基本情報

写真a

服部 聡

HATTORI Satoshi


職名

准教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学  農学部  醸造学科

    1996年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  農学研究科  応用生物化学

    博士課程,2001年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),筑波大学,2001年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人産業技術総合研究所,第一種非常勤職員,2001年04月 ~ 2002年03月

  • 特殊法人理化学研究所,協力研究員,2002年04月 ~ 2002年09月

  • 独立行政法人理化学研究所,基礎科学特別研究員,2002年10月 ~ 2005年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本微生物生態学会

  • 日本農芸化学会

  • 極限環境微生物学会

  • アメリカ微生物学会(American Society for Microbiology)

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規有用微生物の探索・取得と機能解析
    環境中に生息する微生物の分子生態学的解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Five-year soil warming changes soil C and N dynamics in a single rice paddy field in Japan.,The Science of the total environment,756 143845,2021年02月

    Tang S, Cheng W, Hu R, Guigue J, Hattori S, Tawaraya K, Tokida T, Fukuoka M, Yoshimoto M, Sakai H, Usui Y, Xu X, Hasegawa T

    単著

  • Air-drying and drying-rewetting effects in Japanese Andosols subjected to long-term organic rice farming,Soil Science and Plant Nutrition,66(5) 714-723,2020年09月

    Kautsar Valensi, Cheng Weiguo, Tawaraya Keitaro, Hattori Satoshi, Yamada Susumu, Kobayashi Kazuhiko, Toriyama Kazunobu

    単著

  • Co-application of poultry-litter biochar with Azolla has synergistic effects on CH4 and N2O emissions from rice paddy soils,HELIYON,6(9) e05042,2020年09月

    Kimani Samuel Munyaka, Bimantara Putu Oki, Hattori Satoshi, Tawaraya Keitaro, Sudo Shigeto, Xu Xingkai, Cheng Weiguo

    単著

  • Azolla incorporation and dual cropping influences CH4 and N2O emissions from flooded paddy ecosystems,SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION,66(1) 152-162,2020年01月

    Kimani Samuel Munyaka, Bimantara Putu Oki, Hattori Satoshi, Tawaraya Keitaro, Sudo Shigeto, Cheng Weiguo

    単著

  • Phylogenetic Diversity, Localization, and Cell Morphologies of Members of the Candidate Phylum TG3 and a Subphylum in the Phylum Fibrobacteres, Recently Discovered Bacterial Groups Dominant in Termite Guts,Applied and Environmental Microbiology,72(10) 6780-6788,2006年10月

    Yuichi Hongoh, Pinsurang Deevong, Satoshi Hattori, Tetsushi Inoue, Satoko Noda, Napavarn Noparatnaraporn, Toshiaki Kudo, Moriya Ohkuma

    共著(海外含む)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Poster Award (10th International Symposium on Microbial Ecology),2004年08月,メキシコ合衆国,International Society for Microbial Ecology,Satoshi Hattori, Moriya Ohkuma, Hiroe Yuzawa, Toshiaki Kudo

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,基質・生成物の可逆代謝能を利用した酢酸酸化細菌の網羅的分離培養および多様性解析

    環境農学関連

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,庄内沿岸極浅海堆積物において棲み分けを行う嫌気的メタン酸化古細菌に関する研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 21st Century’s COE Program, The 6th International Symposium on "Global Renaissance by Green Energy Revolution",国際会議,2006年01月,Niigata,Investigation of the Reversible CO Dehydrogenase/Acetyl-CoA Pathway in the Cells of a Syntrophic Acetate-Oxidizing Bacterium, Thermacetogenium Phaeum,口頭発表(招待・特別)

  • 極限環境微生物学会第5回大会,国内会議,2004年11月,東京,高等シロアリの腸内に生息するメタン生成古細菌の単離および解析,ポスター発表

  • 日本微生物生態学会第20回大会,国内会議,2004年11月,宮城,高等シロアリに生息する新規還元的酢酸生成細菌の単離,ポスター発表

  • The 10th International Congress for Culture Collections,国際会議,2004年10月,Ibaraki,Phylogenetic and physiological characterizations of a newly isolated homoacetogen from the gut of higher termite,ポスター発表

  • 10th International Symposium on Microbial Ecology,国際会議,2004年08月,Cancun (Mexico),Symbiotic relationship between cellulose-utilizing protists and their associated homoacetogens in the gut of lower termite,ポスター発表

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示