2023/11/30 更新

写真a

ヤマグチ ヒロアキ
山口 浩明
YAMAGUCHI Hiroaki
生年
1976年
メールアドレス
メールアドレス
ホームページ
 

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療薬学

  • ライフサイエンス / 医療薬学

出身大学

  • 東北大学  薬学部

    1999年03月,卒業

出身大学院

  • 京都大学  薬学研究科

    博士課程,2004年03月,修了

取得学位

  • 博士(薬学),京都大学,2004年03月

学外略歴

  • 山形大学,教授,2019年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会

  • 日本医療薬学会

  • 日本薬物動態学会

  • 日本TDM学会

  • 日本医薬品情報学会

  • 日本臨床化学会

  • 日本医用マススペクトル学会

  • 日本薬学会

  • クロマトグラフィー科学会

  • 日本臨床薬理学会

  • 日本中毒学会

  • 医薬品相互作用研究会

  • 日本病院薬剤師会

  • 日本臨床薬理学会

  • 日本産婦人科学会

  • 日本医用マススペクトル学会

  • 日本中毒学会

  • 医薬品相互作用研究会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • 薬物療法の個別最適化に向けた研究

研究経歴

  • トランスポーターを機能性器材として利用した薬物治療法の開発,2006年 ~ 2007年

  • 新規薬物動態可視化解析法の開発,2007年

  • トランスポーター輸送のリアルタイムイメージング,2007年 ~ 2008年

  • 胆汁酸シグナルのプロテオミクス,2008年 ~ 2010年

  • 新規脳内薬物トランスポーターの機能解析と中枢神経疾患治療への応用,2008年 ~ 2010年

  • 抗がん剤の体内動態特性に基づいたがん治療効果と副作用に関する研究,2009年

  • 腎臓特異的有機アニオントランスポーターSLCO4C1の輸送特性解析,2011年 ~ 2012年

  • ω-3系およびω-6系脂肪酸由来エイコサノイドの細胞外放出機構に関する研究,2013年04月 ~ 2016年03月

  • 三次元多様性を分子設計上の鍵概念とする論理的創薬方法論の確立,2015年04月 ~ 2020年03月

  • OATP4C1の薬物体内動態への関与,2018年04月 ~ 2021年03月

全件表示 >>

論文

  • Phase II study of trifluridine/tipiracil (TAS-102) therapy in elderly patients with colorectal cancer (T-CORE1401): geriatric assessment tools and plasma drug concentrations as possible predictive biomarkers,CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY,88(3) 393-402,2021年09月

    Takahashi Masanobu, Sakamoto Yasuhiro, Ohori Hisatsugu, Tsuji Yasushi, Kuroki Michio, Kato Satoshi, Otsuka Kazunori, Komine Keigo, Takahashi Masahiro, Takahashi Shin, Shirota Hidekazu, Ouchi Kota, Tak...

    単著

  • Effect of the Opioid Administration Period before the Initiation of Naldemedine Administration on the Prevalence of Diarrhea(和訳中),医療薬学,47(8) 411-417,2021年08月

    Shirata Chinami, Shida Toshihiro, Hatakeyama Shiro, Ogura Jiro, Yamakawa Mayumi, Suzuki Naoki, Yamaguchi Hiroaki

    単著

  • Enhancement and evaluation of a prescription audit system for direct oral anticoagulants using a check sheet(和訳中),Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences,7 1 of 6-6 of 6,2021年06月

    Ishikawa Naoto, Oshikiri Hanae, Takasaki Shinya, Kikuchi Masafumi, Obara Taku, Akasaka Kazutoshi, Matsuura Masaki, Yamaguchi Hiroaki, Mano Nariyasu

    単著

  • Role of OATP4C1 in Renal Handling of Remdesivir and its Nucleoside Analog GS-441524: The First Approved Drug for Patients with COVID-19,JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACEUTICAL SCIENCES,24 227-236,2021年05月

    Sato Toshihiro, Maekawa Masamitsu, Mano Nariyasu, Abe Takaaki, Yamaguchi Hiroaki

    単著

  • グルタチオン合成阻害によるグルタチオン枯渇はProtein disulfide isomeraseのS-ニトロシル化を誘導する,日本臨床薬理学会学術総会抄録集,42(0) 2-P-I-7,2021年

    小倉 次郎, 小野 慎司, 杉浦 弘樹, 山内 碧, 佐藤 紀宏, 前川 正充, 眞野 成康, 山口 浩明

    単著

  • Risk Factors for Severe Hyponatremia Related to Cisplatin: A Retrospective Case-Control Study,BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN,42(11) 1891-1897,2019年11月

    Hatakeyama Shiro, Shida Toshihiro, Yamaguchi Hiroaki

    単著

  • Limited Sampling Strategy for the Estimation of Mycophenolic Acid and its Acyl Glucuronide Metabolite Area under the Concentration-Time Curve in Japanese Lung Transplant Recipients,JOURNAL OF PHARMACY AND PHARMACEUTICAL SCIENCES,22 407-417,2019年08月

    Tanaka Saki, Kikuchi Masafumi, Takasaki Shinya, Hirasawa Tensei, Shigeta Kensuke, Noda Aoi, Akiba Miki, Matsuda Yasushi, Oishi Hisashi, Sado Tetsu, Noda Masafumi, Okada Yoshinori, Mano Nariyasu, Yamag...

    単著

  • Glucose-induced oxidative stress leads to in S-nitrosylation of protein disulfide isomerase in neuroblastoma cells,BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS,1865(11) 129998,2021年11月

    Ogura Jiro, Sugiura Hiroki, Tanaka Atsushi, Ono Shinji, Sato Toshiyuki, Sato Toshihiro, Maekawa Masamitsu, Yamaguchi Hiroaki, Mano Nariyasu

    単著

  • KRP-203 is a Desirable Immunomodulator for Islet Allotransplantation.,Transplantation,2021年07月

    Fathi I, Nishimura R, Imura T, Inagaki A, Kanai N, Ushiyama A, Kikuchi M, Maekawa M, Yamaguchi H, Goto M

    単著

  • Enhancement and evaluation of a prescription audit system for direct oral anticoagulants using a check sheet.,Journal of pharmaceutical health care and sciences,7(1) 22,2021年06月

    Ishikawa N, Oshikiri H, Takasaki S, Kikuchi M, Obara T, Akasaka K, Matsuura M, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Azelnidipine treatment reduces the expression of Ca(v)1.2 protein,LIFE SCIENCES,269 119043,2021年03月

    Nasu Fumiaki, Obara Yutaro, Okamoto Yosuke, Yamaguchi Hiroaki, Kurakami Kazuya, Norota Ikuo, Ishii Kuniaki

    単著

  • Simultaneous analysis of drugs administered to lung-transplanted patients using liquid chromatography-tandem mass spectrometry for therapeutic drug monitoring.,Biomedical chromatography : BMC,35(6) e5067,2021年01月

    Takasaki S, Hirasawa T, Sato Y, Maekawa M, Tsukamoto T, Kikuchi M, Ogura J, Hayakawa Y, Matsuda Y, Oishi H, Sado T, Noda M, Okada Y, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Role of OATP4C1 in Renal Handling of Remdesivir and its Nucleoside Analog GS-441524: The First Approved Drug for Patients with COVID-19.,Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences : a publication of the Canadian Society for Pharmaceutical Sciences, Societe canadienne des sciences pharmaceutiques,24 227-236,2021年

    Sato T, Maekawa M, Mano N, Abe T, Yamaguchi H

    単著

  • Clinical Importance of Plasma Drug Concentration of Oral Molecular Targeted Drugs for Renal Cell Carcinoma.,Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences : a publication of the Canadian Society for Pharmaceutical Sciences, Societe canadienne des sciences pharmaceutiques,24 127-136,2021年

    Takasaki S, Kawasaki Y, Kikuchi M, Ito A, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Plasma mycophenolic acid concentration and the clinical outcome after lung transplantation.,Clinical transplantation,34(12) e14088,2020年09月

    Yabuki H, Matsuda Y, Watanabe T, Eba S, Hoshi F, Hirama T, Oishi H, Sado T, Noda M, Sakurada A, Kikuchi M, Yamaguchi H, Mano N, Okada Y

    単著

  • ヘム生合成系初発酵素5-アミノレブリン酸合成酵素1遺伝子破壊マウスにおけるグルコース刺激インスリン分泌異常,山形医学,38(2) 103-104,2020年08月

    武田 和也, van Wijk Koen, 木村 朋寛, 岡野 聡, 斉藤 真一, 山口 浩明, 高橋 究, 田中 徹, 中島 元夫, 中島 修

    単著

  • ATP-Binding Cassette Transporter C4 is a Prostaglandin D2 Exporter in HMC-1 cells.,Prostaglandins, leukotrienes, and essential fatty acids,159 102139,2020年05月

    Tanaka N, Kawai J, Hirasawa N, Mano N, Yamaguchi H

    共著(国内のみ)

  • Development of a precise quantitative method for monitoring sirolimus in whole blood using LC/ESI-MS/MS,BIOMEDICAL CHROMATOGRAPHY,e4853,2020年05月

    Shigeta Kensuke, Kikuchi Masafumi, Tanaka Masaki, Takasaki Shinya, Oishi Hisashi, Sado Tetsu, Matsuda Yasushi, Noda Masafumi, Okada Yoshinori, Mano Nariyasu, Yamaguchi Hiroaki

    共著(国内のみ)

  • Stimulatory effect on the transport mediated by organic anion transporting polypeptide 2B1.,Asian journal of pharmaceutical sciences,15(2) 181-191,2020年03月

    Ogura J, Yamaguchi H, Mano N

    共著(国内のみ)

  • Comprehensive and semi-quantitative analysis of carboxyl-containing metabolites related to gut microbiota on chronic kidney disease using 2-picolylamine isotopic labeling LC-MS/MS.,Scientific reports,9(1) 19075,2019年12月

    Kanemitsu Y, Mishima E, Maekawa M, Matsumoto Y, Saigusa D, Yamaguchi H, Ogura J, Tsukamoto H, Tomioka Y, Abe T, Mano N

    共著(国内のみ)

  • Investigation of diagnostic performance of five urinary cholesterol metabolites for Niemann-Pick disease type C.,Journal of lipid research,60(12) 2074-2081,2019年12月

    Maekawa M, Jinnoh I, Narita A, Iida T, Saigusa D, Iwahori A, Nittono H, Okuyama T, Eto Y, Ohno K, Clayton PT, Yamaguchi H, Mano N

    共著(海外含む)

  • シスプラチンに関連する重度の低ナトリウム血症の危険因子 後向き症例対照研究(Risk Factors for Severe Hyponatremia Related to Cisplatin: A Retrospective Case-Control Study),Biological & Pharmaceutical Bulletin,42(11) 1891-1897,2019年11月

    Hatakeyama Shiro, Shida Toshihiro, Yamaguchi Hiroaki

    単著

  • Structural Determination of Lysosphingomyelin-509 and Discovery of Novel Class Lipids from Patients with Niemann-Pick Disease Type C.,International journal of molecular sciences,20(20) ,2019年10月

    Maekawa M, Jinnoh I, Matsumoto Y, Narita A, Mashima R, Takahashi H, Iwahori A, Saigusa D, Fujii K, Abe A, Higaki K, Yamauchi S, Ozeki Y, Shimoda K, Tomioka Y, Okuyama T, Eto Y, Ohno K, T Clayton P, Ya...

    共著(海外含む)

  • Involvement of H+-gradient dependent transporter in PGE(2) release from A549 cells,PROSTAGLANDINS LEUKOTRIENES AND ESSENTIAL FATTY ACIDS,149 30-36,2019年10月

    Tanakaa Nobuaki, Yamaguchi Hiroaki, Mano Nariyasu

    共著(国内のみ)

  • Organogermanium suppresses cell death due to oxidative stress in normal human dermal fibroblasts,SCIENTIFIC REPORTS,9(1) 13637,2019年09月

    Takeda Tomoya, Doiyama Sota, Azumi Junya, Shimada Yasuhiro, Tokuji Yoshihiko, Yamaguchi Hiroaki, Nagata Kosuke, Sakamoto Naoya, Aso Hisashi, Nakamura Takashi

    共著(国内のみ)

  • LC/MS/MSによるニーマンピック病C型モデル細胞中ステロイドホルモン類の挙動解析,臨床化学,48(Suppl.1) 289,2019年08月

    阿部 愛, 前川 正充, 小倉 次郎, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • LC/ESI-MS/MSを用いる胆汁酸メタボローム解析系の基礎的検討,臨床化学,48(Suppl.1) 289,2019年08月

    庄子 彩織, 前川 正充, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • LC/ESI-MS/MSによる全血中シロリムス測定法の構築とリンパ脈管筋腫症患者への適用,臨床化学,48(Suppl.1) 269,2019年08月

    重田 健介, 菊地 正史, 眞野 成康, 山口 浩明

    単著

  • 血清リン脂質類のLC-MS/MS分析に基づくニーマンピック病C型の迅速スクリーニング法の検討,臨床化学,48(Suppl.1) 290,2019年08月

    岩堀 杏南, 前川 正充, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • Altered bile acid composition and disposition in a mouse model of non-alcoholic steatohepatitis.,Toxicology and applied pharmacology,379 114664,2019年07月

    Suga T, Yamaguchi H, Ogura J, Shoji S, Maekawa M, Mano N

    共著(国内のみ)

  • Drug Prescriptions for Children With ADHD in Japan: A Study Based on Health Insurance Claims Data Between 2005 and 2015.,Journal of attention disorders,1087054719843179,2019年05月

    Yoshida M, Obara T, Kikuchi S, Satoh M, Morikawa Y, Ooba N, Yamaguchi H, Mano N

    共著(国内のみ)

  • Characterization of conjugated and unconjugated bile acid transport via human organic solute transporter α/β.,Biochimica et biophysica acta. Biomembranes,1861(5) 1023-1029,2019年05月

    Suga T, Yamaguchi H, Ogura J, Mano N

    共著(国内のみ)

  • Fundamental Study of Behaviors of In-Source Collision Induced Dissociation and Shifting the Linear Range of Calibration Curves of Various Drugs and the Metabolites Used for Therapeutic Drug Monitoring.,Chromatography,40(2) 71-78,2019年05月

    Maekawa M, Tsukamoto T, Takasaki S, Kikuchi M, Sato Y, Ogura J, Hayakawa Y, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Estimation of blood sirolimus concentration based on tacrolimus concentration/dose normalized by body weight ratio in lung transplant patients.,Therapeutic drug monitoring,2019年04月

    Kikuchi M, Shigeta K, Tanaka M, Takasaki S, Akiba M, Oishi H, Sado T, Matsuda Y, Noda M, Okada Y, Mano N, Yamaguchi H

    共著(国内のみ)

  • Development of a Highly Potent Analogue and a Long-Acting Analogue of Oxytocin for the Treatment of Social Impairment-Like Behaviors.,Journal of medicinal chemistry,62(7) 3297-3310,2019年04月

    Ichinose W, Cherepanov SM, Shabalova AA, Yokoyama S, Yuhi T, Yamaguchi H, Watanabe A, Yamamoto Y, Okamoto H, Horike S, Terakawa J, Daikoku T, Watanabe M, Mano N, Higashida H, Shuto S

    共著(国内のみ)

  • Gut microbiome-derived phenyl sulfate contributes to albuminuria in diabetic kidney disease.,Nature communications,10(1) 1835,2019年04月

    Kikuchi K, Saigusa D, Kanemitsu Y, Matsumoto Y, Thanai P, Suzuki N, Mise K, Yamaguchi H, Nakamura T, Asaji K, Mukawa C, Tsukamoto H, Sato T, Oikawa Y, Iwasaki T, Oe Y, Tsukimi T, Fukuda NN, Ho HJ, Nan...

    共著(海外含む)

  • Diagnostic performance evaluation of sulfate-conjugated cholesterol metabolites as urinary biomarkers of Niemann-Pick disease type C.,Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry,494 58-63,2019年03月

    Maekawa M, Narita A, Jinnoh I, Iida T, Marquardt T, Mengel E, Eto Y, Clayton PT, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • 転移性腎細胞癌の日本人患者におけるエベロリムス血中濃度と臨床成績との長期間の関係 前向き研究(Long-term relationship between everolimus blood concentration and clinical outcomes in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma: a prospective study),Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences,5 1of 9-9 of 9,2019年03月

    Takasaki Shinya, Yamaguchi Hiroaki, Kawasaki Yoshihide, Kikuchi Masafumi, Tanaka Masaki, Ito Akihiro, Mano Nariyasu

    単著

  • インソースCIDを利用したLC/ESI-MS/MSによる多種薬物の同時測定法の構築に向けた基礎検討,日本薬学会年会要旨集,139年会(4) 114,2019年03月

    佐藤 裕, 前川 正充, 塚本 多矩, 高崎 新也, 菊地 正史, 早川 禎宏, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • ニーマンピック病C型患者に特徴的な5種の抱合型コレステロール代謝物の尿中濃度同時測定法の構築,日本薬学会年会要旨集,139年会(2) 274,2019年03月

    神納 勇, 前川 正充, 成田 綾, 飯田 隆, 衛藤 義勝, 大野 耕策, Clayton Peter, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • Analysis of membrane transport mechanisms of endogenous substrates using chromatographic techniques.,Biomedical chromatography : BMC,e4495,2019年01月

    Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Value of global metabolomics in association with diagnosis and clinicopathological factors of renal cell carcinoma.,International journal of cancer,2019年01月

    Sato T, Kawasaki Y, Maekawa M, Takasaki S, Saigusa D, Ota H, Shimada S, Yamashita S, Mitsuzuka K, Yamaguchi H, Ito A, Kinoshita K, Koshiba S, Mano N, Arai Y

    単著

  • Long-term relationship between everolimus blood concentration and clinical outcomes in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma: a prospective study.,Journal of pharmaceutical health care and sciences,5 6,2019年

    Takasaki S, Yamaguchi H, Kawasaki Y, Kikuchi M, Tanaka M, Ito A, Mano N

    単著

  • [Toward Personalized Cancer Therapy with Oral Molecular-targeted Agents].,Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan,139(6) 911-915,2019年

    Yamaguchi H, Takasaki S, Kikuchi M, Kawasaki Y, Arai Y, Mano N

    単著

  • Knowledge, Attitudes, and Practice of Hospital Pharmacists Regarding Pharmacovigilance and Adverse Drug Reaction Reporting in Japan,Hospital Pharmacy,2019年

    Tomonori Kobayashi, Aoi Noda, Taku Obara, Masami Tsuchiya, Kazutoshi Akasaka, Makiko Yoshida, Masaki Matsuura, Mayumi Sato, Yuriko Murai, Hiroaki Yamaguchi, Fumito Tsuchiya, Kenji Kihira, Nariyasu Man...

    単著

  • Fundamental Study of Behaviors of In-Source Collision Induced Dissociation and Shifting the Linear Range of Calibration Curves of Various Drugs and the Metabolites Used for Therapeutic Drug Monitoring,CHROMATOGRAPHY,40(2) 71-78,2019年

    Maekawa Masamitsu, Tsukamoto Taku, Takasaki Shinya, Kikuchi Masafumi, Sato Yu, Ogura Jiro, Hayakawa Yoshihiro, Yamaguchi Hiroaki, Mano Nariyasu

    単著

  • Risk Factors for Severe Hyponatremia Related to Cisplatin: A Retrospective Case-Control Study.,Biological & pharmaceutical bulletin,42(11) 1891-1897,2019年

    Hatakeyama S, Shida T, Yamaguchi H

    単著

  • Limited Sampling Strategy for the Estimation of Mycophenolic Acid and its Acyl Glucuronide Metabolite Area under the Concentration-Time Curve in Japanese Lung Transplant Recipients.,Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences : a publication of the Canadian Society for Pharmaceutical Sciences, Societe canadienne des sciences pharmaceutiques,22(1) 407-417,2019年

    Tanaka M, Kikuchi M, Takasaki S, Hirasawa T, Sigeta K, Noda A, Akiba M, Matsuda Y, Oishi H, Sado T, Noda M, Okada Y, Mano N, Yamaguchi H

    単著

  • Functional characterization of 40 CYP2B6 allelic variants by assessing efavirenz 8-hydroxylation.,Biochemical pharmacology,156 420-430,2018年10月

    Watanabe T, Saito T, Rico EMG, Hishinuma E, Kumondai M, Maekawa M, Oda A, Saigusa D, Saito S, Yasuda J, Nagasaki M, Minegishi N, Yamamoto M, Yamaguchi H, Mano N, Hirasawa N, Hiratsuka M

    単著

  • Relationships between sunitinib plasma concentration and clinical outcomes in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma.,International journal of clinical oncology,23(5) 936-943,2018年10月

    Takasaki S, Kawasaki Y, Kikuchi M, Tanaka M, Suzuka M, Noda A, Sato Y, Yamashita S, Mitsuzuka K, Saito H, Ito A, Yamaguchi H, Arai Y, Mano N

    単著

  • 日本人転移性腎細胞癌患者における血漿スニチニブ濃度と臨床転帰との関連性(Relationships between sunitinib plasma concentration and clinical outcomes in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma),International Journal of Clinical Oncology,23(5) 936-943,2018年10月

    Takasaki Shinya, Kawasaki Yoshihide, Kikuchi Masafumi, Tanaka Masaki, Suzuka Masato, Noda Aoi, Sato Yuji, Yamashita Shinichi, Mitsuzuka Koji, Saito Hideo, Ito Akihiro, Yamaguchi Hiroaki, Arai Yoichi, ...

    単著

  • Functional Characterization of 21 Allelic Variants of Dihydropyrimidine Dehydrogenase Identified in 1070 Japanese Individuals.,Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals,46(8) 1083-1090,2018年08月

    Hishinuma E, Narita Y, Saito S, Maekawa M, Akai F, Nakanishi Y, Yasuda J, Nagasaki M, Yamamoto M, Yamaguchi H, Mano N, Hirasawa N, Hiratsuka M

    単著

  • LC/ESI-MS/MSを用いるコレステロール代謝物網羅的解析法の基礎的検討,臨床化学,47(Suppl.1) 320,2018年07月

    前川 正充, 河俣 圭太, 阿部 愛, 三枝 大輔, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • 薬学研究が支える臨床化学 臨床化学を基盤とした肺移植患者の個別化薬物療法構築への取り組み,臨床化学,47(Suppl.1) 204,2018年07月

    菊地 正史, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • 質量分析の活用事例とピットフォール 個別化医療における血中薬物濃度の精密測定,臨床化学,47(Suppl.1) 179,2018年07月

    眞野 成康, 前川 正充, 菊地 正史, 山口 浩明

    単著

  • 肺移植患者における個別化薬物療法,臨床薬理の進歩,(39) 104-116,2018年06月

    山口 浩明, 菊地 正史, 田中 雅樹, 高崎 新也, 野田 あおい, 重田 健介, 白木 美香, 高木 秀侑, 松田 安史, 野田 雅史, 岡田 克典, 眞野 成康

    単著

  • Simultaneous analysis of oral anticancer drugs for renal cell carcinoma in human plasma using liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry.,Biomedical chromatography : BMC,32(6) e4184,2018年06月

    Takasaki S, Tanaka M, Kikuchi M, Maekawa M, Kawasaki Y, Ito A, Arai Y, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • 肺移植患者における個別化薬物療法,臨床薬理の進歩,(39) 104-116,2018年06月

    山口 浩明, 菊地 正史, 田中 雅樹, 高崎 新也, 野田 あおい, 重田 健介, 白木 美香, 高木 秀侑, 松田 安史, 野田 雅史, 岡田 克典, 眞野 成康

    単著

  • Possible predictive value of G8 score and the drug concentrations for efficacy and toxicity of trifluridine/tipiracil for elderly patients with advanced colorectal cancer: A multicenter, phase II study (T-CORE1401).,JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,36(15) ,2018年05月

    Takahashi Masanobu, Gamoh Makio, Ohori Hisatsugu, Sakamoto Yasuhiro, Tsuji Yasushi, Kuroki Michio, Takahashi Masahiro, Yaegashi Hiroko, Yamaguchi Hiroaki, Yamaguchi Takuhiro, Shimodaira Hideki, Yoshio...

    単著

  • Impact of clinical factors and UGT1A9 and CYP2B6 genotype on inter-individual differences in propofol pharmacokinetics.,Journal of anesthesia,32(2) 236-243,2018年04月

    Kanaya A, Sato T, Fuse N, Yamaguchi H, Mano N, Yamauchi M

    単著

  • 日本人肺移植レシピエントにおける血漿中ミコフェノール酸濃度を測定するためのPETINIAおよびLC-MS/MSの比較検討(Comparison of PETINIA and LC-MS/MS for determining plasma mycophenolic acid concentrations in Japanese lung transplant recipients),Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences,4(April) 1-5,2018年04月

    Kikuchi Masafumi, Tanaka Masaki, Takasaki Shinya, Takahashi Akiko, Akiba Miki, Matsuda Yasushi, Noda Masafumi, Hisamichi Kanehiko, Yamaguchi Hiroaki, Okada Yoshinori, Mano Nariyasu

    単著

  • プロポフォール薬物動態にみられる個人間差に対し、臨床因子およびUGT1A9やCYP2B6の遺伝子型が及ぼす影響力(Impact of clinical factors and UGT1A9 and CYP2B6 genotype on inter-individual differences in propofol pharmacokinetics),Journal of Anesthesia,32(2) 236-243,2018年04月

    Kanaya Akihiro, Sato Toshihiro, Fuse Nobuo, Yamaguchi Hiroaki, Mano Nariyasu, Yamauchi Masanori

    単著

  • インソースCIDを利用したLC/ESI-MS/MSによるチロシンキナーゼ阻害薬一斉測定法の構築,日本薬学会年会要旨集,138年会(4) 175,2018年03月

    佐藤 裕, 高崎 新也, 田中 雅樹, 前川 正充, 菊地 正史, 川崎 芳英, 荒井 陽一, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • レセプトデータを利用した小児ADHD患者における処方実態の把握,日本薬学会年会要旨集,138年会(4) 185,2018年03月

    吉田 真貴子, 小原 拓, 菊地 紗耶, 菊地 正史, 山口 浩明, 眞野 成康

    単著

  • 第2回病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線〜分子標的探索と個別化医療への挑戦〜 経口分子標的薬の個別化投与設計に向けて,日本薬学会年会要旨集,138年会(1) 134,2018年03月

    山口 浩明, 高崎 新也, 菊地 正史, 川崎 芳英, 荒井 陽一, 眞野 成康

    単著

  • Functional characterization of 9 CYP2A13 allelic variants by assessment of nicotine C-oxidation and coumarin 7-hydroxylation.,Drug metabolism and pharmacokinetics,33(1) 82-89,2018年02月

    Kumondai M, Hosono H, Maekawa M, Yamaguchi H, Mano N, Oda A, Hirasawa N, Hiratsuka M

    単著

  • ニコチンのC-酸化とクマリン7-水酸化の測定による9種のCYP2A13のアリル変異体の機能的特性の分析(Functional characterization of 9 CYP2A13 allelic variants by assessment of nicotine C-oxidation and coumarin 7-hydroxylation),Drug Metabolism and Pharmacokinetics,33(1) 82-89,2018年02月

    Kumondai Masaki, Hosono Hiroki, Maekawa Masamitsu, Yamaguchi Hiroaki, Mano Nariyasu, Oda Akifumi, Hirasawa Noriyasu, Hiratsuka Masahiro

    単著

  • Interactions of crizotinib and gefitinib with organic anion-transporting polypeptides (OATP)1B1, OATP1B3 and OATP2B1: gefitinib shows contradictory interaction with OATP1B3.,Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems,48(1) 73-78,2018年01月

    Sato T, Ito H, Hirata A, Abe T, Mano N, Yamaguchi H

    単著

  • Comparison of PETINIA and LC-MS/MS for determining plasma mycophenolic acid concentrations in Japanese lung transplant recipients.,Journal of pharmaceutical health care and sciences,4 7,2018年

    Kikuchi M, Tanaka M, Takasaki S, Takahashi A, Akiba M, Matsuda Y, Noda M, Hisamichi K, Yamaguchi H, Okada Y, Mano N

    単著

  • A Direct Injection LC/ESI-MS/MS Analysis of Urinary Cyclophosphamide as an Anticancer Drug for Monitoring Occupational Exposure,Chromatography,39(1) 41-47,2018年

    M. Maekawa, M. Mori, M. Fujiyoshi, H. Suzuki, K. Yanai, A. Noda, M. Tanaka, S. Takasaki, M. Kikuchi, K. Akasaka, S. Kisara, M. Matsuura, K. Hisamichi, M. Sato, J. Goto, M. Shimada, H. Yamaguchi, N. Ma...

    単著

  • Development of a Liquid Chromatography-Tandem Mass Spectrometric Method for Quantification of Mycophenolic Acid and Its Glucuronides in Dried Blood Spot Samples.,Therapeutic drug monitoring,39(6) 648-653,2017年12月

    Iboshi H, Yamaguchi H, Suzuki H, Kikuchi M, Tanaka M, Takasaki S, Takahashi A, Maekawa M, Shimada M, Matsuda Y, Okada Y, Mano N

    単著

  • Functional characterization of 21 allelic variants of dihydropyrimidinase.,Biochemical pharmacology,143 118-128,2017年11月

    Hishinuma E, Akai F, Narita Y, Maekawa M, Yamaguchi H, Mano N, Oda A, Hirasawa N, Hiratsuka M

    単著

  • Potential Drug Interactions Mediated by Renal Organic Anion Transporter OATP4C1.,The Journal of pharmacology and experimental therapeutics,362(2) 271-277,2017年08月

    Sato T, Mishima E, Mano N, Abe T, Yamaguchi H

    単著

  • Mitochonic Acid 5 (MA-5) Facilitates ATP Synthase Oligomerization and Cell Survival in Various Mitochondrial Diseases.,EBioMedicine,20 27-38,2017年06月

    Matsuhashi T, Sato T, Kanno SI, Suzuki T, Matsuo A, Oba Y, Kikusato M, Ogasawara E, Kudo T, Suzuki K, Ohara O, Shimbo H, Nanto F, Yamaguchi H, Saigusa D, Mukaiyama Y, Watabe A, Kikuchi K, Shima H, Mis...

    単著

  • Matrix effect-corrected liquid chromatography/tandem mass-spectrometric method for determining acylcarnitines in human urine.,Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry,468 187-194,2017年05月

    Abe K, Suzuki H, Maekawa M, Shimada M, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Activation of the Hypoxia Inducible Factor 1α Subunit Pathway in Steatotic Liver Contributes to Formation of Cholesterol Gallstones.,Gastroenterology,152(6) 1521-1535.e8,2017年05月

    Asai Y, Yamada T, Tsukita S, Takahashi K, Maekawa M, Honma M, Ikeda M, Murakami K, Munakata Y, Shirai Y, Kodama S, Sugisawa T, Chiba Y, Kondo Y, Kaneko K, Uno K, Sawada S, Imai J, Nakamura Y, Yamaguch...

    単著

  • Functional Characterization of 34 CYP2A6 Allelic Variants by Assessment of Nicotine C-Oxidation and Coumarin 7-Hydroxylation Activities.,Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals,45(3) 279-285,2017年03月

    Hosono H, Kumondai M, Maekawa M, Yamaguchi H, Mano N, Oda A, Hirasawa N, Hiratsuka M

    単著

  • Severe toxicity induced by accumulation of active sunitinib metabolite in a Japanese patient with renal cell carcinoma: a case report.,Journal of medical case reports,11(1) 28,2017年02月

    Takasaki S, Kikuchi M, Kawasaki Y, Ito A, Arai Y, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • [A Case of Renal Cell Carcinoma with High Everolimus Blood Concentrations and Hyperglycemia Due to Everolimus-Induced Hepatic Dysfunction].,Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy,44(1) 87-89,2017年01月

    Takasaki S, Kikuchi M, Kawasaki Y, Ito A, Arai Y, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Preference of Conjugated Bile Acids over Unconjugated Bile Acids as Substrates for OATP1B1 and OATP1B3.,PloS one,12(1) e0169719,2017年

    Suga T, Yamaguchi H, Sato T, Maekawa M, Goto J, Mano N

    単著

  • A simultaneous determination method for 5-fluorouracil and its metabolites in human plasma with linear range adjusted by in-source collision-induced dissociation using hydrophilic interaction liquid chromatography-electrospray ionization-tandem mass spect,Biomedical chromatography : BMC,30(11) 1882-1886,2016年11月

    Ishii H, Shimada M, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Mitochonic Acid 5 Binds Mitochondria and Ameliorates Renal Tubular and Cardiac Myocyte Damage.,Journal of the American Society of Nephrology : JASN,27(7) 1925-1932,2016年07月

    Suzuki T, Yamaguchi H, Kikusato M, Hashizume O, Nagatoishi S, Matsuo A, Sato T, Kudo T, Matsuhashi T, Murayama K, Ohba Y, Watanabe S, Kanno S, Minaki D, Saigusa D, Shinbo H, Mori N, Yuri A, Yokoro M, ...

    単著

  • Identification of Two Sulfated Cholesterol Metabolites Found in the Urine of a Patient with Niemann-Pick Disease Type C as Novel Candidate Diagnostic Markers.,Mass spectrometry (Tokyo, Japan),5(2) S0053,2016年

    Maekawa M, Omura K, Sekiguchi S, Iida T, Saigusa D, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Shifting the Linear Range in Electrospray Ionization by In-Source Collision-Induced Dissociation.,Chemical & pharmaceutical bulletin,64(4) 356-359,2016年

    Ishii H, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Reactive oxygen species derived from xanthine oxidase interrupt dimerization of breast cancer resistance protein, resulting in suppression of uric acid excretion to the intestinal lumen.,Biochemical pharmacology,97(1) 89-98,2015年09月

    Ogura J, Kuwayama K, Sasaki S, Kaneko C, Koizumi T, Yabe K, Tsujimoto T, Takeno R, Takaya A, Kobayashi M, Yamaguchi H, Iseki K

    単著

  • Focused metabolomics using liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry for analysis of urinary conjugated cholesterol metabolites from patients with Niemann-Pick disease type C and 3β-hydroxysteroid dehydrogenase deficiency.,Annals of clinical biochemistry,52(Pt 5) 576-587,2015年09月

    Maekawa M, Shimada M, Ohno K, Togawa M, Nittono H, Iida T, Hofmann AF, Goto J, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Mitochonic Acid 5 (MA-5), a Derivative of the Plant Hormone Indole-3-Acetic Acid, Improves Survival of Fibroblasts from Patients with Mitochondrial Diseases.,The Tohoku journal of experimental medicine,236(3) 225-232,2015年07月

    Suzuki T, Yamaguchi H, Kikusato M, Matsuhashi T, Matsuo A, Sato T, Oba Y, Watanabe S, Minaki D, Saigusa D, Shimbo H, Mori N, Mishima E, Shima H, Akiyama Y, Takeuchi Y, Yuri A, Kikuchi K, Toyohara T, S...

    単著

  • Simultaneous quantification of leukotrienes and hydroxyeicosatetraenoic acids in cell culture medium using liquid chromatography/tandem mass spectrometry.,Biomedical chromatography : BMC,29(7) 1084-1093,2015年07月

    Furugen A, Yamaguchi H, Mano N

    単著

  • Erratum to: Determination of ω-6 and ω-3 PUFA metabolites in human urine samples using UPLC/MS/MS.,Analytical and bioanalytical chemistry,407(10) 2939-2940,2015年04月

    Sasaki A, Fukuda H, Shiida N, Tanaka N, Furugen A, Ogura J, Shuto S, Mano N, Yamaguchi H

    単著

  • A novel extraction method based on a reversible chemical conversion for the LC/MS/MS analysis of the stable organic germanium compound Ge-132.,Analytical chemistry,87(4) 2042-2047,2015年02月

    Yamaguchi H, Shimada Y, Takeda T, Nakamura T, Mano N

    単著

  • Determination of ω-6 and ω-3 PUFA metabolites in human urine samples using UPLC/MS/MS.,Analytical and bioanalytical chemistry,407(6) 1625-1639,2015年02月

    Sasaki A, Fukuda H, Shiida N, Tanaka N, Furugen A, Ogura J, Shuto S, Mano N, Yamaguchi H

    単著

  • Successful Colistin Treatment of Multidrug-Resistant Pseudomonas aeruginosa Infection Using a Rapid Method for Determination of Colistin in Plasma: Usefulness of Therapeutic Drug Monitoring.,Biological & pharmaceutical bulletin,38(9) 1430-1433,2015年

    Yamada T, Ishiguro N, Oku K, Higuchi I, Nakagawa I, Noguchi A, Yasuda S, Fukumoto T, Iwasaki S, Akizawa K, Furugen A, Yamaguchi H, Iseki K

    単著

  • Quantification of intracellular and extracellular digoxin and ouabain by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry.,Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences,972 73-80,2014年12月

    Yamaguchi H, Miyamori K, Sato T, Ogura J, Kobayashi M, Yamada T, Mano N, Iseki K

    単著

  • Quantification of intracellular and extracellular eicosapentaenoic acid-derived 3-series prostanoids by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry.,Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids,91(3) 61-71,2014年09月

    Tanaka, Nobuaki Yamaguchi, Hiroaki Furugen, Ayako Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Yamada, Takehiro Mano, Nariyasu Iseki, Ken

    単著

  • Quercetin-3-rhamnoglucoside (rutin) stimulates transport of organic anion compounds mediated by organic anion transporting polypeptide 2B1.,Biopharm Drug Dispos,35(3) 173-182,2014年04月

    Ogura, Jiro Koizumi, Takahiro Segawa, Masahiro Yabe, Keisuke Kuwayama, Kaori Sasaki, Shunichi Kaneko, Chihiro Tsujimoto, Takashi Kobayashi, Masaki Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • Intestinal P-glycoprotein expression is multimodally regulated by intestinal ischemia-reperfusion.,J Pharm Pharm Sci,17(2) 266-276,2014年

    Terada, Yusuke Ogura, Jiro Tsujimoto, Takashi Kuwayama, Kaori Koizumi, Takahiro Sasaki, Shunichi Maruyama, Hajime Kobayashi, Masaki Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • Organic anion transporting polypeptides 1B1 and 1B3 play an important role in uremic toxin handling and drug-uremic toxin interactions in the liver.,Journal of pharmacy & pharmaceutical sciences : a publication of the Canadian Society for Pharmaceutical Sciences, Societe canadienne des sciences pharmaceutiques,17(4) 475-484,2014年

    Sato T, Yamaguchi H, Kogawa T, Abe T, Mano N

    単著

  • Involvement of Histidine Residue His382 in pH Regulation of MCT4 Activity.,PloS one,10(4) e0122738,2014年

    Sasaki S, Kobayashi M, Futagi Y, Ogura J, Yamaguchi H, Iseki K

    単著

  • Immunoprotective effect of epigallocatechin-3-gallate on oral anticancer drug-induced alpha-defensin reduction in Caco-2 cells.,Biol Pharm Bull,37(3) 490-492,2014年

    Takahashi, Natsuko Kobayashi, Masaki Ogura, Jiro Yamaguchi, Hiroaki Satoh, Takashi Watanabe, Kazuhiro Iseki, Ken

    単著

  • Alteration of pharmacokinetics of grepafloxacin in type 2 diabetic rats.,J Pharm Pharm Sci,17(1) 25-33,2014年

    Watanabe, Meguho Kobayashi, Masaki Ogura, Jiro Takahashi, Natsuko Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • Effect of oxidative stress on expression and function of human and rat organic anion transporting polypeptides in the liver.,Int J Pharm,458(2) 262-271,2013年12月

    Tsujimoto, Takashi Ogura, Jiro Kuwayama, Kaori Koizumi, Takahiro Sasaki, Shunichi Terada, Yusuke Kobayashi, Masaki Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • Megalin contributes to kidney accumulation and nephrotoxicity of colistin.,Antimicrob Agents Chemother,57(12) 6319-6324,2013年12月

    Suzuki, Takahiro Yamaguchi, Hiroaki Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Yamada, Takehiro Iseki, Ken

    単著

  • Effect of oxidative stress on expression and function of human and rat organic anion transporting polypeptides in the liver.,Int J Pharm,2013年10月

    Tsujimoto, Takashi Ogura, Jiro Kuwayama, Kaori Koizumi, Takahiro Sasaki, Shunichi Terada, Yusuke Kobayashi, Masaki Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • Contribution of multidrug resistance-associated proteins (MRPs) to the release of prostanoids from A549 cells.,Prostaglandins Other Lipid Mediat,106 37-44,2013年10月

    Furugen, Ayako Yamaguchi, Hiroaki Tanaka, Nobuaki Shiida, Narumi Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Iseki, Ken

    単著

  • LC/ESI-MS/MS analysis of urinary 3beta-sulfooxy-7beta-N-acetylglucosaminyl-5-cholen-24-oic acid and its amides: new biomarkers for the detection of Niemann-Pick type C disease.,Steroids,78(10) 967-972,2013年10月

    Maekawa, Masamitsu Misawa, Yasushi Sotoura, Ayako Yamaguchi, Hiroaki Togawa, Masami Ohno, Kousaku Nittono, Hiroshi Kakiyama, Genta Iida, Takashi Hofmann, Alan F Goto, Junichi Shimada, Miki Mano, Nariy...

    単著

  • Regulation of multidrug resistance protein 2 (MRP2, ABCC2) expression by statins: involvement of SREBP-mediated gene regulation.,Int J Pharm,452(1-2) 36-41,2013年08月

    Kobayashi, Masaki Gouda, Keisuke Chisaki, Ikumi Asada, Koji Ogura, Jiro Takahashi, Natsuko Konishi, Toru Koshida, Yusuke Sasaki, Shotaro Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • Quantitative determination of paclitaxel and its metabolites, 6alpha-hydroxypaclitaxel and p-3'-hydroxypaclitaxel, in human plasma using column-switching liquid chromatography/tandem mass spectrometry.,Biomed Chromatogr,27(4) 539-544,2013年04月

    Yamaguchi, Hiroaki Fujikawa, Asuka Ito, Hajime Tanaka, Nobuaki Furugen, Ayako Miyamori, Kazuaki Takahashi, Natsuko Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Yamada, Takehiro Mano, Nariyasu Iseki, Ken

    単著

  • Renal uptake of substrates for organic anion transporters Oat1 and Oat3 and organic cation transporters Oct1 and Oct2 is altered in rats with adenine-induced chronic renal failure.,J Pharm Sci,102(3) 1086-1094,2013年03月

    Komazawa, Hiroki Yamaguchi, Hiroaki Hidaka, Kazuhiro Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Iseki, Ken

    単著

  • Quantification of intact carboplatin in human plasma ultrafitrates using hydrophilic interaction liquid chromatography-tandem mass spectrometry and its application to a pharmacokinetic study.,J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci,917-918 18-23,2013年02月

    Ito, Hajime Yamaguchi, Hiroaki Fujikawa, Asuka Shiida, Narumi Tanaka, Nobuaki Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Yamada, Takehiro Mano, Nariyasu Iseki, Ken

    単著

  • Intestinal ischemia-reperfusion suppresses biliary excretion of hepatic organic anion transporting polypeptides substrate.,J Pharm Pharm Sci,16(5) 722-731,2013年

    Maruyama, Hajime Ogura, Jiro Fujikawa, Asuka Terada, Yusuke Tsujimoto, Takashi Koizumi, Takahiro Kuwayama, Kaori Kobayashi, Masaki Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • Rapid stimulating effect of the antiarrhythmic agent amiodarone on absorption of organic anion compounds.,Drug Metab Pharmacokinet,28(3) 178-186,2013年

    Segawa, Masahiro Ogura, Jiro Seki, Satoru Itagaki, Shirou Takahashi, Natsuko Kobayashi, Masaki Hirano, Takeshi Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • Crucial residue involved in L-lactate recognition by human monocarboxylate transporter 4 (hMCT4).,PLoS One,8(7) e67690,2013年

    Sasaki, Shotaro Kobayashi, Masaki Futagi, Yuya Ogura, Jiro Yamaguchi, Hiroaki Takahashi, Natsuko Iseki, Ken

    単著

  • Regulation of the expression and activity of glucose and lactic acid metabolism-related genes by protein kinase C in skeletal muscle cells.,Biol Pharm Bull,36(9) 1435-1439,2013年

    Otake, Sho Kobayashi, Masaki Narumi, Katsuya Sasaki, Shotaro Kikutani, Yurika Furugen, Ayako Watanabe, Meguho Takahashi, Natsuko Ogura, Jiro Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • A full validated hydrophilic interaction liquid chromatography-tandem mass spectrometric method for the quantification of oxaliplatin in human plasma ultrafiltrates.,J Pharm Biomed Anal,71 99-103,2012年12月

    Ito, Hajime Yamaguchi, Hiroaki Fujikawa, Asuka Tanaka, Nobuaki Furugen, Ayako Miyamori, Kazuaki Takahashi, Natsuko Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Yamada, Takehiro Mano, Nariyasu Iseki, Ken

    単著

  • Simultaneous quantitation of sphingoid bases and their phosphates in biological samples by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry.,Anal Bioanal Chem,403(7) 1897-1905,2012年06月

    Saigusa, Daisuke Shiba, Kanako Inoue, Asuka Hama, Kotaro Okutani, Michiyo Iida, Nagisa Saito, Masayoshi Suzuki, Kaori Kaneko, Tohru Suzuki, Naoto Yamaguchi, Hiroaki Mano, Nariyasu Goto, Junichi Hishin...

    単著

  • Regulation of human monocarboxylate transporter 4 in skeletal muscle cells: the role of protein kinase C (PKC).,Int J Pharm,428(1-2) 25-32,2012年05月

    Narumi, Katsuya Kobayashi, Masaki Otake, Sho Furugen, Ayako Takahashi, Natsuko Ogura, Jiro Itagaki, Shirou Hirano, Takeshi Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • A rapid and sensitive LC/ESI-MS/MS method for quantitative analysis of docetaxel in human plasma and its application to a pharmacokinetic study.,J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci,893-894 157-161,2012年04月

    Yamaguchi, Hiroaki Fujikawa, Asuka Ito, Hajime Tanaka, Nobuaki Furugen, Ayako Miyamori, Kazuaki Takahashi, Natsuko Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Yamada, Takehiro Mano, Nariyasu Iseki, Ken

    単著

  • Intestinal ischemia-reperfusion increases efflux for uric acid via paracellular route in the intestine, but decreases that via transcellular route mediated by BCRP.,J Pharm Pharm Sci,15(2) 295-304,2012年

    Ogura, Jiro Kuwayama, Kaori Takaya, Atsushi Terada, Yusuke Tsujimoto, Takashi Koizumi, Takahiro Maruyama, Hajime Fujikawa, Asuka Takahashi, Natsuko Kobayashi, Masaki Itagaki, Shirou Hirano, Takeshi Ya...

    単著

  • スタチンの骨格筋障害に及ぼす酸・アルカリ化誘導剤の影響,Yakugaku Zasshi,132(5) 609-615,2012年

    Kobayashi, Masaki Hidaka, Kazuhiro Chisaki, Ikumi Takahashi, Natsuko Ogura, Jiro Itagaki, Shirou Hirano, Takeshi Yamaguchi, Hiroaki Iseki, Ken

    単著

  • The decrease in farnesoid X receptor, pregnane X receptor and constitutive androstane receptor in the liver after intestinal ischemia-reperfusion.,J Pharm Pharm Sci,15(5) 616-631,2012年

    Ogura, Jiro Terada, Yusuke Tsujimoto, Takashi Koizumi, Takahiro Kuwayama, Kaori Maruyama, Hajime Fujikawa, Asuka Takaya, Atsushi Kobayashi, Masaki Itagaki, Shirou Takahashi, Natsuko Hirano, Takeshi Ya...

    単著

  • Quantification of intracellular and extracellular prostanoids stimulated by A23187 by liquid chromatography/electrospray ionization tandem mass spectrometry.,J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci,879(30) 3378-3385,2011年11月

    Furugen, Ayako Yamaguchi, Hiroaki Tanaka, Nobuaki Ito, Hajime Miyamori, Kazuaki Fujikawa, Asuka Takahashi, Natsuko Ogura, Jiro Kobayashi, Masaki Yamada, Takehiro Mano, Nariyasu Iseki, Ken

    単著

  • An accurate quantitative LC/ESI-MS/MS method for sirolimus in human whole blood.,J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci,879(13-14) 987-992,2011年04月

    Mano, Nariyasu Sato, Mayumi Nozawa, Marina Matsumoto, Yotaro Mori, Masaru Yamaguchi, Hiroaki Goto, Junichi Shimada, Miki

    単著

  • Identification and elimination of ion suppression in the quantitative analysis of sirolimus in human blood by LC/ESI-MS/MS.,J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci,879(13-14) 968-974,2011年04月

    Mano, Nariyasu Nozawa, Marina Sato, Mayumi Mori, Masaru Yamaguchi, Hiroaki Kanda, Katsuhiro Nogami, Makoto Goto, Junichi Shimada, Miki

    単著

  • Screening of antibiotics that interact with organic anion-transporting polypeptides 1B1 and 1B3 using fluorescent probes.,Biol Pharm Bull,34(3) 389-395,2011年

    Yamaguchi, Hiroaki Takeuchi, Toshiko Okada, Masahiro Kobayashi, Minako Unno, Michiaki Abe, Takaaki Goto, Junichi Hishinuma, Takanori Shimada, Miki Mano, Nariyasu

    単著

  • Production of 18O-single labeled peptide fragments during trypsin digestion of proteins for quantitative proteomics using nanoLC-ESI-MS/MS.,J Proteome Res,9(7) 3741-3749,2010年07月

    Mori, Masaru Abe, Kohei Yamaguchi, Hiroaki Goto, Junichi Shimada, Miki Mano, Nariyasu

    単著

  • Transport of estrone 3-sulfate mediated by organic anion transporter OATP4C1: estrone 3-sulfate binds to the different recognition site for digoxin in OATP4C1.,Drug Metab Pharmacokinet,25(3) 314-317,2010年

    Yamaguchi, Hiroaki Sugie, Misa Okada, Masahiro Mikkaichi, Tsuyoshi Toyohara, Takafumi Abe, Takaaki Goto, Junichi Hishinuma, Takanori Shimada, Miki Mano, Nariyasu

    単著

  • SLCO4C1 transporter eliminates uremic toxins and attenuates hypertension and renal inflammation.,J Am Soc Nephrol,20(12) 2546-2555,2009年12月

    Toyohara, Takafumi Suzuki, Takehiro Morimoto, Ryo Akiyama, Yasutoshi Souma, Tomokazu Shiwaku, Hiromi O Takeuchi, Yoichi Mishima, Eikan Abe, Michiaki Tanemoto, Masayuki Masuda, Satohiro Kawano, Hiroaki...

    単著

  • Analysis of phosphorylated peptides by double pseudoneutral loss extraction coupled with derivatization using N-(4-bromobenzoyl)aminoethanethiol.,Anal Chem,81(22) 9395-9401,2009年11月

    Mano, Nariyasu Aoki, Sayaka Yamazaki, Takuma Nagaya, Yoko Mori, Masaru Abe, Kohei Shimada, Miki Yamaguchi, Hiroaki Goto, Takaaki Goto, Junichi

    単著

  • 卒後薬剤師教育への危険予知トレーニングの導入,Yakugaku Zasshi,129(11) 1367-1373,2009年11月

    Murai, Yuriko Sato, Mayumi Yamaguchi, Hiroaki Shimada, Miki Mano, Nariyasu Goto, Junichi Hishinuma, Takanori

    単著

  • Contribution of the drug transporter ABCG2 (breast cancer resistance protein) to resistance against anticancer nucleosides.,Mol Cancer Ther,7(9) 3092-3102,2008年09月

    de Wolf, Cornelia Jansen, Robert Yamaguchi, Hiroaki de Haas, Marcel van de Wetering, Koen Wijnholds, Jan Beijnen, Jos Borst, Piet

    単著

  • Simple quantification of lansoprazole and rabeprazole concentrations in human serum by liquid chromatography/tandem mass spectrometry.,J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci,870(1) 38-45,2008年07月

    Hishinuma, Takanori Suzuki, Kaori Yamaguchi, Hiroaki Yamagishi, Hatsushi Koike, Tomoyuki Ohara, Shuichi Shimosegawa, Toru Mano, Nariyasu Goto, Junichi

    単著

  • Rapid screening of antineoplastic candidates for the human organic anion transporter OATP1B3 substrates using fluorescent probes.,Cancer Lett,260(1-2) 163-169,2008年02月

    Yamaguchi, Hiroaki Kobayashi, Minako Okada, Masahiro Takeuchi, Toshiko Unno, Michiaki Abe, Takaaki Goto, Junichi Hishinuma, Takanori Mano, Nariyasu

    単著

  • Simultaneous quantification of seven prostanoids using liquid chromatography/tandem mass spectrometry: the effects of arachidonic acid on prostanoid production in mouse bone marrow-derived mast cells.,Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids,76(6) 321-329,2007年06月

    Hishinuma, Takanori Suzuki, Kaori Saito, Masayoshi Yamaguchi, Hiroaki Suzuki, Naoto Tomioka, Yoshihisa Kaneko, Izumi Ono, Masao Goto, Junichi

    単著

  • cGMP transport by vesicles from human and mouse erythrocytes.,FEBS J,274(2) 439-450,2007年01月

    de Wolf, Cornelia J F Yamaguchi, Hiroaki van der Heijden, Ingrid Wielinga, Peter R Hundscheid, Stefanie L Ono, Nobuhito Scheffer, George L de Haas, Marcel Schuetz, John D Wijnholds, Jan Borst, Piet

    単著

  • Transport of fluorescent chenodeoxycholic acid via the human organic anion transporters OATP1B1 and OATP1B3.,J Lipid Res,47(6) 1196-1202,2006年06月

    Yamaguchi, Hiroaki Okada, Masahiro Akitaya, Shou Ohara, Hiroshi Mikkaichi, Tsuyoshi Ishikawa, Haruna Sato, Mayumi Matsuura, Masaki Saga, Toshihide Unno, Michiaki Abe, Takaaki Mano, Nariyasu Hishinuma,...

    単著

  • Genetic variation in ABCB1 influences paclitaxel pharmacokinetics in Japanese patients with ovarian cancer.,Int J Gynecol Cancer,16(3) 979-985,2006年06月

    Yamaguchi, H Hishinuma, T Endo, N Tsukamoto, H Kishikawa, Y Sato, M Murai, Y Hiratsuka, M Ito, K Okamura, C Yaegashi, N Suzuki, N Tomioka, Y Goto, J

    単著

  • Simultaneous determination of pancuronium, vecuronium and their related compounds using LC-ESI-MS.,Leg Med (Tokyo),8(3) 166-171,2006年05月

    Usui, Kiyotaka Hishinuma, Takanori Yamaguchi, Hiroaki Saga, Toshihide Wagatsuma, Toshihiro Hoshi, Kunihiko Tachiiri, Naoki Miura, Kuniaki Goto, Junichi

    単著

  • Preparation of neocarzinostatin apoprotein mutants and the randomized library on the chromophore-binding cavity.,Biol Pharm Bull,29(5) 1010-1014,2006年05月

    Tomioka, Yoshihisa Kisara, Shigeki Yoshizawa, Saki Ozawa, Mika Suzuki, Naoto Yamaguchi, Hiroaki Hishinuma, Takanori Mizugaki, Michinao Goto, Junichi

    単著

  • Determination of chlorhexidine (CHD) and nonylphenolethoxylates (NPEOn) using LC-ESI-MS method and application to hemolyzed blood.,J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci,831(1-2) 105-109,2006年02月

    Usui, Kiyotaka Hishinuma, Takanori Yamaguchi, Hiroaki Tachiiri, Naoki Goto, Junichi

    単著

  • Effect of cisplatin-induced acute renal failure on bioavailability and intestinal secretion of quinolone antibacterial drugs in rats.,Pharm Res,21(2) 330-338,2004年02月

    Yamaguchi, Hiroaki Yano, Ikuko Saito, Hideyuki Inui, Ken-ichi

    単著

  • Pharmacokinetic role of P-glycoprotein in oral bioavailability and intestinal secretion of grepafloxacin in vivo.,J Pharmacol Exp Ther,300(3) 1063-1069,2002年03月

    Yamaguchi, Hiroaki Yano, Ikuko Saito, Hideyuki Inui, Ken-ichi

    単著

  • Transport characteristics of grepafloxacin and levofloxacin in the human intestinal cell line Caco-2.,Eur J Pharmacol,431(3) 297-303,2001年11月

    Yamaguchi, H Yano, I Saito, H Inui, K

    単著

  • Secretory mechanisms of grepafloxacin and levofloxacin in the human intestinal cell line caco-2.,J Pharmacol Exp Ther,295(1) 360-366,2000年10月

    Yamaguchi, H Yano, I Hashimoto, Y Inui, K I

    単著

  • Microdetermination of the 6,15-diketo-13,14-dihydroprostaglandin F1alpha in human plasma using gas chromatography/selected ion monitoring with [18O]6,15-diketo-13,14-dihydro-prostaglandin F1alpha as an internal standard.,Prostaglandins Other Lipid Mediat,58(2-4) 187-193,1999年10月

    Mizugaki, M Hishinuma, T Yamaguchi, H Kanno, K Hirose, Y Nakamura, H

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事

  • ヘム生合成系初発酵素5-アミノレブリン酸合成酵素1(ALAS1)遺伝子破壊マウスにおけるグルコース刺激インスリン分泌異常,(公社)日本生化学会,日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,93回 [3Z10-592)],2020年09月

    武田 和也, van Wijk Koen, 木村 朋寛, 岡野 聡, 斉藤 真一, 山口 浩明, 児玉 健, 高橋 究, 田中 徹, 中島 元夫, 中島 修

  • 【いつでも出会う起因物質をはずさない!急性薬物中毒の臨床推論と治療薬】急性薬物中毒に対応するための基礎知識 トキシドロームを用いた診断と解毒・拮抗薬,(株)じほう,薬事,62(6) 1071-1078,2020年05月

    山口 浩明

  • プラチナ感受性再発卵巣がんに対するオラパリブのコンパニオン診断による薬剤経済評価,日本癌治療学会学術集会抄録集,57回 P157-6,2019年10月

    志田 敏宏, 佐藤 一真, 中村 達也, 山口 浩明, 荒川 一郎, 井上 忠夫

  • ニーマンピック病C型の未知バイオマーカーLysosphingomyelin-509の同定,日本先天代謝異常学会,日本先天代謝異常学会雑誌,35 111,2019年09月

    前川 正充, 松本 洋太郎, 真嶋 隆一, 高橋 秀典, 岩堀 杏南, 成田 綾, 奥山 虎之, 衞藤 義勝, 山口 浩明, 眞野 成康

  • LC/ESI‐MS/MSを用いる胆汁酸メタボローム解析系の基礎的検討,(一社)日本臨床化学会,臨床化学,48(Suppl.1) 289,2019年08月

    庄子彩織, 前川正充, 山口浩明, 山口浩明, 眞野成康, 眞野成康

  • 血清リン脂質類のLC‐MS/MS分析に基づくニーマンピック病C型の迅速スクリーニング法の検討,(一社)日本臨床化学会,臨床化学,48(Suppl.1) 290,2019年08月

    岩堀杏南, 前川正充, 山口浩明, 眞野成康, 眞野成康

  • LC‐MS/MSを用いる脂質メディエーター網羅的解析の基礎的検討,(一社)日本臨床化学会,臨床化学,48(Suppl.1) 290,2019年08月

    横田真希, 前川正充, 福田隼, 眞野成康, 眞野成康, 山口浩明

  • LC/MS/MSによるニーマンピック病C型モデル細胞中ステロイドホルモン類の挙動解析,(一社)日本臨床化学会,臨床化学,48(Suppl.1) 289,2019年08月

    阿部愛, 前川正充, 小倉次郎, 山口浩明, 山口浩明, 眞野成康, 眞野成康

  • グローバルメタボロミクスによるニーマンピック病C型患者血液に特徴的なピーク探索,(一社)日本医用マススペクトル学会,JSBMS Letters,44(Supplement) 79,2019年08月

    前川正充, 前川正充, 岩堀杏南, 金光祥臣, 三枝大輔, 三枝大輔, 山口浩明, 山口浩明, 山口浩明, 眞野成康, 眞野成康

  • 【がん治療と薬物相互作用 ピットフォールに陥らないための基礎と実践】抗がん薬の薬物動態学的 薬力学的相互作用 薬物動態学的機序による抗がん薬の薬物相互作用,(株)南山堂,薬局,70(7) 1425-1431,2019年06月

    山口 浩明, 菊地 正史

  • 【がん治療と薬物相互作用 ピットフォールに陥らないための基礎と実践】抗がん薬の薬物動態学的 薬力学的相互作用 薬物動態学的機序による抗がん薬の薬物相互作用,(株)南山堂,薬局,70(7) 1425-1431,2019年06月

    山口 浩明, 菊地 正史

  • 第2回病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線〜分子標的探索と個別化医療への挑戦〜 経口分子標的薬の個別化投与設計に向けて,(公社)日本薬学会,薬学雑誌,139(6) 911-915,2019年06月

    山口 浩明, 高崎 新也, 菊地 正史, 川崎 芳英, 荒井 陽一, 眞野 成康

  • 血中エベロリムス濃度と臨床効果の関連性~腎癌治療における長期追跡調査~,(一社)日本TDM学会,TDM研究,36(2) 138,2019年05月

    高崎新也, 川崎芳英, 菊地正史, 田中雅樹, 山口浩明, 伊藤明宏, 眞野成康

  • 「エビデンスに基づく薬物療法の個別化と適正化:薬剤師に何ができるか」 経口がん分子標的薬の個別投与設計に向けた取り組み,(公社)日本薬剤学会,日本薬剤学会年会講演要旨集,34年会 34,2019年05月

    山口 浩明, 高崎 新也, 菊地 正史, 川崎 芳英, 伊藤 明宏, 眞野 成康

  • 日本人肺移植患者におけるミコフェノール酸およびミコフェノール酸アシルグルクロン酸抱合体のAUC0-12の推定式,(一社)日本TDM学会,TDM研究,36(2) 135,2019年05月

    田中 雅樹, 菊地 正史, 高崎 新也, 野田 あおい, 秋場 美紀, 松田 安史, 大石 久, 野田 雅史, 岡田 克典, 眞野 成康, 山口 浩明

  • インソースCIDを利用したLC/ESI-MS/MSによる多種薬物の同時測定法の構築に向けた基礎検討,(公社)日本薬学会,日本薬学会年会要旨集,139年会(4) 114,2019年03月

    佐藤 裕, 前川 正充, 塚本 多矩, 高崎 新也, 菊地 正史, 早川 禎宏, 山口 浩明, 眞野 成康

  • 経口分子標的薬の個別化投与設計に向けて,薬学雑誌(Web),139(6) 911‐915(J‐STAGE),2019年

    山口浩明, 高崎新也, 菊地正史, 川崎芳英, 荒井陽一, 眞野成康

  • LC/ESI‐MS/MSを用いるニーマンピック病C型モデル細胞のステロイドホルモン代謝解析,(公社)日本薬学会,日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),139th(2) ROMBUNNO.23PO‐am151-274,2019年

    阿部愛, 前川正充, 小倉次郎, 須賀隆浩, 檜垣克己, 山口浩明, 山口浩明, 山口浩明, 眞野成康, 眞野成康, 眞野成康

  • 腎癌治療における日本人のスニチニブ血中濃度と有害事象の関連性評価,日本臨床腫瘍薬学会学術大会講演要旨集,2019 151,2019年

    高崎新也, 川崎芳英, 菊地正史, 田中雅樹, 細野寛貴, 伊藤明宏, 山口浩明, 眞野成康

  • スニチニブのTDM普及に向けて,日本臨床腫瘍薬学会学術大会講演要旨集,2019 138,2019年

    山口浩明, 高崎新也, 菊地正史, 川崎芳英, 荒井陽一, 眞野成康

  • 中毒起因物質の実用的分析法 カルシウム拮抗剤の分析,(株)へるす出版,中毒研究,31(3) 302-307,2018年09月

    安藤 基純, 有吉 孝一, 臼井 聖尊, 斉藤 剛, 藤田 友嗣, 堀 寧, 三瀬 雅史, 山口 浩明, 芳澤 朋大, 日本中毒学会分析委員会

  • 中毒起因物質の実用的分析法 カルシウム拮抗剤の分析,(株)へるす出版,中毒研究,31(3) 302-307,2018年09月

    安藤 基純, 有吉 孝一, 臼井 聖尊, 斉藤 剛, 藤田 友嗣, 堀 寧, 三瀬 雅史, 山口 浩明, 芳澤 朋大, 日本中毒学会分析委員会

  • 治療効果の最大化を目指した経口抗がん薬の治療薬物モニタリング,(一社)日本医用マススペクトル学会,JSBMS Letters,43(Supplement) 49,2018年08月

    高崎新也, 川崎芳英, 菊地正史, 田中雅樹, 山口浩明, 眞野成康

  • LC/ESI-MS/MSを用いるコレステロール代謝物網羅的解析法の基礎的検討,(一社)日本臨床化学会,臨床化学,47(Suppl.1) 320,2018年07月

    前川 正充, 河俣 圭太, 阿部 愛, 三枝 大輔, 山口 浩明, 眞野 成康

  • 質量分析の活用事例とピットフォール 個別化医療における血中薬物濃度の精密測定,(一社)日本臨床化学会,臨床化学,47(Suppl.1) 179,2018年07月

    眞野 成康, 前川 正充, 菊地 正史, 山口 浩明

  • 薬学研究が支える臨床化学 臨床化学を基盤とした肺移植患者の個別化薬物療法構築への取り組み,(一社)日本臨床化学会,臨床化学,47(Suppl.1) 204,2018年07月

    菊地 正史, 山口 浩明, 眞野 成康

  • 肺移植患者における個別化薬物療法,(公財)臨床薬理研究振興財団,臨床薬理の進歩,(39) 104-116,2018年06月

    山口 浩明, 菊地 正史, 田中 雅樹, 高崎 新也, 野田 あおい, 重田 健介, 白木 美香, 高木 秀侑, 松田 安史, 野田 雅史, 岡田 克典, 眞野 成康

  • 中毒起因物質の実用的分析法 グリホサートの分析,(株)へるす出版,中毒研究,31(1) 57-61,2018年03月

    芳澤 朋大, 堀 寧, 田中 敏春, 安藤 基純, 臼井 聖尊, 斉藤 剛, 藤田 友嗣, 三瀬 雅史, 山口 浩明, 日本中毒学会分析委員会

  • インソースCIDを利用したLC/ESI-MS/MSによるチロシンキナーゼ阻害薬一斉測定法の構築,(公社)日本薬学会,日本薬学会年会要旨集,138年会(4) 175,2018年03月

    佐藤 裕, 高崎 新也, 田中 雅樹, 前川 正充, 菊地 正史, 川崎 芳英, 荒井 陽一, 山口 浩明, 眞野 成康

  • 第2回臨床化学の進歩が変える薬物治療〜臨床病態解析からのアプローチ〜 オミクス解析を基盤とした臨床化学分析,(公社)日本薬学会,日本薬学会年会要旨集,138年会(1) 174,2018年03月

    眞野 成康, 前川 正充, 山口 浩明

  • 第2回病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線〜分子標的探索と個別化医療への挑戦〜 経口分子標的薬の個別化投与設計に向けて,(公社)日本薬学会,日本薬学会年会要旨集,138年会(1) 134,2018年03月

    山口 浩明, 高崎 新也, 菊地 正史, 川崎 芳英, 荒井 陽一, 眞野 成康

  • レセプトデータを利用した小児ADHD患者における処方実態の把握,(公社)日本薬学会,日本薬学会年会要旨集,138年会(4) 185,2018年03月

    吉田 真貴子, 小原 拓, 菊地 紗耶, 菊地 正史, 山口 浩明, 眞野 成康

  • アキシチニブにより薬剤性破壊性甲状腺炎を呈した腎癌患者の一例,日本臨床腫瘍薬学会学術大会講演要旨集,2018 183,2018年

    鈴鹿雅人, 高崎新也, 川崎芳英, 坪井真友子, 佐藤祐司, 山口浩明, 荒井陽一, 眞野成康

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 日本薬物動態学会奨励賞,2018年10月,その他,日本薬物動態学会,山口 浩明

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2023年04月 ~ 2026年03月,薬剤服用授乳婦の授乳率向上に資する薬物乳汁移行に関するエビデンス創出と体系化

    医療薬学関連

  • 基盤研究(C),2022年04月 ~ 2023年03月,小児感染症治療に実用できる抗菌薬投与設計の母集団薬物動態モデルの評価法の確立

その他競争的資金獲得実績

  • OATP4C1の薬物体内動態への関与,2018年04月 ~ 2021年03月,OATP4C1の薬物体内動態への関与

    ヒト腎臓に発現している有機アニオントランスポーターOATP4C1は、臨床使用されている多くの薬物の体内動態に寄与し、腎排泄過程における薬物間相互作用部位となっている可能性が高い。これまでの我々の報告(J. Pharmacol. Exp. Ther., 362:271-277, 2017)にて、OATP4C1と強く相互作用したHIVプロテアーゼ阻害薬とキノロン系抗菌薬に関する追加検討を実施した。
    HIVプロテアーゼ阻害薬のうち濃度依存的な阻害効果が認められていたサキナビル、リトナビル、ロピナビルについての阻害効果に関する再現性を確認しIC50値を決定した。また、リトナビルの阻害様式について検討したところ、Dixonプロットを用いた解析から競合阻害であることが示唆された。以前の検討結果であるリトナビルがOATP4C1の輸送基質であることを考慮するとリーズナブルな結果であると言える。
    また、キノロン系抗菌薬レボフロキサシンがOATP4C1の輸送基質になるか検討したところ、OATP4C1安定発現細胞における細胞内取り込み量がコントロール細胞における細胞内取り込み量に比して優位に高値を示したことから、OATP4C1の新規輸送基質となることが明らかとなった。
    今後、OATP4C1を介したリトナビルやレボフロキサシンの輸送特性を詳細に解析していくとともに、継続してOATP4C1の特異的阻害薬および新規輸送基質の探索を行う。また、SLCO4C1トランスジェニックラットを用いたin vivo実験を行い、OATP4C1の薬物動態学的な意義を明らかにするための検討を予定している。

    日本学術振興会

  • 三次元多様性を分子設計上の鍵概念とする論理的創薬方法論の確立,2015年04月 ~ 2020年03月,三次元多様性を分子設計上の鍵概念とする論理的創薬方法論の確立

    シクロプロパンの構造特性に基づく三次元多様性を鍵とする分子設計法を考案し、それに基づく論理的な低分子創薬化学研究を展開した。その結果、炎症収束脂質レゾルビンE2の高活性類縁体、プロレニン阻害剤やメラノコルチン受容体阻害剤などのペプチドミメティクス、細胞膜透過性環状ペプチドやGABAトランスポーターGAT1高選択的阻害剤等を創出した。これらの結果は、分子設計法の有用性を明示する。さらに、創薬化学研究実践に資する、シクロプロパンヌクレオシドを含めた多置換光学活性シクロプロパンの合成法を種々開発した。

    日本学術振興会

  • 公益財団法人 臨床薬理研究振興財団 学術奨励金,2015年,肺移植患者における個別化薬物療法

    公益財団法人 臨床薬理研究振興財団

  • 公益財団法人 三島海雲記念財団 学術研究奨励金,2015年,オメガ3系脂肪酸が薬物の消化管吸収に及ぼす影響

    公益財団法人 三島海雲記念財団

  • オメガ3系脂肪酸が薬物の消化管吸収に及ぼす影響,2015年,オメガ3系脂肪酸が薬物の消化管吸収に及ぼす影響

    公益財団法人 三島海雲記念財団

  • 肺移植患者における個別化薬物療法,2015年,肺移植患者における個別化薬物療法

    公益財団法人 臨床薬理研究振興財団

  • 公益財団法人 中冨健康科学振興財団 研究助成金,2013年,慢性腎不全患者における薬物-尿毒症物質相互作用を考慮した薬物投与設計理論の構築

    公益財団法人 中冨健康科学振興財団

  • 一般財団法人 横山臨床薬理研究助成基金 研究助成,2013年,分子標的薬の体内動態における有機アニオントランスポーターOATPの寄与と副作用発現を未然に防止する個別投与設計法の開発

    一般財団法人 横山臨床薬理研究助成基金

  • 分子標的薬の体内動態における有機アニオントランスポーターOATPの寄与と副作用発現を未然に防止する個別投与設計法の開発,2013年,分子標的薬の体内動態における有機アニオントランスポーターOATPの寄与と副作用発現を未然に防止する個別投与設計法の開発

    一般財団法人 横山臨床薬理研究助成基金

  • 慢性腎不全患者における薬物-尿毒症物質相互作用を考慮した薬物投与設計理論の構築,2013年,慢性腎不全患者における薬物-尿毒症物質相互作用を考慮した薬物投与設計理論の構築

    公益財団法人 中冨健康科学振興財団

  • 一般財団法人 東洋水産財団 学術研究助成,2012年,3型プロスタノイドの生体内挙動の解析とその制御機構の解明

    一般財団法人 東洋水産財団

  • 3型プロスタノイドの生体内挙動の解析とその制御機構の解明,2012年,3型プロスタノイドの生体内挙動の解析とその制御機構の解明

    一般財団法人 東洋水産財団

全件表示 >>

研究発表

  • 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,国際会議,2020年09月,ヘム生合成系初発酵素5-アミノレブリン酸合成酵素1(ALAS1)遺伝子破壊マウスにおけるグルコース刺激インスリン分泌異常,その他

  • 山形医学,国際会議,2020年08月,ヘム生合成系初発酵素5-アミノレブリン酸合成酵素1遺伝子破壊マウスにおけるグルコース刺激インスリン分泌異常,その他

  • Organ Biology,国際会議,2019年10月,膵島移植におけるKRP-203の有用性に関する検証,その他

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国際会議,2019年10月,プラチナ感受性再発卵巣がんに対するオラパリブのコンパニオン診断による薬剤経済評価,その他

  • 移植,国際会議,2019年09月,膵島移植におけるKRP-203の有用性に関する検証,その他

  • 日本先天代謝異常学会雑誌,国際会議,2019年09月,ニーマンピック病C型の未知バイオマーカーLysosphingomyelin-509の同定,その他

  • 臨床化学,国内会議,2019年08月,血清リン脂質類のLC‐MS/MS分析に基づくニーマンピック病C型の迅速スクリーニング法の検討,口頭発表(一般)

  • 臨床化学,国内会議,2019年08月,LC‐MS/MSを用いる脂質メディエーター網羅的解析の基礎的検討,口頭発表(一般)

  • 臨床化学,国内会議,2019年08月,LC/ESI‐MS/MSを用いる胆汁酸メタボローム解析系の基礎的検討,口頭発表(一般)

  • 臨床化学,国際会議,2019年08月,血清リン脂質類のLC-MS/MS分析に基づくニーマンピック病C型の迅速スクリーニング法の検討,その他

  • 臨床化学,国際会議,2019年08月,LC/MS/MSによるニーマンピック病C型モデル細胞中ステロイドホルモン類の挙動解析,その他

  • 臨床化学,国際会議,2019年08月,LC/ESI-MS/MSを用いる胆汁酸メタボローム解析系の基礎的検討,その他

  • 臨床化学,国際会議,2019年08月,LC/ESI-MS/MSによる全血中シロリムス測定法の構築とリンパ脈管筋腫症患者への適用,その他

  • 臨床化学,国際会議,2019年08月,LC-MS/MSを用いる脂質メディエーター網羅的解析の基礎的検討,その他

  • JSBMS Letters,国際会議,2019年08月,グローバルメタボロミクスによるニーマンピック病C型患者血液に特徴的なピーク探索,その他

  • 中毒研究,国際会議,2019年07月,臨床薬毒物分析を整理しよう 急性薬毒物分析を保険診療の面から考える 現状と可能性,その他

  • TDM研究,国内会議,2019年05月,血中エベロリムス濃度と臨床効果の関連性~腎癌治療における長期追跡調査~,口頭発表(一般)

  • TDM研究,国際会議,2019年05月,血中エベロリムス濃度と臨床効果の関連性 腎癌治療における長期追跡調査,その他

  • TDM研究,国際会議,2019年05月,日本人肺移植患者におけるミコフェノール酸およびミコフェノール酸アシルグルクロン酸抱合体のAUC0-12の推定式,その他

  • 日本薬剤学会年会講演要旨集,国際会議,2019年05月,「エビデンスに基づく薬物療法の個別化と適正化:薬剤師に何ができるか」 経口がん分子標的薬の個別投与設計に向けた取り組み,その他

  • 日本薬学会年会要旨集,国際会議,2019年03月,ニーマンピック病C型患者に特徴的な5種の抱合型コレステロール代謝物の尿中濃度同時測定法の構築,その他

  • 日本薬学会年会要旨集,国際会議,2019年03月,LC/ESI-MS/MSを用いるニーマンピック病C型モデル細胞のステロイドホルモン代謝解析,その他

  • 日本薬学会年会要旨集,国際会議,2019年03月,インソースCIDを利用したLC/ESI-MS/MSによる多種薬物の同時測定法の構築に向けた基礎検討,その他

  • 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),国内会議,2019年,LC/ESI‐MS/MSを用いるニーマンピック病C型モデル細胞のステロイドホルモン代謝解析,口頭発表(一般)

  • 日本臨床腫瘍薬学会学術大会講演要旨集,国内会議,2019年,スニチニブのTDM普及に向けて,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 日本臨床腫瘍薬学会学術大会講演要旨集,国内会議,2019年,腎癌治療における日本人のスニチニブ血中濃度と有害事象の関連性評価,口頭発表(一般)

  • 日本薬剤学会年会講演要旨集(Web),国内会議,2019年,経口がん分子標的薬の個別投与設計に向けた取り組み,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 第43回日本医用マススペクトル学会年会,国内会議,2018年08月,臨床化学研究における質量分析の貢献 治療効果の最大化を目指した経口抗がん薬の治療薬物モニタリング,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 臨床化学,国際会議,2018年07月,LC/ESI-MS/MSを用いるコレステロール代謝物網羅的解析法の基礎的検討,その他

  • 臨床化学,国際会議,2018年07月,質量分析の活用事例とピットフォール 個別化医療における血中薬物濃度の精密測定,その他

  • 臨床化学,国際会議,2018年07月,薬学研究が支える臨床化学 臨床化学を基盤とした肺移植患者の個別化薬物療法構築への取り組み,その他

  • 日本薬学会年会要旨集,国際会議,2018年03月,インソースCIDを利用したLC/ESI-MS/MSによるチロシンキナーゼ阻害薬一斉測定法の構築,その他

  • 日本薬学会年会要旨集,国際会議,2018年03月,第2回臨床化学の進歩が変える薬物治療〜臨床病態解析からのアプローチ〜 オミクス解析を基盤とした臨床化学分析,その他

  • 日本薬学会年会要旨集,国際会議,2018年03月,第2回病院薬剤師が実践するリバーストランスレーショナルリサーチの最前線〜分子標的探索と個別化医療への挑戦〜 経口分子標的薬の個別化投与設計に向けて,その他

  • 日本薬学会年会要旨集,国際会議,2018年03月,レセプトデータを利用した小児ADHD患者における処方実態の把握,その他

  • 日本臨床腫瘍薬学会学術大会講演要旨集,国内会議,2018年,アキシチニブにより薬剤性破壊性甲状腺炎を呈した腎癌患者の一例,口頭発表(一般)

  • 日本先天代謝異常学会雑誌,国内会議,2017年09月,5種の尿中抱合型代謝物をマルチバイオマーカーとして用いるニーマンピック型C型の化学診断法の開発,口頭発表(一般)

  • 臨床化学,国内会議,2017年09月,LC/ESI-MS/MSを用いたシロリムスの全血中濃度測定法の構築,口頭発表(一般)

  • 臨床化学,国内会議,2017年09月,PETINIAとLC-MS/MSで得られた肺移植患者のミコフェノール酸血中濃度の比較,口頭発表(一般)

  • 臨床化学,国内会議,2017年09月,尿中アシルカルニチンの一斉定量法の構築,口頭発表(一般)

  • 臨床化学,国内会議,2017年09月,UHPLC-UVによるエルロチニブ及び代謝物の同時測定法と非小細胞肺がん患者血中濃度測定への応用,口頭発表(一般)

  • 日本泌尿器科学会総会,国内会議,2017年04月,スニチニブ投与により4年間完全奏功が維持できた腎細胞癌患者1症例のスニチニブ血中濃度推移,口頭発表(一般)

  • 日本薬学会年会要旨集,国内会議,2017年03月,LC/ESI-MS/MSを用いた薬毒物中毒原因物質迅速スクリーニングの有用性,口頭発表(一般)

  • 日本臨床腫瘍薬学会学術大会講演要旨集,国内会議,2017年,外来治療中に経口抗がん薬の血中濃度測定により服薬アドヒアランスが向上した2例,口頭発表(一般)

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国内会議,2016年10月,腎 腎がん分子標的治療の現況 切除不能腎癌治療におけるSunitinibの至適血中濃度の検討,口頭発表(一般)

  • 日本泌尿器科学会総会,国内会議,2016年04月,日本人の腎細胞癌患者におけるスニチニブの有効血中濃度域の検討,口頭発表(一般)

  • 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集,国内会議,2015年12月,肝臓におけるhypoxia-inducible factor 1αの活性化はコレステロール胆石形成を促進する,口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2015年10月,22-7-O42-17 薬毒物中毒原因物質のLC/MS/MS分析システムの検討(TDM,口頭発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-),口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2015年10月,P0375-21-PM イトラコナゾールの併用によりシロリムスのトラフ濃度が高値を示したリンパ脈管筋腫症患者の2例(TDM・投与設計,ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-),口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2015年10月,アキシチニブの血中濃度が上昇しなかった腎細胞癌患者の一例,口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2014年08月,28-P4PM-072 カラムスイッチングLC/ESI-MS/MSを用いるミコフェノール酸の血中濃度測定法の構築(TDM・投与設計2,一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア),口頭発表(一般)

  • 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集,国内会議,2014年07月,医薬品リスク管理計画に関する薬剤師の認識,口頭発表(一般)

  • 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),国内会議,2014年,ダプトマイシンは骨格筋細胞におけるモノカルボン酸輸送担体の発現を低下させる,口頭発表(一般)

  • 日本医薬品情報学会総会・学術大会講演要旨集,国内会議,2013年08月,薬剤師における医薬品安全性評価に関する認識および実践に関する調査,口頭発表(一般)

  • 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),国内会議,2013年,抗MRSA薬ダプトマイシンの骨格筋細胞毒性に関する基礎的検討,口頭発表(一般)

  • Chromatography,国内会議,2011年10月,抗悪性腫瘍薬オキサリプラチンのHILIC/MS/MSによる血中濃度測定法の確立,口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2011年09月,PKCを介した糖代謝制御およびMCT4発現変動への関連性,口頭発表(一般)

  • 日本薬学会年会要旨集,国内会議,2011年03月,ABCトランスポーター発現変動と酸化障害の重度との関連,口頭発表(一般)

  • 日本薬学会年会要旨集,国内会議,2011年03月,カラムスイッチング‐LC/MS/MSによるパクリタキセル血中濃度測定法の確立,口頭発表(一般)

  • 日本薬学会年会要旨集,国内会議,2011年03月,抗菌薬アミカシンの用法用量別にみた治療効果の比較,口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2011年,臨床検査値の変動から推測されるスタチン系薬物由来の副作用発生率の解析研究(一般演題(口頭)43,有害事象・副作用(1),Enjoy Pharmacists' Lifestyles),口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2010年10月,O5-06 II型糖尿病モデルラットにおける排出系トランスポーター発現変動に関する研究(一般演題 口頭発表,薬物動態・TDM・投与設計/薬物治療と遺伝子多型,臨床から学び臨床へと還元する医療薬学),口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2009年09月,P2-287 カラムスイッチングHPLCによるボリコナゾールの血中濃度測定法の確立(一般演題 ポスター発表,薬物動態(臨床、TDM),医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合),口頭発表(一般)

  • 日本医療薬学会年会講演要旨集,国内会議,2007年09月,29-P1-142 シロリムスからミコフェノール酸モフェチルに投与変更した膵島移植患者におけるTDM(TDM/薬物動態,社会の期待に応える医療薬学を),口頭発表(一般)

  • 移植,国内会議,2007年06月,当院における膵島移植後の免疫抑制剤シロリムス血中濃度測定(LC/ESI‐MS/MSとMEIAの有用性について),口頭発表(一般)

  • 日本薬学会年会要旨集,国内会議,2007年03月,LC/ESI‐MS/MS法およびIMx法による免疫抑制剤シロリムスの血中濃度測定,口頭発表(一般)

全件表示 >>