基本情報

写真a

長峯 邦明

NAGAMINE Kuniaki


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3227

研究室FAX

0238-26-3788

ホームページ

http://nagamine-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / ナノマイクロシステム

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学部  生物化学工学科

    2002年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  環境科学研究科  環境科学専攻

    博士課程,2007年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術),東北大学,2007年03月

  • 修士(工学),東北大学,2004年03月

  • 学士(工学),東北大学,2002年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 化学とマイクロ・ナノシステム学会

  • 応用物理学会

  • 日本MRSJ

  • 電気化学会

  • 分析化学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生物機能計測・制御を目的とする電気化学デバイスの開発

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 単一微生物の電気化学的遺伝子機能解析デバイスの開発,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 健康診断機器の開発,2007年04月 ~ 2008年10月

  • 走査型電気化学顕微鏡用のナノ電極プローブの開発,2008年11月 ~ 2009年03月

  • 生体機能計測・制御電気化学デバイスの開発,2009年04月 ~ 2016年12月

論文 【 表示 / 非表示

  • Organic-transistor-based biosensors interfaced with human skin for non-invasive perspiration analysis,Sensors and Actuators B: Chemical,349 130778,2021年10月

    Kuniaki Nagamine, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • Stable immobilization of mediator in porous carbon material via capping technique for fabricating sensitive enzyme-based glucose sensor,Sensors and Materials,33(9) 3245-3253,2021年09月

    Kuniaki Nagamine, Ryota Izawa, Isao Shitanda, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • A fully screen-printed potentiometric chloride ion sensor employing a hydrogel-based touchpad for simple and non-invasive daily electrolyte analysis,Analytical and Bioanalytical Chemistry,2021年01月

    Yusuke Ichimura, Takumi Kuritsubo, Kuiaki Nagamine, Ayako Nomura, Isao Shitanda, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • A heal-melt adhesive-assisted transferable electrode film,Scientific Reports,2021(11) 36,2021年01月

    Yuki Maruyama, Kuniaki Nagamine, Shigeyuki Iwasa, Atsushi Miyabo, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • Constructive Optimization of a Multienzymatic Film Based on a Cascade Reaction for Electrochemical Biosensors,ACS Omega,5(50) 32844-32851,2020年12月

    Kai Sasaki, Hiroyuki Furusawa, Kuniaki Nagamine, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 切り拓き,サイエンスを牽引する分析最前線,化学フロンティア,2008年

    長峯 邦明

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 印刷有機トランジスタ型バイオセンサの開発と非侵襲生体センシングへの応用,電気化学,2020年12月

    長峯邦明、時任静士

  • 印刷有機トランジスタ型酵素センサの開発とその汗成分計測応用,シーエムシー出版,酵素トランスデューサーと酵素技術開発,2019年03月

    長峯邦明、時任静士

  • Flexible and printed biosensors based on organic TFT devices,CHEMICAL, GAS, AND BIOSENSORS FOR INTERNET OF THINGS AND RELATED APPLICATIONS,2019年

    Kuniaki Nagamine, Shizuo Tokito

  • ウエアラブル有機トランジスタ型バイオセンサの開発と汗成分分析への応用,Chemical Sensors,2018年

    長峯邦明,吉嶺浩司,土屋和彦,野村綾子,時任静士

  • 第8章「筋肉細胞チップ」,CMC出版,臓器チップの技術と開発動向,2018年

    長峯邦明、西澤松彦

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,植物の内部成分の電気阿学的分析方法および分光学的分析方法、水系溶媒または水系電解液を媒質とするハイドロゲル、ならびに電気化学的分析キットおよび分光学的分析キット,長峯邦明、岩佐繁之、時任静士

    出願番号( 特願2021-164154 ) ,日本国

  • 特許,ポリアミンの検出方法および検出装置,長峯邦明、野村綾子、時任静士、池袋一典、生田昴、前橋兼三、鈴木夕起、水上潤二

    出願番号( 特願2021-163061 ) ,日本国

  • 特許,汗成分センサ,長峯邦明、時任静士

    出願番号( 特願2019-006543 ) ,日本国

  • 特許,優れた機械特性を有する導電性複合材料,長峯邦明、時任静士、丸山祐樹

    出願番号( 特願2018-153581 ) ,日本国

  • 特許,トランジスタ型酵素センサ,長峯邦明、松井弘之、眞野泰誠、時任静士

    出願番号( 特願2018046775 ) ,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Top downloaded paper 2018-2019,2020年04月30日,日本国,John Wiley $ Sons Pte Ltd,Taisei Mano, Kuniaki Nagamine*, Yusuke Ichimura, Rei Shiwaku, Hiroyuki Furusawa, Hiroyuki Matsui, Daisuke Kumaki, and Shizuo Tokito

  • Hot Article Award,2020年03月10日,日本国,Analytical Sciences,Kuniaki Nagamine, Ayako Nomura, Yusuke Ichimura, Ryota Izawa, Shiori Sasaki, Hiroyuki Furusawa, Hiroyuki Matsui, and Shizuo Tokito

  • 第17回青葉工学研究奨励賞,2011年12月,日本国,一般財団法人 青葉工学振興会,長峯邦明

  • 日本動物代替法学会第24回大会 優秀演題賞,2011年11月,日本国,日本動物代替法学会,長峯邦明

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2021年04月 ~ 2024年03月,発汗成分モニタリングのためのウェアラブルセンサの創成と熱中症との相関解析

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,ナノ制限空間を用いる高感度・ウエアラブルな印刷有機FET型非標識免疫センサの創出

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,ナノ制限空間を用いる高感度・ウエアラブルな印刷有機FET型非標識免疫センサの創出

    ナノマイクロシステム関連

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,ハイドロゲル電極を用いた長期植込み型生体モニタリングシステムの開発

  • COI若手ファンド,2017年04月 ~ 2018年03月,細胞外ATPを指標とする皮膚がん診断・薬剤投与パッチの開発

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度「イノベーション創出強化研究推進事業」,2021年05月 ~ 2022年03月,農作物における病害の発症前検知を目的とした非破壊その場ケミカルセンシング法の開発とその応用に向けた基盤技術の開発

    生物系特定産業技術研究支援センター

  • COI研究開発費追加配賦,2021年04月 ~ 2022年03月,個人の運動習慣変容を促すウェアラブルデバイスの開発

    JST

  • A-STEP 令和2年度追加公募(トライアウトタイプ)標準,2021年04月 ~ 2022年03月,非侵襲経皮抽出成分の常時モニタリングバイオセンサの開発

    JST

  • A-STEP産学共同(育成型)令和2年度追加公募,2021年04月 ~ 2022年03月,医療負担軽減を目的とした体温測定を伴わない熱中症化学センシング

    JST

  • 事業創出マッチング研究支援,2021年01月 ~ 2021年03月,体内塩分蓄積量を可視化する非侵襲簡易ナトリウムイオンセンサの開発

    山形大学

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 細胞外ATPを指標とする皮膚がん診断・薬剤投与パッチの開発,2017年04月 ~ 2018年03月,JST,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 生体への運動負荷レベルを簡便に検知するセンサ御開発,2020年04月 ~ 2021年03月,東北大学,国内共同研究

  • 適度な運動レベルが誰でも一瞬で分かるデバイス開発のための基盤研究,2019年04月 ~ 2020年03月,東北大学,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第9回マイクロ・ナノ加工研究会公開講演会,国内会議,2021年09月,非侵襲体液成分センシングデバイスの開発,口頭発表(招待・特別)

  • 2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会,国内会議,2021年09月,安静時汗成分の非侵襲センシングデバイスの開発,口頭発表(招待・特別)

  • 2021年電気化学秋季大会,国内会議,2021年09月,導電性高分子修飾電極を用いた細胞膜電位の電気刺激制御系の開発,口頭発表(一般)

  • Interfinish2020,国際会議,2021年09月,Hydrogel touchpad-based electrochemical biosensor for non-invasive transdermal analysis,口頭発表(招待・特別)

  • 技術情報協会セミナー,国内会議,2021年06月,非侵襲安静時汗成分計測を目指したバイオセンサの研究開発,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会,電気化学会東北支部幹事,2018年04月 ~ 継続中

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 出前授業,2019年11月

  • 夢ナビライブでの講演,2018年10月

    高校生を対象とした、研究に関する講演会

  • 出前授業,2018年09月

    秋田県立秋田中央高校にてバイオセンサに関する出前講義

  • 山形大学・福島市産学官交流会,2017年09月

  • 第12回 山形大学・寒河江市産学官連携交流会,2017年09月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 生物電気化学