基本情報

写真a

浅尾 裕信

ASAO Hironobu


職名

教授

生年

1960年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-5265

研究室FAX

023-628-5267

ホームページ

http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Imm/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 免疫学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学部  医学科

    1985年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学系研究科

    博士課程,1991年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,東北大学,1991年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本癌学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本インターフェロン・サイトカイン学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • サイトカインによる免疫制御機構の解析

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • インターロイキン2情報伝達機構の解明,1987年04月 ~ 1996年09月

    サイトカイン サイトカイン受容体

  • STAT1の機能解析,1996年10月 ~ 1998年09月

    STAT1 サイトカイン

  • インターロイキン21情報伝達機構の解明,2001年01月 ~ 継続中

    サイトカイン サイトカイン受容体

  • IL-12分泌制御系の解析,2018年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Interleukin-21 in Viral Infections,INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES,22(17) ,2021年09月

    Asao Hironobu

    単著

  • Interleukin-21 reduces Listeria monocytogenes secondary infection via CD8+ effector memory T cells(和訳中),山形医学,39(1) 45-51,2021年02月

    Gazi Md.Yeashin, Takeda Yuji, Nara Hidetoshi, Araki Akemi, Nemoto Nobuhito, Asao Hironobu

    単著

  • Developmental retardation in neonates of aldehyde reductase (AKR1A)-deficient mice is associated with low ascorbic acid and high corticosterone levels.,The Journal of nutritional biochemistry,108604,2021年02月

    Ishii N, Homma T, Takeda Y, Naing YA, Yamada KI, Miyata S, Asao H, Yamakawa M, Fujii J

    単著

  • Defective biosynthesis of ascorbic acid in Sod1-deficient mice results in lethal damage to lung tissue.,Free radical biology & medicine,162 255-265,2021年01月

    Homma T, Takeda Y, Nakano T, Akatsuka S, Kinoshita D, Kurahashi T, Saitoh S, Yamada KI, Miyata S, Asao H, Goto K, Watanabe T, Watanabe M, Toyokuni S, Fujii J

    単著

  • Physiological heating augments the anti-inflammatory reactions during granulocyte/monocyte apheresis: A in vitro study,THERAPEUTIC APHERESIS AND DIALYSIS,2020年12月

    Nishise Shoichi, Takeda Yuji, Abe Yasuhiko, Sasaki Yu, Saitoh Shinichi, Nara Hidetoshi, Asao Hironobu, Ueno Yoshiyuki

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Interleukin-2.,Reference Module in Biomedical Sciences ,2014年04月

    Hironobu Asao

  • 免疫学コア講義 改訂3版,南山堂,2012年11月

    浅尾裕信 他

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 【顆粒球と免疫学的炎症】 IL-21は十二指腸遊走型好中球の分化を促進する,(有)科学評論社,臨床免疫・アレルギー科,69(5) 442-449,2018年05月

    武田 裕司, 奈良 英利, 荒木 明美, 浅尾 裕信

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2022年03月,免疫抑制型好中球とがん免疫促進型好中球を指標にした最適な免疫治療のTPOの探索

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,新たな非肥満型糖尿病モデルの検討と免疫異常の解明

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2020年03月,IL-21のがん微小環境改善による抗腫瘍効果の増強

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,膜結合型インターロイキン12(IL-12)による抗腫瘍免疫増強作用

    免疫学関連

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,腎癌と膀胱癌における免疫抑制型好中球と抗腫瘍型好中球の分類法確立

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 山形医学,国際会議,2019年08月,ALA生合成不全マウスでの糖代謝異常の分子機構解析,その他

  • 山形医学,国際会議,2019年02月,炎症性発がんにおけるIL-21の関与,その他

  • 日本免疫学会総会・学術集会記録,国際会議,2018年12月,Cytokines and chemokines-2 Topological categorization of signal transduction pathway using flow cytometry(和訳中),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,非筋層浸潤膀胱がん治療のためのBCG膀胱内注入療法時の尿中白血球の解析(Analysis of urinary leukocytes during intravesical immunotherapy with BCG for non-muscle invasive bladder cancer),その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,転移性腎細胞癌患者の末梢血におけるGPI-80発現の臨床的意義(Clinical significance of GPI-80 expression in peripheral blood of metastatic renal cell cancer patients),その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山形免疫懇話会,2008年03月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学