基本情報

写真a

渡邉 明彦

WATANABE Akihiko


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室FAX

023-628-4619

ホームページ

https://main-yu-reproduction.ssl-lolipop.jp/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 発生生物学

  • ライフサイエンス / 進化生物学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学部  生物学科

    1988年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学研究科  生物学

    博士課程,1993年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),東北大学,1993年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 米国生殖生物学会

  • 日本動物学会

  • 日本発生生物学会

  • 日本宇宙生物科学会

  • 日本アンドロロジー学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)脊椎動物の精子形成の調節機構について硬骨魚類の精巣をモデル系としてその分子機構について解析する。(2)脊椎動物の体内受精機構に関して、特に卵ー精子相互作用の分子機構について両生類をモデル系として解析する。

論文 【 表示 / 非表示

  • Differences of extracellular cues and Ca2+ permeable channels in the signaling pathways for inducing amphibian sperm motility. ,Zoological science,38 343-351,2021年04月

    T. Sato, T. Arimura, K. Murata, M. Kawamura, W. Obama, M. Suzuki, Y. Nakauchi, A.Tominaga, M. Morita, K. Hiraoka, E. Takayama-Watanabe, A.Watanabe

    共著(国内のみ)

  • Localization of sperm intracellular Ca2+ keeps fertilizability in the newt vas deferens. ,Reproduction,159 339-349,2020年02月

    N. Makino, N. Sato, E. Takayama-Watanabe, A. Watanabe

    共著(国内のみ)

  • Acrosome reaction inducing substance triggers two different pathways of sperm intracellular signaling in newt fertilization.,Int. J. Dev. Biol.,63 589-595,2019年12月

    S. Kon, A. Takaku, F. Toyama, E. Takayama-Watanabe, A. Watanabe

    共著(国内のみ)

  • NMDA-type glutamate receptors mediate the acrosome reaction and motility initiation in newt sperm. ,Molecular Reproduction and Development,2019年

    Daisuke Endo, Shinnosuke Kon, Tae Sato, Fubito Toyama, Yohei Katsura, Yuni Nakauchi, Eriko Takayama-Watanabe, Akihiko Watanabe

    共著(国内のみ)

  • Novel erythrocyte clumps revealed by an orphan gene Newtic1 in circulating blood and regenerating limbs of the adult newt,SCIENTIFIC REPORTS,8 7455,2018年07月

    R.M. Casco-Robles, A. Watanabe, K. Eto, K. Takeshima, S. Obata, T. Kinoshita, T. Ariizumi, K. Nakatani, T. Nakada, P.A. Tsonis, M.M. Casco-Robles, K. Sakurai, K. Yahata, F. Maruo, F. Toyama, C. Chiba

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Fish Spermatology "jointly worked",Alpha Science Ltd.Publications ,2007年05月

    Akihiko Watanabe and Kazuo Onitake

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Acrosome reaction-mediated motility initiation that is critical for the internal fertilization of urodele amphibians. ,Sexual reproduction in animals and plants,97-103,2014年02月

    E. Takayama-Watanabe, T. Takahashi, M. Yokoe, A. Watanabe

  • カジカ類における異型精子の分化機構と機能,カジカ類の世界~適応と進化~ ,133-143,2011年12月

    早川洋一、中内祐二、小林牧人、宗原弘幸、鬼武一夫、渡辺明彦

  • In vitro spermatogenesis from primary spermatocytes,Medaka–Biology, Management, and Experimental Protocols,350-353,2009年06月

    A. Watanabe

  • 山形県内に生息する野生メダカにおける種内分化の分子遺伝学的解析,山形大学,山形大学紀要,16(2) 55-69,2006年02月

    高山-渡辺絵理子,辻徹,佐藤政則,土井寅治,八鍬拓司,佐々木隆行,渡辺明彦,鬼武一夫

  • Sperm activation,Science Publishers Incorporation,Reproductive Biology and Phylogeny of Urodela (Amphibia),2003年03月

    A. Watanabe and K. Onitake

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門),2017年04月,日本国,文部科学省,栗山恭直, 木島龍朗, 遠藤龍介, 津留俊英,渡邉明彦

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2022年03月,精子貯蔵に関する輸精管の機能進化におけるCRISP2の役割

  • ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI,2020年04月 ~ 2021年03月,動物の受精と環境:受精のしくみを比べてみよう

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 継続中,陸生動物の体内受精に関わる精子運動の適応的進化の分子基盤

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,陸生動物の体内受精に関わる精子運動の適応的進化の分子基盤

  • 基盤研究(C),2015年10月 ~ 継続中,体内受精様式の成立に関わる輸卵管の機能進化の実証的研究

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 藤原ナチュラルヒストリ−振興財団学術研究助成,2008年04月 ~ 2009年03月,ヨコスジカジカ正型及び異型精子に特異的なプラタミンタンパク質の全アミノ酸配列の解読

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Cell and Developmental Biology Meeting 2018,国際会議,2018年06月,Blockage of Ca2+-permeable channels involves the maintenance of sperm quality for fertilization in the newt, Cynops pyrrhogaster,ポスター発表

  • XIIIth International symposium on spermatology,国際会議,2018年05月,Adaptive modifications of the regulation of sperm motility in the diversification of reproductive modes of amphibians,口頭発表(一般)

  • Gordon reserch conference,国際会議,2007年07月,米国NH州プリモス,Identification and characterization of acrosome reaction-inducing substance in the newt egg-jelly.,ポスター発表

  • 10th international symposium on spermatology,国際会議,2006年09月,スペイン国マドリッド市,Change in population sizes of type A spermatogonial progenitor cells is responsible for annually cycled sperm production in the testes of he medaka fish, Oryzias latipes. ,ポスター発表

  • The 7th Indo-Pacific Fish Conference,国際会議,2005年03月,中華民国台北市,Parasperm in cottoid fish: Development and Functions,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会,東北支部庶務,1999年01月 ~ 2002年12月

  • 日本動物学会,東北支部地区委員,2007年01月 ~ 2012年07月

  • 日本動物学会,将来計画委員,2012年08月 ~ 2016年08月

  • 日本動物学会,支部代表委員,2014年08月 ~ 2016年08月

  • 日本動物学会,理事,2016年08月 ~ 継続中

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 親子で楽しむ動物学,1999年09月

    小中学生と保護者を対象とした動物学に関連する講演

  • 親子で楽しむ動物学2,2000年08月

    小中学生と保護者を対象とした動物学に関する講演会

  • 環境防災展2000,2000年11月

    環境と防災をテーマとした展示

  • 第1回高校生による科学研究発表会,2000年11月

    高校の科学部等の研究活動の発表

  • 環境防災展2001,2001年11月

    環境と防災をテーマとした展示

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示