2024/06/17 更新

写真a

ノムラ トシヒサ
野村 俊尚
NOMURA Toshihisa

研究分野

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

  • ライフサイエンス / 応用分子細胞生物学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

学外略歴

  • 理化学研究所,研究員,2018年04月 ~ 2023年12月

  • 山形大学,准教授,2023年12月 ~ 継続中

  • 理化学研究所,客員主幹研究員,2023年12月 ~ 継続中

所属学会・委員会

  • 日本農芸化学会

  • 日本蘚苔類学会

  • 日本植物生理学会

  • 日本植物学会

  • 日本ゲノム編集学会

 

論文

  • High-efficiency genome editing by Cas12a ribonucleoprotein complex in Euglena gracilis ,Microbial Biotechnology,17(2) ,2024年02月

    野村俊尚, 金俊植, 石川まるみ, 鈴木健吾, 持田恵一

    共著(国内のみ)

  • Zeaxanthin is required for eyespot formation and phototaxis in Euglena gracilis.,Plant physiology,2023年01月

    Shun Tamaki, Kazunari Ozasa, Toshihisa Nomura, Marumi Ishikawa, Koji Yamada, Kengo Suzuki, Keiichi Mochida

    単著

  • CRISPR/Cas9-mediated generation of non-motile mutants to improve the harvesting efficiency of mass-cultivated Euglena gracilis.,Plant biotechnology journal,20(11) 2042-2044,2022年08月

    Marumi Ishikawa, Toshihisa Nomura, Shun Tamaki, Kazunari Ozasa, Tomoko Suzuki, Kiminori Toyooka, Kikue Hirota, Koji Yamada, Kengo Suzuki, Keiichi Mochida

    単著

  • Expression of peat moss VASCULAR RELATED NAC-DOMAIN homologs in Nicotiana benthamiana leaf cells induces ectopic secondary wall formation.,Plant molecular biology,106(3) 309-317,2021年06月

    Shiori Terada, Minoru Kubo, Nobuhiro Akiyoshi, Ryosuke Sano, Toshihisa Nomura, Shinichiro Sawa, Misato Ohtani, Taku Demura

    単著

  • Parental legacy and regulatory novelty in Brachypodium diurnal transcriptomes accompanying their polyploidy,NAR Genomics and Bioinformatics,2(3) ,2020年09月

    Komaki Inoue, Kotaro Takahagi, Yusuke Kouzai, Satoru Koda, Minami Shimizu, Yukiko Uehara-Yamaguchi, Risa Nakayama, Toshie Kita, Yoshihiko Onda, Toshihisa Nomura, Hidetoshi Matsui, Kiyotaka Nagaki, Ryu...

    単著

  • Genetic Engineering Strategies for Euglena gracilis and Its Industrial Contribution to Sustainable Development Goals: A Review,Frontiers in Bioengineering and Biotechnology,10.3389/fbioe.2020.00790(8) 790,2020年05月

    Ryo Harada, Toshihisa Nomura, Koji Yamada, Keiichi Mochida, Kengo Suzuki

    単著

  • Highly Efficient CRISPR-Associated Protein 9 Ribonucleoprotein-Based Genome Editing in Euglena gracilis,STAR Protocols,2020年03月

    Toshihisa Nomura, Mizuki Yoshikawa,Kengo Suzuki,Keiichi Mochida

    単著

  • Highly efficient transgene-free targeted mutagenesis and single-stranded oligodeoxynucleotide-mediated precise knock-in in the industrial microalga Euglena gracilis using Cas9 ribonucleoproteins.,Plant biotechnology journal,17(11) 2032-2034,2019年11月

    Toshihisa Nomura, Komaki Inoue, Yukiko Uehara-Yamaguchi, Koji Yamada, Osamu Iwata, Kengo Suzuki, Keiichi Mochida

    単著

  • Targeted Mutagenesis using RNA-guided endonucleases in mosses,Bio-protocol ,7(12)(e2359) ,2017年06月

    Nomura T, Sakakibara H

    共著(国内のみ)

  • The accumulation of iron at the basal portion of the shoot of an acidophilic liverwort, Jungermannia vulcanicola (Schiffn.) Steph ,Hikobia ,17(1) ,2015年10月

    touga M, Kato Y, Ares A, Nomura T, Sakakibara H

    共著(国内のみ)

  • Copper mediates auxin signalling to control cell differentiation in the copper moss Scopelophila cataractae ,JOURNAL OF EXPERIMENTAL BOTANY ,2015年03月

    Toshihisa Nomura, Misao Itouga, Mikiko Kojima, Yukari Kato, Hitoshi Sakakibara, Seiichiro Hasezawa

    共著(国内のみ)

  • Simplification of vacuole structure during plant cell death triggered by culture filtrates of Erwinia carotovora ,JOURNAL OF INTEGRATIVE PLANT BIOLOGY ,2015年01月

    Yumi Hirakawa, Toshihisa Nomura, Seiichiro Hasezawa, Takumi Higaki

    単著

  • Regulation of gemma formation in the copper moss Scopelophila cataractae by environmental copper concentrations,JOURNAL OF PLANT RESEARCH ,2011年09月

    Toshihisa Nomura, Seiichiro Hasezawa

    共著(国内のみ)

  • Fat accumulation in Caenorhabditis elegans is mediated by SREBP homolog SBP-1 ,GENES AND NUTRITION ,2010年03月

    Toshihisa Nomura, Makoto Horikawa, Satoru Shimamura, Teppei Hashimoto, Kazuichi Sakamoto

    共著(国内のみ)

  • Nicotinamide adenine dinucleotide extends the lifespan of Caenorhabditis elegans mediated by sir-2.1 and daf-16 ,BIOGERONTOLOGY ,2010年02月

    Teppei Hashimoto, Makoto Horikawa, Toshihisa Nomura, Kazuichi Sakamoto

    共著(国内のみ)

  • Elongation and desaturation of fatty acids are critical in growth, lipid metabolism and ontogeny of Caenorhabditis elegans ,JOURNAL OF BIOCHEMISTRY ,2008年

    Makoto Horikawa, Toshihisa Nomura, Teppei Hashimoto, Kazuichi Sakamoto

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書

  • バイオエネルギー再燃、第3章藻類バイオ燃料の開発動向、2. ミドリムシにおける高効率ゲノム編集,シーエムシー出版,2021年11月

    野村俊尚

  • 藻類培養技術 ~屋内外大量生産・各種処理評価/トラブル対応・商業化に向けた取り組み、第3章 大量培養生産・効率化・安定化・低コスト化の実務、第9節 微細藻類におけるゲノム編集技術・評価手法,情報機構,2021年10月

    野村俊尚

  • ゲノム編集技術を応用した 製品開発とその実用化 ~研究開発動向・課題解決策・技術予測と市場展望~第4章 ゲノム編集によるスマートセルインダストリーの技術開発とその課題解決6節 ミドリムシの高効率ゲノム編集技術とバイオ燃料生産への応用展開,技術情報協会,2021年02月

    野村俊尚, 原田稜, 山田康嗣, 鈴木健吾, 持田恵一

  • 最新のゲノム編集技術と用途展開 第 3 編微生物 への応用と用途展開 14章 CRISPR RNP を用いたユーグレナでのゲノム編集,シーエムシー出版,2021年02月

    野村俊尚

  • 脱石油に向けたCO2資源化技術―化学・生物プロセスを中心に 第3編生物プロセス 第3章ユーグレナの高効率ゲノム編集技術,シーエムシー出版,2020年07月

    野村俊尚, 持田恵一

総説・解説記事

  • 植物の生物機能を用いた金属回収技術-コケ植物を用いた金属回収技術の開発と展望- ,化学と生物 ,2014年

    野村 俊尚, 井藤賀 操, 榊原 均

  • ホンモンジゴケの生存戦略について ,蘚苔類研究 ,2012年07月

    野村 俊尚

その他研究活動

  • WILEY, Plant Biotechnology Journal TOP DOWNLOADED PAPER 2018-2019 "Highly efficient transgene-free targeted mutagenesis and single-stranded oligodeoxynucleotide-mediated precise knock-in in the industrial microalga Euglena gracilis using Cas9 ribonucleoproteins"

    書評

学術関係受賞

  • 梅峰賞,2024年03月01日,日本国,理化学研究所,玉木峻, 持田恵一, 野村俊尚, 石川まるみ

  • Annual prize for the best publication on euglenoids,2023年07月,チェコ共和国,Euglena International Network,Ishikawa M, Nomura T, Tamaki S, Ozasa K, Suzuki T, Toyooka K, Hirota K, Yamada K, Suzuki K, Mochida K.

  • 日本農芸化学会2022年度大会 トピックス賞,2023年03月,日本国,日本農芸化学会,石川まるみ, 野村俊尚, 玉木峻, 尾笹一成, 鈴木智子, 豊岡公徳, 広田菊江, 山田 康嗣, 鈴木健吾, 持田恵一

  • 桜舞賞 理研産業連携奨励賞,2020年03月,日本国,理化学研究所,野村俊尚

  • 日本農芸化学会2020年度大会 優秀発表,2020年03月,日本国,日本農芸化学会,野村俊尚, 井上 小槙, 上原 由紀子, 持田 恵一, 山田 康嗣, 岩田 修, 鈴木 健吾

  • 桜舞賞 理研技術奨励賞,2020年03月,日本国,理化学研究所,野村俊尚

  • 日本蘚苔類学会奨励賞 ,2012年08月,日本国,日本蘚苔類学会 ,野村俊尚

  • 東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士論文特別賞 ,2011年03月,日本国,東京大学,野村俊尚

  • 日本蘚苔類学会大会発表賞 口頭発表部門,2010年08月,日本国,日本蘚苔類学会,野村俊尚

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 応用利用に向けたユーグレナにおけるパラミロン粒形態制御の分子機構解明,2021年04月 ~ 2024年03月,応用利用に向けたユーグレナにおけるパラミロン粒形態制御の分子機構解明

    日本学術振興会

  • 高速配列決定技術を用いたコケ植物の金属元素耐性等有用形質に関するオミクス解析,,2015年04月 ~ 2018年03月,高速配列決定技術を用いたコケ植物の金属元素耐性等有用形質に関するオミクス解析,

    日本学術振興会

  • 網羅的解析手法およびゲノム編集技術による銅苔の重金属耐性・蓄積機構の分子基盤解明,2015年04月 ~ 2018年03月,網羅的解析手法およびゲノム編集技術による銅苔の重金属耐性・蓄積機構の分子基盤解明

    日本学術振興会

 

学会・委員会等活動

  • 日本蘚苔類学会,編集委員,2014年01月 ~ 2021年03月

  • 日本蘚苔類学会,地方幹事,2024年04月 ~ 継続中

社会貢献活動

  • みんなのミドリムシプロジェクト,2019年04月

  • 皇居外苑ヒカリゴケ保全事業,2016年04月 ~ 継続中

  • ちっぽけな苔から学ぶ生きる知恵,2014年07月

  • Color-Hunting 色からはじめるデザイン,2013年10月

  • 展示物 [苔ッ婚指輪] の作成および展示協力,2013年10月

メディア報道

  • ゲノム編集で遊泳不全ミドリムシの作出に成功 -産業利用における回収効率の向上に期待-,2022年09月

  • 理研と(株)ユーグレナ、ミドリムシ産業利用種のゲノム編集に成功,2019年06月

  • ミドリムシでの高効率ゲノム編集に成功 -バイオ燃料生産などに向けた有用ミドリムシ育種へ期待-,2019年06月

  • 理研とユーグレナ、ミドリムシでの高効率ゲノム編集に成功,2019年06月

  • A highly efficient genome-editing method for Euglena,2019年06月