基本情報

写真a

張 旭紅

ZHANG Xuhong


職名

助教

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 上海医科大学 (復旦大学・医学部)  医学部

    1990年07月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(臨床医学),上海医科大学(中国),1990年07月

  • 博士(医学),山形大学,1998年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 上海医科大学,助教,1990年07月 ~ 1995年03月

  • 山形大学,助教,1997年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 生化学学会

  • 日本分子生物学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)インド-ルアミンダイオキシゲナ-ゼヘム蛋白質の構造と機能との関連についての研究。(2)ヘムオキシゲナーゼ反応における三段階での酸素活性化の分子機構を分析している。そのために,高度に保存されたアミノ酸を変異させ活性の有無や各種生物物理学的特性を調べている。(3)毒素産生にヘム鉄を要求する病理性細菌の生育阻害剤を開発するため,ヘム受容体の発現系の確立と精製を行っている。(4)C型肝炎ウイルス感染者における血清中のHCV-RNAの検出及び遺伝子分類。(5)RT-PCRによるHGV-RNAの検出及びC型肝炎ウイルス感染多発地域におけるGBウイルス-C感染の疫学的検討。(6)C型肝炎ウイルス(HCV)増殖に関与する宿主因子の同定。(7)肝癌におけるmicroRNAの役割の解明。(8)肺癌の発生と進展に関わる長鎖ノンコーディングRNAの探索と同定

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • RT-PCRによるHGV-RNAの検出及びC型肝炎ウイルス感染多発地域におけるGBウイルスC感染の疫学的検討,1995年04月 ~ 1997年06月

    肝炎ウイルス

  • C型肝炎ウイルス感染者における血清中のHCV-RNAの検出及び遺伝子分類,1995年04月 ~ 1997年07月

    C型肝炎ウイルス

  • ヘムオキシゲナーゼ反応における三段階での酸素活性化の分子機構の解析,1997年07月 ~ 継続中

    ヘムオキシゲナーゼ

  • ヘムオキシゲナーゼ-2のヘム結合性モチーフ(HRM)の生理機能の解析,2003年09月 ~ 継続中

    ヘムオキシゲナーゼ

  • ヘムオキシゲナーゼによるヘム分解機構並びに各種生物種のヘムオキシゲナーゼの多様性,2004年04月 ~ 継続中

    ヘムオキシゲナーゼ

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Establishment of Patient-Derived Oral Cancer Organoid Cultures,CANCER SCIENCE,112 775,2021年02月

    Tachibana Hirohiko, Sho Ri, Zhang Xuhong, Ozaki Hisashi, Koike Shuji, Kurakami Kazuya, Konta Tsuneo

    共著(海外含む)

  • Crystal structure of higher plant heme oxygenase-1 and its mechanism of interaction with ferredoxin,The Journal of Biological Chemistry,296 100217,2020年12月

    Rei Tohda, Hideaki Tanaka, Risa Mutoh, Xuhong Zhang, Young-Ho Lee, Tsuyoshi Konuma, Takahisa Ikegami, Catharina T. Migita, Genji Kurisu

    共著(海外含む)

  • Discovery and characterization of a novel long non-coding RNA in lung cancer,CANCER SCIENCE,109 1422,2018年12月

    Ri Sho, Zhang Xuhong, Hamada Akira, Tachibana Hirohiko, Konta Tsuneo

    共著(国内のみ)

  • Bioinformatics prediction and experimental validation of the miR-223 target genes in oral cancer,CANCER SCIENCE,109 596,2018年01月

    Sho Ri, Zhang Xuhong, Tachibana Hirohiko, Zhang Jie, Yoshida Yukie, Kawasaki Ryo, Iino Mitsuyoshi

    共著(国内のみ)

  • Protective role of testis-specific peroxiredoxin 4 against cellular oxidative stress.,J Clin Biochem Nutr.,60(3) 156-161,2017年05月

    Eisuke Tasaka, Shotaro Matsumoto, Hisashi Tada, Toshihiro Kurahashi, Xuhong Zhang, Junichi Fujii, Toshihiko Utsumi, Yoshihito Iuchi.

    共著(海外含む)

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2022年03月,長鎖非コードRNAを標的としたEGFR-TKI耐性肺癌に対する新規治療法の創出

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第43回日本分子生物学会年会,国内会議,2020年12月,オンライン開催,LncRNA S180122によるヒト非小細胞肺癌細胞の上皮間葉転換(EMT)の制御,ポスター発表

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2020年10月,患者由来の口腔がんオルガノイド培養系の構築,その他

  • 第92回日本生化学会大会,国内会議,2019年09月,横浜,LncRNA S181022 acts as an oncogene in non-small cell lung cancer through influencing STRN3 expression.,ポスター発表

  • 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,国際会議,2019年09月,LncRNA S181022は非小細胞肺癌においてSTRN3を介して癌遺伝子として機能する,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2018年09月,肺癌における新規長鎖非コードRNAの同定(Discovery and characterization of a novel long non-coding RNA in lung cancer),その他

全件表示 >>

 
 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学