2024/01/21 更新

写真a

ノザワ エリカ
野澤 恵理花
NOZAWA Erika
メールアドレス
メールアドレス
ホームページ
 

研究分野

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論

  • 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

出身大学

  • お茶の水女子大学  理学部  物理学科

    2016年03月,卒業

出身大学院

  • お茶の水女子大学  人間文化創成科学研究科  理学専攻 物理科学コース

    修士課程,2018年03月,修了

  • お茶の水女子大学  人間文化創成科学研究科  理学専攻 物理科学領域

    博士課程,2021年03月,修了

取得学位

  • 博士(理学),お茶の水女子大学,2021年03月

  • 修士(理学),お茶の水女子大学,2018年03月

  • 学士(理学),お茶の水女子大学,2016年03月

学外略歴

  • 日本学術振興会,日本学術振興会特別研究員DC2,2020年04月 ~ 2021年03月

  • 日本学術振興会,日本学術振興会特別研究員PD,2021年04月 ~ 2022年03月

  • お茶の水女子大学,リサーチフェロー,2022年04月 ~ 2023年08月

所属学会・委員会

  • 日本物理学会

  • 日本レオロジー学会

  • 日本酪農科学会

 

研究テーマ

  • 複雑系科学の手法である結合写像格子(Coupled Map Lattice、CML)を用いた、手続き還元的なアプローチ(複雑系アプローチ)を通して、分野横断的な研究テーマである、

    (1)生態系の食物連鎖と相利共生(生物・物理分野)
    (2)宇宙の天体形成(宇宙・物性分野)
    (3)食品の食感形成(生物・化学・物理分野)
    (4)高分子・有機材料の界面形成とその制御による新機能発現(化学・物理分野)

    に取り組み、そこに現れる複雑で多様な現象をシミュレーション(再現、予言)しています。

研究経歴

  • 食物連鎖の結合写像格子を用いた、相利共生の発生・維持・解消機構の解明と、生態系の持続可能性に関する研究,2015年05月 ~ 継続中

    結合写像格子,生態系,食物連鎖,相利共生,カオス的遍歴,持続可能性

  • 天体形成の結合写像格子を用いた、渦状腕及び星の形成・維持・解消機構の解明と、天体の起源及び進化に関する研究,2016年03月 ~ 継続中

    結合写像格子,天体形成,渦状腕及び星の起源と進化,中心天体のダイナミクス,カオス的遍歴

  • 食感形成の結合写像格子を用いた、生クリームからホイップクリームを経てバターへと至る転相過程の解明と、食品の物理的加工と食感設計に関する研究,2018年08月 ~ 継続中

    結合写像格子,乳製品,転相現象,気泡性及び粘性,テクスチャデザイン

  • 界面形成の結合写像格子を用いた、材料界面の形成・維持・解消機構の解明と、材料物質の分散及び凝集制御による新機能複合材料の開発に関する研究,2023年09月 ~ 継続中

    結合写像格子,材料界面,分散及び凝集,新機能複合材料

論文

  • Jammed Keplerian gas leads to the formation and disappearance of spiral arms in a coupled map lattice for astronomical objects,Progress of Theoretical and Experimental Physics,2023(6) 063A02,2023年

    Erika Nozawa

    単著

  • 転相現象の結合写像格子における気泡及びバター粒サイズ,第71回レオロジー討論会講演要旨集,78-79,2023年

    野澤恵理花, 出口哲生

    単著

  • 転相現象の結合写像格子における気泡性と弾性,第70回レオロジー討論会講演要旨集,76-77,2022年

    野澤恵理花, 出口哲生

    単著

  • 転相現象の結合写像格子における2つの異なる転相過程とテクスチャデザイン,第69回レオロジー討論会講演要旨集,84-85,2021年

    野澤恵理花, 出口哲生

    単著

  • Coupled map lattice for the spiral pattern formation in astronomical objects,Physica D,405 132377,2020年

    Erika Nozawa

    単著

  • Coupled map lattice for phase inversion phenomena such as from cream to butter: An approach to food textures based on the pattern formation of overrun and viscosity in foods,Book of Abstracts of the 18th International Congress on Rheology,167,2020年

    Erika Nozawa, Tetsuo Deguchi

    単著

  • 転相現象の結合写像格子:撹拌による生クリームからバターへの転相過程をシンプルに再現するシミュレータ,第68回レオロジー討論会講演要旨集,1B07,2020年

    野澤恵理花, 出口哲生

    単著

  • 天体形成の結合写像格子における渦状腕の形成と降着ガスの渋滞,交通流と自己駆動粒子系シンポジウム論文集,23 41-44,2017年

    野澤恵理花, 出口哲生

    単著

  • Cusp singularity in mean field Ising model,European Journal of Physics,38(6) 065102,2017年

    Yayoi Abe, Muneyuki Ishida, Erika Nozawa, Takayoshi Ootsuka, Ryoko Yahagi

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 転相現象の結合写像格子シミュレータ:食感の物理的記述を目指して,アグリバイオ,5(6) 67-70,2021年

    野澤恵理花

学術関係受賞

  • 日本レオロジー学会第69回レオロジー討論会優秀ショートオーラルプレゼンテーション賞,2021年10月26日,日本国,日本レオロジー学会,野澤恵理花,出口哲生

  • 日本物理学会第76回年次大会学生優秀発表賞(領域12),2021年03月31日,日本国,日本物理学会,野澤恵理花,出口哲生

  • 日本物理学会第74回年次大会学生優秀発表賞(領域11),2019年03月27日,日本国,日本物理学会,野澤恵理花

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 特別研究員奨励費,2020年04月 ~ 2022年03月,結合写像格子を用いた乳化現象の高分子統計物理学

その他競争的資金獲得実績

  • お茶の水女子大学ナガセ研究奨励金,2022年11月 ~ 2023年02月,食品の結合写像格子:新食感食品の創出を目指す複雑系アプローチ

    お茶の水女子大学

研究発表

  • 第71回レオロジー討論会,国内会議,2023年10月,愛媛,転相現象の結合写像格子における気泡及びバター粒サイズ,ポスター発表

  • 酪農科学シンポジウム2023,国内会議,2023年09月,福島,転相現象の結合写像格子:乳製品製造のシミュレーションアプローチへ向けて,ポスター発表

  • 日本物理学会第78回年次大会,国内会議,2023年09月,宮城,天体の結合写像格子における中心星の形成と情報,口頭発表(一般)

  • The 28th IUPAP International conference on Statistical Physics,国際会議,2023年08月,東京,Coupled map lattice for food texture design: Simulation of phase inversion processes from fresh cream to butter,ポスター発表

  • 日本物理学会2023年春季大会,国内会議,2023年03月,オンライン,転相現象の結合写像格子におけるエマルションの弾性と気泡サイズ,ポスター発表

  • ISSP Women's week 2022 物性女性若手研究交流会(東京大学物性研究所),国内会議,2022年11月,千葉,複雑系アプローチで目指す新食感食品の創出,口頭発表(招待・特別)

  • 第21回関東ソフトマター研究会,国内会議,2022年10月,神奈川,転相現象の結合写像格子とその泡立ちに伴う弾性変化,ポスター発表

  • 第70回レオロジー討論会,国内会議,2022年10月,石川,転相現象の結合写像格子における気泡性と弾性,ポスター発表

  • 日本物理学会2022年秋季大会,国内会議,2022年09月,東京,天体の結合写像格子における中心星のガス放出ダイナミクス,ポスター発表

  • 第14回Young Soft Webinar,国内会議,2022年07月,オンライン,転相現象の結合写像格子:食感設計への複雑系アプローチ,口頭発表(招待・特別)

  • 日本物理学会第77回年次大会,国内会議,2022年03月,オンライン,転相現象の結合写像格子における温度履歴を用いたテクスチャデザイン,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会第77回年次大会,国内会議,2022年03月,オンライン,食物連鎖の結合写像格子の高次元化とカオス的遍歴,口頭発表(一般)

  • 統計物理と統計科学のセミナー(統計数理研究所),国内会議,2022年02月,オンライン,食物連鎖、天体形成、食感設計の結合写像格子,口頭発表(招待・特別)

  • レオロジー物理工学講演会(名古屋大学),国内会議,2021年12月,愛知,転相現象の結合写像格子における2つの異なる転相過程とテクスチャデザイン,口頭発表(招待・特別)

  • 第20回関東ソフトマター研究会,国内会議,2021年11月,オンライン,転相現象の結合写像格子とテクスチャデザイン,ポスター発表

  • 第69回レオロジー討論会,国内会議,2021年10月,オンライン,転相現象の結合写像格子における2つの異なる転相過程とテクスチャデザイン,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会2021年秋季大会,国内会議,2021年09月,オンライン,天体の結合写像格子における中心星の低自由度ダイナミクス,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会第76回年次大会,国内会議,2021年03月,オンライン,転相現象の結合写像格子における2つの異なる転相過程と粘性-気泡性平面,口頭発表(一般)

  • The 18th International Congress on Rheology,国際会議,2020年12月,リオデジャネイロ(オンライン),Coupled map lattice for phase inversion phenomena such as from cream to butter: An approach to food textures based on the pattern formation of overrun and viscosity in foods,口頭発表(一般)

  • 第68回レオロジー討論会,国内会議,2020年10月,岩手(オンライン),転相現象の結合写像格子:撹拌による生クリームからバターへの転相過程をシンプルに再現するシミュレータ,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会2020年秋季大会,国内会議,2020年09月,オンライン,天体の結合写像格子における渦状腕の消失機構,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会2020年秋季大会,国内会議,2020年09月,オンライン,食物連鎖の結合写像格子における相利共生とそのリアプノフスペクトラム,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会2020年秋季大会,国内会議,2020年09月,オンライン,転相現象の結合写像格子における気泡性と粘性,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会第75回年次大会,国内会議,2020年04月,愛知(オンライン),転相現象の結合写像格子II,ポスター発表

  • 日本物理学会2019年秋季大会,国内会議,2019年09月,岐阜,転相現象の結合写像格子,ポスター発表

  • 第18回関東ソフトマター研究会,国内会議,2019年08月,東京,食物連鎖と相利共生の結合写像格子,ポスター発表

  • 第13回自己組織化討論会,国内会議,2019年06月,大分,天体の結合写像格子における腕及び星の形成,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会第74回年次大会,国内会議,2019年03月,福岡,天体の結合写像格子における星形成II,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会2018年秋季大会,国内会議,2018年09月,天体の結合写像格子における星形成,ポスター発表

  • 日本物理学会2018年秋季大会,国内会議,2018年09月,京都,食物連鎖の結合写像格子,口頭発表(一般)

  • 第17回関東ソフトマター研究会,国内会議,2018年08月,千葉,転相現象の結合写像格子,ポスター発表

  • 日本物理学会第73回年次大会,国内会議,2018年03月,千葉,天体形成の結合写像格子モデル・解析III,ポスター発表

  • 第23回交通流と自己駆動粒子系のシンポジウム,国内会議,2017年12月,愛知,天体形成の結合写像格子における渦状腕の形成と降着ガスの渋滞,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会2017年秋季大会,国内会議,2017年09月,岩手,天体形成の結合写像格子モデル・解析II,口頭発表(一般)

  • 国際ワークショップ Knots and Polymers,国際会議,2017年08月,東京,Coupled Map Lattice for Spiral Arms and Stars in Cosmology as Dynamical Systems,ポスター発表

  • 第16回関東ソフトマター研究会,国内会議,2017年08月,東京,天体の結合写像格子による動的パターン形成―ガス塊の振動・渋滞―,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会第72回年次大会,国内会議,2017年03月,大阪,天体形成の結合写像格子モデル・解析I,ポスター発表

  • 日本物理学会2016年秋季大会,国内会議,2016年09月,石川,天体形成の結合写像格子モデル,口頭発表(一般)

  • 第15回関東ソフトマター研究会,国内会議,2016年08月,東京,天体形成の結合写像格子モデル―長距離力が導く動的パターン形成―,ポスター発表

  • 第61回物性若手夏の学校,国内会議,2016年07月,長野,食物連鎖の力学系,ポスター発表

  • 日本物理学会第71回年次大会,国内会議,2016年03月,宮城,自己重力系の結合写像格子モデル,ポスター発表

  • 数物セミナー春の大談話会,国内会議,2015年05月,東京,食物連鎖の力学系,ポスター発表

全件表示 >>

共同研究希望テーマ

  • 食品(乳等)の物理的加工と食感設計に関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究,その他

 

相談に応じられる分野

  • 複雑な現象(特に、空間自由度のある)を再現するためのシンプルなモデル作りと、そのシミュレーションによる新現象の発見