2024/05/07 更新

写真a

ナガミネ クニアキ
長峯 邦明
NAGAMINE Kuniaki
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0238-26-3227
 
研究室FAX
0238-26-3788
 

研究分野

  • ナノテク・材料 / ナノマイクロシステム

出身大学

  • 東北大学  工学部  生物化学工学科

    2002年03月,卒業

出身大学院

  • 東北大学  環境科学研究科  環境科学専攻

    博士課程,2007年03月,修了

取得学位

  • 博士(学術),東北大学,2007年03月

  • 修士(工学),東北大学,2004年03月

  • 学士(工学),東北大学,2002年03月

所属学会・委員会

  • 日本MRSJ

  • 電気化学会

  • 分析化学会

 

研究テーマ

  • 生物機能計測・制御を目的とする電気化学デバイスの開発

研究経歴

  • 単一微生物の電気化学的遺伝子機能解析デバイスの開発,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 健康診断機器の開発,2007年04月 ~ 2008年10月

  • 走査型電気化学顕微鏡用のナノ電極プローブの開発,2008年11月 ~ 2009年03月

  • 生体機能計測・制御電気化学デバイスの開発,2009年04月 ~ 2016年12月

論文

  • Screen-printed wearable skin surface pH sensor for real-time monitoring of the buffering capacity of human skin,Analytical and Bioanalytical Chemistry,416 1635-1645,2024年01月

    Kentaro Chiba, Yutaro Harada, Hirotaka Matsumoto, Hiroyuki Matsui, Naoya Ito, Tomohito Sekine, Kuniaki Nagamine

    共著(国内のみ)

  • Investigating the blocking effect of alkanethiol self-assembled monolayer on electrochemical response of the split Gq-based DNA-NTs-based biosensor,Electrochemistry,92(2) 022014,2024年01月

    Kotaro KATO, Naoki NARISAWA, Hisakage FUNABASHI, Kuniaki NAGAMINE

    共著(国内のみ)

  • Temperature correction of printed Na+, K+, and pH sensors with PEDOT:PSS‐based thermistors toward wearable sweat sensing,Advanced Sensor Research,3(2) 2300106,2023年11月

    Rei Shiwaku, Hiroyuki Matsui, Kuiaki Nagamine, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • A Flexible, 2.4-GHz Wireless Ion Sensor System Using Printed Organic Amplifiers with 3-V Single Supply, Advanced Electronic Materials,9(11) 2300396,2023年09月

    Rei Shiwaku, Hiroyuki Matsui, Kuiaki Nagamine, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • Continuous extraction and electrochemical monitoring of potassium ions in a plant leaf using a wearable ion sensor,Sensors and Materials,35(10) 4751-4760,2023年08月

    Kuniaki Nagamine, Natsuki Kudo, Hajime Sasaki, Arina Asano, Shigeyuki Iwasa

    共著(国内のみ)

  • Minimally invasive current-controlled electrical stimulation system for bacteria using highly capacitive conducting polymer-modified electrodes,Bioelectrochemistry,149 108290,2022年10月

    Daiki Makino, Aoba Ueki, Hirotaka Matsumoto, Kuniaki Nagamine

    共著(国内のみ)

  • Hydrogel-extraction technique for non-invasive detection of blue fluorescent substances in plant leaves,Scientific Reports,12 13598,2022年08月

    Shigeyuki Iwasa, Yuso Kobara, Katsumi Maeda, Kuniaki Nagamine

    共著(国内のみ)

  • Development of a highly sensitive prussian-blue-based enzymatic biosensor for L-carnitine employing the thiol/disulfide exchange reaction,Analytical Sciences,2022年

    Ryota Tango, Aya Koeda, Kuniaki Nagamine, Shizuo Tokito, Osamu Niwa, Shigeo Ishikawa, Masahiro Sugimoto

    共著(国内のみ)

  • Wet Interface Engineering for At-rest Sweat Analysis,Sensors and Materials,2022年

    Kuniaki Nagamine

    単著

  • Organic-transistor-based biosensors interfaced with human skin for non-invasive perspiration analysis,Sensors and Actuators B: Chemical,349 130778,2021年10月

    Kuniaki Nagamine, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • Stable immobilization of mediator in porous carbon material via capping technique for fabricating sensitive enzyme-based glucose sensor,Sensors and Materials,33(9) 3245-3253,2021年09月

    Kuniaki Nagamine, Ryota Izawa, Isao Shitanda, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • A fully screen-printed potentiometric chloride ion sensor employing a hydrogel-based touchpad for simple and non-invasive daily electrolyte analysis,Analytical and Bioanalytical Chemistry,2021年01月

    Yusuke Ichimura, Takumi Kuritsubo, Kuiaki Nagamine, Ayako Nomura, Isao Shitanda, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • A heal-melt adhesive-assisted transferable electrode film,Scientific Reports,2021(11) 36,2021年01月

    Yuki Maruyama, Kuniaki Nagamine, Shigeyuki Iwasa, Atsushi Miyabo, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • Constructive Optimization of a Multienzymatic Film Based on a Cascade Reaction for Electrochemical Biosensors,ACS Omega,5(50) 32844-32851,2020年12月

    Kai Sasaki, Hiroyuki Furusawa, Kuniaki Nagamine, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • Electrochemical enzyme biosensor for carnitine detection based on cathodic stripping voltammetry,Sensors & Actuators B. Chemical,321 128473,2020年10月

    Zixin Zhang, Osamu Niwa, Shunsuke Shiba, Shizuo Tokito, Kuniaki Nagamine, Shigeo Ishikawa, Masahiro Sugimoto

    共著(海外含む)

  • Printed organic transistor-based biosensors for non-invasive sweat analysis,Analytical Sciences,2020年

    Kuniaki Nagamine, Ayako Nomura, Yusuke Ichimura, Ryota Izawa, Shiori Sasaki, Hiroyuki Furusawa, Hiroyuki Matsui, and Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • Electrochemical characterization of TEMPO radical in ionic liquids,Electrochemistry,88(1) 34-38,2020年

    Yuki Maruyama, Kuniaki Nagamine, Ayako Nomura, Shigeyuki Iwasa, Shizuo Tokito

    共著(国内のみ)

  • Noninvasive Sweat-Lactate Biosensor Emplsoying a Hydrogel-Based Touch Pad.,Scientific reports,9(1) 10102,2019年07月

    Nagamine K, Mano T, Nomura A, Ichimura Y, Izawa R, Furusawa H, Matsui H, Kumaki D, Tokito S

    共著(海外含む)

  • Hydrogel Microchambers Integrated with Organic Electrodes for Efficient Electrical Stimulation of Human iPSC-Derived Cardiomyocytes.,Macromolecular bioscience,e1900060,2019年04月

    Yoshida S, Sumomozawa K, Nagamine K, Nishizawa M

    単著

  • An L-lactate Biosensor Based on Printed Organic Inverter Circuitry and with a Tunable Detection Limit,SENSORS AND MATERIALS,31(4) 1205-1213,2019年

    Nagamine Kuniaki, Mano Taisei, Shiwaku Rei, Furusawa Hiroyuki, Matsui Hiroyuki, Kumaki Daisuke, Tokito Shizuo

    単著

  • Printed Organic Transistor-Based Enzyme Sensor for Continuous Glucose Monitoring in Wearable Healthcare Applications,CHEMELECTROCHEM,5(24) 3881-3886,2018年12月

    Mano Taisei, Nagamine Kuniaki, Ichimura Yusuke, Shiwaku Rei, Furusawa Hiroyuki, Matsui Hiroyuki, Kumaki Daisuke, Tokito Shizuo

    単著

  • Charge-accumulative Potentiometric Measurements for Ammonia Detection Using an Enzymatic Cascade Reaction on a Prussian Blue Electrode,CHEMISTRY LETTERS,47(11) 1412-1415,2018年11月

    Sasaki Kai, Furusawa Hiroyuki, Nagamine Kuniaki, Tokito Shizuo

    単著

  • Detection of Odorant Molecules in the Gaseous Phase Using -, -, and -Cyclodextrin Films on a Quartz Crystal Microbalance,TECHNOLOGIES,6(3) ,2018年09月

    Sasaki Kai, Furusawa Hiroyuki, Nagamine Kuniaki, Tokito Shizuo

    単著

  • Detection of 1,5-anhydroglucitol as a Biomarker for Diabetes Using an Organic Field-Effect Transistor-Based Biosensor,TECHNOLOGIES,6(3) ,2018年09月

    Hiroyuki Furusawa, Yusuke Ichimura, Kuniaki Nagamine, Rei Shiwaku, Hiroyuki Matsui, Shizuo Tokito

    共著(海外含む)

  • Electric Charge Detection of Sparse Organic Acid Molecules Using an Organic Field-Effect Transistor (OFET)-Based Sensor,BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN,91(7) 1020-1025,2018年07月

    Furusawa Hiroyuki, Ichimura Yusuke, Harada Shuhei, Uematsu Mayu, Xue Shenyao, Nagamine Kuniaki, Tokito Shizuo

    単著

  • A Printed Organic Circuit System for Wearable Amperometric Electrochemical Sensors,SCIENTIFIC REPORTS,8(1) 6368,2018年04月

    Shiwaku Rei, Matsui Hiroyuki, Nagamine Kuniaki, Uematsu Mayu, Mano Taisei, Maruyama Yuki, Nomura Ayako, Tsuchiya Kazuhiko, Hayasaka Kazuma, Takeda Yasunori, Fukuda Takashi, Kumaki Daisuke, Tokito Shiz...

    単著

  • A Printed Organic Amplification System for Wearable Potentiometric Electrochemical Sensors,SCIENTIFIC REPORTS,8(1) 3922,2018年03月

    Shiwaku Rei, Matsui Hiroyuki, Nagamine Kuniaki, Uematsu Mayu, Mano Taisei, Maruyama Yuki, Nomura Ayako, Tsuchiya Kazuhiko, Hayasaka Kazuma, Takeda Yasunori, Fukuda Takashi, Kumaki Daisuke, Tokito Shiz...

    単著

  • Contractile Skeletal Muscle Cells Cultured with a Conducting Soft Wire for Effective, Selective Stimulation.,Scientific reports,8(1) 2253,2018年02月

    Nagamine K, Sato H, Kai H, Kaji H, Kanzaki M, Nishizawa M

    単著

  • An array of porous microneedles for transdermal monitoring of intercellular swelling,BIOMEDICAL MICRODEVICES,19(3) 68-74,2017年09月

    Nagamine Kuniaki, Kubota Jun, Kai Hiroyuki, Ono Yoshinobu, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Intrinsically Stretchable Electrochromic Display by a Composite Film of Poly(3,4-ethylenedioxythiophene) and Polyurethane,ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES,9(23) 19513-19518,2017年06月

    Kai Hiroyuki, Suda Wataru, Ogawa Yudai, Nagamine Kuniaki, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Microfluidic co-cultures of retinal pigment epithelial cells and vascular endothelial cells to investigate choroidal angiogenesis,SCIENTIFIC REPORTS,7(1) 3538,2017年06月

    Chen Li-Jiun, Ito Shuntaro, Kai Hiroyuki, Nagamine Kuniaki, Nagai Nobuhiro, Nishizawa Matsuhiko, Abe Toshiaki, Kaji Hirokazu

    共著(海外含む)

  • Totally shape-conformable electrode/hydrogel composite for on-skin electrophysiological measurements,SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL,237 49-53,2016年12月

    Nagamine Kuniaki, Chihara Shun, Kai Hiroyuki, Kaji Hirokazu, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Minimally-invasive transepidermal potentiometry with microneedle salt bridge,BIOMEDICAL MICRODEVICES,18(4) 55-6,2016年08月

    Abe Yuina, Nagamine Kuniaki, Nakabayashi Mayu, Kai Hiroyuki, Kaji Hirokazu, Yamauchi Takeshi, Yamasaki Kenshi, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Porous polymer microneedles with interconnecting microchannels for rapid fluid transport,RSC Advances,6 48630,2016年

    Liming Liu, Hiroyuki Kai, Kuniaki Nagamine, Yudai Ogawa, Matsuhiko Nishizawa

    共著(海外含む)

  • Totally shape-conformable electrode/hydrogel composite for on-skin electrophysiological measurements,Sensors and Actuators B,237 49-53,2016年

    Kuniaki Nagamine, Shun Chihara, Hiroyuki Kai, Hirokazu Kaji, Matsuhiko Nishizawa

    共著(海外含む)

  • Portable Micropatterns of Neuronal Cells Supported by Thin Hydrogel Films,ACS BIOMATERIALS SCIENCE & ENGINEERING,1(5) 329-334,2015年05月

    Nagamine Kuniaki, Hirata Takuya, Okamoto Kohei, Abe Yuina, Kaji Hirokazu, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Organic Transdermal Iontophoresis Patch with Built-in Biofuel Cell,ADVANCED HEALTHCARE MATERIALS,4(4) 506-510,2015年03月

    Ogawa Yudai, Kato Koichiro, Miyake Takeo, Nagamine Kuniaki, Ofuji Takuya, Yoshino Syuhei, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Highly stretchable cell-cultured hydrogel sheet,RSC Advances,5 66334-66338,2015年

    Kuniaki Nagamine, Yuina Abe, Hiroyuki Kai, Hirokazu Kaji, Matsuhiko Nishizawa

    共著(海外含む)

  • Stretchable, transparent and molecular permeable honeycomb electrodes and their hydrogel hybrids prepared by the breath figure method and sputtering of metals,RSC Advances,5 88414-88418,2015年

    Hiroshi Yabu, Kuniaki Nagamine, Jun Kamei, Yuta Saito, Taiki Okabe, Tatsuaki Shimazaki, Matsuhiko Nishizawa

    共著(海外含む)

  • Highly Conductive Stretchable and Biocompatible Electrode-Hydrogel Hybrids for Advanced Tissue Engineering,ADVANCED HEALTHCARE MATERIALS,3(11) 1919-1927,2014年11月

    Sasaki Masato, Karikkineth Bijoy Chandapillai, Nagamine Kuniaki, Kaji Hirokazu, Torimitsu Keiichi, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Bonding of synthetic hydrogels with fibrin as the glue to engineer hydrogel-based biodevices,JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING,118(1) 94-97,2014年07月

    Nagamine Kuniaki, Okamoto Kohei, Kaji Hirokazu, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Electroporation of Adherent Cells by Direct Lamination of Hydrogel-based Microelectrode Substrates,CHEMISTRY LETTERS,43(4) 444-446,2014年04月

    Takahashi Daisuke, Sasaki Masato, Nagamine Kuniaki, Torimitsu Keiichi, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Hydrogel-based bioassay sheets for in-vitro evaluation of contraction-dependent metabolic regulation in skeletal muscle cells,Biomaterials Science,2(2) 252-256,2014年

    Kuniaki Nagamine, Kohei Okamoto, Shingo Otani, Hirokazu kaji, Makoto Kanzaki, Matsuhiko Nishizawa

    共著(海外含む)

  • An Oxygen Responsive Microparticle-Patterned Hydrogel Sheet for Enzyme Activity Imaging,ELECTROCHEMISTRY,80(5) 318-320,2012年05月

    Nagamine Kuniaki, Ito Shuntaro, Takeda Mai, Otani Shingo, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Conducting Polymer Microelectrodes Anchored to Hydrogel Films,ACS MACRO LETTERS,1(3) 400-403,2012年03月

    Ido Yuichiro, Takahashi Daisuke, Sasaki Masato, Nagamine Kuniaki, Miyake Takeo, Jasinski Piotr, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Microfluidic Devices for Electrochemical Measurement of Photosynthetic Activity of Cyanobacteria Microcystis Cells,ANALYTICAL SCIENCES,28(1) 69-72,2012年01月

    Koide Masahiro, Yasukawa Tomoyuki, Horiguchi Yoshiko, Nagamine Kuniaki, Shiku Hitoshi, Matsue Tomokazu, Itayama Tomoaki

    共著(海外含む)

  • Influence of Tip Size on Single Yeast Cell Imaging Using Scanning Electrochemical Microscopy,ELECTROANALYSIS,23(5) 1168-1174,2011年05月

    Nagamine Kuniaki, Takahashi Yasufumi, Ino Kosuke, Shiku Hitoshi, Matsue Tomokazu

    共著(海外含む)

  • An electrochemical device with microwells for determining the photosynthetic activity of a single cyanobacterium,SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL,153(2) 474-478,2011年04月

    Koide Masahiro, Yasukawa Tomoyuki, Nagamine Kuniaki, Shiku Hitoshi, Itayama Tomoaki, Matsue Tomokazu

    共著(海外含む)

  • Spatiotemporally controlled contraction of micropatterned skeletal muscle cells on a hydrogel sheet,Lab on a chip,11(3) 513-517,2011年

    Kuniaki Nagamine, Takeaki Kawashima, Soichiro Sekine, Yuichiro Ido, Makoto Kanzaki, Matsuhiko Nishizawa

    共著(海外含む)

  • Conducting Polymer Electrodes Printed on Hydrogel,JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY,132(38) 13174-13175,2010年09月

    Sekine Soichiro, Ido Yuichiro, Miyake Takeo, Nagamine Kuniaki, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Electrically induced contraction of C2C12 myotubes cultured on a porous membrane-based substrate with muscle tissue-like stiffness,BIOMATERIALS,31(27) 6981-6986,2010年09月

    Kaji Hirokazu, Ishibashi Takeshi, Nagamine Kuniaki, Kanzaki Makoto, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Electrodes Combined with an Agarose Stamp for Addressable Micropatterning,LANGMUIR,26(13) 11526-11529,2010年07月

    Sekine Soichiro, Nakanishi Shinya, Miyake Takeo, Nagamine Kuniaki, Kaji Hirokazu, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Micropatterning Contractile C2C12 Myotubes Embedded in a Fibrin Gel,BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING,105(6) 1161-1167,2010年04月

    Nagamine Kuniaki, Kawashima Takeaki, Ishibashi Takeshi, Kaji Hirokazu, Kanzaki Makoto, Nishizawa Matsuhiko

    共著(海外含む)

  • Topographic imaging of convoluted surface of live cells by scanning ion conductance microscopy in a standing approach mode,Physical Chemistry Chemical Physics,12(34) 10012-10017,2010年

    Yasufumi Takahashi, Yumi Murakami, Kuniaki Nagamine, Hitoshi Shiku, Shigeo Aoyagi, Tomoyuki Yasukawa, Makoto Kanzaki, Tomokazu Matsue

    共著(海外含む)

  • Electrochemical characterization of enzymatic activity of yeast cells entrapped in a poly(dimethylsiloxane) microwell on the basis of limited diffusion system,Analyst,134(1) 182-187,2009年

    Hitoshi Shiku, Shun Goto, Sungbong Jung, Kuniaki Nagamine, Masahiro Koide, Tomosato Itayama, Tomoyuki Yasukawa

    共著(海外含む)

  • Electrophoretic cell manipulation and electrochemical gene-function analysis based on a yeast two-hybrid system in a microfluidic device,ANALYTICAL CHEMISTRY,80(10) 3722-3727,2008年05月

    Yasukawa Tomoyuki, Nagamine Kuniaki, Horiguchi Yoshiko, Shiku Hitoshi, Koide Masahiro, Itayama Tomoaki, Shiraishi Fujio, Matsue Tomokazu

    共著(海外含む)

  • Whole-Cell Biosensors,Bioelectrochemistry: Fundamentals, Experimental Techniques and Applications,249-266,2008年04月

    H. Shiku, K. Nagamine, T. Kaya, T. Yasukawa, T. Matsue

    共著(海外含む)

  • Electrochemical screening of recombinant protein solubility in Escherichia coli using scanning electrochemical microscopy (SECM),BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING,96(5) 1008-1013,2007年04月

    Nagamine Kuniaki, Onodera Shiho, Kurihara Ai, Yasukawa Tomoyuki, Shiku Hitoshi, Asano Ryutaro, Kumagai Izumi, Matsue Tomokazu

    共著(海外含む)

  • Electrochemical monitoring of cellular signal transduction with a secreted alkaline phosphatase reporter system,ANALYTICAL CHEMISTRY,78(22) 7625-7631,2006年11月

    Torisawa Yu-suke, Ohara Noriko, Nagamine Kuniaki, Kasai Shigenobu, Yasukawa Tomoyuki, Shiku Hitoshi, Matsue Tomokazu

    共著(海外含む)

  • Cytokine assay on a cellular chip by combining collagen gel embedded culture with scanning electrochemical microscopy,ANALYTICA CHIMICA ACTA,566(1) 55-59,2006年04月

    Kasai S, Shiku H, Torisawa YS, Nagamine K, Yasukawa T, Watanabe T, Matsue T

    共著(海外含む)

  • Electrochemical mutagen screening using microbial chip,BIOSENSORS & BIOELECTRONICS,21(7) 1202-1209,2006年01月

    Matsui N, Kaya T, Nagamine K, Yasukawa T, Shiku H, Matsue T

    共著(海外含む)

  • Application of microbial chip for amperometric detection of metabolic alteration in bacteria,SENSORS AND ACTUATORS B-CHEMICAL,108(1-2) 676-682,2005年07月

    Nagamine K, Kaya T, Yasukawa T, Shiku H, Matsue T

    共著(海外含む)

  • Amperometric detection of the bacterial metabolic regulation with a microbial array chip,BIOSENSORS & BIOELECTRONICS,21(1) 145-151,2005年07月

    Nagamine K, Matsui N, Kaya T, Yasukawa T, Shiku H, Nakayama T, Nishino T, Matsue T

    共著(海外含む)

  • On-chip transformation of bacteria,ANALYTICAL CHEMISTRY,77(13) 4278-4281,2005年07月

    Nagamine K, Onodera S, Torisawa Y, Yasukawa T, Shiku H, Matsue T

    共著(海外含む)

  • On-chip electrochemical measurement of beta-galactosidase expression using a microbial chip,CHEMICAL COMMUNICATIONS,(2) 248-249,2004年01月

    Kaya T, Nagamine K, Matsui N, Yasukawa T, Shiku H, Matsue T

    共著(海外含む)

  • Respiration activity of Escherichia coli entrapped in a cone-shaped microwell and cylindrical micropore monitored by scanning electrochemical microscopy (SECM),Analyst,129(6) 529-534,2004年

    3. Takatoshi Kaya, Daisuke Numai, Kuniaki Nagamine, Shigeo Aoyagi, Hitoshi Shiku, Tomokazu Matsue

    共著(海外含む)

  • A microbial chip for glucose sensing studied with scanning electrochemical microscopy (SECM),ELECTROCHEMISTRY,71(6) 436-438,2003年06月

    Kaya T, Nagamine K, Oyamatsu D, Nishizawa M, Matsue T

    共著(海外含む)

  • Fabrication of microbial chip using collagen gel microstructure,Lab on a Chip,3(4) 313-317,2003年

    Takatoshi Kaya, Kuniaki Nagamine, Daisuke Oyamatsu, Hitoshi Shiku, Matsuhiko Nishizawa, Tomokazu Matsue

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • 切り拓き,サイエンスを牽引する分析最前線,化学フロンティア,2008年

    長峯 邦明

総説・解説記事

  • Wet interface technologies for the wearable sweat sensors,Springer,Wearable Biosensing in Medicine and Healthcare,211-216,2024年01月

    Kuniaki Nagamine, Shizuo Tokito

  • ハイドロゲルを用いた植物葉内成分の非破壊抽出法の開発とトマトの青枯病感染の早期検出の試み,日本農薬学会誌,48(1) 45-48,2023年

    長峯邦明、岩佐繁之、前田勝美、小原裕三

  • Printed electronics-enabled wearable/portable physical and chemical sensors for personal digital healthcare,Elsevier,Encyclopedia of Sensors and Biosensors,3 68-79,2022年10月

    Kuniaki Nagamine, Tomohito Sekine, Shizuo Tokito

  • 生体情報をモニタリングする印刷有機トランジスタ型バイオセンサ,電気化学会誌,142(9) 568-571,2022年09月

    長峯邦明

  • 有機トランジスタ型バイオセンサの開発と安静時汗成分センシングへの応用,シーエムシー出版,近未来のデジタルヘルスを支える酵素バイオ技術~センサと発電~,2022年02月

    長峯邦明、松井弘之、、時任静士

  • 印刷有機トランジスタ型バイオセンサの開発と非侵襲生体センシングへの応用,電気化学,2020年12月

    長峯邦明、時任静士

  • 印刷有機トランジスタ型酵素センサの開発とその汗成分計測応用,シーエムシー出版,酵素トランスデューサーと酵素技術開発,2019年03月

    長峯邦明、時任静士

  • Flexible and printed biosensors based on organic TFT devices,CHEMICAL, GAS, AND BIOSENSORS FOR INTERNET OF THINGS AND RELATED APPLICATIONS,2019年

    Kuniaki Nagamine, Shizuo Tokito

  • ウエアラブル有機トランジスタ型バイオセンサの開発と汗成分分析への応用,Chemical Sensors,2018年

    長峯邦明,吉嶺浩司,土屋和彦,野村綾子,時任静士

  • 第8章「筋肉細胞チップ」,CMC出版,臓器チップの技術と開発動向,2018年

    長峯邦明、西澤松彦

全件表示 >>

工業所有権

  • 特許,ポリアミンの検出方法、ポリアミンの検出試薬及びアプタマ,長峯邦明、野村綾子、時任静士、池袋一典、生田昴、前橋兼三、鈴木夕起、水上潤二

    出願番号( 2022-060604 ) ,日本国

  • 特許,植物の内部成分の電気阿学的分析方法および分光学的分析方法、水系溶媒または水系電解液を媒質とするハイドロゲル、ならびに電気化学的分析キットおよび分光学的分析キット,長峯邦明、岩佐繁之、時任静士

    出願番号( 特願2021-164154 ) ,日本国

  • 特許,ポリアミンの検出方法および検出装置,長峯邦明、野村綾子、時任静士、池袋一典、生田昴、前橋兼三、鈴木夕起、水上潤二

    出願番号( 特願2021-163061 ) ,日本国

  • 特許,汗成分センサ,長峯邦明、時任静士

    出願番号( 特願2019-006543 ) ,日本国

  • 特許,優れた機械特性を有する導電性複合材料,長峯邦明、時任静士、丸山祐樹

    出願番号( 特願2018-153581 ) ,日本国

  • 特許,トランジスタ型酵素センサ,長峯邦明、松井弘之、眞野泰誠、時任静士

    出願番号( 特願2018046775 ) ,日本国

  • 特許,皮膚の疾患又は状態の検出、診断又は治療のためのデバイス,甲斐洋行、大黒 耕、長峯邦明

    出願番号( 特願2017-166153 ) ,日本国

  • 特許,プローブ、表皮電位測定装置、表皮電位測定方法、美容方法,西澤松彦、長峯邦明、阿部結奈、山崎研志

    出願番号( 特願2016-106831 ) ,日本国

  • 特許,カテコール含有接着性ハイドロゲル、接着性ハイドロゲル作製用組成物、及び該接着性ハイドロゲルを応用した組成物,藪 浩、西澤 松彦、長峯 邦明、齋藤裕太、亀井潤、島崎立彬、千原駿

    出願番号( 特願2017-520807 ) ,日本国

  • 特許,生体の対象部位の水分量を評価する方法,西澤松彦,長峯邦明,久保田 淳

    出願番号( 特願2016-086209 ) ,日本国

  • 特許,被覆複合材料,西澤松彦、長峯邦明 他

    出願番号( 特願2016-069352 ) ,日本国

  • 特許,生体固定用複合材料,西澤松彦、長峯邦明 他

    出願番号( 特願2016-069354 ) ,日本国

  • 特許,複合材料,西澤松彦、長峯邦明 他

    出願番号( 特願2016-069353 ) ,日本国

  • 特許,導電性フィルム,伊藤 晃寿、小橋 創一、藪 浩、長峯 邦明、西澤 松彦

    出願番号( 特願2015-222972 ) 公開番号( 特開2017-88785 ) ,日本国

  • 特許,複合材料、複合材料の製造方法,西澤松彦,長峯邦明

    出願番号( 特願2015-194485 ) 公開番号( 特開2017-65139 ) ,日本国

  • 特許,分子導入方法,西澤松彦,長峯邦明,森泉俊幸,岡藤辰也

    出願番号( 特願2013-070451 ) 公開番号( 特開2014-193126 ) ,日本国

  • 特許,電位差計測装置,釜堀 政男,石毛 悠,長峯邦明,山下 浩太郎,柴田 康久,三宅 雅文

    出願番号( 特願2008-149385 ) 公開番号( 特開2009-092647 ) ,日本国

  • 特許,細胞検査用バイオアッセイ用キット,西澤松彦,神崎 展,長峯邦明

    出願番号( 特願2009-281158 ) 公開番号( 特開2011-122953 ) 登録番号( 5544474 ) ,日本国

  • 特許,電位差式センサチップ、電位差測定方法、及び測定キット,石毛 悠,釜堀 政男,長峯邦明

    出願番号( 特願2010-536665 ) 公開番号( WO2010/052867 ) ,日本国

  • 特許,走査型電気化学イオンコンダクタンス顕微鏡測定法、走査型電気化学イオンコンダクタンス顕微鏡、その探針および探針の製造方法,高橋康史,末永智一,珠玖 仁,村上有美,長峯邦明,アンドリュー・シェヴチャク,ユーリ・コルチェフ

    出願番号( 特願2009-140602 ) 公開番号( 特開2010-261923 ) 登録番号( 5544474 ) ,日本国

  • 特許,陰イオン濃度測定装置及び陰イオン濃度測定素子,釜堀 政男,石毛 悠,山下 浩太郎,柴田 康久,三宅 雅文,長峯邦明

    出願番号( 特願2008-149385 ) 公開番号( 特開2009-092647 ) ,日本国

  • 特許,細胞の形質転換方法及び形質導入方法,長峯邦明,小野寺志穂,鳥澤勇介,末永智一,珠玖 仁,安川智之

    出願番号( 特願2005-145340 ) 公開番号( 2008-206397 ) ,日本国

  • 特許,電気化学測定装置の製造方法,板山朋聡,小出昌弘,末永智一,安川智之,長峯邦明,珠玖 仁

    公開番号( 特開2009-174948 ) ,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞

  • Top downloaded paper 2018-2019,2020年04月30日,日本国,John Wiley $ Sons Pte Ltd,Taisei Mano, Kuniaki Nagamine*, Yusuke Ichimura, Rei Shiwaku, Hiroyuki Furusawa, Hiroyuki Matsui, Daisuke Kumaki, and Shizuo Tokito

  • Hot Article Award,2020年03月10日,日本国,Analytical Sciences,Kuniaki Nagamine, Ayako Nomura, Yusuke Ichimura, Ryota Izawa, Shiori Sasaki, Hiroyuki Furusawa, Hiroyuki Matsui, and Shizuo Tokito

  • 第17回青葉工学研究奨励賞,2011年12月,日本国,一般財団法人 青葉工学振興会,長峯邦明

  • 日本動物代替法学会第24回大会 優秀演題賞,2011年11月,日本国,日本動物代替法学会,長峯邦明

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(B),2023年04月 ~ 2026年03月,農薬に対する生理反応の非破壊連続測定を目的とした革新的植物/デバイス界面の創出

  • 基盤研究(B),2023年04月 ~ 2026年03月,農薬に対する生理反応の非破壊連続測定を目的とした革新的植物/デバイス界面の創出

    農業環境工学および農業情報工学関連

  • 挑戦的研究(萌芽),2023年04月 ~ 2026年03月,根/細菌/電極間接続による根/土壌細菌間相互作用の計測・制御システムの創出

    社会経済農学、農業工学およびその関連分野

  • 基盤研究(B),2021年04月 ~ 2024年03月,発汗成分モニタリングのためのウェアラブルセンサの創成と熱中症との相関解析

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,ナノ制限空間を用いる高感度・ウエアラブルな印刷有機FET型非標識免疫センサの創出

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,ナノ制限空間を用いる高感度・ウエアラブルな印刷有機FET型非標識免疫センサの創出

    ナノマイクロシステム関連

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,ハイドロゲル電極を用いた長期植込み型生体モニタリングシステムの開発

  • COI若手ファンド,2017年04月 ~ 2018年03月,細胞外ATPを指標とする皮膚がん診断・薬剤投与パッチの開発

  • 卓越研究員事業,2017年01月 ~ 2021年12月,常在細菌叢を電気で操る移植菌制御・計測デバイスの創出

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,ハイドロゲル電極を用いた長期植込み型生体モニタリングシステムの開発

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 2015年03月,ナノ薄膜を用いる細胞・薬剤の同時送達システムと局所体内環境モニタリング

  • 基盤研究(A),2013年04月 ~ 2016年03月,導電性高分子ゲル電極による高効率な細胞刺激システムの開発

  • 基盤研究(B),2013年04月 ~ 2015年03月,動的ナノ界面を識別するダイナミック抗体の創出:分子が躍動するバイオMEMS

  • 若手研究(B),2013年04月 ~ 2015年03月,標識不要の免疫センサ電極フィルムの創出

  • 日本学術振興会 二国間交流事業,2013年04月 ~ 2014年03月,インピーダンス計測に基づくガン細胞有糸分裂プロセスのリアルタイムモニタリング

  • 特別研究員奨励費,2006年04月 ~ 2007年03月,細胞クローニング操作のデバイス化および遺伝子ライブラリーの網羅的機能評価

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 2024年度 生体医歯工学共同研究拠点,2024年04月 ~ 2025年03月,細菌間相互作用の計測・制御を目指したin vitro電気刺激デバイスの開発

    東京医科歯科大学

  • 2023年度 生体医歯工学共同研究拠点,2023年04月 ~ 2024年03月,細菌間相互作用の計測・制御を目指したin vitro電気刺激デバイスの開発

    東京医科歯科大学

  • 2022年度 生体医歯工学共同研究拠点,2022年05月 ~ 2023年03月,細菌間相互作用の計測・制御を目指したin vitro電気刺激デバイスの開発

    東京医科歯科大学

  • 令和4年度「イノベーション創出強化研究推進事業」基礎研究ステージ(基礎研究型),2022年04月 ~ 2024年03月,農作物における病害の発症前検知を目的とした非破壊その場ケミカルセンシング法の開発とその応用に向けた基盤技術の開発

    生物系特定産業技術研究支援センター

  • 2021年度 生体医歯工学共同研究拠点,2021年11月 ~ 2022年03月,細菌間相互作用の制御を目指したin vitro電気刺激デバイスの開発

    東京医科歯科大学

  • 令和3年度「イノベーション創出強化研究推進事業」基礎研究ステージ(チャレンジ型),2021年05月 ~ 2022年03月,農作物における病害の発症前検知を目的とした非破壊その場ケミカルセンシング法の開発とその応用に向けた基盤技術の開発

    生物系特定産業技術研究支援センター

  • 令和3年度 YU-COE「山形大学先進的研究拠点」(C)形成支援,2021年04月 ~ 2024年03月,山形大学スマートオーラルヘルスマネージメント研究拠点

    山形大学

  • COI研究開発費追加配賦,2021年04月 ~ 2022年03月,個人の運動習慣変容を促すウェアラブルデバイスの開発

    JST

  • A-STEP 令和2年度追加公募(トライアウトタイプ)標準,2021年04月 ~ 2022年03月,非侵襲経皮抽出成分の常時モニタリングバイオセンサの開発

    JST

  • A-STEP産学共同(育成型)令和2年度追加公募,2021年04月 ~ 2022年03月,医療負担軽減を目的とした体温測定を伴わない熱中症化学センシング

    JST

  • 事業創出マッチング研究支援,2021年01月 ~ 2021年03月,体内塩分蓄積量を可視化する非侵襲簡易ナトリウムイオンセンサの開発

    山形大学

  • YU-COE「山形大学先進的研究拠点」(C)形成支援,2020年10月 ~ 2023年03月,スマートデジタルヘルスセンシング技術の研究開発

    山形大学

  • COIプログラム 令和2年度COI若手連携研究ファンド,2020年04月 ~ 2021年04月,生体への運動負荷レベルを簡便に検知するセンサ御開発

    JST

全件表示 >>

受託研究受入実績

  • 細胞外ATPを指標とする皮膚がん診断・薬剤投与パッチの開発,2017年04月 ~ 2018年03月,JST,一般受託研究

共同研究実施実績

  • 生体への運動負荷レベルを簡便に検知するセンサ御開発,2020年04月 ~ 2021年03月,東北大学,国内共同研究

  • 適度な運動レベルが誰でも一瞬で分かるデバイス開発のための基盤研究,2019年04月 ~ 2020年03月,東北大学,国内共同研究

研究発表

  • 第84回分析化学討論会,国内会議,2024年05月,京都工芸繊維大学,ウェット界面を利用した植物体内成分の非破壊センシング法の開発,口頭発表(招待・特別)

  • バイオマテリアル研究東北ブロック交流会,国内会議,2023年12月,東北大学,ウェットインターフェースを用いた非侵襲生体内ケミカルセンシング技術の開発,口頭発表(招待・特別)

  • MRM2023/IUMRS-ICA2023 Grand Meeting,国際会議,2023年12月,kyoto,Hydrogel Touchpad-based Wet-Interfacing Device for At-Rest Sweat Sensing,ポスター発表

  • 第1回日本唾液ケア研究会学術集会,国内会議,2022年11月,神奈川県歯科保健総合センター,体に優しく簡単に使える自己健康管理センサの開発,口頭発表(招待・特別)

  • ウェット界面を介した生体内成分センシング,国内会議,2022年10月,東京理科大学神楽坂校舎森戸記念館,ウェット界面を介した生体内成分センシング,口頭発表(招待・特別)

  • 令和4年度 山形大学異分野交流学会,国内会議,2022年09月,山形大学小白川キャンパス,スマートデジタルヘルスセンシング技術の研究開発,ポスター発表

  • 2022年電気化学秋季大会,国内会議,2022年09月,神奈川大学みなとみらいキャンパス,レドックスポリマを用いた電気化学細菌センサの開発,口頭発表(一般)

  • 第82回分析化学討論会,国内会議,2022年05月,ウェット界面を利用した生体内成分センシングデバイスの開発,口頭発表(一般)

  • 2021年電気化学秋季大会,国際会議,2022年03月,経皮抽出生体内成分の電気化学的検出法の開発,口頭発表(一般)

  • Korea-Japan symposium 2022,国際会議,2022年03月,Hydrogel touchpad-based biosensor for non-invasive transdermal analysis,口頭発表(一般)

  • 第13回日本MRS年次大会,国際会議,2021年12月,ハイドロゲルタッチパッド式バイオセンサによる安静時汗成分センシング,口頭発表(一般)

  • センサ&IoTコンソーシアム 公開シンポジウム2021,国際会議,2021年12月,安静時汗成分センサの開発と日常健康管理への応用の可能性,口頭発表(一般)

  • 第9回マイクロ・ナノ加工研究会公開講演会,国内会議,2021年09月,非侵襲体液成分センシングデバイスの開発,口頭発表(招待・特別)

  • 2021年電子情報通信学会ソサイエティ大会,国内会議,2021年09月,安静時汗成分の非侵襲センシングデバイスの開発,口頭発表(招待・特別)

  • 2021年電気化学秋季大会,国内会議,2021年09月,導電性高分子修飾電極を用いた細胞膜電位の電気刺激制御系の開発,口頭発表(一般)

  • Interfinish2020,国際会議,2021年09月,Hydrogel touchpad-based electrochemical biosensor for non-invasive transdermal analysis,口頭発表(招待・特別)

  • 技術情報協会セミナー,国内会議,2021年06月,非侵襲安静時汗成分計測を目指したバイオセンサの研究開発,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 電気化学会第88回大会,国内会議,2021年03月,汗中タンパク質検出を目指したニトロセルロース膜ベース免疫センサの開発,口頭発表(一般)

  • 日本体力医学会東北地方大会第29回,国内会議,2021年03月,タッチパッド式バイオセンサによる安静時汗中成分センシング,口頭発表(一般)

  • 第30回日本MRS年次大会,国内会議,2020年12月,安静時汗成分計測を目指したハイドロゲル被覆電気化学バイオセンサの開発,口頭発表(招待・特別)

  • Prime2020,国際会議,2020年10月,Development of the hydrogel-based biosensors for non-invasive perspiration analysis,口頭発表(招待・特別)

  • 第69回高分子討論会,国内会議,2020年09月,非侵襲汗成分センシングを目指したハイドロゲル被覆電気化学バイオセンサの開発,口頭発表(招待・特別)

  • 第47回日本毒性学会学術年会,国内会議,2020年06月,非侵襲生体計測に向けた印刷型電気化学バイオセンサの開発,口頭発表(招待・特別)

  • The 37th International Conference of Photopolymer Science and Technology,国際会議,2020年05月,幕張メッセ,Development of the hydrogel-based biosensor for sweat analysis,口頭発表(招待・特別)

  • 第29回日本MRS年次大会,国内会議,2019年11月,横浜市開港記念会館,非侵襲汗計測を目指した電気化学バイオセンサの開発,口頭発表(招待・特別)

  • ISIPS2019 International workshop on Bioiontronics,国際会議,2019年11月,早稲田大学情報生産システム研究科,Development of the hydrogel-based sweat biosensor,口頭発表(招待・特別)

  • 2019年 第80回応用物理学会秋季学術講演会,国内会議,2019年09月,北海道大学札幌キャンパス,発汗誘導不要の汗成分採取・検出を目指した電気化学酵素センサの開発,口頭発表(一般)

  • 2019年 電気化学会秋季大会,国内会議,2019年09月,山梨大学甲府キャンパス,汗成分計測を目指した印刷有機トランジスタ型酵素センサの開発,口頭発表(一般)

  • 第7回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム,国内会議,2019年09月,東北大学,有機トランジスタ型バイオセンサを用いる非侵襲汗成分計測,口頭発表(招待・特別)

  • グリーンインキュベーションコンソーシアム(GIC)2019年度第61回研修セミナー,国内会議,2019年07月,国立研究開発法人 産業技術総合研究所 東北センター,汗成分計測を目指した有機トランジスタ型バイオセンサの開発,口頭発表(招待・特別)

  • 19-1 有機エレクトロニクス研究会,国内会議,2019年05月,有機トランジスタ型バイオセンサの汗成分計測応用,口頭発表(招待・特別)

  • 電気化学会第86回大会,国内会議,2019年03月,印刷有機トランジスタ型バイオセンサの開発と生体計測応用,口頭発表(招待・特別)

  • IPOMY, Yonezaya,国際会議,2019年01月,Development of the printed organic transistor-based biosensor for healthcare applications,口頭発表(招待・特別)

  • 第28回日本MRS年次大会,国内会議,2018年12月,非侵襲生体計測を目指した印刷有機トランジスタ型バイオセンサの開発,口頭発表(招待・特別)

  • SmaSys 2018,国際会議,2018年10月,Development of the organic transistor-based biosensors for healthcare applications,口頭発表(一般)

  • The 2nd ECS YU student chapter symposium,国際会議,2018年10月,Development of the flexible organic battery for wearable healthcare devices,口頭発表(一般)

  • 第78回分析化学討論会,国内会議,2018年05月,延長ゲート型有機FET酵素センサの開発と生体分子モニタリングへの応用,口頭発表(一般)

  • 第2回全固体電池研究開発に関する研究会,国内会議,2018年01月,印刷型有機FETを用いたセンサ開発と 薄型電池開発への展開,口頭発表(招待・特別)

  • フレキシブル有機エレクトロニクス第4回研究会,国内会議,2017年10月,有機FET型バイオセンサの進展,口頭発表(一般)

  • ICFPE2017,国際会議,2017年09月,Korea,Development of an organic field-effect transistor-based biosensor for application in personal healthcare,口頭発表(一般)

  • 新化学技術推進協会(JACI)電子情報技術部会・次世代エレクトロニクス分科会,国内会議,2017年07月,有機電界効果トランジスタ型 バイオセンサの開発と生体応用,口頭発表(一般)

  • 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム,国際会議,2016年12月,皮膚バリア修復能の評価のための微細針塩橋を用いた非侵襲的な経皮電位計測法(Minimally-Invasive Transepidermal Potentiometry with Microneedle Salt Bridge for Evalulation of The Skin Barrier Repair),その他

  • AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation,国際会議,2013年12月,マイクロ流体デバイス内の網膜の細胞ベースモデルの開発(Development of a cell-based model of the retina within a microfluidic device),その他

  • 日本バイオマテリアル学会大会予稿集,国際会議,2013年11月,眼底組織モデル構築に向けたマイクロ流路デバイスの開発,その他

  • AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation,国際会議,2012年12月,マイクロ流体デバイス内の網膜セルベースモデルの開発(Development of a cell-based model of the retina within a microfluidic device),その他

  • 日本バイオマテリアル学会大会予稿集,国際会議,2012年11月,マイクロ流路デバイスを用いる眼底組織培養モデルの開発,その他

  • 臨床化学,国際会議,2012年07月,バイオ計測技術の新展開 バイオリソグラフィーシステムの開発,その他

  • Micro-TAS 2012,国際会議,2012年,Sequential assembly of the functional material micropatterns on the hydrogel sheet for constructing skeletal muscle cell-based assay system,その他

  • Micro-TAS 2012,国際会議,2012年,Sequential assembly of the functional material micropatterns on the hydrogel sheet for constructing skeletal muscle cell-based assay system,その他

  • AATEX: Alternatives to Animal Testing and EXperimentation,国際会議,2011年12月,収縮性骨格筋細胞に対するフィブリン補助バイオアッセイシステム(Fibrin-supported bioassay system for contractile skeletal muscle cells),その他

  • 第21回日本MRS学術シンポジウム,国際会議,2011年,Development of the cellular metabolic activity imaging sheet,その他

  • 第21回日本MRS学術シンポジウム,国際会議,2011年,Metabolic assay hydrogel sheet for contractile skeletal muscle cells,その他

  • 第21回日本MRS学術シンポジウム,国際会議,2011年,Metabolic assay hydrogel sheet for contractile skeletal muscle cells,その他

  • 第21回日本MRS学術シンポジウム,国際会議,2011年,Development of the cellular metabolic activity imaging sheet,その他

  • (春)電気化学会第76回大会,国際会議,2009年,ナノ電極をプローブとした走査型電気化学顕微鏡による酵素活性イメージング,その他

  • (春)電気化学会第76回大会,国際会議,2009年,ナノ電極をプローブとした走査型電気化学顕微鏡による酵素活性イメージング,その他

  • The 10th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences. microTAS,国際会議,2006年,Electrophoretic manipulation and electrochemical analysis of single cell with the microfluidic device,その他

  • The 57th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry,国際会議,2006年,Microfluidic device for the manipulation and electrochemical analysis of single cellular activities,その他

  • The 57th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry,国際会議,2006年,Microfluidic device for the manipulation and electrochemical analysis of single cellular activities,その他

  • The 10th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences. microTAS,国際会議,2006年,Electrophoretic manipulation and electrochemical analysis of single cell with the microfluidic device,その他

  • 第58回 日本生物工学会大会,国際会議,2006年,単一微生物アレイの構築および遺伝子発現の電気化学的評価,その他

  • (春)電気化学会第73回大会,国際会議,2006年,細胞・微生物チップを用いた電気化学的レポーターアッセイ,その他

  • (春)電気化学会第73回大会,国際会議,2006年,細胞・微生物チップを用いた電気化学的レポーターアッセイ,その他

  • 日本化学会第86春季年会,国際会議,2006年,参照極を分離配置した微小流路デバイスの作製およびその電気化学的評価,その他

  • 日本化学会第86春季年会,国際会議,2006年,参照極を分離配置した微小流路デバイスの作製およびその電気化学的評価,その他

  • 第58回 日本生物工学会大会,国際会議,2006年,単一微生物アレイの構築および遺伝子発現の電気化学的評価,その他

  • The 56th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry,国際会議,2005年,Microfabricated device for transformation of bacterial arrays,その他

  • The 56th Annual Meeting of International Society of Electrochemistry,国際会議,2005年,Microfabricated device for transformation of bacterial arrays,その他

  • 第11回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,国際会議,2005年,微小電極を組込んだ密閉型ウエル中での藻類の光合成活性計測,その他

  • 第11回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,国際会議,2005年,微小電極を組込んだ密閉型ウエル中での藻類の光合成活性計測,その他

  • The 10th International Meeting on Chemical Sensors,国際会議,2004年,Application of microbial chip for amperometric detection of metabolic alteration in bacteria,その他

  • 206th Meeting of The Electrochemical Society, Honolulu, USA,国際会議,2004年,Real-time electrochemical monitoring of gene expression in transformed bacteria using a microbial chip,その他

  • 206th Meeting of The Electrochemical Society, Honolulu, USA,国際会議,2004年,Real-time electrochemical monitoring of gene expression in transformed bacteria using a microbial chip,その他

  • The 2nd International COE symposium,国際会議,2004年,On chip gene engineering with microbial array chip,その他

  • The 2nd International COE symposium,国際会議,2004年,On chip gene engineering with microbial array chip,その他

  • The 10th International Meeting on Chemical Sensors,国際会議,2004年,Application of microbial chip for amperometric detection of metabolic alteration in bacteria,その他

  • 第1回生体機能関連化学・バイオテクノロジー部会合同シンポジウム,国際会議,2003年,微生物チップによる脱窒菌の代謝調節機能の電気化学的評価,その他

  • 電気化学会創設70周年記念大会,国際会議,2003年,微生物チップの開発と電気化学的機能評価,その他

  • 電気化学会創設70周年記念大会,国際会議,2003年,微生物チップの開発と電気化学的機能評価,その他

  • 第1回生体機能関連化学・バイオテクノロジー部会合同シンポジウム,国際会議,2003年,微生物チップによる脱窒菌の代謝調節機能の電気化学的評価,その他

  • 化学系7学協会連合東北地方大会,国際会議,2002年,マイクロコラーゲンゲルによる微生物チップの作製と機能評価,その他

  • 化学系7学協会連合東北地方大会,国際会議,2002年,マイクロコラーゲンゲルによる微生物チップの作製と機能評価,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 電気化学会,電気化学会東北支部幹事,2018年04月 ~ 継続中

  • 日本分析化学会,Analytical Science誌 編集委員,2023年03月 ~ 2025年02月

  • 電気化学会,生物工学研究会 常任運営委員,2023年04月 ~ 2025年03月

  • 日本分析化学会,電気分析化学研究懇談会運営委員,2023年04月 ~ 2025年03月

社会貢献活動

  • 出前講義,2023年10月

  • 出張講義,2022年10月

    出張講義

  • 出張講義,2022年10月

    出張講義

  • 出前授業,2019年11月

  • 夢ナビライブでの講演,2018年10月

    高校生を対象とした、研究に関する講演会

  • 出前授業,2018年09月

    秋田県立秋田中央高校にてバイオセンサに関する出前講義

  • 山形大学・福島市産学官交流会,2017年09月

  • 第12回 山形大学・寒河江市産学官連携交流会,2017年09月

全件表示 >>

メディア報道

  • トマト「青枯れ病」早期発見,2022年09月

  • トマト病原菌感染指標 非破壊検出に成功,2022年09月

  • トマトの病原菌の感染指標となる植物体内成分の非破壊検出に成功,2022年09月

  • トマトの病原菌の感染指標に 植物体内成分の非破壊検出に成功,2022年09月

  • 青枯病 拡大防止に期待,2022年09月

  • トマトの青枯病 (あおがれびょう) ―非破壊・早期診断に新技術,2022年09月

  • 山形大・農研機構、トマトの病原菌の感染指標となる植物体内成分の非破壊検出に成功,2022年09月

  • トマトの病原菌の感染指標となる植物体内成分の非破壊検出に成功,2022年09月

全件表示 >>

相談に応じられる分野

  • 生物電気化学