死体の環境背景の検討(第2報),その他

  • 日本社会医療学会第19回学術大会,国内会議,2018年10月,九州保健福祉大学,培養細胞を用いて行った、アロマテラピー精油の薬理作用の検討,口頭発表(一般)

  • 日本法医学雑誌,国際会議,2018年06月,Fukuoka International Congress Center,視床下部神経細胞株(GT1-7細胞)を用いた神経毒性評価システムの開発,ポスター発表

  • 日本法医学雑誌,国際会議,2018年05月,山形県における自殺の背景、特に毒性学的側面を中心に(The background of suicide in Yamagata prefecture, Japan, focusing especially on toxicological aspects),その他

  • 日本薬学会年会要旨集,国際会議,2018年03月,マクロファージ由来細胞株(RAW264.7細胞)を用いた、IL-12発現に対して影響を与えるアロマテラピー精油のスクリーニング,その他

  • 乱用薬物の現状と、その神経毒性をスクリーニングする培養細胞を用いた系の開発に関する報告,国内会議,2016年10月,九州保健福祉大学, 宮崎,1. 乱用薬物の現状と、その神経毒性をスクリーニングする培養細胞を用いた系の開発に関する報告,口頭発表(一般)

  • 第17回日本法医学会学術北日本地方集会,国内会議,2016年10月,東北大学, 宮城,視床下部神経細胞株 (GT1-7細胞) を用いた、カンナビノイドレセプターを介する神経毒性のスクリーニング,口頭発表(一般)

  • 第100次日本法医学会学術全国集会,国内会議,2016年06月,視床下部神経細胞株 (GT1-7細胞) を用いた神経毒性をスクリーニングする系の開発,ポスター発表

  • 日本薬学会第136回年会,国内会議,2016年03月,パシフィコ横浜, 神奈川,培養神経細胞を用いるアロマテラピー精油の効能評価系の開発,ポスター発表

  • 新アミノ酸分析研究会第5回学術講演会,国内会議,2015年12月,東京大学, 東京,筋肉中カルノシンおよびアンセリンの順相HPLCによる定量分析,ポスター発表

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動

  • 日本社会医療学会,役員(監事),2015年10月 ~ 継続中

社会貢献活動

  • 法医解剖における薬毒物等検査業務(150~190件/年),2015年04月 ~ 継続中

学術貢献活動

  • Biological and Pharmaceutical Bulletin 論文審査,2018年10月