基本情報

写真a

宮城 敦子

MIYAGI Atsuko


研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学  理学部  生物学科

    2003年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物科学専攻

    修士課程,2005年03月,修了

  • 東京大学  理学系研究科  生物科学専攻

    博士課程,2009年03月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),東京大学,2012年03月

  • 修士(理学),東京大学,2005年03月

  • 学士(理学),神戸大学,2003年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学,技術補佐員,2009年04月 ~ 2010年03月

  • 埼玉大学,技術補佐員,2010年04月 ~ 2012年03月

  • 埼玉大学,大学等非常勤研究員,2012年04月 ~ 2013年03月

  • 埼玉大学,大学等非常勤研究員,2013年04月 ~ 2018年06月

  • 埼玉大学,助教,2018年07月 ~ 2021年11月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会

  • 日本植物バイオテクノロジー学会

  • 日本植物生理学会

  • 日本植物学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • シュウ酸の生合成または分解における分子生物学的研究、機能改変植物における代謝変動に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Intraspecific interaction of host plants leads to concentrated distribution of a specialist herbivore through metabolic alterations in the leaves,Functional Ecology,36(3) 779-793,2022年03月

    Ohsaki H, Miyagi A, Kawai-Yamada M, Yamawo A

    共著(国内のみ)

  • An Arabidopsis NAC domain transcriptional activator VND7 negatively regulates <i>VNI2</i> expression.,Plant Biotechnology (Tokyo, Japan),38(4) 415-420,2021年12月

    Ailizati A, Nagahage ISP, Miyagi A, Ishikawa T, Kawai-Yamada M, Demura T, Yamaguchi M

    共著(海外含む)

  • Change in expression levels of NAD kinase-encoding genes in Flaveria species.,Journal of Plant Physiology,265 153495,2021年10月

    Tanaka M, Ishikawa Y, Suzuki S, Ogawa T, Taniguchi YY, Miyagi A, Ishikawa T, Yamaguchi M, Munekage YN, Kawai-Yamada M

    共著(国内のみ)

  • The NAD Kinase Slr0400 Functions as a Growth Repressor in Synechocystis sp. PCC 6803.,Plant & Cell Physiology,62(4) 668-677,2021年09月

    Ishikawa Y, Cassan C, Kadeer A, Yuasa K, Sato N, Sonoike K, Kaneko Y, Miyagi A, Takahashi H, Ishikawa T, Yamaguchi M, Nishiyama Y, Hihara Y, Gibon Y, Kawai-Yamada M

    共著(海外含む)

  • Excessive ammonium assimilation by plastidic glutamine synthetase causes ammonium toxicity in Arabidopsis thaliana.,Nature Communications,12(1) 4944,2021年08月

    Hachiya T, Inaba J, Wakazaki M, Sato M, Toyooka K, Miyagi A, Kawai-Yamada M, Sugiura D, Nakagawa T, Kiba T, Gojon A, Sakakibara H

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Metabolome analysis of leaves of <i>Rumex obtusifolius</i> L. irradiated with ion beams.,JAEA Review 2014-050,114,2015年03月

    Atsuko Miyagi, Sayaka Kitano, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Maki Kawai-Yamada

  • Effects of gamma-ray irradiation on oxalate Metabolism in <i>Rumex obtusifolius</i> L.,JAEA-Review,2013-059 108,2014年03月

    Sayaka Kitano, Atsuko Miyagi, Yutaka Ohno, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hirofumi Uchimiya, Maki Kawai-Yamada

  • Effects of gamma ray irradiation on <i>Rumex obtusifolius</i> L.,JAEA-Review,2012-046 101,2013年03月

    Sayaka Kitano, Atsuko Miyagi, Yutaka Oono, Yoshihiro Hase, Issay Narumi, Hirofumi Uchimiya, Maki Kawai-Yamada

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ,シュウ酸濃度が低減された植物体の製造法,大野豊, 鳴海一成, 長谷純宏, 北野沙也佳, 川合真紀, 宮城敦子, 内宮博文

    出願番号( 特願2013-23290 ) ,日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2022年04月 ~ 継続中,イネを用いた作物の低シュウ酸化技術開発のための基盤研究

  • 若手研究,2018年04月 ~ 継続中,メタボローム解析から探る稲わら高品質化のためのシュウ酸蓄積分子機構

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,ワイドターゲットメタボロミクスを基盤とした植物のシュウ酸蓄積分子機構の解明

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本植物細胞分子生物学会,大会実行委員,2017年08月